社会性

議員になって法律や条例を作ろう!

 

先日は、小学5年、6年生に
こんな授業をしました!

名付けて、
【議員になって法律や条例を作ろう!】
です(^^)

自分が議員に立候補したつもりで、
政策や法律案、条例案を考え、発表し、

有権者からどれだけ支持を得られるか
を試してみました。

ここでいう有権者は、グループで
授業を行っているので、他の生徒の
ことです。

地域で困っていることに対し、
条例を考えて解決する!というのを
模擬体験することで、政治や地域の
ことに興味を持ってもらいたいと
思います。

ゲーム形式で、選挙のように
支持を得られるかを競争したので、
楽しんでもらえました(^^)

最近は、授業にゲーミフィケーションの
要素を取り入れています(^^)

画像に含まれている可能性があるもの:1人

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

 

職業を学ぼう!~弁護士、検察官、裁判官~

昨日の小学6年生の授業は、
職業を学ぶシリーズでした!(^^)

弁護士、検察官、裁判官の仕事に
ついて、大まかに理解して、そう
いう仕事に就くにはどうしたら
良いかを学び、文書にまとめました。

また、法科大学院制度についても
理解しました。

こんな意見が出ましたよ(^^)

・日産のゴーン会長の弁護士はやり手なんだ!
・弁護士の数をもっと増やした方が良い
・検察官と裁判官はもっと年収が高いのかと思ってた
・弁護士は稼げるんだね
・三者とも社会的な使命が高い仕事なんだね!

などなどです。

小学生だけでなく、中学、高校生
でも、このように職業に興味を
もってもらいたいなと思っています。

自分が勉強をするのは、将来、仕事
をするときに役立つからであって、
そのイメージがあれば、もっと、
もっと勉強のモチベーションが
高まるからと我々は思っています。

7月、8月ぐらいから、こんなことを
やろうと思っています。

・中学生向けビジネススクール
・高校生向けビジネススクール

職業や、社会の仕組み、ビジネス、
社長になるのに大事な能力、
ビジネスパーソンとして活躍する
のに大事な能力、などを
学ぶスクールです。

最初の頃は、非常に低額で
やろうと思っています。
お楽しみに!

またご案内しますね(^^)

代表渡邊の高校教師デビュー!?

先日、知人が外部講師として
教壇に立っている高校の授業を
見学させて頂きました。

2時間の授業が1時間終わったところ
で、知人からいきなり渡邊さんも
何か話してみて!と言われ、突如、
教壇に立つことになりました。

その授業は、本来、高校生に生きる
力を養って欲しいということで、
世の中のことについて毎月2回
外部講師として授業を行っているもの
だそうです。

急に振られたので、当然、何も用意して
なかったのですが、アドリブで授業を
行いました。

そして、自分でも驚いたのですが、(笑)
最初は15分ぐらいで良いと言われたのを
楽しかったので、結局、1時間全て時間を
頂戴して授業を行いました。

内容は、私の経営コンサルタント、ならびに
経営者という職業の中身を少し話した後、
簡単なビジネスゲームをしました。

イノベーションを考えようというゲームで、
既存の商品と商品を組み合わせて今までに
ないものを発想するというものです。

グループで発想し、まとめ、プレゼンします。

そして、プレゼンに対し、全員が1人ずつ
割り当てられたお金をいくら支払っても良い
か、考えて発表します。

非常に盛り上がりました(^^)

皆んな、すごく楽しんでくれたと
思います。

帰り際に、1人の子が、

「私、経営したいのですが、大学に行った方が良いですか?経営者は、何に対して、時間やお金を投資したら良いですか?」など、

積極的に質問をしてくれました。

経営者という職業に興味を持って
もらえたようで、とても嬉しいです!

頑張って欲しいですね!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、室内

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、室内

 

イギリスのEU離脱について一緒に考えました

小学6年生の授業にて、
イギリスのEU離脱に
ついて意見をまとめました。

大人でも難しいこの内容をしっかりと
理解していました。

・どういう流れで、EU離脱に至ったのか?
・どのような国民感情があったのか?
・離脱決定後の協定案がなぜ否認されるのか?

などなどを話し合いました。

大人でも難しい内容を着実に理解しようと
努力していました。

社会情勢について、日頃から興味を
持ってもらいたいと思っています。

子ども大喜利やりました!(笑)

以前授業で子ども大喜利をやりました!

これも考える力を養うレッスンです(^^)

ある論文によると、人間は、
ユーモアセンスのある人を信頼する
傾向にあるようです!

