STEM

ついになくなるか?『文系・理系の区別』

6082f3393d93671ffee6b9e242735671_s

先日、ブログでSTEM教育を取り入れる学校について紹介しました。

注目のSTEM教育、男女問わず「理系脳」はもはや必須?

ICT化が進む現代社会では、多角的に考えるために理系のアプローチは重要であり、積極的に学んでいくべきだということです。こちらは学校の取り組みでしたが、さらに、新卒の採用に大きな影響を持つ経団連も動いています。将来的には文系・理系といった区別はなくなるのでしょうか。

経団連・・・正式名称は一般社団法人日本経済団体連合会。経団連は日本の大手企業を中心に構成される団体。「財界総本山」とも称される。日本商工会議所、経済同友会と並ぶ「経済三団体」の一つで、三団体の中でもその影響力は際立って大きい。以前は経済産業省所管の社団法人であったが、公益法人制度改革に伴い内閣府所管の一般社団法人へ移行した。

 

そもそもなぜ文系と理系が区別されているのか

日本の教育が文系と理系に分けられたのは1918年ごろのようです。社会学を専門とする東京工業大学名誉教授である橋爪教授によると、文系と理系に区別したのは予算がかかる学問の学生数を制限するためだといいます。


そもそもこんな区別があるのは、発展途上国の特徴である。黒板とノートがあればすむ文系にくらべ、理系は実験設備に金がかかるので、明治時代の日本は、学生数をしぼらざるをえなかった。そこで数学の試験をし、文系/理系をふり分けることにした。入試問題が別々なので、その前の段階で文系/理系を選択しなければならない。
出典: 『橋爪大三郎の社会学講義2』


 

これからも区別は必要か

文系と理系を区別した理由が、橋爪教授のいうものであれば、日本は先進国の仲間入りをしたわけですから、経済的にはもはや区別をする必要はないかと考えられます。

加えて、日本の将来を担う人材育成の視点からみると、IT化が進む時代に理系の素養というものはますます必要となると考えられます。プログラミングといった技術、大量のデータに対する分析力や統計の知識などです。一方で、読解力や表現力などの能力も重要視されて来ています。つまり、多角的に物事を考えるためには、文系理系関係なく様々なことを学ぶ必要があるということです。このように考えると、今後も区別すべきなのかは疑問です。

経団連が大学側に教育内容見直しを迫る

経団連が大学側へ文系・理系でそれぞれ偏りすぎた教育内容の見直しを迫っています。文系学生へは「最低限の数学」、理系学生へは「リベラルアーツ(教養)」の充実を求めるといったものです。

img_5763

(出典:日本経済新聞)

センター試験に代わり実施される大学入学共通テストでも、文部科学省は「情報」を文系・理系とわず出題教科として検討しています。「情報」とはプログラミングや情報セキュリティーの基礎などを学ぶものです。

現状では大学がすぐに文系・理系の区別を無くすといったことにはならないと考えられますが、社会変化と同時に求められる人材の変化を受け、将来的には文理の区別がなくなるかもしれません。

注目のSTEM教育、男女問わず「理系脳」はもはや必須?

f5560b701f4f8a8baeebf4023d42f2f7_s

AI(人工知能)、IT(情報技術)時代に必要とされる人材。そのような人材を育てるためにSTEM教育が注目されています。

STEM教育とは

「STEM教育」は科学技術開発の競争力向上という観点から、教育政策や学校カリキュラムを論じるときに言及されることが多い考え方であり、STEMは以下の英語の頭文字を組み合わせた言葉です。

  • Science:科学
  • Technology:技術
  • Engineering:工学
  • Mathematics:数学

STEM教育を簡潔に述べると「子どものうちからSTEMについて学んでいきましょう」ということです。なぜならば、ITやAIの技術進化が目覚ましい現代では、子どものうちからSTEMについて学び、将来活躍できる人材を育てる必要があるためです。このような人材が育たず、科学技術開発の競争力が向上しないままだと、世界で取り残されてしまうことは明らかです。また、「様々な角度から学び、考えることを子どものうちから身につけることが大切である」という観点もあるようです。

最近ではSTEMにArt(芸術)を加えた「STEAM教育」という言葉もあります。芸術について学ぶことも現代では重要であるという考え方です。美意識やデザインの重要性については以下のブログで紹介していますので是非ご覧ください。

世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?

