小学生

小学3年生からできるマーケティング思考!?

今回は、小学生からできるマーケティング思考についてお話します。

私は、考えるということは、テクニックだと思っています。

考える道筋や切り口さえ持っておけば、考えること自体はそう難しくありません。

これをビジネスの世界では、フレームワーク思考と言います。

簡単にいうと、どのように考えれば良いかというテクニックを持つことが大事だということです。

 

それでは実際に、ビジネスで使うマーケティングのフレームワークを使って考えてみましょう。

 

その前にマーケティングとは何か?についてお話します。

マーケティングとは、簡単にいうと、お店や会社が提供する商品やサービスを売るための仕組みを作ることです。

では、実際にどんなフレームワークを使って、どのように考えていけば良いか?実際にパン屋さんになったつもりでやってみたいと思います!

 

あなたはパン屋さんを始めることにしました。

たくさんのお客さんに買ってもらうためにはどうしたら良いでしょうか?

ここで、具体的に何から考えたら良いか悩みますよね?

でも大丈夫です。フレームワーク思考を使えば簡単です。

まず、お客さんはどのようにして買いに来るのか?

その心の動きと行動を時系列で考えてみましょう!

まず、お客さんは、お店の存在を知るところから始まりますよね。そして、お店やパンに興味をもち、実際に見て、食べたいと思います。その後、実際にパンを買います。パンを買って満足すれば、再度買いに来るようになります。そして、お気に入りのお店になれば、友達に紹介するようになります。

この流れに沿って、お店として何をすれば良いか考えてみます。

 

実際に小学4年生が考えた答えがこちらです。

まず、お店を知ってもらうために何をしたら良いかというと、

・近くの家にチラシを配る

・お店の前に看板を出す

・ホームページを作る

・移動式のパン屋にする

という答えでした。

 

次に、

売っているパンに興味を持ってもらうには?については、

・試食をしてもらう

・それぞれのパンの説明を見えるように貼る

・キャラクターの顔がついたパンを作る

・パンを作るところを見学できるようにする

・パンの割引セットを作る

という回答です。

 

パンを欲しいと思ってもらうためには?という質問に対しては、

・パンの値段を安くする

・トッピングサービスを行う

・クーポンで安く買えるようにする

・パンの食べどころを紹介する

・常連さんに割引カードを配る

 

パンを実際に買ってもらうためには?については、

・あたためサービスを行う

・おつりが増えないように区切りの良い値段にする

・クレジットカード支払いを受け付ける

・容器や持ち帰りバッグを保温にする

 

再度、パンを買いに来てもらうためには?

・レシートに割引券をつけておく

・ポイントカードを作る

・新しいパンを常に考える

 

お店を友達に紹介してもらうためには?

・紹介で来てくれた人にプレゼントをあげる

・パン屋の動画を作る

・インスタでアップしてくれた人にクーポンを配る

という答えを書いてくれました。

 

いかがでしょうか?小学生でも、フレームワーク思考さえできれば、ここまで考えられます。

 

最後に、このフレームワークの理論だけお話ししておきましょう。

これは、マーケティングで、AIDMAモデルやA I S A Sモデルと言われます。

 

お客さんが、商品やサービスを知ってから購入し、その後継続的にファンになるまでの心の動きと行動を時系列で考えていくというものです。

 

それぞれのアルファベットの頭文字をとって名付けられています。

 

A I D M Aモデルを見ると、

A=attention 知る

I=interest 興味をもつ

D=desire 買いたいと思う

M=memory 記憶する

A=action 実際に買う

という流れで考えましょう!というものです。

 

さらにインターネットが普及してからは、A I S A Sモデルの方が合っているだろうということで、

A=attention

I=interest

S=search インターネットで検索する、調べる

A=action

S=share シェアする

という考え方も出てきています。

 

このように、考えることについて、テクニックさえ持っておけば、普段の何気ない生活から考えるクセをつけることができます。

 

ぜひ、お子さんと一緒にゲーム感覚でやってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

全国学力テスト都道府県別順位!!トップは??

445d1e9e46eddf07ed8455500ca9e2f3_s

 文部科学省は2019年7月31日、小学6年生と中学3年生を対象に2019年4月に実施した「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)の結果を公表しました。全国学力テストは今回で12回目で、国公私立の小中学校に通う約202万人が受けました。

 

 全国学力テストの都道府県別順位(正答率)は次の通りです。

小学6年

国語

1位 秋田県
2位 石川県
福井県

算数

1位 石川県
2位 秋田県
東京都

 

 

中学3年

国語

1位 秋田県
2位 石川県
福井県

数学

1位 福井県
2位 秋田県
富山県
石川県

 

英語

1位 東京都
神奈川県
  福井県

 

 「どの学年・教科も東京がTOP3に入ってくるのでは・・・」なんて予想していたのですが、そういうわけではないのですね。TOP3に入ってくるのは秋田県、石川県、福井県という私にとっては予想外な県でした。3県のみなさん大変失礼しました。m(_ _)m

 興味深いのは英語の順位です。東京都と神奈川県が入ってきています。学校での授業や英会話スクールなどの「環境」が整っていることが理由のようです。実際に大手の英会話教室など73団体が加盟する一般社団法人「全国外国語教育振興協会」によると、加盟団体の「英語教室」は全国に900以上あり、4割以上は東京、大阪、愛知に集中しているとのこと。

 ということで気になってくるのは2020年に必修化されるプログラミングです。英語のようにプログラミングを学ぶ環境は都市部に集中していくことが考えられますが、国の政策としてグローバル人材やIT人材の育成に力が入れられているので、これからIT(情報技術)などが活用されて教育の地域差がなくなり、日本のどこからでも優秀な人材が輩出できるようになることが期待されます。また、弊社もそんな社会を実現するために活動していきたいと思います。

