学び

楽天創業者が学校設立!?

7a5acc00422c112c3ed53b3e606509af_s

 「技術の発達により、人間の能力は衰えていく不安がある」と以前ブログに書きました。(ブログはこちらから)人間の考える力や感覚を、AIやロボットが肩代わりしてくれるからです。当然ながら使わない能力は衰え、社会における人間の役割も減っていきます。ではどうすれば良いのか?

 「AI時代に人間にしかできない役割を発見するには、人間特有の遊びやより道が欠かせない」(出典:日本経済新聞)と述べているのは、軽井沢風越学園(かるいざわかぜこしがくえん)の設立準備をしている本城慎之介さんです。本城さんは教育を通して問題を解決していこうとしています。

軽井沢風越学園とは

 軽井沢風越学園(かるいざわかぜこしがくえん)は、楽天の創業メンバーである本城慎之介さんが中心となり、2020年開校を目指している学校です。軽井沢風越学園について簡単にまとめてみました。

軽井沢堀越学園とは

  • 長野県の軽井沢に2020年4月開校予定の幼稚園・義務教育学校(小中学校)
  • 設立設置認可申請中
  • 対象は3歳から15歳で1つの校舎で学ぶ
  • 一斉授業・画一的カリキュラム・固定的な学級編成等の従来型学校教育には縛られない
  • 軽井沢の豊かな自然環境を活かす
  • 軽井沢町と連携を重視する

大切にすること

  • 遊びが学びへとつながっていく人間の自然な育ち
  • みんなが違うということを知り、体験し、大切にしてゆるやかにつながること
  • たくさんのことを混ぜて新しい出会い、動きを生み出していくこと

カリキュラムの3つの軸

  1. 「わたし」からはじまる・・・自己主導
  2. 「わたしたち」で広げる・・・協同
  3. 「わたし」と「わたしたち」で深める・・・探究

 

concept-300x300

大事なこと

 軽井沢風越学園では他にも重要視していることがあります。それは「大人も学び続ける」ということです。理想とする学校を目指し、大人も「自己主導の学び」「協同の学び」「探究の学び」を追求し、学び続けていくそうです。

たしかに、大人が実践していなければ子どもへ説得力がありませんし、実践していない大人がする教育は真の教育とは言えません。また、社会は変化し続けます。つまり、あるべき教育も変化する可能性があるため、大人が学び続けることはとても重要です。

 

まとめ

 人間が衰えないために、そしてAI時代を生き残っていくために、教育はとても重要です。軽井沢風越学園のように学校教育が変わることも大切ですが、家庭教育も変わることが大切です。そして、地域住民も他人事にするべきではないと思います。なぜなら良い教育は住民の定着生み地域の活性につながると考えられるからです。特に今後はインターネットの通信速度高速化などの技術向上やテレワークなどといった場所に縛られない働き方が増えてきます。これらを考慮すると軽井沢風越学園の「軽井沢町と連携を重視する」という考えはとても時代に合っているのではないでしょうか。

 学校(教育)は保護者だけでなく地域のみんなで作り上げていくこと。これは文部科学省も「学校が地域住民等と目標やビジョンを共有し、地域と一体となって子供たちを育む『地域とともにある学校づくり』」として推進しています。当事者意識を持ち、学校づくりに参加してみてはいかがでしょうか。

参考:文部科学省:コミュニティスクール(学校運営協議会制度)

『穴に落ちても這い上がる子ども』を育てる教育

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-12-11-9-38-22

(出典:BUSINESS INSIDER JAPAN)

この絵を見てわかること、伝わることは何でしょうか。

「難しいことに挑戦して失敗することもあるけれど、諦めなければ達成できる」

といったところでしょうか。とても大切な考え方です。

他にも「何歳くらいの子が書いたのかな?」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?驚くべきことに、この絵を書いたのは6歳の女の子です。女の子が通うのはシンガポールの「UWC South East Asia」というインターナショナルスクールです。いったいどのようなスクールなのでしょうか。