子供にデザイン力を!!

具体的に何をするのか

「子どものうちからといっても何歳からSTEM教育を始められるのか?」と疑問に思う方も多いかと思いますが、STEM教育は未就学児からできます。LEGOやプログラミング(ViscuitやScratchJrなど)もSTEM教育に含まれるからです。未就学児〜小学生までのおすすめ教材は以下のブログで紹介しています。

家でもできる「STEAM教育」教材 おすすめ4選

「LEGOやプログラミングは単なる遊びで何も身につかないのではないか」と感じる方もいるかと思いますがそんなことはありません。空間を把握する力、想像力(創造力)、問題発見・解決力、論理的思考力などが身につきます。これらの力はSTEM教育がより高度になったとき、つまりSTEMを使って現実社会の問題について取り組んでいく時に必ず役に立つはずです。

東京都のある高校では、細胞の培養実験を通し、食糧問題について考える取り組みが行われたそうです。人工肉の生産などの理系の手法を使い、温暖化の産地の変化や人口の急増している国での食料の奪い合いなどの問題を解決できないかということです。

img_5718

(出典:日本経済新聞)

男女問わず必要となる「理系脳」

今年6月に創立110周年を迎えた私立高木学園女子高校(横浜市)は、来年4月から名称を「英理女子学院高校」に変え、グローバルに活躍できる理数系の女子高生を育てる「iグローバル部」を設けるとのことです。まさか高校の名前を変えてしまうとは。学校側の強い決意表明と受け取れます。同校の理事長はICT化が進む社会を認識し、「女性は理数系が苦手だという人もいますが、そうはいっていられません」と述べています。

 

「理系脳」も「文系脳」も必要

日本では文部科学省による教育改革が進められており、合科目という考え方が主流になっていきそうです。合科目とは科目をまたがって総合的に考えるということです。例えば社会の問題を理科の視点から考えるといった感じです。これからの時代はSTEM教育と同様に、「多角的に物事を考える必要性がある」ということがわかります。つまりは「理系脳」も「文系脳」も必要だということです。そのように分けていること自体ナンセンスなのかもしれませんね。

 

明光義塾さまのスゴいところ

viscuit_land

3月12日は明光義塾さまでビスケット体験会を開催いたしました!

明光義塾さま本部からも見学の方がいらっしゃり
大人が多い体験会となりました。

 

▼「面白い!スゴい!」と大人が盛り上がっていました!
17274046_1457205240990172_236741163_o

 

明光義塾さんってこんな素敵な先生がいる塾なんですね
まるで子どもみたいに、プログラミングを驚き、楽しんでくれる皆さんの姿に、感動。

新しいことを体験することは、楽しいんだ!面白いんだ!感動するんだ!という姿勢。
教育者として本当に大切な姿勢だと思います。

この姿勢がないと、子どもに勉強の楽しさを教えることはできません。
なるほど。明光義塾さまが、学習塾業界でもっとも業績を伸ばしているのも納得です。

 

▼親子でプログラミング
17349402_1457205214323508_1837019681_o

お母さんが楽しんでプログラミングをしている傍らで
小さなお子さんが一生懸命取り組む姿もみられました。
とっても微笑ましい光景です。

 

▼夢中で取り組む姿に大人も感動♪
17273598_1457205237656839_1330128577_o

 

いつもですと、子どものひらめきや自由な発想に驚くことが多い
ビスケットの体験会ですが、

今回は、大人が率先して「プログラミングは自由だ!」を表現してくれた
特別な会になりました。

そんな素晴らしい大人たちが運営する塾、最高ですね。

プログラミングと「帰納的思考力」「新・学力」の関係

panda

久しぶりにプログラミング関連の話を。

考える力についてこれまでいろいろ書いてきました。
考える力記事(1)
考える力記事(2)
考える力記事(3)
考える力記事(4)
考える力記事(5)

また、「考える力」を含めた「新・学力」についてはこちら
新学力について

じゃあ、プログラミングでは、この「(帰納的に)考える力」とか「新・学力」は身につくのか?どうなのか?ということについて今日は書きます。

 

◾️プログラミング教室で、この「考える力」とか「新・学力」は身につくのか?どうなのか?

