経済産業省

文科省により全ての大学生がAIを学ぶ体制へ

8bc80a8594d3f1e8bbd32a721dbd23c0_s

 文部科学省は、全ての大学で人工知能(AI)の基礎を学ぶことができるように、全国共通のカリキュラム(教育課程)を作成するそうです。将来的には文系理系問わず全ての大学生がAIを学習する体制を目指すとのこと。

 

背景にあるのはIT人材不足の深刻化

 経済産業省はAI人材・IT人材育成への取り組みの中で次のような課題があると発表しています。

  • IT人材の不足は、現状約17万人から2030年には約79万人に拡大すると予測され、今後ますます深刻化
  • 特に、ベンダー・ユーザー双方において、サイバーセキュリティ対策を講じる人材のほか、AI等を使いこなして第4次産業革命※に対応した新しいビジネスの担い手となる高度IT人材の育成が急務
  • AI等を使いこなし、新ビジネスを創造する新たな人材像を再定義するとともに、経済成長を牽引していくトップ人材の育成の拡充、ミドル人材のスキル転換、ITリテラシーの向上や教育現場の底上げ等を進めていくことが重要。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-06-11-10-18-46

出典:経済産業省 「AI人材育成の取り組み」より

 

※第4次産業革命とは
 第4次産業革命とは、18世紀末以降の水力や蒸気機関による工場の機械化である第1次産業革命、20世紀初頭の分業に基づく電力を用いた大量生産である第2次産業革命、1970年代初頭からの電子工学や情報技術を用いた一層のオートメーション化である第3次産業革命に続く、次のようないくつかのコアとなる技術革新を指す。
 一つ目はIoT及びビッグデータである。工場の機械の稼働状況から、交通、気象、個人の健康状況まで様々な情報がデータ化され、それらをネットワークでつなげてまとめ、これを解析・利用することで、新たな付加価値が生まれている。
 二つ目はAIである。人間がコンピューターに対してあらかじめ分析上注目すべき要素を全て与えなくとも、コンピューター自らが学習し、一定の判断を行うことが可能となっている。加えて、従来のロボット技術も、更に複雑な作業が可能となっているほか、3Dプリンターの発展により、省スペースで複雑な工作物の製造も可能となっている。
 こうした技術革新により、1大量生産・画一的サービス提供から個々にカスタマイズされた生産・サービスの提供、1既に存在している資源・資産の効率的な活用、1AIやロボットによる、従来人間によって行われていた労働の補助・代替などが可能となる。企業などの生産者側からみれば、これまでの財・サービスの生産・提供の在り方が大きく変化し、生産の効率性が飛躍的に向上する可能性があるほか、消費者側からみれば、既存の財・サービスを今までよりも低価格で好きな時に適量購入できるだけでなく、潜在的に欲していた新しい財・サービスをも享受できることが期待される。
出典:内閣府「第2章 新たな産業変化への対応(第1節)」より

まとめ

 政府の主なIT人材育成・プログラミング教育への取り組みを挙げてみますと、

  • 小学校で必修化
  • 中学校で内容拡充
  • 高校で必修化
  • センター試験に変わる大学入学共通テストで文理問わず導入検討
  • 全大学生が学習する共通カリキュラム作成と体制づくり

 などなど、プログラミング教育、IT人材育成への日本政府の本気度がわかります。とはいえ私たちはまだまだITやAIの知識を身につける重要性を実感しづらい状況にいるかもしれません。しかし、経済産業省の資料にある通り、これからは第4次産業革命に対応できる人間が必要とされます。このような政府の取り組みや社会の情報を積極的に取りに行き、自分のため、子どものために将来を考えて行動すべきではないでしょうか。

img_7780

出典:読売新聞

ご案内

プログラミング無料体験のご案内

子ども向けプログラミング体験セミナーのご案内子どもにプログラミングを教えたい人・簡単なプログラミングを学びたい大人の方へ)

子ども向けプログラミングスクール開校セミナーのご案内(子ども向けプログラミングスクール開校をお考えの方・開校を悩んでいる方へ)

小学生対象:ゲームで楽しく学ぶビジネス思考(小学生対象に、ゲーム形式で楽しくビジネス思考を学ぶイベントです。マーケティングや売上・利益、イノベーションなど、仕事やお金について身近なケースを使って楽しみます。)

『U-22プログラミング・コンテスト2019』応募要項公開!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-05-30-10-49-10

 2019年4月、『U-22プログラミング・コンテスト2019』の応募要項が公開されました。近頃話題になってきたプログラミング。当コンテストも最近始まったコンテストかと思いきや、実は1980年から開催されているそうです。『U-22プログラミング・コンテスト』とはどのようなコンテストなのでしょうか?「応募資格」、「昨年の応募作品」、「昨年の結果」といった気になるところを確認していきたいと思います。

参考:U22 プログラミング・コンテスト2019 公式サイト

U-22プログラミング・コンテストとは

 経済産業省主催として、優れたIT人材の発掘・育成を目的に開催している、作品提出型のプログラミングコンテストです。
 2014年からは民間へ移行し、現在は日本からイノベーションを創出し、世界で活躍していくような若者を応援したい、そんな思いに賛同いただいた民間企業に支えられて開催を継続、今年で通算40回目を迎えます。

応募資格・応募作品について

 個人またはチームで参加可能です。

  • 個人の場合、22歳以下(西暦1997年4月2日以降に生まれた方)
  • チームの場合、同じ学校に所属する学生であれば、23歳以上(西暦1997年4月1日以前に生まれた方)のメンバーも参加可能としますが、ームの半数以上が22歳以下で構成され、かつチームの代表者は22歳以下であることを条件とする。