UWCとは

UWCはUnited World Collegesの略で、世界各国の国内委員会が選抜・派遣した生徒を2年間受け入れ、国際 感覚豊かな人材を育成する民間教育機関です。カレッジという名前ですが、日本の「高校」にあたり、日本からの生徒は派遣時点で高校2年生(応募時1年生)となります。 UWCに派遣された生徒は約2年間、世界各国から集まった生徒とともに、国際バカロレアのディプロマ課程のカリキュラムに従い、各教科の履修と、国際理解教育やボラン ティア活動などを重視した教育を受けます。

UWC日本協会は、UWCの日本における国内委員会として1972年に設立されました。以来、毎年生徒を世界各地のカレッジに派遣しています。奨学生には、授業料・食費・寮費などの全額または一部が奨学金として支給されます。

ちなみに2019年度の派遣先は次のようになっています。

(1) アメリカ校 (UWC-USA) 1名
(2) アルメニア校 (UWCDilijan) 1名
(3) コスタリカ校 (UWCCostaRica) 1名

奨学生となれば2年間を素晴らしい経験することができることになりますが、なんと派遣されるのはたったの3名。とても狭き門です。

UWC インファントスクール(幼児部)の教育

UWC South East Asiaは世界に4つしかないインファントスクール(幼児部)を併設するキャンパスです。冒頭の絵を描いた女の子はこちらに通っています。

インファントスクールでは「挑戦と失敗からの学び」を絵で表現するレッスンが行われているようです。自らの手を動かし絵として描くことで、「挑戦と失敗からの学びの大切さ」がイメージとしても強く印象付けられ、思考・行動に影響しそうです。言葉で表現することは当たり前、1歩先をいっていますね。

女の子はお父さんに絵について次のよう説明したそうです。

  • 「『穴に落ちずにはしごを渡る人』は『チャレンジせずに安易な道(Easy Way)を行った人』」
  • 「その人(はしごを渡る人)は何も学習(Learn)していないのよ」
  • 「穴に落ちてから『よし、違う方法はないかな?』『もうちょっと続けてみようか?』って考えて、諦めない(Never Give Up)人だけがLearnできるの」
  • 「Easy Wayを行った人も協力(Collaborate)して、チャレンジした人を引き上げてくれるんだよ」

 (出典:BUSINESS INSIDER JAPAN)

いったいどのようなレッスンをすれば6歳の子どもがここまで説明できるのでしょう。とても考えさせられますし、参考にして今後の子どもたちの教育に生かしていきたいものです。

UWCの教育の特徴をもう1つご紹介します。UWCでは数学を重要視しています。なぜならば子どもたちが将来どんな道に進もうが、ロジカルシンキングの基礎である数学は何より大切と考えているからです。数学嫌いにならないように、計算の速さを競うのではなく、プロセスを重要視しているようです。

UWCはどんな時代になっても世界のために、情熱のままに自分を最高に活かせる「自立して考え抜く人(Thinker)・行動する人(Doer)」を育てることを目指しています。

UWCに奨学生となって2年間通うことはなかなか難しいかと思いますが、教育内容などを参考にして取り入れることはできそうです。

スーパーのバイトだけで文字や常識を学んだ社長!?

テレビ朝日の番組に「激レアさんを連れてきた。」(毎週月曜よる11時15分放送※一部地域を除く)という番組があります。


2018年9月10日(月)の放送では、「小学校に6日しか通わなかったので嘘みたいに無知だったけど、スーパーのバイトだけで文字や常識を学び社長にまで上り詰めた人」という激レアさんのハットリさんを紹介していました。

社長になったハットリさんですが、まだまだいい会社、立派な社長を目指しているそうです。
ハットリさんは次のように言っています。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-09-13-9-06-47%ef%bc%882%ef%bc%89


このコメントに対し、司会進行を務めていた慶應義塾大学卒業の女性アナウンサーは自分自身について「(学びが)止まってるわぁ」とショックを受けていました。


15歳の時点でひらがなのみの読み書き、指で数えられるまでの足し算・引き算しかできなかった社長。かたや中高大と慶應を卒業した女性アナウンサー。


①学んでこなかったが学び続ける人
②学んできたが学びが止まっている人
③学び続ける人


皆さんはどれに該当しますか?


