マーケティング

マーケティング戦略を考える!!

小学5年生の生徒の
レッスンで、お店のチラシを
作ってもらいました。

みんなそれぞれ、自分の
好きなお店のチラシを
作りました。

私は大人向けに、
経営学を教える研修も
行っていますが、

顧客の立場で
マーケティング戦略を
考えるという講義内容を
子供用に行ってみたのです。

やってみて、分かったこと
は、意外と子供たちの方が、
スラスラとチラシを作ること
が出来ていました。

子供たちの方が
頭が柔らかいのか、
もし、自分がお客さん
だったら、という視点で、
どんどん書き込んでいました。

一方、大人向けの場合、
あれこれ考え過ぎて、
なかなか筆が進まない
ケースも多々あります。

小学生ぐらいの方が、
柔軟に物事を考えられる
素養を持っているのだなあ
とあらためて感じました。

いやあ、子供たちって
すごい!!(^^)

完成させた後、みんな、
家に飾る!と言って、
持って帰りました(^^)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

考えることは実はとても楽しいこと!!

なんと、
な、な、な、なんと

小学5年生の子が、
家で経営分析と今後の経営戦略を
考えてきてくれました!

すごい!素晴らしいです!

先日、我々のスクールで、
パン屋さんの売上を単純計算する
問題をやりました。
そうです。ただの算数です。

いつも、我々のレッスンでは、
政治や経済、経営のマーケティング
や財務、税金のことなどを簡易化して、
題材にしています。

その生徒に聞くと、持って帰った
プリントを見て、お父さんとお母さんも
面白いと言って、そのプリントを深掘り
しようということになったそうです。

分析の内容を見ると、パン屋さんの、
パンが何月に売れて何月に売れてない、
その理由を仮説として分析してきて
くれました。

また、売れてない月に売れるように
するにはどのようにしたら良いか、
アクションプランを考えてきて
くれました!

すごいですよね!

本人曰く、
家でやってみて、
すごく楽しかったとのこと。

こういう生徒の姿を見て、
あらためて思います。

考えることは本来楽しいはず。
楽しく考えてもらえるような
レッスンをしなければいけないなあ、と。

頑張ります(^^)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。