最近、小学5年生の子たちに
ポジショニングを教えています。

経営学でいうところの
ポジショニングマップです。

2つの軸で、
同じ業界のお店を評価します。

例えば、飲食店なら、
味と価格、味と接客、
価格と品揃えなどです。

自分たちの知っているお店を
この2軸のマトリックスに、
プロットすることで、
どのお店がどこで差別化しているか、
を考えます。

この2軸は、顧客の求めているもの、
ということも伝えます。
他のお店は競合です。

最後に、1つのお店を選んでもらい
プロットしたマトリックスの中で、
今後何をに力を入れていくか、
考えてもらいます。

簡易版、経営戦略の立案です。

子供たちは、楽しいみたいです(^^)

大上段に構えなくても、
子供たちに簡単に商売のセオリー
を教えていきたいと思って
やっています(^^)

画像に含まれている可能性があるもの:スケッチ

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。