プログラミング

政府が進めるプログラミング教育推進月間とは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-20-11-25-16

文部科学省・総務省・経済産業省は2019年9月を「未来の学び プログラミング教育推進月間(通称:みらプロ)」と設定しました。みらプロの目的とは?、具体的な取り組みは?、2020年度小学校プログラミング必修化との関係とは?

みらプロとは?

みらプロの目的は2020年度からの小学校プログラミング教育の実施に向けて、各小学校でのプログラミング教育への取組を支援することです。

具体的には、多くの企業の協力によるプログラミング体験を含めた総合学習の時間の指導案(約35時間分)が用意されました。企業と連携し総合学習の時間において、企業の最先端の取り組みを知り、プログラミング体験で理解を深め、児童が各自の課題に探究的に取り組める活動を支援するためです。

企業訪問、講師派遣、教材提供の3パターンにより、協力企業が総合学習の時間の一部をサポートしてくれます。

  • 企業訪問

自動車工場や研究所、郵便局や物流センター、住宅展示場など様々な場所を訪問する事で、企業の最先端の取組を聞いたり、現場で働く人々に直接質問したりすることで、総合的な学習の時間における課題設定や情報収集をサポートします。

  • 講師派遣

全国の学校に派遣される講師が、総合的な学習の時間における課題設定や情報収集をサポートします。

  • 教材提供

総合的な学習の時間における課題設定や情報収集の一部として、各企業が制作した教材(動画、スライド等)を活用することで、最先端の取組を深く理解したり、最先端のものづくりに携わる人々の思いに触れることができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-20-11-25-16

参考:プログラミング教育推進月間Webサイト

名だたる協力企業

みらプロに協力する企業を一部あげますと

  • apple
  • ドコモ
  • グーグル
  • グーグル(YouTube)

などなど魅力的な会社がずらりと並んでいます。その他にも有名企業が数多く協力していますので是非下記リンクよりご覧ください。

文部科学省Webサイト

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-20-11-24-39

具体的に各企業がどんな取り組みをするのかも載っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-20-11-27-14

もしかしたらみなさんの小学校で実施されるかもしれませんね!!

子どもが取れるプログラミングの資格は役立つ?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-27-46

先日、「ジュニア・プログラミング検定 Scratch部門」のセミナーに参加してきました。ジュニアプログラミング検定とは子どもが取れるプログラミングの資格です。子どもでも受験できるプログラミング関連の資格の例を挙げてみますと

  1. ジュニアプログラミング検定 Scratch部門
  2. ロボット検定for WeDo 2.0 & for EV3
  3. 日商プログラミング検定(Entry)
  4. 情報システム検定
  5. Javaプログラミング能力認定試験
  6. 情報処理技術者試験
  7. C言語プログラミング能力認定試験
  8. VBAエキスパート

などなど他にもたくさんありそうですが、「子どもでも取得しやすい資格」であればおすすめは1〜3になるでしょうか。

 

ジュニア・プログラミング検定 Scratch部門

  • 対象年齢は特に指定なし
  • Scratchの実技試験
  • Gold(1級)2,900円、Silver(2級)2,700円、Bronze(3級)2,500円、Entry(4級)2,300円(すべて税込)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-27-46

ロボット検定 for WeDo 2.0 & for EV3

  • 小学1年生以上
  • LEGO社のWeDo2.0またはEV3を持参して筆記と実技の試験
  • for WeDo2.0は3級2,800円(税抜)、2級3,800円(税抜)
  • for EV3は3級3,150円、準2級3,650円、2級4,650円、準1級5,650円、1級6,650円(すべて税抜)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-27-27

日商プログラミング検定(Entry)

  • 年齢制限なし
  • 日本商工会議所が2019年より実施
  • Scratchに関連するプログラミングおよびプログラミング的思考を問う
  • インターネットを介した知識試験(実技ではない)
  • Entry3,000円(税抜き)
  • 他にもBASIC、STANDARD、EXPERTとあり、小学生にはやや難易度が高くなるが受験は可能

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-28-08

 

まとめ

プログラミングの2020年小学校必修化、中学校授業拡充、高校必修科、大学入学共通試験導入検討などなど、これから子ども向けのプログラミング関連の資格は認知度が上がり、受講者も増えていくことが予想されます。受験に有利になることや、就職に役立つこともあると思います。また、目標を決めたり、達成感を実感することで、子どものモチベーションアップにもつながります。プログラミングを習っているお子さんがいらっしゃる場合は、せっかくなので受験を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにキッズジャンププログラミングではジュニア・プログラミング検定の受験会場に登録予定です。受験希望の方はお気軽にお問い合わせください。

