子育て

「全米最優秀女子高生」の母の「子育て術」

b9b615be6284865c72aab5e908ed8d39_s

アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれたスカイ・ボークさんが、2017年7月に「全米最優秀女子高生」というコンテストで優勝しました。スカイさんは、現在はアメリカの名門大、コロンビア大学に通っています。「全米最優秀女子高生」とはどのようなコンテストでしょうか?また、スカイさんのお母さんはどのような育て方をしたのでしょうか?

「全米最優秀女子高生」とは

「全米最優秀女子高生」(The Distinguished Young Women of America Scholarship)とは、米国の女子高校生が知性や才能、リーダーシップを競う大学奨学金コンクールで、1958年に創設され60年を超える歴史を持つ名誉ある賞のひとつです。参加者は次のようなカテゴリーで競い合います。

  • インタビュー(25%)
  • 学問(25%)
  • 才能(20%)
  • フィットネス(15%)
  • 自己表現(15%)

これまでの参加者は80万人近くいるそうですが、60年の歴史の中でアジア系の女子高生が優勝することはめずらしいとのことです。そして2017年優勝者であるスカイさんのお母さんは日本人です。日本でスカイさんと対談講演を行ったり、育てに関する書籍を出版するなど注目されています。

母の子育て術

スカイさんの母であるボーク重子さんは、ご自身がグローバルに活躍する中で、最も大切だと感じたことを子育てに生かしているそうです。それは「自分の意見を持ち、表現できる」ということ。ボーク重子さんの周りで活躍する人たちはみな、これを行なっているそうです。

自分の意見を持ち、表現できる子どもを育てるために具体的に次のような取り組みをされているそうです。

  • 「あなたはどう思う?」と尋ね、自分の考えを整理し、結論を出すという習慣をつけさせる
  • 子どもの意見は否定しないが、考えを論理的に説明できなければ説得力がないと伝える
  • 対話を増やすために子どもと同じことをやってみる
  • 考える力をつけさせるために「やりなさい」と言わない

img_6715

参考:朝日小学生新聞

まとめ

ボーク重子さんの子育て術は1つの方法です。子どもや親御さんにとって合う・合わないもあると思います。ただ、試してみる価値はあるのではないでしょうか。より詳細を知りたい方はボーク重子さんの著書をぜひ読んでみてください。

ボーク重子さんの著書

  • 世界最強の子育てツール SMARTゴール 「全米最優秀女子高生」と母親が実践した目標達成の方法
  • 「非認知能力」の育て方:心の強い幸せな子になる0~10歳の家庭教育
  • 世界基準の子どもの教養
  • 世界最高の子育て――「全米最優秀女子高生」を育てた教育法

大谷翔平に反抗期はなかった?

二刀流としてアメリカのメジャーリーグで活躍している23歳の大谷翔平選手。


ビジネスパーソンが利用するマンダラチャート(目標設定シート)を、高校生で作成していたことでも話題になっています。若い時から圧倒的な向上心を持ち、スターとなっても謙虚な姿勢で努力を続ける大谷選手は、家庭でどのような育てられ方をしたのでしょうか。


以下は雑誌DIMEで特集されていた大谷選手の記事です。家庭環境やご両親が子どもに対しどのように接していたかがわかります。
img_5045

思春期を迎える中学生の頃によくある、いわゆる反抗期がなかったと言うのは母・加代子さんだ。
「訳もなく反抗したり、態度が悪かったということは特になかったと思います。それは翔平だけではないんですが、子供たちがそれぞれの部屋にこもることもありませんでした。特別に家族みんながものすごく仲がいいというわけではないんですが、家にはテレビが1台しかなかったので、なんとなくみんなが同じ場所に集まって一緒にテレビを見ることが多かったですね」
〜中略〜
「お父さんが仕事から帰ってくるのを待って、みんなで夕飯をとる。お休みの日には、ホットプレートみたいなもので、家族みんなで楽しくワイワイと食べる。食事に関して特別なことをしたわけではなかったですが、自然とそういう空気を作ろうとは思ってました。」

出典:DIME



大谷選手に反抗期はなかったそうです。


なぜでしょうか?


記事からは、家族みんなでコミュニケーションをとる機会が多く、家庭内で良好な人間関係を築いていたことが理由の1つに考えられます。


また、「訳もなく」という言葉が印象に残りました。
ご両親は日頃から子どもたちの意見をきちんと聞き尊重していたのではないでしょうか。


以下は大谷選手が語ったご両親への感謝の思いです。

「今でもそうですが、親には本当に自分がやりたいように自由にやらせてもらってきました。父親は、やりたければやればいい、やりたくなければ自己責任で、という感じで接してもらいましたし、母親にも『勉強をやりなさい』と言われたことがなかったですし、たくさん支えてもらいながら、自由にやらせてもらってきたと感じています。」

出典:DIME




この感謝の言葉からは、やはり日頃からご両親は大谷選手個人の意見を尊重し、自らの決断に責任を持たせていたことがわかります。


そして驚くべきことに、母親に勉強をやりなさい」と言われたことがないにもかかわらず、高校の成績は常に学年で10位以内だったということです。


また、過去に大谷選手が受験生から勉強のやる気が出ないのですがどうしたらいいですか?」という質問に対して、「自分の将来像をしっかりと決めれば勉強は頑張れる」と答えたそうです。
大谷選手にとって、自分の夢を叶えるために勉強は必要だったのですね。


大谷選手に質問をした受験生は、自分の将来像(目標)が決まっていないために、勉強が必要だと心から思っていなかったということでしょうか。


「勉強しなさい」と言われても、子どもは「何のために?」となります。


もし「勉強しなさい」と言うのであれば、論理的になぜ勉強をする必要があるのかを説明しなければなりません。しかし、最終的には子ども自身が心から「勉強が必要なんだ」と思えなければ、継続することは難しいと考えられます。

そこで、
自分の将来像という長期的視点の目標を設定することで、自分に必要なことを自発的に学ぶことができると、大谷選手は教えてくれているのではないでしょうか。目標設定の重要さがわかります。


話を「大谷選手がどのように育てられたのか」に戻しますと、今回の記事からは、大谷家では以下のような子育てが行われていたことがわかります。

・コミュニケーションをとる機会を多くしていた
・子どもの意見に耳を傾け尊重していた
・自分で選択・決断させ、責任を持たせていた


子育ての1つの例として、スーパースター大谷翔平選手を参考にしてみてはいかがでしょうか。