問題解決力

コミュニケーション能力って具体的には?

先日、企業が新卒採用時に求める能力として、コミュニケーション能力が最も重要視されているとお伝えしました。

 

それでは、コミュニケーション能力は具体的にはどのようなものでしょうか?

 

 

前回、コミュニケーション能力は、

①相手の話を論理的に整理して理解する力

②ポイントを絞って質問できる力

③相手の話を踏まえて、論理的、具体的に説明できる力

であるとお伝えしました。

img_communication-skills-of-web-designer_02 

 

もう少し深掘りしてみると、

①は相手の気持ちや立場、状況などを幅広く考えながら、論理的に整理して理解する力が必要になります。ここでのポイントは相手の立場や気持ちになって理解しようとすることです。

相手に対する思いやりや洞察力、全体像を把握する力、読解力などの能力や、それに関する考え方を育てる必要があります。また、海外の方と話をする場合、歴史的背景や文化の違う人たちの考えを受け入れる多様性も必要になります。社会的弱者に共感することも必要です。

 

②は、①で整理した事実や意見などに対し、要点を整理・要約する力が必要になります。その上で、疑問点や詳細を質問する力を育てることが重要です。この場合に活用できるのが、フレームワークや切り口です。原因と結果を繋げるだけの簡単なものから、ビジネスで使うようなものまで、さまざまなフレームワークを活用することによって、要点が整理でき、理解が深まります。

 

③は、自分の意見や根拠等を論理的に説明する力が必要になります。また、どのように組み立てて表現するかという構想力や、どのように感情を入れたり、逆に抑えて説明・表現するかなどといった、表現力などが関係します。

 

このようにコミュニケーション能力はさまざまな能力が関係してきます。

 

社会に出る間際である高校生や大学生から、いきなりコミュニケーション能力を育てましょう!と言っても一朝一夕に身につくものではありません。

コミュニケーション能力には、さまざまな要素が含まれているため、長い年月をかけて育てる必要があると思います。

 

それでは、幼少の頃からコミュニケーション能力を育てるにはどうしたらいいのか?

 

次回、お伝えしたいと思います。

中学入試が自作プログラミングのプレゼンテーション!?

最近の入試は多様化しているようです。

「埼玉県の女子校・大妻嵐山中では、今年1月の受験で、初めて、自分の作ったプログラムをプレゼンテーション(発表)する入試が行われました。」(4月19日読売KODOMO新聞)

プログラミングはもはや入試にも取り入れられてきてるのですね。
ある女子はピアノ演奏プログラムを作成し、入試に挑んだそうです。

なぜこのプログラムを作成したのかというと、
右手のメロディーを演奏させて、自分は左手の練習をする、
といった風に役立てたかったからだそうです。

プログラムを作り上げたことも素晴らしいですが、
自分の身近な課題や問題を発見し、
問題解決のために実際に行動を起こしたことが素晴らしいと私は思いました。

社会に出て活躍する人間はどのような人間か。

課題や問題を発見できない人
発見しても解決方法を考えない人
解決方法を考えても実際に行動に移さない人

ではなく、

課題や問題を発見し
解決方法を考え
実際に行動に移す人

であるはずです。

現在はプログラミングが身近になったことにより解決できる問題が増えたのではないでしょうか。
先ほどのピアノ練習のためにプログラムが良い例です。

簡単なプログラムから作り、自分の身近ことを少しずつ便利にしていく。
こういったことを子どものうちから経験しておけば、大人になって社会に出ても活躍できる人間になれるのではないでしょうか。
内容が変わるだけで「問題発見→解決方法の検討と提案→実行」のプロセスは変わらないと考えるからです。

プログラミングは解決手段の1つです。
他の方法があればそれで解決しても良いと思います。

大事なのは問題解決までのプロセスを経験し身につけておくことです。
ただ、社会の流れてとしてプログラミングを使い、問題解決することを子どものうちから経験させるのも良いかもしれませんね。

ちなみにピアノ演奏プログラムでプレゼンテーションをした女の子は見事に同校に合格したそうです!

社会で必要な能力とオンリーワンスクールの共通点とは?②問題発見力

こんにちは!渡邊です。

 

弊社は、社会で必要な能力や考え方を育てる「オンリーワンスクール」を運営していますが、

具体的にどのような能力を育てるのか?について発信しています。

 

今日は、「問題発見力」についてです。

 

■━━━本日のテーマ━━━■

②問題発見力

■━━━━━━━━━━━━■

 

社会に出ると、論理的思考力や問題解決力が大事だとよく言われます。

 

同じように、問題発見力・問題設定力も重要だと、私たちは考えています。

 

特に今後は、第四次産業革命と言われる時代の中で、人工知能が仕事を代替するようになり、新しい仕事をどんどん作っていかなければ、人間の仕事がなくなっていきます。

 

例えば、英オックスフォード大学で人工知能の研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授の論文では、将来、銀行の融資担当者や税理士(税務申告書代行者)の仕事がなくなると言っています。

 

事実、2017年9月25日の日経新聞では、下記の記事が発表されていました。

−− 「みずほ銀行とソフトバンクが出資するJスコアが、国内初となる人工知能(AI)を使った個人向け融資サービスを始めた。」

 

マイケル・A・オズボーン准教授の主張が現実のものとなりつつありますよね。

 

今後だけではなく、今までの社会や足元の現代においても、仕事は自ら作り出さなければなりませんでした。仕事を作ると言うことは、問題を発見することなのです。

 

ここで言う、問題とは、顧客のニーズや企業・組織のニーズにどう対応するかであったり、または目標やあるべき姿に対する現状とのギャップだったりします。

 

世の中は常に変化して行きます。企業や組織、個人は、環境の変化に対応できないと生き残れないと言われています。変化があれば、問題は発生します。

 

ビジネスモデルも大きく変わってきています。所有から共有(シェア)、テレビからインターネット、紙媒体から電子媒体・・・・・・など。

 

自家用車がカーシェアに、タクシーがライドシェアになったりしています。テレビを見ずに、インターネットで好きなときにニュースや動画、映画などを楽しむ時代になってきています。新聞や本から電子書籍に変わってきています。

 

また、高度経済成長期やバブル期ぐらいまでは、顧客のニーズは明確でした。テレビが欲しい、車が欲しい、携帯電話が欲しい・・・・・など。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-12-11-16-16-28

しかし、IT革命以降、現代は、顧客自身がニーズを読めない、欲しいものが分からない、あるいは欲しい物がない時代であると言えます。

 

問題(ニーズ)が明確な時代から、問題(ニーズ)そのものを探す力が必要になってきています。

 

ニーズが明確な時代は、正確に、かつ、いかに効率よく、製品・サービスを提供するかが求められていました。しかし、今後は、顧客自身も思いもしなかったようなものを、いかに創造力や洞察力などを発揮して提供するかが重要な時代になって行きます。

 

そのような中、自ら問題を発見する・設定して、解決する能力が、今後はますます求められて来るでしょう。

 

オンリーワンスクールでは、あるテーマについて、自ら問題を設定し、解決策を考えるプリントで、このような能力を養います。

 

 

12月以降も随時説明会を実施しています。

========================

オンリーワンスクール説明会へのご参加はこちらから!

オンリーワンスクール

========================