Sony

KOOVで作りました!!〜ジンベエザメ編〜

img_6751

キッズジャンププログラミングで導入したSony Global Educationのロボットプログラミング学習キット『KOOV』

ロボットレシピが用意されており、アプリを見ながらいくつかのロボットを組み立てることが出来ます。

かっこいいのが作りたいということでジンベエザメを作り、プログラムで動かしました。

ただ、不覚にも初めから難易度が高いものを選んでしまいました。。

感想は・・・

「ブロックの組み立てが慣れるまでけっこう難しい」

「けっこう大きい」

「けっこう時間かかる」

と作っている最中はちょっとしんどかったのですが、、完成して動かしてみると感動!!

ゆったりと泳ぐ姿がまさにジンベエザメ。

動画でご覧ください。

 

 

ロボット・プログラミング学習キット『KOOV』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-12-11-11-52

先日、品川にあるSony本社にて行われたロボット・プログラミング学習キット『KOOV』の講習会に参加してきました!!

img_6481

キッズジャンププログラミング入会金無料キャンペーン実施中!!体験会・説明会のお申し込みはこちら

KOOVとは

KOOVはソニーグローバルエデュケーションが提供する自由に遊んで直感的に学べるロボット・プログラミング学習キットです。公式サイトでは次のように紹介されています。

プログラミングができるロボットと言えばLEGOのWeDo2.0やMINDSTOMSが有名ですが、KOOVも同じようにブロックを組み立ててからプログラムを作って動かすことができます。

img_6482

写真は講習会で作った首振りミミズク

KOOVの特徴

講習会では4つの特徴を教えてもらいましたので紹介します。

  1. ジェンダーニュートラルなデザイン
    • 男の子にも女の子にも好かれるデザインでした。
  2. 直感的に理解できるプログラミング言語
    • 先に述べたLEGOの場合は横にプログラミングしていきますが、KOOVはScratchのように上から下にブロックを並べていくプログラミング方法でした。
  3. シンプルなパーツ
    • 7色7種類のブロックということシンプルでわかりやすいです。
  4. 生徒の学習に合わせて使えるアプリ
    • 今の所24コンテンツですが近々48コンテンツに増え、今後さらに増やしていくとのことです。
    • ブロックの組み立てを動画でしかも図を回転させてあらゆる角度から見ることができました。

実際に体験して感じたこと

KOOVは易しいことから難易度の高いことまで幅広く実現できそうだという印象を受けました。LEGOのMINDSTORMも素晴らしい教材なのですが、少し難易度が高いと感じていたので、KOOVを使って徐々に難易度の高いプログラミングに挑戦できたら、子どもたちも楽しくレベルアップできるのではないでしょうか。ソニーグローバルエデュケーションの方によるとゆくゆくはコードエディタにも対応していくとのおっしゃられていたので、さらに活用できそうです。

 

KOOV体験会

ということで私たちキッズジャンププログラミングではKOOVを購入することにしました!体験会も随時開催していきますのでご期待ください!!

そして・・・キッズジャンププログラミングは現在入会金無料キャンペーン実施中です!!キャンペーンは4月14日まで!!お見逃しなく!!体験会・説明会のお申し込みはこちら