参考:平成31年度(令和元年度) 全国学力・学習状況調査 調査結果資料 【都道府県別】

http://www.nier.go.jp/19chousakekkahoukoku/factsheet/19prefecture-City/

 

img_8797

(出典:読売新聞)

今年の小中学生向け自由研究は『マーケティング』と『イノベーション』!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-07-17-10-06-45
今年も小中学生向けの自由研究をご用意しました!!
以下の2つがおすすめです!!
1つ目は、経営コンサルティング!! 
飲食店に実際に出向き、マーケティング戦略の立案を行います!
どうやったら売れるかを広い観点から研究し、オーナーに実際に提案します!
そして、その提案書を自由研究として完成させます!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-07-17-10-06-45

2つ目は、イノベーション!!
micro:bitと3Dプリンターを使い、自分で創造したものを実際に物として表現し、それをプログラミングで動かします!
例えば、自動改札やリアルモグラたたきゲーム、エレキギターなども作れます。
3Dプリンターで、実物化したものを、プログラミングで動かしていきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-07-17-10-06-56

どちらもおススメです!
子供たちより私たち大人が楽しみで今からワクワクしています(笑)

もちろん他にも用意しています!
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-07-17-10-23-20


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-07-17-10-23-35

お問い合わせ、お申し込みは下記まで!!
オンリーワンスクール・キッズジャンププログラミング
 TEL: 03-5809-2359
 メールアドレス:info@iot-makers.co.jp 


ご案内

プログラミング無料体験のご案内

子ども向けプログラミング体験セミナーのご案内子どもにプログラミングを教えたい人・簡単なプログラミングを学びたい大人の方へ)

子ども向けプログラミングスクール開校セミナーのご案内(子ども向けプログラミングスクール開校をお考えの方・開校を悩んでいる方へ)

小学生対象:ゲームで楽しく学ぶビジネス思考(小学生対象に、ゲーム形式で楽しくビジネス思考を学ぶイベントです。マーケティングや売上・利益、イノベーションなど、仕事やお金について身近なケースを使って楽しみます。)

プレゼン能力を身につける

仕事では、プレゼン能力は
非常に重要ですよね?

昨日の小学5年生のレッスンでは、
TPPについて、プレゼンをして
もらいました。

そう、あの貿易のTPPです。

しかも、パワーポイントを使うように
図を使ってもらいました。

その写真がこれです。

プレゼンの重要性だけでなく、
分かりやすく伝えるために図を
使うとか、情熱を持って話すとか
抑揚をつけて話すとかを伝えています。

予想を上回るプレゼンをしてくれて
私もびっくりしました。

1人の生徒は、4コマ漫画で表現して
くれました。

素晴らしいですね!!

こういうのを見るたびに
この仕事は楽しいなあと思います。(^ ^)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

求められる「文章を書く力」 身につけるには?

img_8071
記述式の導入が注目されている大学入学共通テスト。


「文章を書くこと」は、小学生のうちから対応することが重要だということです。



読む人を意識した文章を
 大学入学共通テスト(以下「共通テスト」)にかぎらず、これからの入試は自分の考えを他の人に伝える力が求められます。こうした動きに対応するには小学校での勉強のしかたもかえていかなくてはなりません。たとえば、今の理科の実験は教科書に沿った内容を確認することが中心。でもこれからは実験後に結果を考察することや、さらに考察した内容を周りの人にわかりやすく表現することが求められます。
(中略)
 どうしてそのような結果になるのか。入試でも理由を問う出題が増えてきます。対応という意味では小学生のうちから文章を書き、ほかの人に読んでもらうことが重要となります。
(出典:朝日小学生新聞)



文章を書く力は、直前の対策で身につけることは難しいと考えられます。小学生の頃から慣れておき、文章を書くことに抵抗を持たせないことが重要でしょう。


以前にも書きましたが、
大学入試が変われば、その対策をする高校の教育も変わり、
高校の教育が変われば、当然高校側が欲しい人材も変わってくるわけなので、高校入試が変わり、
高校入試が変われば、その対策をする中学校の教育も変わり、、、
といったように、日本の教育全体が変わることが考えられます。


ということは、いずれは必然的に小学生のうちから文章を書く力が求められるわけですが、
皆さんのお子様の通われている学校の教育が、いつ変わるかはわかりません。


ここで生まれるのは教育格差。
英語、アクティブラーニング、プログラミングと、積極的な学校はすぐに取り入れていますが、全ての学校が対応していないのが現状です。


お子様が将来困らないように、今の教育の現状を把握し、環境を用意してあげることが重要だと考えられます。
家庭教育でも良いですし、民間の塾などに通わせることも良いのではないでしょうか。


朝日小学生新聞の記事にある「文章を書くこと」と「他の人に読んでもらうこと」は、家庭でもできると思います。
ただ、教育の現場でよく子どもに言われるのが、「書くのめんどくさい」です。
他人に読ませる以前に書いてくれない。皆さんの家庭ではいかがでしょうか。
子どもが「書くのめんどくさい」と言うときは、おそらく頭の中で書く内容が整理できていない状態だと思います。


そのような場合は、まずは会話から入ると良いかもしれません。
文章のテーマについて話を聞き、ときどき「それはなぜ?」「例えば?」と問いかけます。
会話の中で書く内容が整理されてきたところで、「じゃあそれを書いて」と私は言います。


全ての場合がこの方法でうまくいくわけではありませんが、少し協力してあげると書きやすいと思います。
回数を重ねることで、いずれはコツを掴み、自分の力で文章を書けるようになるのではないでしょうか。