東日本橋

子どもが取れるプログラミングの資格は役立つ?

先日、「ジュニア・プログラミング検定 Scratch部門」のセミナーに参加してきました。ジュニアプログラミング検定とは子どもが取れるプログラミングの資格です。子どもでも受験できるプログラミング関連の資格の例を挙げてみますと

  1. ジュニアプログラミング検定 Scratch部門
  2. ロボット検定for WeDo 2.0 & for EV3
  3. 日商プログラミング検定(Entry)
  4. 情報システム検定
  5. Javaプログラミング能力認定試験
  6. 情報処理技術者試験
  7. C言語プログラミング能力認定試験
  8. VBAエキスパート

などなど他にもたくさんありそうですが、「子どもでも取得しやすい資格」であればおすすめは1〜3になるでしょうか。

 

ジュニア・プログラミング検定 Scratch部門

  • 対象年齢は特に指定なし
  • Scratchの実技試験
  • Gold(1級)2,900円、Silver(2級)2,700円、Bronze(3級)2,500円、Entry(4級)2,300円(すべて税込)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-27-46

ロボット検定 for WeDo 2.0 & for EV3

  • 小学1年生以上
  • LEGO社のWeDo2.0またはEV3を持参して筆記と実技の試験
  • for WeDo2.0は3級2,800円(税抜)、2級3,800円(税抜)
  • for EV3は3級3,150円、準2級3,650円、2級4,650円、準1級5,650円、1級6,650円(すべて税抜)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-27-27

日商プログラミング検定(Entry)

  • 年齢制限なし
  • 日本商工会議所が2019年より実施
  • Scratchに関連するプログラミングおよびプログラミング的思考を問う
  • インターネットを介した知識試験(実技ではない)
  • Entry3,000円(税抜き)
  • 他にもBASIC、STANDARD、EXPERTとあり、小学生にはやや難易度が高くなるが受験は可能

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-28-08

 

まとめ

プログラミングの2020年小学校必修化、中学校授業拡充、高校必修科、大学入学共通試験導入検討などなど、これから子ども向けのプログラミング関連の資格は認知度が上がり、受講者も増えていくことが予想されます。受験に有利になることや、就職に役立つこともあると思います。また、目標を決めたり、達成感を実感することで、子どものモチベーションアップにもつながります。プログラミングを習っているお子さんがいらっしゃる場合は、せっかくなので受験を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにキッズジャンププログラミングではジュニア・プログラミング検定の受験会場に登録予定です。受験希望の方はお気軽にお問い合わせください。

ロボット・プログラミング学習キット『KOOV』

先日、品川にあるSony本社にて行われたロボット・プログラミング学習キット『KOOV』の講習会に参加してきました!!

img_6481

キッズジャンププログラミング入会金無料キャンペーン実施中!!体験会・説明会のお申し込みはこちら

KOOVとは

KOOVはソニーグローバルエデュケーションが提供する自由に遊んで直感的に学べるロボット・プログラミング学習キットです。公式サイトでは次のように紹介されています。

プログラミングができるロボットと言えばLEGOのWeDo2.0やMINDSTOMSが有名ですが、KOOVも同じようにブロックを組み立ててからプログラムを作って動かすことができます。

img_6482

写真は講習会で作った首振りミミズク

KOOVの特徴

講習会では4つの特徴を教えてもらいましたので紹介します。

  1. ジェンダーニュートラルなデザイン
    • 男の子にも女の子にも好かれるデザインでした。
  2. 直感的に理解できるプログラミング言語
    • 先に述べたLEGOの場合は横にプログラミングしていきますが、KOOVはScratchのように上から下にブロックを並べていくプログラミング方法でした。
  3. シンプルなパーツ
    • 7色7種類のブロックということシンプルでわかりやすいです。
  4. 生徒の学習に合わせて使えるアプリ
    • 今の所24コンテンツですが近々48コンテンツに増え、今後さらに増やしていくとのことです。
    • ブロックの組み立てを動画でしかも図を回転させてあらゆる角度から見ることができました。

実際に体験して感じたこと

KOOVは易しいことから難易度の高いことまで幅広く実現できそうだという印象を受けました。LEGOのMINDSTORMも素晴らしい教材なのですが、少し難易度が高いと感じていたので、KOOVを使って徐々に難易度の高いプログラミングに挑戦できたら、子どもたちも楽しくレベルアップできるのではないでしょうか。ソニーグローバルエデュケーションの方によるとゆくゆくはコードエディタにも対応していくとのおっしゃられていたので、さらに活用できそうです。

 

KOOV体験会

ということで私たちキッズジャンププログラミングではKOOVを購入することにしました!体験会も随時開催していきますのでご期待ください!!

