数学

全国学力テスト都道府県別順位!!トップは??

445d1e9e46eddf07ed8455500ca9e2f3_s

 文部科学省は2019年7月31日、小学6年生と中学3年生を対象に2019年4月に実施した「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)の結果を公表しました。全国学力テストは今回で12回目で、国公私立の小中学校に通う約202万人が受けました。

 

 全国学力テストの都道府県別順位(正答率)は次の通りです。

小学6年

国語

1位 秋田県
2位 石川県
福井県

算数

1位 石川県
2位 秋田県
東京都

 

 

中学3年

国語

1位 秋田県
2位 石川県
福井県

数学

1位 福井県
2位 秋田県
富山県
石川県

 

英語

1位 東京都
神奈川県
  福井県

 

 「どの学年・教科も東京がTOP3に入ってくるのでは・・・」なんて予想していたのですが、そういうわけではないのですね。TOP3に入ってくるのは秋田県、石川県、福井県という私にとっては予想外な県でした。3県のみなさん大変失礼しました。m(_ _)m

 興味深いのは英語の順位です。東京都と神奈川県が入ってきています。学校での授業や英会話スクールなどの「環境」が整っていることが理由のようです。実際に大手の英会話教室など73団体が加盟する一般社団法人「全国外国語教育振興協会」によると、加盟団体の「英語教室」は全国に900以上あり、4割以上は東京、大阪、愛知に集中しているとのこと。

 ということで気になってくるのは2020年に必修化されるプログラミングです。英語のようにプログラミングを学ぶ環境は都市部に集中していくことが考えられますが、国の政策としてグローバル人材やIT人材の育成に力が入れられているので、これからIT(情報技術)などが活用されて教育の地域差がなくなり、日本のどこからでも優秀な人材が輩出できるようになることが期待されます。また、弊社もそんな社会を実現するために活動していきたいと思います。

参考:平成31年度(令和元年度) 全国学力・学習状況調査 調査結果資料 【都道府県別】

http://www.nier.go.jp/19chousakekkahoukoku/factsheet/19prefecture-City/

 

img_8797

(出典:読売新聞)

数学は必要ないと思っていませんか??

c09b14878e2932a39fd7d7d723c067bf_s

早稲田大学が看板学部である政治経済学部の一般入試で、「数学」の必須化を発表して話題になっていましたが、みなさんは「数学」を学ぶことについてどのようにお考えですか?

 

  • 「数学を学んだが実社会でどのように役に立っているかわからない」
  • 「微分・積分なんか大人になって全く使わないから意味がない」
  • 「算数はまだしも数学は好きな人だけ学べばいい」

 

このように考えている人は多いのではないでしょうか。私も今まではその一人でした。しかし、次の朝日小学生新聞の記事を読んで変わりました。

 


ーー算数や数学は将来、どう役立ちますか?

 算数と数学はひとくくりにできません。算数は「3割引ならいくら安い?」「4人分のレシピで3人分の料理をつくる」といったときも必要で、生活に直結しています。解き方がわかる問題をすばやく正確に解くことが重視されます。

 中学受験の算数や数学は大人でも意義を実感していない人が多いですね。「社会人になって使ったことがない。数学は選択科目でいいのでは」という声を聞くこともあります。でも、先進国では数学は必修。期待されるのは未知の問題を解く力です。それには論理的思考力、さらに、ほかの人にわかるように伝える表現力が求められます。


img_5555

(出典:朝日小学生新聞)

 

これは朝日中高生新聞で数学のコラムを連載し、数学塾の塾長もつとめる永野裕之さんのインタビューです。この記事を読んで数学について今一度考える機会を得ることができました。

 

数学で身につく力とは

数学を学ぶことが必要かどうかを考えるためには、そもそも数学でどのような力が身につくのかを考える必要があります。

永野さんは数学で次のような思考力が身につくと述べています。

数学で身につく思考力

  1. 情報の整理
    • 表やグラフに図解する
  2. 多面的に捉える
    1. 具体化
      • 例をイメージする
    2. 抽象化
      • 本質をよりすぐる
    3. 分解
      • 要素を分ける
    4. 変換
      • 置き換える
  3. 総合・説明
    • これまでの過程を総合的にとらえ、他の人に説明する

 

「数学で身につく思考力」と表現されていますが、これはつまり「数学の問題を解くプロセス」といっても良いのではないでしょうか。あまり考える機会はありませんが、言葉で明確に表すとこのようになるのですね。数学を学ぶことにより将来役立つ力が身につくことがよく良くわかります。

 

また、数学の問題を解くということは、機械的にただ数字や記号で作られた問題を解いて答えを出しているわけではなく、論理的思考力を養っているということです。そして、「答えを出す」ことではなく、論理的思考力を養う「過程(プロセス)」が重要だということもわかります。

 

今回ご紹介した記事でも、公式や解き方を丸暗記するのではなく、なぜその公式で答えが出るのかといった結果よりプロセス(過程)を大事にするよう述べられています。

 

みえにくいが確実に養われ役立つ力

今まで全く意識したことはありませんでしたが、「数学で身につく思考力」(1.情報の整理 2.多面的に捉える 3.総合・説明)を考えると、数学を学んだことは今、確実に役立っているのではないかと感じています。

文章を書く、話すといったことをはじめ、仕事をする上で「1.情報の整理」「 2.多面的に捉える」「 3.総合・説明」は必要不可欠です。

ただし、私たちがそうだったように、数学を学ぶことがどのように役に立つのかはっきりしないまま学んでいる子どもたちは多いのではないでしょうか。思考力が伸びているかどうかも実感しにくいところがあります。

だからこそ、数学を学ぶことでどのような力が身につき、どのように役立つのかを認識させることは、とても大切だと考えられます。