ボーク重子

「全米最優秀女子高生」の母の「子育て術」

b9b615be6284865c72aab5e908ed8d39_s

アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれたスカイ・ボークさんが、2017年7月に「全米最優秀女子高生」というコンテストで優勝しました。スカイさんは、現在はアメリカの名門大、コロンビア大学に通っています。「全米最優秀女子高生」とはどのようなコンテストでしょうか?また、スカイさんのお母さんはどのような育て方をしたのでしょうか?

「全米最優秀女子高生」とは

「全米最優秀女子高生」(The Distinguished Young Women of America Scholarship)とは、米国の女子高校生が知性や才能、リーダーシップを競う大学奨学金コンクールで、1958年に創設され60年を超える歴史を持つ名誉ある賞のひとつです。参加者は次のようなカテゴリーで競い合います。

  • インタビュー(25%)
  • 学問(25%)
  • 才能(20%)
  • フィットネス(15%)
  • 自己表現(15%)

これまでの参加者は80万人近くいるそうですが、60年の歴史の中でアジア系の女子高生が優勝することはめずらしいとのことです。そして2017年優勝者であるスカイさんのお母さんは日本人です。日本でスカイさんと対談講演を行ったり、育てに関する書籍を出版するなど注目されています。

母の子育て術

スカイさんの母であるボーク重子さんは、ご自身がグローバルに活躍する中で、最も大切だと感じたことを子育てに生かしているそうです。それは「自分の意見を持ち、表現できる」ということ。ボーク重子さんの周りで活躍する人たちはみな、これを行なっているそうです。

自分の意見を持ち、表現できる子どもを育てるために具体的に次のような取り組みをされているそうです。

  • 「あなたはどう思う?」と尋ね、自分の考えを整理し、結論を出すという習慣をつけさせる
  • 子どもの意見は否定しないが、考えを論理的に説明できなければ説得力がないと伝える
  • 対話を増やすために子どもと同じことをやってみる
  • 考える力をつけさせるために「やりなさい」と言わない

img_6715

参考:朝日小学生新聞

まとめ

ボーク重子さんの子育て術は1つの方法です。子どもや親御さんにとって合う・合わないもあると思います。ただ、試してみる価値はあるのではないでしょうか。より詳細を知りたい方はボーク重子さんの著書をぜひ読んでみてください。

ボーク重子さんの著書

  • 世界最強の子育てツール SMARTゴール 「全米最優秀女子高生」と母親が実践した目標達成の方法
  • 「非認知能力」の育て方:心の強い幸せな子になる0~10歳の家庭教育
  • 世界基準の子どもの教養
  • 世界最高の子育て――「全米最優秀女子高生」を育てた教育法

リベラルアーツが大事!!

こんにちは。渡邊です。

 

先日、ボーク重子さんの講演で感じたことを書きましたが、今回は第二弾です。

先日の内容はこちらから↓

http://iot-makers.co.jp/blog/?p=1144

 

前回はパッションが大事という内容でしたが、

今回は、目標設定とコミュニケーションです。

 

ボーク重子さん曰く、

「ゴール設定して確実に目標にたどり着くことは、一種の能力だ!!」と。つまり、PDCA(※)を回して、夢や目標にたどり着くという能力は、教育することが可能ということです。

 

(※)PDCAとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返すことによって、目標に対する行動を改善していく手法です。

 

ちなみに、現在、アメリカのメジャーリーグで活躍中の大谷選手(野球選手)も高校生の頃から、プロ野球で活躍するために、目標設定・実行の仕組み、すなわちPDCAサイクルを回すためのマンダラチャートというツールを使っていました。そして、あの大活躍です!!

 %e5%a4%a7%e8%b0%b7%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a9

 

 

ボーク重子さんは、その中でも、夢や目標設定をすることが非常に重要だと仰っていました。娘さんのスカイさんも、日本とアメリカの高校生は、大きな違いはないと言っていました。ただし、アメリカの大学は、大学をリベラルアーツの内容で選ぶと。これは100年前から変わらないプログラムで、本当に好きなことを見つけるためには、いろいろな世界を幅広い視野で知らなければいけないということらしいです。

 

リバラルアーツについては、下記の記事が参考になります。

https://toyokeizai.net/articles/-/13697

 

 

つまり、リベラルアーツの言葉の意味どおり、自分で好きなことを探せる自由があるということです。

 

大谷選手が使っていたように、PDCAサイクルを回すためのツールは、非常にたくさんあります。ただ、夢や目標を設定するツールは、あまりないのではないでしょうか?

 

それは、その設定自身が、非常に奥深いものだからだと思います。

 

自分が生きている意味は何か?社会貢献とは何か?我々の世代が、後世に残すことは何か?などなど。

 

そういう哲学的なこと、歴史的な背景なども考えていかなければ、本当の意味での目標は見つからないのかも知れません。

 

海外ではそのような教育をしているということです。

 

日本ではどうでしょうか?