ロボット・プログラミング学習キット『KOOV』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-12-11-11-52

先日、品川にあるSony本社にて行われたロボット・プログラミング学習キット『KOOV』の講習会に参加してきました!!

img_6481

キッズジャンププログラミング入会金無料キャンペーン実施中!!体験会・説明会のお申し込みはこちら

KOOVとは

KOOVはソニーグローバルエデュケーションが提供する自由に遊んで直感的に学べるロボット・プログラミング学習キットです。公式サイトでは次のように紹介されています。

プログラミングができるロボットと言えばLEGOのWeDo2.0やMINDSTOMSが有名ですが、KOOVも同じようにブロックを組み立ててからプログラムを作って動かすことができます。

img_6482

写真は講習会で作った首振りミミズク

KOOVの特徴

講習会では4つの特徴を教えてもらいましたので紹介します。

  1. ジェンダーニュートラルなデザイン
    • 男の子にも女の子にも好かれるデザインでした。
  2. 直感的に理解できるプログラミング言語
    • 先に述べたLEGOの場合は横にプログラミングしていきますが、KOOVはScratchのように上から下にブロックを並べていくプログラミング方法でした。
  3. シンプルなパーツ
    • 7色7種類のブロックということシンプルでわかりやすいです。
  4. 生徒の学習に合わせて使えるアプリ
    • 今の所24コンテンツですが近々48コンテンツに増え、今後さらに増やしていくとのことです。
    • ブロックの組み立てを動画でしかも図を回転させてあらゆる角度から見ることができました。

実際に体験して感じたこと

KOOVは易しいことから難易度の高いことまで幅広く実現できそうだという印象を受けました。LEGOのMINDSTORMも素晴らしい教材なのですが、少し難易度が高いと感じていたので、KOOVを使って徐々に難易度の高いプログラミングに挑戦できたら、子どもたちも楽しくレベルアップできるのではないでしょうか。ソニーグローバルエデュケーションの方によるとゆくゆくはコードエディタにも対応していくとのおっしゃられていたので、さらに活用できそうです。

 

KOOV体験会

ということで私たちキッズジャンププログラミングではKOOVを購入することにしました!体験会も随時開催していきますのでご期待ください!!

そして・・・キッズジャンププログラミングは現在入会金無料キャンペーン実施中です!!キャンペーンは4月14日まで!!お見逃しなく!!体験会・説明会のお申し込みはこちら

【お子さんのいる方必見!!  弊社のyoutubeチャンネル作りました!!】

【お子さんのいる方必見!!
弊社のyoutubeチャンネル作りました!!】

遂に、私もユーチューバーに!!(笑)

子供向けに経営学のフレームワークなどを使った「考える力を育てる教材」の使い方とポイントを動画でアップしていきます。
早速ですが、マーケティングのフレームワークを使った動画をアップしています!

また、子供向けプログラミング教室で使っている教材やそのポイントなどもアップしていく予定です!

是非、チャンネル登録をお願いします(^^)

https://m.youtube.com/cha…/UCL3Rk0CkwI5BPdl1YpdLwZw/featured

写真の説明はありません。

1日であなたもこどもプログラミング講師に!!

〜生徒数70人超のスクールが惜しみなくノウハウを公開〜

自宅や公民館、学習塾などで子どもたちにプログラミングを教えたい方へ!!
プログラミング未経験でもスクールを開校・運営できます。

「プログラミング未経験でもできる?」
「どんな教材使えばいいの?」
「どこでやればいいの?」
「どうやって集客したらいいの?」

といった質問を1つ1つ解決していくとともに、プログラミングスクール開校のためのノウハウをご提供します。もちろんプログラミングも実践していただきます。さらに、ご希望であれば本講座受講後に本スクールのフランチャイズ加盟もご検討頂けます。

【対象】次のような方におすすめ
・自宅や公民館で近所の子供たちにプログラミングを教えたい!
・学習塾や英会話スクールを運営していてプログラミングも教えたい!
・プログラミングスクールを一から立ち上げたい!
・小学校で必修になるけど教え方が分からない!

【特典】
・キッズジャンププログラミングの教材を10種提供
・フランチャイズ加盟をお考えの方は加盟金3万円オフ

【お申し込み方法】
下記、Peatixからお申し込みください。

2月8日(金)10:30-13:30
https://peatix.com/event/597234

2月22日(金)10:00-13:00

https://peatix.com/event/597387

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

パソコンもタブレットも使わないプログラミング??

