小学校

小学校の全教科にアクティブラーニング導入!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-04-02-12-37-44

2020年度から全国の小学校で使われる教科書の検定が、文部科学省により行われ、164点が合格しました。先日、プログラミング教育が5教科に導入されたことをブログに書きましたが、アクティブラーニングはなんと全ての教科に導入されたようです。これは2020年度の新しい学習指導要領に対応したためです。

img_6697

出典:読売新聞

新学習指導要領とは

「学習指導要領」とは全国のどの地域で教育を受けても一定の水準の教育を受けられるようにするため、文部科学省が大まかに教育内容を定めたものです。各学校ではこの「学習指導要領」を踏まえてカリキュラムを編成しています。(参考:文部科学省の定める学習指導要領って何??

そして、2020年度より改定された新しい「学習指導要領」が実施されます。文部科学省のサイトを参考に新学習指導要領についてポイントをまとめてみました。

改定に込められた思い

「改定に込められた思い」として記載されていた文章から一部抜粋しました。「自ら」という言葉が多く使われており、受け身でない能動的な人間に育って欲しいという思いが感じられます。

「これからの社会が,どんなに変化して予測困難な時代になっても,自ら課題を見付け,自ら学び,自ら考え,判断して行動し,それぞれに思い描く幸せを実現してほしい。」

どんな力を育むのか

知識・技能の詰め込み型ではなく、図のように3つの力をバランスよく育てていきます。

page3_fig3

どのように学ぶか

主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の点から「何を学ぶか」だけでなく「どのように学ぶか」も重視するとのことです。話し合いや発表、考えることを大切にします。

新たに取り組むこと,これからも重視することは

新しくプログラミング教育が導入され、外国語教育は読む・聞くだけでなく話す・書くといった総合的な教育が示されています。そして文系の入試にも数学を必須とする大学もあるように、理数教育も重視されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-04-02-11-19-01

アクティブラーニング導入で教科書はどう変わったか

知識の他に考える過程、グループで討論して答えを導き出し、発表するまでの授業の流れや、調べ学習の方法が盛り込まれたそうです。

まとめ

教科書が変わって実際に現場ではうまくいくでしょうか。主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)を実現するにはどのようにすればよいか。この課題に教師・生徒、そして家族、地域も含めみんなで取り組んでいくこと、まさにこれはアクティブラーニングではないでしょうか。

プログラミング教育が盛り込まれた小学校教科書が遂に誕生!!

b2a3b9fbebd1d696d265458f84071750_s

2020年春から使用される小学校教科書の検定結果を文部科学省が公表し、小学校では検定申請点数164点全てが合格しました。(文部科学省Webサイト:文部科学省許可書検定結果

プログラミング教育が盛り込まれた5教科

プログラミングに関する内容が算数・理科・図画工作・家庭・英語の5教科で盛り込まれました。プログラミング教育のねらいは、コンピューターを動かすために筋道を立てて物事を考える論理的思考力を養うことです。

img_6660

(出典:読売新聞、日本経済新聞)

具体的にどのように学ぶか

具体的にどのような学びが教科書に盛り込まれたかというと。

  1. キャラクターを「右を向く」「前に〇歩進む」といった指示を出して目的地までたどり着く方法を考える
  2. 正多角形の作図の手順を考える(まっすぐ進む→左に〇度回る→〇回繰り返す)
  3. センサーを使って人がいる時だけ照明がつくプログラムを作成する
  4. LEDを意図通り「点灯」「消灯」「点滅」させるプログラムを考える
  5. 洗濯機といった身近な家電に使われているプログラムを知る

プログラミング教育は必ずしもパソコンやタブレットを使うわけではありません。あるカードを考えながら正しい順序に並び替えるといった授業を行い、論理的思考力を育てるといった取り組みをしている小学校もあります。(詳細はこちらのブログへ:パソコンもタブレットも使わないプログラミング??

日本のこれから

プログラミング教育が盛り込まれた小学校教科書が遂に誕生。2020年度の小学校プログラミング必修化もいよいよかと実感がわいてきますね。海外では英国のように5歳からプログラミング教育を導入するなど先行して取り組んでいる国は少なくないそうです。そして現在はGoogle,Apple,Facebook,Amazonといったソフトウェア企業が世界を席巻しています。IT人材不足も話題となっており、これからプログラミング教育の重要性は世界的にさらに高まっていくことが予想されます。日本はプログラミング教育は遅れている言われていますが、これから盛り返していきましょう!!

 

文科省により小学校に「教科担任制」導入!!

9fd00eebffedbdb3f90c8dce276ac6fc_s

現在、小学校では全ての教科を学級担任が受け持つ「学級担任」、中学校からは教科・科目ごとに教師が異なる「教科担任」が一般的ですが、これからは小学校にも「教科担任制」が導入されそうです。

文部科学省による小学校「教科担任制」導入の推進

小学校への「教科担任制」の導入は文部科学省によるものです。現在、一部の小学校では既に導入しているようですが、これを契機に小学校の「教科担任制」は広まっていくことが考えられます。

推進の背景には2020年度から小学校で英語教科化、さらにプログラミング教育必修化などの専門的知識を持つ教員が必要になってくることが挙げられます。

img_6580

(参考:読売新聞)

対象は5・6年生

教科担任制は、授業内容が専門的になる5・6年生が主な対象となるそうで、2年程度かけて検討されるようです。合わせて中学校教員が小学校でも学級担任ができるような仕組みも検討されるとのこと。

期待される効果・懸念事項

期待される効果

  • 授業の質の向上
  • 教師の授業負担の軽減(長時間労働の改善)

考えられる懸念点

  • 教員が不足しているなか教員を多く確保しなければならない
  • 教員を多く確保するため財政的な課題がある

既に実践している小学校の成果と課題

兵庫県では2009年から「兵庫型教科担任制」と言う指導システムを導入しているようです。その成果と課題が兵庫県教育委員会のWebサイトに載っていたので抜粋します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-22-11-22-46

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-22-11-22-57

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-22-11-23-09

参考:兵庫県教育委員会Webサイト

まとめ

課題はあれど、兵庫県の例をみると生徒の学力向上、教員の学習指導の行いやすさ向上に効果があるようです。これから小学校の「教科担任制」の導入がどのように進んでいくのか、注目していきましょう。