そして・・・キッズジャンププログラミングは現在入会金無料キャンペーン実施中です!!キャンペーンは4月14日まで!!お見逃しなく!!体験会・説明会のお申し込みはこちら

フィンランドの学校は『休み時間』もすごい??

OECD(経済協力開発機構)が進めているPISAと呼ばれる国際的な学習到達度に関する調査があります。15歳児を対象に読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの三分野について、3年ごとに調査するものです。

この調査で常に上位にいるのが北欧の国・フィンランドです。どのような授業をしているのかと「授業」が気になりがちですが、フィンランドでは「休み時間」も工夫している学校があるようです。

休み時間を主導するムーバー

フィンランド・ヘルシンキ近郊のベイッコラ小中一貫校学校では、休み時間を主導する「ムーバー(運動させる係)」がいるそうです。

ムーバーとは

  • 生徒が務める
  • 志願制で7人程度
  • 孤立しがちな子や運動が苦手な子も楽しめるような遊びや運動を企画する
  • ボールや縄跳びの管理も任されている
  • 欲しい遊具について意見をまとめ、学校に伝えることもある

 

img_6434

(出典:読売新聞)

私は子どもの頃、休み時間はわき目も振らず自分勝手に遊んでいました。。時代は変わるのですね。

休み時間も子どもが主体性を持って活動できるように環境を整えているフィンランド。さすがです。日本でもこのような取り組みをする学校がそのうち出てくるのでしょうか。

 

フィンランドの教育については下記も是非参照ください。

スクール・オン・ザ・ムーブ(動く学校)

読書で学力向上!!特に算数!!

ベネッセ総合教育研究所の調査によると、読書量が多いほど学力が上がる傾向が見られたそうです。全体的に「学力の低い層ほど成績の伸びが大きかった」と分析しています。

読書で学力が向上する

 1年4ヶ月という調査期間において、ベネッセの模擬テストの成績で、読書の冊数が「10冊以上」の子は、テストの平均偏差値が1.9ポイント上昇。「0冊」の子は0.7ポイント下がったそうです。国語・算数・理科・社会の中でも、特に算数の平均偏差値の上昇が目立っていたとのこと。問題の読解力や理解力が上昇していることが考えられます。

img_6391

(出典:読売新聞)

どうやって読書を習慣化させるか

 ではどうやって子どもが本を読む習慣を身につけさせるか。すぐに実践できるのは次の3つでしょうか。

  1. 本・新聞・雑誌などを目につく場所に置く
  2. 大人が本を読む姿を見せる
  3. 読み聞かせをする

 読み聞かせは子どもが小さいうちはできるかもしれませんが、ある程度育ってくると難しいかもしれません。この3つの中では特に2つ目が重要かと思われます。本を読んでいない人に「本を読め」と言われても説得力なしです。大人が何気なく読んでる姿を見せる。読書に没頭している姿を見せる。そうやって興味関心を持たせるのはどうでしょう。

 「そんなこと言っても我々大人も忙しく、なかなか時間が・・・」

 いきなり難しくて分厚い本は子どもも大人も抵抗があります。ということでまずは内容は簡単で量も少なめの本から始めるのはいかがでしょう。子どもでも読める本だと共通の話題ができ、意見や感想も言い合えます。

 読書が楽しくなって習慣化したら作戦成功です。子どもが楽しみながら学力を上げられる。親にとってこれ以上のことはありませんね。

マーケティング戦略を考える!!

小学5年生の生徒の
レッスンで、お店のチラシを
作ってもらいました。

みんなそれぞれ、自分の
好きなお店のチラシを
作りました。

私は大人向けに、
経営学を教える研修も
行っていますが、

顧客の立場で
マーケティング戦略を
考えるという講義内容を
子供用に行ってみたのです。

やってみて、分かったこと
は、意外と子供たちの方が、
スラスラとチラシを作ること
が出来ていました。

子供たちの方が
頭が柔らかいのか、
もし、自分がお客さん
だったら、という視点で、
どんどん書き込んでいました。

一方、大人向けの場合、
あれこれ考え過ぎて、
なかなか筆が進まない
ケースも多々あります。

小学生ぐらいの方が、
柔軟に物事を考えられる
素養を持っているのだなあ
とあらためて感じました。

いやあ、子供たちって
すごい!!(^^)

完成させた後、みんな、
家に飾る!と言って、
持って帰りました(^^)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

成功を知って学ぶことにより、自分に活かそう

過去の授業内容を紹介いたします!