また、遊び心と学生の成績は、
相関関係にあるとアメリカの論文で
書かれています。

面白い事を言うというのは、
普通に論理的に考えたらこういう
だろうというのを、あえて外して
言うことだと思います。

だから、論理的に考えることが大前提に
なるんですよね。

そこをあえて外して、面白いことを
言う!ということ。

漫才もコントも落語もそうだと
思います。

また、相手がどのような人たちで
どのような性格や生活、価値観、
考え方を持っていて、

そのような人たちに何を言えば
面白いだろうと考えるので、
相手のことを観察して、相手の
気持ちを考えるということにも
繋がっています。

遊び心満載のレッスンですが、
しっかりと、論理的思考や
周りの人たちの立場になって
考える力を養う授業です(^^)

子どもたちも非常に面白い発想、
面白い大喜利をしてくれて、こちらも
とても楽しかったです!!(^^)

社会人向け講師と子供向け講師の相乗効果!

中小企業診断士という国家資格の講師をしています。

内容は、アカウンティングとファイナンス。

私は、社会人向け講師と子供向け講師、両方の仕事を
していますが、実はこれ、相乗効果があるんです(^^)

子供たちにビジネス感覚をつけてもらいたいと
思っている私は、現在、小・中学生にビジネスに
関することを教えています。

中小企業診断士で勉強するような内容を、子供でも
理解できるように、すごく簡単に落とし込んで教えています。

これには、今日の社会人向け講師として教えている内容が
役に立っています。

そして、子どもにビジネスの内容を教える時は、
ものすごく、簡単に話さないと伝わらりません。

つまり、自然と、難しい内容を簡単に教える技術が
磨かれています。

そのため、社会人向け講師の際も、難しい内容を、
分かりやすく教えられるようになっています。

一見、関係なさそうな二つですが、ともに、
役に立っていて、相乗効果が生まれているんですね!(^^)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

CMの意味とは

先日は、小学3年生の授業で、
CMを見て、考えてもらいました。

ポイントは2つ。

・どのような人をターゲットとしているか?
・短い時間で何を伝えようとしているか?

見たCMは、
・ハズキルーペ
・デァズニーランド
・ニンテンドースイッチ
・住友生命の上田はじめシリーズ
です。

作り手の立場になって、
さらに、見ている立場になって考えました。

CMは、短い時間で効率的かつ効果的に
伝えないといけません。

会社のイメージだけを伝えたいのか?、
会社名を覚えてもらうために作られているのか?、
商品の機能性が優れていることを伝えたいのか?、
商品・サービスが楽しいという雰囲気を伝えるのか?

さまざまです。

CMも何気なく見るのではなく、
意味があって作られていることを
普段からテレビを見ながら考えて
ほしいなと思います。(^^)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

 

チラシを見て考えようシリーズ

オンリーワンスクールのレッスンで小学生にチラシを見て気づいたことを書いてもらいました!

チラシには色々な情報があり、学べることも多いです!

 

小学生の書いてくれたことを一部抜粋すると・・
気づいたこと:「国内野菜使用」アピールしてる
理由:食材を気にしている人でも安心して食べられる

 

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

フレームワークを使うと考えやすい!

以前の小学6年生のレッスンで、
マーケティングの4Pという経営学の
フレームワーク(型)を使ってもらいました。

型を使うと考えやすいというのを
実感してくれたようです。

題材も普段自分の生活の身近にある
ものに設定することで、楽しく
考えることができます。

今回は、生徒も行ったことある
串カツ田中にしました。

串カツ田中がなぜ売れているのか?
をマーケティングのフレームワークを
使って、ディスカッションしました!

約1時間みっちりディスカッションした
せいか、疲れた様子でしたが、

「疲れたけど楽しかった!」と言って
帰っていきました。(^^)

こちらも生徒の成長する姿を見れて、
楽しいです(^^)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

写真の説明はありません。

チラシを作って経営学を学ぼう!

以前のレッスンは、
小学3年生のクラスで、
自分の好きなお店・会社の
チラシを作ってみました。

他のお店のチラシを
参考にして作りました。

私の方からのアドバイス
として、以下の3点を
意識して作って欲しいと
お願いしました。

一つ目は、来て欲しい
お客さんを具体的に
入れること。顧客ターゲット
の明確化ですね(^^)

二つ目は、顧客ターゲットに
対して、おススメの
商品を明確に書くこと。
経営学でいうと自社の
強みにあたります(^^)

そして三つ目は、
他のお店よりも
お客さんに喜んで
もらえるところ。
他社との差別化ですね(^^)

商売をするうえで、
大事な経営学の視点を
きちんと入れてくれました!
(^^)

子供たちからは、
楽しいから、また
来週もこれをしたい!
と言われましたが、
また、半年後にね!
と言っておきました(^^)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、ストライプ

写真の説明はありません。