 応募する作品は他のコンテストも含め未応募の作品であることです。

 ジャンル・プログラミング言語は特に問われません。

 スケジュールは次の通り。

  • 2019年4月1日 応募要項公開
  • 2019年6月下旬 作品提出方法公開
  • 2019年7月1日 応募受付開始
  • 2019年9月2日 応募受付締め切り
  • 2019年9月下旬 一次審査通過作品発表
  • 2019年10月上旬 最終審査通過(入選)作品発表
  • 2019年10月中旬 最終審査会資料提出締切
  • 2019年10月20日 最終審査会・特別講演・懇親会・表彰
  • 2019年10月21日 経済産業省関連表彰式・会社見学

2018年の入賞作品・最終審査結果

 応募された作品は、「総合」、「プロダクト」、「テクノロジー」、「アイデア」などの観点で評価され、各賞が授与されます。2018年の入賞作品は「ゲーム」「ユーティリティ」「言語」といったジャンルがありました。下記URLから見ることができます。中には実際に試すことができるプログラムもあるのでぜひご覧ください。

参考:U22 プログラミング・コンテスト 2018 審査結果

https://u22procon.com/2018/report/

 

 次の動画はU22 プログラミング・コンテスト 2018最終審査会の様子です。

 

まとめ

 2018年の入賞作品や最終審査会の動画を見る限り、かなりレベルの高いコンテストであることがわかります。応募は難しいと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、最終審査会は誰でも見ることができます。また、先にご紹介した2018年の作品も無料で試すことができるものがあります。お子さまとともに若きプログラマーの素晴らしい作品に触れ、刺激をもらってはいかがでしょうか。

 ちなみに私は2018年に経済産業大臣賞を受賞したゲーム、「サイハテドロップ」を試しにプレイしてみたところ、、「すごいっ!おもしろいっ!」仕事中に時間を忘れて夢中になってしまいました。

 社長「なにやってんの?」

 私「え、、いや、、ブログ書くので試しに。。(汗)」

 次からは音を出さないでプレイしよう。

 

U22 プログラミング・コンテスト2018 経済産業大臣賞「サイハテドロップ」

http://kawasemi.uynet.trap.show/

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-05-30-12-55-04

導入が始まる「アダプティブ・ラーニング」とは?

c1d42320e85d2f6428fb65f111698c2d_s

 文部科学省が「主体的・対話的で深い学び」として「アクティブ・ラーニング」を推進していることは知られていますが、「アダプティブ・ラーニング」という教育手法も推進しています。各学校で導入が始まった「アダプティブ・ラーニング」いったいどのような学び方なのでしょう?

アダプティブ・ラーニングとは

 アダプティブ・ラーニングとは、「個別最適化学習」と訳され、小中高校の授業で生徒一人一人が個別の理解度に合わせて学習を進める学習方法です。算数や数学、英語でタブレット端末などを使って問題をとき、つまづいた時に教員の個別指導を受ける手法が多いそうです。

タブレット端末などを使うことにより、解答にかかった時間やつまづいだ問題等の情報をデータとして蓄積することができます。教師はこの情報をもとに、生徒の理解度に応じた教材や問題の選択をすることが可能となります。

 アダプティブ・ラーニングはIT(情報技術)の発達により実現できるものです。「エドテック」(EdTech)という言葉をご存じでしょうか。 Education(教育)とTechnology(技術)を組み合わせた造語で、教育とIT(情報技術)の融合でその分野に革新を起こそうという取り組みです。アダプティブラーニングはエドテックの1つです。

アダプティブ・ラーニングの必要性

 文部科学省は次のような点からアダプティブ・ラーニングの必要性を考えているようです。

  • アクティブ・ラーニング(主体的・対話的で深い学び)の視点による授業改善を進めていくためには、児童生徒一人一人 の理解度や興味・関心、性格などを考慮した学習活動の充実が必要。
  • その際、学力面だけでなく、良好な生活状況や心身の健康、 教師と生徒や生徒同士の良好な人間関係などの環境づくりが不可欠であるため、学習指導のみならず生活指導等も含めて、一人一人へのきめ細かい配慮が必要。
  • EdTechを効果的に活用し、教師に過度な負担をかけること なく、一人一人の状況に応じたきめ細かい指導をより一層促進

 文部科学省の資料はこちら

アダプティブ・ラーニングの実証事業

 経済産業省により「「未来の教室」実証事業」という取り組みが行われています。「未来の教室」とは最先端技術を使った教育(EdTech)などを支援するものです。この事業の対象にアダプティブ・ラーニングを導入した小学校や中学校が対象として選ばれています。

  • 静岡県袋井市立三川小学校
  • 東京都立千代田区立麹町中学校 など

 この実証事業を通じて、データの蓄積、課題の抽出、解決の方向性を見出し、将来的にそれらを全国普及/継続実施していくことを目的としています。

 未来の教室Webサイトはこちら

まとめ

 先に説明したように、学力面だけでなく生活状況や心身の健康、人間関係などを全て考慮し、個別に最適な学習環境を用意すること、これがアダプティブ・ラーニングの最終的な理想となるようです。生徒のあらゆる情報がデータ化されて管理されていくのでしょう。IT(情報技術)が発達している現代だからこそなせる技です。今後エドテックにより教育は劇的に変わっていきそうです。

img_7125

出典:読売新聞