中学生の生徒の
将来の夢がパン屋を
経営することだったので、

有名なパン屋さんである
メゾンカイザーについて、

調べて要約し、意見を
書いてもらいました。

この生徒は、自分が将来
なりたいことなので、
一生懸命調べ、かなり
長文の文書を書いてくれました。

本人曰く、
自分のなりたい職業なので、
調べていて楽しいし、

成功している会社を見ると、
自分にも出来そうな気がする
とのこと。

人間誰しも、
自分がやりたいことや、
なりたい職業について、
勉強することは楽しいもの
なんですね(^ ^)

再確認できました。(^^)

私たちは、
なるべく、その生徒の将来
なりたい職業に紐付けて、
話をするようにしています。

楽しく考えて欲しいからです。(^ ^)

チラシを作って経営学を学ぼう!

以前のレッスンは、
小学3年生のクラスで、
自分の好きなお店・会社の
チラシを作ってみました。

他のお店のチラシを
参考にして作りました。

私の方からのアドバイス
として、以下の3点を
意識して作って欲しいと
お願いしました。

一つ目は、来て欲しい
お客さんを具体的に
入れること。顧客ターゲット
の明確化ですね(^^)

二つ目は、顧客ターゲットに
対して、おススメの
商品を明確に書くこと。
経営学でいうと自社の
強みにあたります(^^)

そして三つ目は、
他のお店よりも
お客さんに喜んで
もらえるところ。
他社との差別化ですね(^^)

商売をするうえで、
大事な経営学の視点を
きちんと入れてくれました!
(^^)

子供たちからは、
楽しいから、また
来週もこれをしたい!
と言われましたが、
また、半年後にね!
と言っておきました(^^)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、ストライプ

写真の説明はありません。

芸術作品を見て観察力や想像力を高めよう!

弊社のオンリーワンスクール、
小学生のレッスンでは
こんなこともやります。

芸術作品を見て
気付いたこと、思ったこと
を書く。1か月ぐらい前に
やりました。

作品は葛飾北斎の浮世絵。
浮世絵を見て感じたことを
ただ書いてもらうことの他に、
こんなお題を設定しました。

1つは、絵の中で今、何が
起きているか?

2つ目は、これからどんなことが
起きそうか?

これは、ビジネスもしかり
生きていく中で常に考えないと
いけないお題です。

今、何が起きているか?
そして、これから何が起きそうか?

これらを考えるクセを
つけて欲しいのです。

そうです!
観察力や現状分析力を付け、
未来に対する想像力、創造力を
養って欲しいのです。

そんな私たちの思いも
子どもたちに伝えたら、

「先生、私もそ思う!」と
小学6年生の女の子が言って
くれました!

涙が出そうになりました!

ホント、この仕事は面白いです(^ ^)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 

【お子さんのいる方必見!!  弊社のyoutubeチャンネル作りました!!】

【お子さんのいる方必見!!
弊社のyoutubeチャンネル作りました!!】

遂に、私もユーチューバーに!!(笑)

子供向けに経営学のフレームワークなどを使った「考える力を育てる教材」の使い方とポイントを動画でアップしていきます。
早速ですが、マーケティングのフレームワークを使った動画をアップしています!

また、子供向けプログラミング教室で使っている教材やそのポイントなどもアップしていく予定です!

是非、チャンネル登録をお願いします(^^)

https://m.youtube.com/cha…/UCL3Rk0CkwI5BPdl1YpdLwZw/featured

写真の説明はありません。

考えることは実はとても楽しいこと!!

なんと、
な、な、な、なんと

小学5年生の子が、
家で経営分析と今後の経営戦略を
考えてきてくれました!

すごい!素晴らしいです!

先日、我々のスクールで、
パン屋さんの売上を単純計算する
問題をやりました。
そうです。ただの算数です。

いつも、我々のレッスンでは、
政治や経済、経営のマーケティング
や財務、税金のことなどを簡易化して、
題材にしています。

その生徒に聞くと、持って帰った
プリントを見て、お父さんとお母さんも
面白いと言って、そのプリントを深掘り
しようということになったそうです。

分析の内容を見ると、パン屋さんの、
パンが何月に売れて何月に売れてない、
その理由を仮説として分析してきて
くれました。

また、売れてない月に売れるように
するにはどのようにしたら良いか、
アクションプランを考えてきて
くれました!

すごいですよね!

本人曰く、
家でやってみて、
すごく楽しかったとのこと。

こういう生徒の姿を見て、
あらためて思います。

考えることは本来楽しいはず。
楽しく考えてもらえるような
レッスンをしなければいけないなあ、と。

頑張ります(^^)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。