結論:教え方次第。

 

もちろんプログラミングだけでも学べる事はいっぱいあります。
「プログラミング的思考」とかって、大事です。「プログラミング的思考」って基礎の基礎として知っておくべきです。

ただ、プログラミングを基礎の基礎だけのレベルで終わらせたらちょっと勿体無い。

 

言われたことだけやるんじゃなくて、
「自分で発想する」「工夫する」「問題を発見する」「人に伝える」

というところまでやらないと、私たちがプログラミングを教える意味がないと思っています。

 

実際の教室ではこんな感じで指導しています。


教室のある生徒さん(小1)が、自由課題のアイデアが出なくて手が止まってしまいました。
そんなときは「何が好き?」から入ります。

「パンダが好き」とその生徒さん。
「じゃあ、パンダと今日やったことをくっつけてみたら?」

▼そんな対話を重ねて作ったのがこの作品

 

 

「アイデアを出す」これは慣れていないとちょっと大変ですが、これも実は訓練するとだんだんできるようになります。

低学年のうちは「好き」を形にするところから。
それが、「新・学力」を身につける第1歩です。

2020年からの「新しい学力」の定義。これが「新・学力」の全体像!

いままでの学力は

学力 = (国語+算数+理科+社会+英語)の偏差値

でした。
※偏差値の代わりに「テストの点数」でもいいですけどね。

 

しかし、昨日のブログで書いたように、大学入試から点数が消えます。

・大学のアドミッションポリシーを理解できている とか
・自己分析ができている とか
・小論文で自分の意見をまとめられる とか
・討論で相手を説得できる とか
・レポートが書ける(問題を発見して解決し、まとめあげる) とか

 

上記に挙げたような内容ができることが「学力が高い」とされる時代になります。

じゃあ、小論文がかけるとか討論ができるようになるための力は何なのか?
何から始めたらいいのか?ということはお子さんをお持ちの保護者の方なら気になるところだと思います。

これからの学力、こう変わります。

これが新・学力!

 (0)社会の情報を取捨選択する力
    ・哲学
    ・自己肯定力
    ・自己分析力
    ・感情と向き合う力
 (1)社会の情報を理解する力
    ・語彙力
    ・文章力
    ・計算力
    ・STEM(Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学))
 (2)社会の情報を分析する力
    ・洞察力/観察力
    ・問題発見力
    ・フレームワークを活用する力
 (3)社会に情報を発信する力
    ・自分の意見を言う力/書く力
    ・説得する力/交渉する力
    ・プレゼンする力

です。で、国語/算数/理科/社会/英語の5教科はどれに相当するかというと(1)の一部ですね。
漢字の勉強とか、算数の勉強とかも大事ですけど、それは学力のほんの一部に過ぎなくなるということです。
またSTEM教育も「基礎」ができて当たり前の時代になります。

 

それから、わざとらしく『情報』の枕詞に「社会の」をつけてみました。
「社会とつながること」がこれからの学力の大きなポイントです。

 

 

試験で評価される力はどちらかというと(2)とか(3)の方の比重が大きくなります。
こう聞くと、(2)とか(3)のトレーニングを!!って思うかもしれないんですけど、一番大事なのは(0)です。

「何が好きか?」
「何を大切にしているか?」これ大事。

いわゆる「自分の哲学」ってヤツです。
哲学がなければ、意見もへったくれもないですからー!

 

お子さんの何が好き?を見つけるには「ドリームマップ」おすすめです。
小学校などにドリマ先生を呼ぶことができますので、ご興味があればどうぞ。

 


先日のブログで紹介したIBの問題について
狩野先生がお嬢様をサポートした方法も最初のとっかかりを「好き」を使っていました。

「植物、生存、戦略のどれが好き?とお嬢様に質問したそうです。
で、「戦略が好き」と答えた狩野先生のお嬢様(「戦略かよ!」って会場は笑いの渦)

戦略というキーワードをとっかかりに、「戦略とは何か?」を親子で話し合ったそうです。


 

いままでの常識で塾を選ぼうとしてるとしたら要注意!
新・学力を本当につけてくれる習い事を選びましょう。

 

 

私個人的にはこちらの習い事をオススメしております。
オンリーワンスクール → 紹介記事
THINK-AID → 紹介記事
※内容や募集時期等については、各運営会社さまにお問い合わせください。

