マーケティング

小学3年生からできるマーケティング思考!?

今回は、小学生からできるマーケティング思考についてお話します。

私は、考えるということは、テクニックだと思っています。

考える道筋や切り口さえ持っておけば、考えること自体はそう難しくありません。

これをビジネスの世界では、フレームワーク思考と言います。

簡単にいうと、どのように考えれば良いかというテクニックを持つことが大事だということです。

 

それでは実際に、ビジネスで使うマーケティングのフレームワークを使って考えてみましょう。

 

その前にマーケティングとは何か?についてお話します。

マーケティングとは、簡単にいうと、お店や会社が提供する商品やサービスを売るための仕組みを作ることです。

では、実際にどんなフレームワークを使って、どのように考えていけば良いか?実際にパン屋さんになったつもりでやってみたいと思います!

 

あなたはパン屋さんを始めることにしました。

たくさんのお客さんに買ってもらうためにはどうしたら良いでしょうか?

ここで、具体的に何から考えたら良いか悩みますよね?

でも大丈夫です。フレームワーク思考を使えば簡単です。

まず、お客さんはどのようにして買いに来るのか?

その心の動きと行動を時系列で考えてみましょう!

まず、お客さんは、お店の存在を知るところから始まりますよね。そして、お店やパンに興味をもち、実際に見て、食べたいと思います。その後、実際にパンを買います。パンを買って満足すれば、再度買いに来るようになります。そして、お気に入りのお店になれば、友達に紹介するようになります。

この流れに沿って、お店として何をすれば良いか考えてみます。

 

実際に小学4年生が考えた答えがこちらです。

まず、お店を知ってもらうために何をしたら良いかというと、

・近くの家にチラシを配る

・お店の前に看板を出す

・ホームページを作る

・移動式のパン屋にする

という答えでした。

 

次に、

売っているパンに興味を持ってもらうには?については、

・試食をしてもらう

・それぞれのパンの説明を見えるように貼る

・キャラクターの顔がついたパンを作る

・パンを作るところを見学できるようにする

・パンの割引セットを作る

という回答です。

 

パンを欲しいと思ってもらうためには?という質問に対しては、

・パンの値段を安くする

・トッピングサービスを行う

・クーポンで安く買えるようにする

・パンの食べどころを紹介する

・常連さんに割引カードを配る

 

パンを実際に買ってもらうためには?については、

・あたためサービスを行う

・おつりが増えないように区切りの良い値段にする

・クレジットカード支払いを受け付ける

・容器や持ち帰りバッグを保温にする

 

再度、パンを買いに来てもらうためには?

・レシートに割引券をつけておく

・ポイントカードを作る

・新しいパンを常に考える

 

お店を友達に紹介してもらうためには?

・紹介で来てくれた人にプレゼントをあげる

・パン屋の動画を作る

・インスタでアップしてくれた人にクーポンを配る

という答えを書いてくれました。

 

いかがでしょうか?小学生でも、フレームワーク思考さえできれば、ここまで考えられます。

 

最後に、このフレームワークの理論だけお話ししておきましょう。

これは、マーケティングで、AIDMAモデルやA I S A Sモデルと言われます。

 

お客さんが、商品やサービスを知ってから購入し、その後継続的にファンになるまでの心の動きと行動を時系列で考えていくというものです。

 

それぞれのアルファベットの頭文字をとって名付けられています。

 

A I D M Aモデルを見ると、

A=attention 知る

I=interest 興味をもつ

D=desire 買いたいと思う

M=memory 記憶する

A=action 実際に買う

という流れで考えましょう!というものです。

 

さらにインターネットが普及してからは、A I S A Sモデルの方が合っているだろうということで、

A=attention

I=interest

S=search インターネットで検索する、調べる

A=action

S=share シェアする

という考え方も出てきています。

 

このように、考えることについて、テクニックさえ持っておけば、普段の何気ない生活から考えるクセをつけることができます。

 

ぜひ、お子さんと一緒にゲーム感覚でやってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

マーケティング戦略を考える!!

小学5年生の生徒の
レッスンで、お店のチラシを
作ってもらいました。

みんなそれぞれ、自分の
好きなお店のチラシを
作りました。

私は大人向けに、
経営学を教える研修も
行っていますが、

顧客の立場で
マーケティング戦略を
考えるという講義内容を
子供用に行ってみたのです。

やってみて、分かったこと
は、意外と子供たちの方が、
スラスラとチラシを作ること
が出来ていました。

子供たちの方が
頭が柔らかいのか、
もし、自分がお客さん
だったら、という視点で、
どんどん書き込んでいました。

一方、大人向けの場合、
あれこれ考え過ぎて、
なかなか筆が進まない
ケースも多々あります。

小学生ぐらいの方が、
柔軟に物事を考えられる
素養を持っているのだなあ
とあらためて感じました。

いやあ、子供たちって
すごい!!(^^)

完成させた後、みんな、
家に飾る!と言って、
持って帰りました(^^)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

考えることは実はとても楽しいこと!!

なんと、
な、な、な、なんと

小学5年生の子が、
家で経営分析と今後の経営戦略を
考えてきてくれました!

すごい!素晴らしいです!

先日、我々のスクールで、
パン屋さんの売上を単純計算する
問題をやりました。
そうです。ただの算数です。

いつも、我々のレッスンでは、
政治や経済、経営のマーケティング
や財務、税金のことなどを簡易化して、
題材にしています。

その生徒に聞くと、持って帰った
プリントを見て、お父さんとお母さんも
面白いと言って、そのプリントを深掘り
しようということになったそうです。

分析の内容を見ると、パン屋さんの、
パンが何月に売れて何月に売れてない、
その理由を仮説として分析してきて
くれました。

また、売れてない月に売れるように
するにはどのようにしたら良いか、
アクションプランを考えてきて
くれました!

すごいですよね!

本人曰く、
家でやってみて、
すごく楽しかったとのこと。

こういう生徒の姿を見て、
あらためて思います。

考えることは本来楽しいはず。
楽しく考えてもらえるような
レッスンをしなければいけないなあ、と。

頑張ります(^^)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。