学力

読書で学力向上!!特に算数!!

72adf43fce69607312117f074668ac99_s

ベネッセ総合教育研究所の調査によると、読書量が多いほど学力が上がる傾向が見られたそうです。全体的に「学力の低い層ほど成績の伸びが大きかった」と分析しています。

読書で学力が向上する

 1年4ヶ月という調査期間において、ベネッセの模擬テストの成績で、読書の冊数が「10冊以上」の子は、テストの平均偏差値が1.9ポイント上昇。「0冊」の子は0.7ポイント下がったそうです。国語・算数・理科・社会の中でも、特に算数の平均偏差値の上昇が目立っていたとのこと。問題の読解力や理解力が上昇していることが考えられます。

img_6391

(出典:読売新聞)

どうやって読書を習慣化させるか

 ではどうやって子どもが本を読む習慣を身につけさせるか。すぐに実践できるのは次の3つでしょうか。

  1. 本・新聞・雑誌などを目につく場所に置く
  2. 大人が本を読む姿を見せる
  3. 読み聞かせをする

 読み聞かせは子どもが小さいうちはできるかもしれませんが、ある程度育ってくると難しいかもしれません。この3つの中では特に2つ目が重要かと思われます。本を読んでいない人に「本を読め」と言われても説得力なしです。大人が何気なく読んでる姿を見せる。読書に没頭している姿を見せる。そうやって興味関心を持たせるのはどうでしょう。

 「そんなこと言っても我々大人も忙しく、なかなか時間が・・・」

 いきなり難しくて分厚い本は子どもも大人も抵抗があります。ということでまずは内容は簡単で量も少なめの本から始めるのはいかがでしょう。子どもでも読める本だと共通の話題ができ、意見や感想も言い合えます。

 読書が楽しくなって習慣化したら作戦成功です。子どもが楽しみながら学力を上げられる。親にとってこれ以上のことはありませんね。

リビング学習は効果がない?

最近は「リビング学習」が増えているようですが、皆さんのご家庭ではいかがでしょうか。
学力向上、コミュニケーション能力向上などの効果はありますか?


子供が自室ではなく家族が集まる場所で勉強する「リビング学習」を取り入れる家庭が増えている。親の目があるため、子供が程良い緊張感を持って学習に取り組める、親子のコミュニケーションが取りやすいといった点が評価を集める。一方で、勉強に集中できない、親の干渉が子供のやる気を削ぐといった恐れも。

img_3409-2
(出典:日本経済新聞)

リビング学習が広がり出したのは10年ほど前からで、中学受験が過熱する中で「教育雑誌などがリビング学習を『学力向上につながる』と取り上げたことが拍車をかけた」という見方もあるようです。


しかしながら、多くの親が学力アップに期待を寄せる反面、リビング学習が学力向上につながると立証したデータはないとのこと。


ここで間違って捉えてはならないことがあります。
データがないだけです。
リビング学習が学力向上につながらないと結論が出ているわけではない ということです。


つまり、やり方次第でリビング学習は学力向上につながるということです。


記事では、リビング学習のポイントを挙げています。
過度な口出し・強制は禁物


過度な口出しとリビング学習の強制で考えられるリスクとその原因は次のようなものでしょうか。

・やる気の低下・・・「否定される」「強制的」などによる
・自己肯定感の低下・・・「否定される」などによる
・思考力の低下・・・「教えすぎ」「指示しすぎ」などによる
・主体性の低下・・・「教えすぎ」「指示しすぎ」などによる
・判断力の低下・・・「教えすぎ」「指示しすぎ」などによる
・親子関係の悪化・・・信用されていないといった「不信感」などによる
など


逆に考えれば、リビング学習のポイントに気をつければリスクと挙げられたものはプラスに転じます。


過度な口出しをやめ、強制しない。
具体的にどのように行動すべきか考えてみると次のようなものが挙げられます。

・途中で口出ししない(集中している時に邪魔しない)・・・集中力の向上
・答えを教えるのではなく、まずは情報を与え考えさせる・・・思考力の向上
・否定的な言葉は使わない・・・やる気と自己肯定感の向上
・なぜ学ぶ必要があるのかを説明する(将来像をイメージさせる)・・・主体性と判断力の向上
・子供をよく観察し良いところは褒める・・・やる気と自己肯定感の向上
・成長とともに学習場所は個人に選ばせる・・・判断力の向上と信頼による親子関係の良好化
・意見を押し付けず子供の意見を尊重し、多様性を認める・・・自己肯定感の向上と親子関係の良好化
など


皆さんもポイントに気をつけてリビング学習を取り入れてみてはいかがでしょうか。

家庭の年収と子供の学力は関係ある?

親の年収や学歴が高い家庭の子供ほど学力が高い傾向が続いているというデータがあるようです。


親の年収や学歴が高い家庭の子供ほど学力が高い傾向が続いていることが27日、文部科学省の調査でわかった。2013年に初めて実施した前回調査と同様の結果で、家庭の経済状況が学力の格差に影響している状況が鮮明になった。一方、子供に自制心や忍耐力などをつけるよう親が働きかけることで、年収などにかかわらず、学力を高められる可能性があることも指摘された。

(出典:読売新聞)
img_4967

遺伝的なこともあると考えられますが、
塾や習い事にお金を使うことができるということも1つの要因でしょうか。

しかしながら、
親の年収などが低くても一定の割合で好成績の子供がいるそうです。
このような子供の親は

「毎日朝食を食べさせる」
「子供が決まった時刻に起きるようにしている」

など規則的な生活習慣を整えたり

「本や新聞を読むように勧めている」など
文字に親しむように促したりしている割合が高いとのこと。

お金をかけなくても子供のために家庭でできることはまだまだありそうですね。