当然、うちの教室はただのSTEM教育で終わりません。
「新・学力」を身につける指導&オリジナル教材を作成しております。

足立区中央本町地域学習センターでプログラミング体験会

20170205_06

2月5日(日)は足立区中央本町地域学習センターでプログラミング体験会を開催いたしました。

お申し込みの日、9時に募集を開始したら電話でお申し込みが殺到し、
3時間後には15席の定員が満席になっていたとのこと。

そこで5席増席し、20席満員御礼での開催となりました。
(マシンの予備がない状態・・当日はマシントラブルがないかヒヤヒヤでした。)

この日使用したのは、プログラミング言語「ビスケット」。

▼最初は基本的なビスケットの使い方から
20170205_01

 

▼説明を聞く時は集まります
20170205_02

 

▼説明を聞いたら、まずは自分でやってみる
20170205_05

 

▼プログラミング中、高学年チームはものすごい集中力!
20170205_04

 

▼最後はオリジナルゲーム作り
20170205_06

 

—参加してくれた子供達の感想—

「絵を描けたので楽しかった」(10歳 男子)

「たのしく、またやってみたいです」(10歳 男子)

「うちおとすということがむずかしくて おもしろかった」(9歳 男子)

「自分がこの講座をやる前に考えていたこととは違い、楽しかった」(12歳 男子)

「楽しかった。またやりたい」(11歳 女子)

自分で作ったゲームが出来て楽しかった。」(11歳 女子)

「絵をかいたりしてどんどんおしてあそぶのが楽しかったです。」(7歳 女子)

「今回でプログラミングに一層興味を持ったようです。」(8歳男子の保護者)

—————————

3月5日(日)も同じく足立区中央本町地域学習センターで
同じ内容で開催いたしますが、すでに満席。

しかも、もう1回やりたいと再度申し込んでくれた子も。

次回もたくさんの子供達に会えるのが楽しみです。

ロボットのゴムは何のためにある?

今日は、年長さんの男の子が「ロボットを動かしたい!」と。
そこでロボットのプログラミングに挑戦してもらいました。

しばらく、ロボットを動かしていたHくん。
ロボットについているゴムを見つけました。

「このゴムは、何のためについているの?」

▼ロボットの「ゴム」(黄色い紐のようなものです)
img_1409

お、なかなかいい疑問です。

「じゃあ、ゴムを取ってロボットを動かしてみて」、と彼にお願いしました。

このロボットでは、ゴムはモーターからタイヤに動力を伝える役割があります。
ゴムを取るとタイヤは動きません。

「あれっ? 動かなくなった・・・・」とHくん。

「じゃあ、今動いているところはどこかな?」と私。

 

「あっ、白いところ(モーター部分)が動いてる!
そっか。ゴムはタイヤを動かすために使っているんだ。

「へぇ!そうなんだね。すごい発見をしたね^ ^」

 

モーターとゴムとタイヤの関係を自分で発見した彼、
ニコニコ満面の笑顔で帰って行きました。

 

自分で発見するって嬉しい!
自分で調べるって楽しい!

このような体験を通して、考える力を育てています。

1月28日 「ビスケットで宇宙を作ろう!」プログラミング体験会開催レポ

20170128_gkids1

1月28日の夕方からは、東池袋の幼児教室グレートキッズ様でプログラミング言語「ビスケット」を使った、5歳からのプログラミング体験会を開催いたしました。

通常、保護者同伴で体験会を開催している私たちですが、
今回はお子様だけでの体験会。

ビスケットの基本的な使い方をマスターしたら、
後半はゲームを作成。
最後の15分は、保護者の方に向けて発表会です。

最初はお母さん&お父さんと離れてちょっぴり不安そうな子供達でしたが・・・

 

▼説明をきちんと聞いて
getthumbforlist2

 

▼宇宙人づくりに没頭
getthumbforlist4

 

▼こんな素敵な宇宙をみんなで作りました!
20170128_gkids1

 

▼「みてみて!」とご自慢のプログラムをお友達に披露
getthumbforlist1

 

 

ところが、まりにプログラミングに没頭しすぎ
保護者が入ってきたことに気づかない子供達。

「時間だよー」と言われて、ふと周りを見渡すと・・・・
お父さんお母さんたちが大集合しているのにびっくり!!

