東日本橋教室

【無料イベントのご案内】お金について親子で学ぶ!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-05-07-16-57-49

外部講師を招き、6月2日(日)の10時から「お金」について学ぶ無料イベントを開催いたします!対象は4歳から10歳のお子様ということで、易しい内容となっています。

詳細はこちら!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-05-07-16-57-49

 

オンリーワンスクール・キッズジャンププログラミングの生徒さんでなくてもご予約可能です。お申し込みは下のお申し込みフォームからどうぞ!!

お申し込みフォーム

 

子どもの上手な褒め方・叱り方のコツとは?

887d989cc9f01b7b932959c50225c4c9_s

保護者をはじめ、学習塾や習い事の講師の方であれば、子どもをどのように褒めるべきか、また、叱るべきかを常に自問自答しているという方も少なくないかと思います。決まった方法があれば良いのですが、子どもは一人一人違うのでそう簡単にはいきません。そこで今回は、日本経済新聞に載っていた大阪教育大学准教授の小崎さんのアドバイスをご紹介します。

上手な褒め方

小崎さんの考えは、物事を減点主義ではなく加点主義で捉えることが大切だということです。できなかったことを探すのではなく、できたことを見つけて褒めるようにすると子どもが伸びるそうです。例えば、苦手科目のテストで96点とった子どもに対し、100点取れなかったことを責めるのではなく、96点取ったことを褒めるべきとのこと。

上手な叱り方

小崎さんが考える子どもをうまく叱るコツは次の3つです。

  • 説明できなかったとしても「ダメなものはダメ」と言い切る
  • 自分の感情を爆発させない
  • 子どもに迎合しすぎない

「迎合」とは「自分の考えをまげても、他人の意に従って気に入られるようにすること。」という意味です。確かに子どもに嫌われたくない気持ちもよく理解できますが、自分の考えをすぐにまげてしまう親をみてきた子どもが、将来同じように自分の意見をまげるような人間に育ってしまうリスクを考えても、迎合しすぎはよくありませんね。

img_6901

参考:日本経済新聞

褒めすぎは良くない

「褒めて伸ばす」というのは良さそうですが、「実は褒めすぎると良くない」という落とし穴もあるようです。褒められることに慣れると、失敗を恐れて難しいことにチャレンジしなくなる、褒められないとやる気が出ないといった人間に育ってしまうからです。社会に出てこのような人間が通用するかというと難しいでしょう。

『ほめると子どもはダメになる』の著者である臨床心理学者で、MP人間科学研究所代表の榎本博明氏は、「厳しい壁を作りつつ、褒めるときは褒める」が良いのではないかと述べています。

参考:東洋経済オンライン 「褒めて育てる」でダメになった日本の若者(エセ欧米流が子どもの生命力を歪めた)

まとめ

今回、「子ども」の褒め方・叱り方のコツをテーマにしましたが、「大人」でもあまり変わらない気がしました。職場内の上司・部下、家庭内の夫婦間で試してみると人間関係がうまくいくかもしれません。

また、冒頭でも述べたように、子どもは一人一人違います。今回ご紹介した褒め方・叱り方が、全ての人に対して合うとは限らないと思います。1つの参考情報・方法として試してみてください。

学習効果を高めたければ運動を!!脳を刺激して記憶力・判断力アップ??

f4b6ccb872d5180caa38a112f1bcb8d5_s

ファッション・家具・雑貨・暮らし方と最近何かと日本で話題になる北欧。
教育もその一つです。
高い教育水準で知られるフィンランドでは、「スクール・オン・ザ・ムーブ(動く学校)」というプロジェクトが政府により推進されています。「スクール・オン・ザ・ムーブ(動く学校)」とはどのようなものでしょうか。

スクール・オン・ザ・ムーブ(動く学校)とは?

体を動かしながら学ぶことです。具体的には子どもたちは次のように学びます。

  • バランスボールに乗って机に向かう
  • 教室や廊下、天井近くの壁に貼ってある問題文やヒントを見に行く
  • 机の上に椅子を置いて立って学ぶ(スタンディングデスクを使う)
  • 時間の概念を学ぶためにスクワットをする
  • 箱型のソファでリラックスして学ぶ

単なる「遊び」にならないように、「学ぶために体を動かす」といった工夫がされていることがわかります。

img_6064

(出典:読売新聞)

なぜ体を動かすのか?

体を動かして学ぶ理由は主に2つ考えられます。

1つ目は体を動かすことで脳を活性化させ、学習効果を向上させるためです。運動することで脳の「海馬」や「前頭前野」が刺激され、記憶力や判断力が向上するそうです。集中力も向上が期待され、認知症予防にも効果があるとのこと。

2つ目は健康のためです。例えば長時間座り続けると肥満や糖尿病、高血圧、ある種のがん、死亡のリスクが高まるといわれているほか、メンタルヘルスや認知機能の低下も指摘されています。原因は血液を心臓に戻す太ももやふくらはぎの筋肉を動かさないことによる血流の悪化です。大人も子どもも運動不足は健康には良くないということです。

どのような運動が良いのか?

筑波大の研究によると激しい運動よりもその人にあった快適な運動が良いということです。強い運動でストレスを受けて分泌されるホルモンにはかえって神経の新生を妨げるとのこと。フィンランドのスクール・オン・ザ・ムーブは無理なく楽しみながら体を動かせそうですね。

まとめ

現代ではIT(情報技術)の発達などにより、座って仕事や生活をする時間が多くなりました。また、子どもたちもゲームをしたり、youtubeを見るなど、長時間動かないことも多いかと思います。特に子どもの運動不足は怪我や骨折をしやすくなったり、将来的な骨粗鬆症へも繋がってしまうそうです。仕事も勉強も良いパフォーマンスを継続して出すためには、「脳」や「健康」を最適な状態に保たなければなりません。「仕事(勉強)が忙しくて運動をする暇はない」ではなく、「仕事(勉強)を効率よく行い、かつ良いパフォーマンスを継続して出すために運動をする」といった考え方もあるのではないでしょうか。