受験

読書で学力向上!!特に算数!!

72adf43fce69607312117f074668ac99_s

ベネッセ総合教育研究所の調査によると、読書量が多いほど学力が上がる傾向が見られたそうです。全体的に「学力の低い層ほど成績の伸びが大きかった」と分析しています。

読書で学力が向上する

 1年4ヶ月という調査期間において、ベネッセの模擬テストの成績で、読書の冊数が「10冊以上」の子は、テストの平均偏差値が1.9ポイント上昇。「0冊」の子は0.7ポイント下がったそうです。国語・算数・理科・社会の中でも、特に算数の平均偏差値の上昇が目立っていたとのこと。問題の読解力や理解力が上昇していることが考えられます。

img_6391

(出典:読売新聞)

どうやって読書を習慣化させるか

 ではどうやって子どもが本を読む習慣を身につけさせるか。すぐに実践できるのは次の3つでしょうか。

  1. 本・新聞・雑誌などを目につく場所に置く
  2. 大人が本を読む姿を見せる
  3. 読み聞かせをする

 読み聞かせは子どもが小さいうちはできるかもしれませんが、ある程度育ってくると難しいかもしれません。この3つの中では特に2つ目が重要かと思われます。本を読んでいない人に「本を読め」と言われても説得力なしです。大人が何気なく読んでる姿を見せる。読書に没頭している姿を見せる。そうやって興味関心を持たせるのはどうでしょう。

 「そんなこと言っても我々大人も忙しく、なかなか時間が・・・」

 いきなり難しくて分厚い本は子どもも大人も抵抗があります。ということでまずは内容は簡単で量も少なめの本から始めるのはいかがでしょう。子どもでも読める本だと共通の話題ができ、意見や感想も言い合えます。

 読書が楽しくなって習慣化したら作戦成功です。子どもが楽しみながら学力を上げられる。親にとってこれ以上のことはありませんね。

私大定員厳格化と東京都大学進学率低下

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s

国の政策により2016年入試から私立大の入学定員管理の厳格化が始まりました。その影響で特に私立大文系の入試は年々難しくなっているそうです。そもそもなぜ私立大学の定員管理を厳格化しているのでしょうか。

なぜ定員管理を厳格化するのか?

若者の東京一極集中に歯止めをかけ、地方創生につなげることが狙いです。

定員増加を法律で禁止

文部科学省は2017年に東京23区内の私立大学と短大の定員増加を、一部の例外を除いて認めないことを正式に告示しました。また、2018年5月には東京23区の大学の定員増を原則10年間禁じる地域大学振興法が成立しました。10年間という期限は大学の経営の影響を考慮しています。この法律の正式名称は「地域における大学の振興及び若者の雇用機会の創出による 若者の修学及び就業の促進に関する法律」です。概要は以下の通り。

  1. 地域における大学振興・若者雇用創出のための交付金制度
  2. 特定地域内の大学等の学生の収容定員の抑制
  3. 地域における若者の雇用機会の創出等

参考:文部科学省Webサイト(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/teiinyokusei/1409660.htm

 

定員管理厳格化の影響

私大定員が厳格化され、東京都の現役大学進学率は3年連続で下がりましたが、全国の進学率は最高水準が続き、地方で地元大学が増えたことは事実のようです。

img_6239

(参考:日本経済新聞)

 

一方で、次のような影響も出ています。

  • 3大都市圏を中心に浪人生が増えている
  • 入りたい大学より入れる大学を選び挑戦意欲が削がれている

まとめ

私大の定員管理厳格化について、文部科学省が行なった意見公募には「学問の自由に反する」などの否定的な意見が多く寄せられる一方で、「学生の質の確保につながる」といった肯定的な意見もあったそうです。地域大学振興法の10年間という期間の中で、どのように日本が変わっていくのか、注視していきたいですね。

モンテッソーリ教育は受験に有効?