すこし緊張したようですが、
無事自分の作ったプログラムを発表することができました。

 

 

======================
保護者の方のご感想

未就学児のプログラミングを教えてもらえる場所がかなり少ないので、
とても良い機会を頂くことができました。
また、ぜひチャレンジしてみたいです。

 

教室へ入ってきた時に、夢中でとりくんでいる様子が見られました。
楽しかったようでとても良かったです。
また開催していただけたらと思います。

 

5歳の子どもがゲームを作れるとは驚きました。
楽しい遊びが学びに繋がるのは理想的だと思いました。
先生の笑顔が、子供達がリラックスして安心して取り組める環境をつくってくださったと思います。
どうもありがとうございました。

1月28日 ロボットプログラミング体験会開催レポ

wedo20

1月28日のロボットプログラミング体験会を開催いたしました。

当日、私たちがお伝えしたのは
ロボットの作り方でもプログラミングのやり方でもなく・・・
「自分の頭で考えるための質問」。

与えられたミッションを遂行するために
親子で「どうする?」「どうしたらいい?」といった
質問を使いながら考えてもらいました。

ミッションは全部で7つ。
それぞれが自分のペースでミッションをクリアしていきます。

対象年齢は年長さんからでしたが、
「やりたい!」というチャレンジ精神溢れた年中さんもたくさん参加してくれました。

時間こそかかったものの、年中さんもロボットを動かして
自分でミッションをクリアすることができました!

 

▼年中さんです。真剣に部品をチェック。
20170128_robo3

 

▼子ども同士で助け合いながらロボットを作成します。
20170128_robo5

 

▼年長さんの彼はプログラムを自分流にどんどんアレンジして探求していました。
20170128_robo4
(一緒に参加されたお母様の感想)
『答えがわからなくても試行錯誤して、自分で考える教材』というのは、
そもそも数が少なく息子の興味がついていかないものばかりでしたが、
今日はとても楽しそうでした。

 

▼間違えないように、きちんと確認。
20170128_robo2

(一緒に参加されたお母様の感想)
ロボット製作やプログラミングを目的にせず、
考える力を養うための手段としている考え方に共感しました。

 

▼こちらも協力して作業を進めます。
20170128_robo1

 

(一緒に参加されたお母様の感想)
「子どもにプログラミングを習わせたいか?」と問われると「いや…どうかなぁ…⁉」だけど、
「子どもの論理的な思考とか集中力を育てたいか?」と問われれば、即答で「Yes‼」。
その手段として「プログラミングを使います」という理屈には、
今日の子どもたちの様子を実際に目で見て深く納得しました。

これまでは「プログラミングを習わす」には親のIT力も必要だろうなぁ…と思って躊躇してたけど、実際に必要なのは「質問力」の方だと気付きました。

 

 

———————–

参加後は「もっと難しいことにチャレンジしたい!」とさらなる意欲を見せてくれるお子さんたち。
「自分で考えた!」「自分でできた!」が子供達のやる気を引き出すのだなぁと
改めて実感させていただいた体験会でした。

次回の開催はこちらから。
ロボット体験会次回申し込みフォーム

1月28日 ロボットプログラミング体験会

wedo20

キッズジャンププログラミングでは
1月28日にロボット体験会を開催いたします。

レゴを使ったロボットを作成&プログラミング。
自分で作ったロボットを動かそう!
プログラムを改造して、オリジナルの動きにチャレンジ!
考える力を育てよう。

img_001

教材:LEGO WeDo2.0
対象:年長さん以上のお子様と保護者の方
※対象年齢外のご兄弟の同伴希望の場合は、事前にご相談ください。

参加費:3,000円(子ども1名様)
   ※ご兄弟で体験される場合は人数分の参加費が必要となります。
   ※当日現金でお支払いください。

日程:1月28日(土)10:00-11:30

定員:10組
持ち物:お子様の筆記用具

会場:キッズジャンププログラミング
東京都中央区馬喰町1-5-15 azuro bakuro 3F
(マルマンストア日本橋馬喰町店 裏)

map_01map_02

1月28日のロボット体験会は以下からお申し込みください。


大人:名  子ども: