挑戦

幼児期の『がんばる力』がその後の思考力向上の鍵となる?

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s

ベネッセ教育総合研究所により次のような調査結果が発表されました。

「幼児期に『がんばる力』を身につけている子どもほど、小学校高学年での思考力が高い 」

『がんばる力』とは具体的にどういったことでしょうか。また、幼児期から『がんばる力』を伸ばすには何をすればいいのでしょうか。

『がんばる力』とは

本調査では『がんばる力』は次の4項目ではかっています。

  • 物事をあきらめず に、挑戦することができる
  • 自分でしたいことがうまくいかないときでも、工夫して達成しようとすることができる
  • 一度始めたことは最後までやり通せる
  • どんなことに対しても、自信を持って取り組むことができる

『がんばる力』を伸ばすには

保護者が子どものやりたいことを尊重し、思考を促す関わりが、子どものがんばる力を育てるということです。また、親の就労の有無や子どもが幼稚園、保育園出身であるかによる違いは今回の調査では見られませんでした。具体的には子どもに対して「なぜだと思う?」と自分で考えるように促すことが、子どものがんばる力を育てるためには大事だということです。

どこかで聞いたような・・・と思ったらこれは先日ご紹介した「全米最優秀女子高生」の母、ボーク重子さんの子育て術と同じでした。ボーク重子さんは以下を実践していました。(「全米最優秀女子高生」の母の「子育て術」

  • 「あなたはどう思う?」と尋ね、自分の考えを整理し、結論を出すという習慣をつけさせる
  • 子どもの意見は否定しないが、考えを論理的に説明できなければ説得力がないと伝える

主な調査結果

ベネッセ教育総合研究所の主な調査結果は次の通り。

  1. 幼児期に「物事をあきらめずに挑戦する」といった『がんばる力』が高い子どもほど、 小学校低学年(1~3年)で「大人に言われなくても自分から進んで勉強する」など の学習態度や『がんばる力』も引き続き高い傾向にある。
  2. 小学校低学年で学習態度や『がんばる力』が身についていると小学 4 年生での言葉のスキルや思考力が高くなる。
  3. 親の関わりでは、子どもの意欲を大切にする態度や思考の促し(子どもが自分で考えられるように働きかけること)が幼児期から児童期にかけての『がんばる力』に影響を与えている。

まとめ

幼児期の『がんばる力』とその後の「学習態度」「思考力」「言葉のスキル」を結びつけて考えることが今までありませんでしたが、『がんばる力』を分析してみると「やり抜く」「考える」「表現する」など、「学習態度」「思考力」「言葉のスキル」につながっていることは明確ですね。

どうしても我々大人は子どもがかわいくてなんでも与えてしまいがちですが、「与えすぎない」「自分で考えさせる」「自分でやらせる」という方法も愛情の1つではないでしょうか。

参考:ベネッセ教育総合研究所「幼児期から小学4年生の家庭教育調査・縦断調査」

img_6736

出典:読売新聞

『穴に落ちても這い上がる子ども』を育てる教育

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-12-11-9-38-22

(出典:BUSINESS INSIDER JAPAN)

この絵を見てわかること、伝わることは何でしょうか。

「難しいことに挑戦して失敗することもあるけれど、諦めなければ達成できる」

といったところでしょうか。とても大切な考え方です。

他にも「何歳くらいの子が書いたのかな?」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?驚くべきことに、この絵を書いたのは6歳の女の子です。女の子が通うのはシンガポールの「UWC South East Asia」というインターナショナルスクールです。いったいどのようなスクールなのでしょうか。

UWCとは

UWCはUnited World Collegesの略で、世界各国の国内委員会が選抜・派遣した生徒を2年間受け入れ、国際 感覚豊かな人材を育成する民間教育機関です。カレッジという名前ですが、日本の「高校」にあたり、日本からの生徒は派遣時点で高校2年生(応募時1年生)となります。 UWCに派遣された生徒は約2年間、世界各国から集まった生徒とともに、国際バカロレアのディプロマ課程のカリキュラムに従い、各教科の履修と、国際理解教育やボラン ティア活動などを重視した教育を受けます。

UWC日本協会は、UWCの日本における国内委員会として1972年に設立されました。以来、毎年生徒を世界各地のカレッジに派遣しています。奨学生には、授業料・食費・寮費などの全額または一部が奨学金として支給されます。

ちなみに2019年度の派遣先は次のようになっています。

(1) アメリカ校 (UWC-USA) 1名
(2) アルメニア校 (UWCDilijan) 1名
(3) コスタリカ校 (UWCCostaRica) 1名

奨学生となれば2年間を素晴らしい経験することができることになりますが、なんと派遣されるのはたったの3名。とても狭き門です。

UWC インファントスクール(幼児部)の教育

UWC South East Asiaは世界に4つしかないインファントスクール(幼児部)を併設するキャンパスです。冒頭の絵を描いた女の子はこちらに通っています。

インファントスクールでは「挑戦と失敗からの学び」を絵で表現するレッスンが行われているようです。自らの手を動かし絵として描くことで、「挑戦と失敗からの学びの大切さ」がイメージとしても強く印象付けられ、思考・行動に影響しそうです。言葉で表現することは当たり前、1歩先をいっていますね。

女の子はお父さんに絵について次のよう説明したそうです。

  • 「『穴に落ちずにはしごを渡る人』は『チャレンジせずに安易な道(Easy Way)を行った人』」
  • 「その人(はしごを渡る人)は何も学習(Learn)していないのよ」
  • 「穴に落ちてから『よし、違う方法はないかな?』『もうちょっと続けてみようか?』って考えて、諦めない(Never Give Up)人だけがLearnできるの」
  • 「Easy Wayを行った人も協力(Collaborate)して、チャレンジした人を引き上げてくれるんだよ」

 (出典:BUSINESS INSIDER JAPAN)

いったいどのようなレッスンをすれば6歳の子どもがここまで説明できるのでしょう。とても考えさせられますし、参考にして今後の子どもたちの教育に生かしていきたいものです。

UWCの教育の特徴をもう1つご紹介します。UWCでは数学を重要視しています。なぜならば子どもたちが将来どんな道に進もうが、ロジカルシンキングの基礎である数学は何より大切と考えているからです。数学嫌いにならないように、計算の速さを競うのではなく、プロセスを重要視しているようです。

UWCはどんな時代になっても世界のために、情熱のままに自分を最高に活かせる「自立して考え抜く人(Thinker)・行動する人(Doer)」を育てることを目指しています。

UWCに奨学生となって2年間通うことはなかなか難しいかと思いますが、教育内容などを参考にして取り入れることはできそうです。