 

グローバル化で海外の人と一緒に仕事をすることが、今後はますます増えます。日本人同士でも、会社組織やチームで仕事をするときには、協調性や協働性を求められます。日本人は文化が同じなので、あ・うんの呼吸で通じる部分もありますが、海外の人は通じません。そのときこそ、意見を言い合う文化も必要ですし、仲良くなるための共通言語として、歴史や文化、哲学やアートといった、リベラルアーツが本当に必要なのではないかと思います。

 

さらに、ボーク重子さんのご家庭では、社会的なトピックについても興味を持ち、自らの意見を言う習慣をつけるためにも、夕飯で必ず、社会的なトピックについてコミュニケーションをすることを重要視していたそうです。

 

例えば、同じ記事、同じ本、ニュースについて、家族で意見交換をするなど。

そして、ボーク重子さんは、わざと天の邪鬼な意見を出して考えさせるようにしていたとも(笑)

 

それに対し、娘さんのスカイさんも、幼少の頃から、さまざまな人のいろいろな意見を聞けて、視点や考え方が増えたと言っていました。

 

さまざまな体験や社会トピックなどに触れるということは、その中から、興味を持つ分野ができ、さらにはそれが自分の目標設定になり、努力を継続することによって社会に貢献できる、という良い循環が生まれると思います。そして、それが自己肯定感につながる、そんな教育を弊社も目指していきたいなと思いました。

 

 

ボーク重子さんの講演から〜子供のパッションが大事!!〜

こんにちは。渡邊です。

先日、ボーク重子さんの講演に行ってきました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-07-19-08-21-00

ボーク重子さんとは、2017年7月、全米の女子高校生が知性や才能、リーダーシップを競う大学奨学金コンクール「全米最優秀女子高校生」で優勝したスカイ・ボークさんの母親です。

 

ボークさんの記事はこちら↓

https://resemom.jp/article/2018/03/12/43451.html

 

このコンクールは全米の高校生に贈られる賞の中ではもっとも名誉があるものだそうで、これまでに参加した高校生80万人近くの中で、過去60年、アジア系が優勝したことはめずらしく、全米の多くのメディアで大きな話題となりました。

 

スカイさんは、アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれ、現在はアメリカの名門大、コロンビア大学に通っています。ボーク重子さんは、そんなスカイさんをどのような環境で育てたのかについて「『全米最優秀女子高生』を育てた教育法―世界最高の子育て」(ダイヤモンド社)を上梓され、現在ベストセラーになっている有名な方です。最近は、日本テレビの「深イイ話」に出演したりしています。

img_9848

その中で、一番印象に残ったのは、

『パッションが大事!!』

という言葉でした。パッションとは情熱のことです。

 

スカイさんが通っていた米国ワシントンの小学校では、非認知能力(※)の育成に力を入れ、主に二つのことを大事にされていたそうです。

※非認知能力とは、例えば、誠実さや忍耐心、リーダーシップ、コミュニケーション能力などのIQや学力テストなどの認知能力ではないもの全般のこと。その有無によって、仕事の成果や人生の行方に影響を与えるパーソナリティや対人能力とも言える。

 

一つは、心の安全という環境を作ること。

もう一つは、子供のパッションを最も大事にしていること。

 

パッションを大事にしているのは、下記の理由からです。

・すべての入り口は好きから始まる

・好きなことだから苦しいことも乗り越えられる

・好きだから努力を継続できる、継続するからこそ上手くいく

・継続したいからこそ、失敗した時になぜできなかったか、どうしたら上手くいくか考える

 

その通りですよね!

大人でも好きなことに対しては時間を忘れて没頭したり、努力を継続します。これは仕事でも言えると思います。仕事も好きで楽しんだ方が成果が出るというのは、私自身も、常に実感しています。

 

ボーク重子さんは、スカイさんのパッションを見つけるために、習い事は手当り次第やらせたそうです。その時に、大事にしていたのは、やめるルールを作っていたこと。それは、始めたら1クール(約3ヶ月)は必ずやるということです。これがやり抜く力、達成感につながるとのことです。

 

「そして、パッションとは、好きという思いだけではなく、実はその利己的な思いの上にある、社会に対する使命感や責任感という社会貢献意識を育くむことが大事で、それが人間力を養うためにとても重要なことだと思います。」

とも仰っています。

 

子供達は、いずれ社会に出て仕事をします。仕事をする時に、この意識は非常に重要だと、私も思っています。

 

どうやって社会に貢献するのか?

 

世界はさまざまな環境でできており、いろいろな問題があります。貧困や争い、温暖化、移民受け入れ、などなど。

日本はという国は、税金で収入を得て、社会福祉やインフラの整備など、人々が暮らしやすいようにお金を配分しています。

 

人間は、個人一人で生きているわけではありません。さまざまな国や団体、人々の助けを得て、生活しているのです。お互いが助け合う社会にしていくことが重要ですよね。そのためには、個人個人が、「社会にどうやって貢献するのか?」ということを考えることが非常に重要だと思います。

 

また、企業でいうと、この社会貢献意識は経営理念です。「なぜ当社は存在しているのか?何のためにあるのか?」。経営理念は、昔から、経営には、最も重要な要素と言われています。事実、成功している大企業の経営理念は素晴らしいものがたくさんあります。

 

個人も会社も、このような社会貢献意識があるからこそ、自然と周りが助けてくれるのだと思います。それが、さらに成功につながるという好循環になるのではないでしょうか!?

img_4619

一言でいうと、「志(こころざし)」ですよね。

我々のスクールでも、こういう意識を子供の頃から、育んでいきたいと思っています!!

 

そんなことをあらためて考えさせられた講演でした。

 

ボーク重子さんの講演から感じたことは、まだまだありますので、続きはまた次回に書きます。

 

お楽しみに。

 

 

 

<夏休み特別講座受付中>

詳細は下記  ↓ をご覧ください!!

夏休み作文&自由研究講座