藤井聡太さんが学んでいたということで話題になった「モンテッソーリ教育」


img_7330
(出典:プレジデントFamily)


他にも多くの著名人がこの教育を受けています。
・Google創業者 ラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリン
・Facebook創業者 マーク・ザッカーバーグ
・Amazon創業者 ジェフ・ベゾス
・社会学者 ピータードラッカー
 など


名だたる著名人を前に、「学校教育とはかけ離れた天才向けの教育をしているのでは。。」と思って敬遠してしまう人もいるかと思います。私の第一印象はそうでした。しかし、多くの著名人を育てた教育内容を知らないわけにはいきません。


「モンテッソーリ教育」とは一体どういうものなのでしょうか。


モンテッソーリ教育とは
モンテッソーリ教育とは、イタリアの医師、マリア・モンテッソーリによって考案された教育法です。
モンテッソーリ教育法は主に乳児、幼児、園児あるいは児童を対象にしていますが、欧米にはモンテッソーリの小学校は数多くあり、中学校や高等学校も存在します。
大きさ、手触り、重さ、材質などもこだわって作られた「教具」と呼ばれる様々な教材を通し、子どもたちの繊細な五感を刺激して脳を育てます。


ここまでの説明では「感覚的なものは育てて欲しいけれど、社会、仕事、生活で生きるのか?」と思われる方も多いと思います。
そしてやはり気になってしまうのは「受験で役に立つのか?」でしょうか。
それらの疑問は「教具」を具体的に見ていくと解消できるかもしれません。


モンテッソーリの幼稚園で使われる教具
・日常生活の教具 小さなホウキやちり取り、毛糸針を使った縫い刺しなど
・感覚教育の教具 円柱をぴったり穴にはめこんだり、色のついた板を並べたり
・言語教育の教具 文字を覚える
・算数教育の教具 数字や簡単な足し算などを学ぶ
・文化教育の教具 世界地図や時計の見方などを学ぶ
小学校の領域では使われる教具
・算数教具
・幾何学教具
・生物教具
・地理教具
 など
img_9951
動物を分類する「生命の樹」という教具

img_6240
平方や立法を体験する「ビーズキャビネット」という教具

(出典:プレジデントFamily)

 いかがでしょうか。学校の教育内容とも共通しています。 しかし決定的に違うことは、カリキュラムは子ども主導で進むことと、教具で体験して知識を吸収することです。 横浜にあるマリア・モンテッソーリ・エレメンタリースクール(小学生向けフリースクール)では、先生の役割は子供達の学習進度に合わせて教室に教具を配置するなどの「サポート役」という位置づけだということです。受け身でなく主体性が身につきます。 また、人体の勉強をする子は紙粘土で脳を再現するそうです。同スクール理事長の高根さんは「子供たちは手を動かして、触って、学習しているから、頭のなかに豊かなイメージが広がっています。だから忘れないのです。」とコメントしています。 
マリア・モンテッソーリ・エレメンタリースクールでは実際に受験でも実績を上げています。開成中学校、聖光学院中学校、栄光学園、武蔵中学校、豊島岡女子学園、慶應義塾湘南藤沢中等部、攻玉社中学校などの合格実績があります。



同校で受験指導を行なっている中村秀男先生は次のように話す。
「中学受験の勉強というと、通常は4年生から始めます。ここでは5年生から始めていますが、彼らは6年生からでも十分なくらい。それくらい下地はできている。下地とは、『知的好奇心』と『考える力』です。
(中略)
自分が持っている知識とイマジネーションと結びつけてしまうので、記憶ものも強いです。」
(出典:プレジデントFamily)



モンテッソーリ教育とその実績を知ると、教科書中心の教育に疑問を感じてしまいます。
受験の話題となりましたが、『知的好奇心』と『考える力』は、社会・仕事・生活でもその人間の土台となって役立つものです。


そして、子供たちはすでに受験のその先を見ていることが、次の高根理事長の言葉からわかります。



子供たちの素晴らしさは、学力だけでないと高根理事長は語る。
「3年生くらいになると、みんな自分の得意分野がわかって、その得意なことでお役に立ちたい、と言うようになります。こうした心の成長にもっとも感動させられます」
なぜ、心が成長するのか。それは最初に「宇宙」や「生命の担当」など、を大きなスケールで物事を学ぶからだという。 自分が宇宙の一部として、生かされているのを自然と感じ取れるカリキュラムになっているのだ。
(出典:プレジデントFamily)



        
      

就活、受験、面接官はAIロボットになるか

pepper_0
今年、企業の採用の場で、
AI搭載のロボット面接官が
現れるかもしれません。

60分から90分の間、
質問責めされるとのこと。

以下、日本経済新聞の一部抜粋です。

 2019年卒業予定の学生の就職活動が1日から本格的に始まるが、今年は「ロボット面接官」が選考会場に登場するかもしれない。ロボット面接官は人工知能(AI)を搭載した採用支援ツールで、人間の代わりに学生を評価してくれる。AIは採用現場をどう変えるのか。
 「質問を始めます。60秒以内に回答してください」。ヒト型ロボットが受験者にそう話しかけた。まるでSF映画の一場面のようだが、現実だ。
(出典:日本経済新聞2018/3/2)

pepper_0
[AIシステム「SHaiN」を使えば、ペッパーがロボット面接官になる]


企業の採用面接では、
普段は採用に関わっていない人が
面接官となることも少なくないようです。


その点、AIを活用して面接を行えば、
面接官の能力や価値観などに左右されずに、
欲しい人材か否かの正確な判断ができることでしょう。


ただ、面接を受ける側は気をつけなければなりません。
質問を正確に理解し、正確に答えることが、
人間の面接官を相手にして来たこれまで以上に求められるからです。


AIに雰囲気によるごまかしは聞きません。


カメラも付いているわけですから、
最近の技術力をもってすれば、
緊張の度合いや嘘をついてないかも見抜かれます。


そして、
企業の採用面接にAI搭載ロボットが登場するということは、
大学・中学校・小学校などの受験
AI搭載のロボット面接官になる可能性があると
予想できるのではないでしょうか。


これまでの知識・技能重視から、 
思考力・判断力・表現力や、
学びに向かう姿勢を重視する教育改革が始まった日本では、
評価の方法として面接がとても重要になってくることでしょう。


しかしながら、
人手不足と言われている中で、 
各学校が面接官を育てる時間もなければ、 
受験者全員を面接することは不可能に近いのではないでしょうか。

そうなるとやはり、 
受験の場にAI搭載のロボット面接官が
登場する日もそう遠くないと考えられます。


面接の重要性について参考になる情報があります。


THE世界大学ランキング2018 (※本記事の下部参照)
総合1位のオックスフォード大学では、
約1万6000人の受験生全員と面接を行っています。
面接では「志望理由」を詳しく聞き、大学に合った人材を選ぶためです。


同ランキングで日本の大学はというと
東京大学が2014(2013-2014)と2015(2014-2015)で23位だったものの
2018(2017-2018)では過去最低の46位でした。
京都大学は74位。


1つの参考資料ではありますが、
ペーパーテストでは測れないものを評価する面接が
重要になっているのではないでしょうか。


ではどんな対策をすべきか、
やはり質問を正確に理解して答えることができる
コミュニケーション能力
まず鍛えておくべきと考えられます。


他者と関わる機会を増やすこと
育むことができるのではないでしょうか。
最近では小学生から短期間の留学を
する家庭も多いようです。


さらに興味のある何かに打ち込み、
他者に説明できる力があるとさらに良いのではないでしょうか。


ところでAIによる面接は
「 採用する人材に多様性を生まない可能性がある」
という声も聞かれるそうです。


それもAIにわざと多様性を生むようにしてもらえばいいわけですが、
 その辺りも踏まえ AIによる面接が今後どうなるか、
注目してみてはいかがでしょうか。


(※1)THE世界大学ランキング
英タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education、THE)は2017年9月5日(現地時間)、THE世界大学ランキング2018(THE World University Rankings 2017-2018)を発表しました。
世界の研究大学を教育・研究・知の継承・国際性という大学の核となるミッションを果たしているか審査するため、13の指標をもとに各大学のスコアを算出し、上位1000位までランキングを発表しています。
〈THE世界大学ランキング2018 ベスト10〉
()内は昨年の順位
 1(1) オックスフォード大学(英国)
 2(4) ケンブリッジ大学(英国)
 3(2) カリフォルニア工科大学(米国)
 3(3) スタンフォード大学(米国)
 5(5) マサチューセッツ工科大学(米国)
 6(6) ハーバード大学(米国)
 7(7) プリンストン大学(米国)
 8(8) インペリアル・カレッジ・ロンドン(英国)
 9(10) シカゴ大学(米国)
 10(9) スイス連邦工科大学 チューリッヒ校(スイス)
 10(13) ペンシルベニア大学(米国)

 46(39) 東京大学