ハットリさんは当たり前のように学校に通っていた人と違い、学んでこなかったからこそ「学ぶこと」「学べること」の楽しさ、大切さが身にしみているのでしょうね。

そして、ハットリさんには年齢に関係なく「学び」を始めること、続けることの重要性を改めて教えてもらいました。


過去の激レアさんはドラマ化されるようなので、是非ハットリさんの人生もドラマ化して欲しいものです。
ハットリさんの回の「激レアさんを連れてきた。」は下記URLから視聴できます!!
配信期間は2018年9月17日 22:15までなのでお急ぎを!!

https://cu.tv-asahi.co.jp/watch/241?official=1


ゲームの集中力はなぜ生まれる?

%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0
スマホやタブレットなどの普及で、
今の子どもたちにとってゲームはとても身近なものになっています。
(ここでいうゲームとはコンピュータゲームまたはビデオゲームのこと)


「ゲームに対する集中力を
 他のことにも発揮してくれたらいいのに」


と考えている方も多いのではないでしょうか。


%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0


そもそもなぜ子どもたちはそこまでゲームに没頭するのか?


実際に自分でゲームをやってみるとわかります。
簡単に理由を挙げると以下の3点でしょうか。


1.達成感がある
ステージをクリアするたびに達成感を味わえます。
難易度が低いところから少しずつ難しくなっていく絶妙な設定です。


2.満足感を得られる
ものを集めていくことや、ものを作り上げていくこと、
また、操作が上手くなっていくことで満足感を得られます。


3.好奇心がかきたてられる
追加されていく様々なキャラクター、アイテム、能力。
現実世界では実現できない想像力豊かな世界。
「次は何があるのか知りたい」という好奇心を継続してかきたてられます。


つまり、
ゲームに子どもがのめり込むのは当たり前ではないでしょうか。
ゲーム制作会社が激しい競争の中でそのように作っているのですから。


逆に、
ゲームに興味を示さないのであれば、
以下のことが考えられるかもしれません。


 ・上手く操作ができない
 ・ルールが理解できない


もしこのような理由であるとすれば、
コンピュータに「苦手意識」を持ってしまうことも考えられるので、
早めに気づいて対処したいものです。


様々なゲームの操作やルールを理解した経験は、
大人になって仕事でソフトウェアやアプリケーションの使い方を理解するときに役立つのではないでしょうか。


ここまでゲームに夢中になる理由を考えてきましたが、
やはり私たち大人は
「他の学びにも同じくらい集中して取り組んでもらえたら」
と考えてしまいます。


学校の勉強、スポーツ、その他の習い事。
先に挙げゲームに没頭する3つの理由をヒントにできるかと思います。


ただし、
学校、職場、社会では「集団」が基本単位なので、
そこまできめ細かく個人に合わせた環境ではありません。


そこで個別指導や少人数制、または保護者の方々で、
個人個人に合わせて丁寧にサポートしてあげれば、
達成感・満足感・好奇心を満たす環境をある程度用意することはできるかもしれません。


しかし、
ゲームに比べ、現実世界はそんなに話は簡単ではありません。


なぜなら、
経験値を積んだからといって必ず結果が出るとは限らない。
いつレベルが上がるかわからない。
からです。
それがゲームと現実の一番の違いでしょうか。 


このことを子どもも大人も理解した上で、
長い目で物事に取り組み成果が出た時、
強い集中が生まれるきっかけになるかもしれません。


みなさんは集中力について、どのように考えますか?