学習指導要領

小学校の全教科にアクティブラーニング導入!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-04-02-12-37-44

2020年度から全国の小学校で使われる教科書の検定が、文部科学省により行われ、164点が合格しました。先日、プログラミング教育が5教科に導入されたことをブログに書きましたが、アクティブラーニングはなんと全ての教科に導入されたようです。これは2020年度の新しい学習指導要領に対応したためです。

img_6697

出典:読売新聞

新学習指導要領とは

「学習指導要領」とは全国のどの地域で教育を受けても一定の水準の教育を受けられるようにするため、文部科学省が大まかに教育内容を定めたものです。各学校ではこの「学習指導要領」を踏まえてカリキュラムを編成しています。(参考:文部科学省の定める学習指導要領って何??

そして、2020年度より改定された新しい「学習指導要領」が実施されます。文部科学省のサイトを参考に新学習指導要領についてポイントをまとめてみました。

改定に込められた思い

「改定に込められた思い」として記載されていた文章から一部抜粋しました。「自ら」という言葉が多く使われており、受け身でない能動的な人間に育って欲しいという思いが感じられます。

「これからの社会が,どんなに変化して予測困難な時代になっても,自ら課題を見付け,自ら学び,自ら考え,判断して行動し,それぞれに思い描く幸せを実現してほしい。」

どんな力を育むのか

知識・技能の詰め込み型ではなく、図のように3つの力をバランスよく育てていきます。

page3_fig3

どのように学ぶか

主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の点から「何を学ぶか」だけでなく「どのように学ぶか」も重視するとのことです。話し合いや発表、考えることを大切にします。

新たに取り組むこと,これからも重視することは

新しくプログラミング教育が導入され、外国語教育は読む・聞くだけでなく話す・書くといった総合的な教育が示されています。そして文系の入試にも数学を必須とする大学もあるように、理数教育も重視されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-04-02-11-19-01

アクティブラーニング導入で教科書はどう変わったか

知識の他に考える過程、グループで討論して答えを導き出し、発表するまでの授業の流れや、調べ学習の方法が盛り込まれたそうです。

まとめ

教科書が変わって実際に現場ではうまくいくでしょうか。主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)を実現するにはどのようにすればよいか。この課題に教師・生徒、そして家族、地域も含めみんなで取り組んでいくこと、まさにこれはアクティブラーニングではないでしょうか。

文部科学省の定める学習指導要領って何??

皆様は文部科学省の定める「学習指導要領」というものをご存知でしょうか?


私は「名前は聞いたことがある」、
という程度で実際にどのようなものか見たことがありませんでした。


私のような方も少なからずいらっしゃると思いますので、
今回は「学習指導要領」を簡単に紹介させていただきます。



学習指導要領とは何か?
 全国のどの地域で教育を受けても、一定の水準の教育を受けられるようにするため、文部科学省では、学校教育法等に基づき、各学校で教育課程(カリキュラム)を編成する際の基準を定めています。これを「学習指導要領」といいます。
 「学習指導要領」では、小学校、中学校、高等学校等ごとに、それぞれの教科等の目標や大まかな教育内容を定めています。また、これとは別に、学校教育法施行規則で、例えば小・中学校の教科等の年間の標準授業時数等が定められています。  各学校では、この「学習指導要領」や年間の標準授業時数等を踏まえ、地域や学校の実態に応じて、教育課程(カリキュラム)を編成しています。

(出典:文部科学省Webサイト)

具体的にどのようなことが書かれているか一部抜粋しますと、

「基礎的・基本的な知識及び技能を確実に習得させ,これらを活用して課題を解決するために必要な思考力,判断力,表現力その他の能力をはぐくむとともに,主体的に学習に取り組む態度を養い,個性を生かす教育の充実に努めなければならない。その際,児童の発達の段階を考慮して,児童の言語活動を充実するとともに,家庭との連携を図りながら,児童の学習習慣が確立するよう配慮しなければならない。」

これは約10年前に定められた学習指導要領ですが、
2020年の教育改革に通ずることが既に書かれています。

皆様も一度「学習指導要領」を検索して目を通して見てはいかがでしょうか?

写真は学習指導要領改訂の今後のスケジュールです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-06-25-21-25-25