385c25972cee36b43a7e6e5dc0110a73_s

プログラミングといえばパソコンやタブレット、ロボットなどを使うイメージがありますが、最近はパソコンを使わずにプログラミング教育に取り組む小学校が増えているそうです。「パソコンもタブレットも使わないプログラミングなんて、なんか理由があって苦し紛れでやってるんでしょ。」と思ってしまった私ですが。。

パソコンを使わないプログラミングとは?

いきなりパソコンを使わないのは子ども達が苦手意識を持たないようにするためです。具体的には複数枚のカードを正しい順序に並べ替えるといった方法があります。東京都文京区立湯島小学校1年の「生活」の授業では、次の4枚のカードを正しい順序に並べるといった取り組みが行われました。

  • こうていへいどう
  • しゃがむ
  • おちてくるものがないところへいどう
  • せいれつ

気づいた方もおられるかと思いますが、これは「災害時の避難手順」です。子ども達はまず個人で考え、そのあと意見交換し、カードの順番を何度も考え直したそうです。

正確に言うとこの授業はプログラミングではなく、プログラミング思考(論理的思考)を伸ばす授業です。しかし、論理的思考力を伸ばしておくことは、実際にプログラミングするときに間違いなく生きてくることでしょう。

img_6080

(出典:読売新聞)

この取り組みで特に素晴らしいと感じた点が2つあります。

1つ目は実生活と繋がっている点です。せっかく論理的思考力を伸ばしても机上で終わってしまっては意味がありません。パソコンやタブレットの中だけで収まってはもったいない。そう考えると「災害時の避難手順」といった自分の身の回りのことから、より大きな「社会」に目を向けるきっかけになりそうです。

2つ目は自分で深く考え、クラスメイトと意見交換している点です。これまでのような一方通行の授業ではありません。今の時代は会社に入ってから丁寧に新人研修を行うといった姿勢にも変化が出ているようです。社会に出てから思考力や議論する力を伸ばすのではなく、小さいうちから養っておくべきでしょう。

まとめ

「パソコンもタブレットも使わないプログラミングなんて大したことないだろう。」と思ってしまった私ですが、撤回します。とても勉強になりました。。実際にプログラムを作成することも大事ですが、プログラミング思考(論理的思考)を育て、それを実生活・実社会に生かす考え方を育てることも重要であると、本質を確認することができました。皆さんも少し大きな視点を持って「パソコンもタブレットも使わないプログラミング」を実践してみてはいかがでしょうか。

 

ついになくなるか?『文系・理系の区別』

6082f3393d93671ffee6b9e242735671_s

先日、ブログでSTEM教育を取り入れる学校について紹介しました。

注目のSTEM教育、男女問わず「理系脳」はもはや必須?

ICT化が進む現代社会では、多角的に考えるために理系のアプローチは重要であり、積極的に学んでいくべきだということです。こちらは学校の取り組みでしたが、さらに、新卒の採用に大きな影響を持つ経団連も動いています。将来的には文系・理系といった区別はなくなるのでしょうか。

経団連・・・正式名称は一般社団法人日本経済団体連合会。経団連は日本の大手企業を中心に構成される団体。「財界総本山」とも称される。日本商工会議所、経済同友会と並ぶ「経済三団体」の一つで、三団体の中でもその影響力は際立って大きい。以前は経済産業省所管の社団法人であったが、公益法人制度改革に伴い内閣府所管の一般社団法人へ移行した。

 

そもそもなぜ文系と理系が区別されているのか

日本の教育が文系と理系に分けられたのは1918年ごろのようです。社会学を専門とする東京工業大学名誉教授である橋爪教授によると、文系と理系に区別したのは予算がかかる学問の学生数を制限するためだといいます。


そもそもこんな区別があるのは、発展途上国の特徴である。黒板とノートがあればすむ文系にくらべ、理系は実験設備に金がかかるので、明治時代の日本は、学生数をしぼらざるをえなかった。そこで数学の試験をし、文系/理系をふり分けることにした。入試問題が別々なので、その前の段階で文系/理系を選択しなければならない。
出典: 『橋爪大三郎の社会学講義2』


 

これからも区別は必要か

文系と理系を区別した理由が、橋爪教授のいうものであれば、日本は先進国の仲間入りをしたわけですから、経済的にはもはや区別をする必要はないかと考えられます。

加えて、日本の将来を担う人材育成の視点からみると、IT化が進む時代に理系の素養というものはますます必要となると考えられます。プログラミングといった技術、大量のデータに対する分析力や統計の知識などです。一方で、読解力や表現力などの能力も重要視されて来ています。つまり、多角的に物事を考えるためには、文系理系関係なく様々なことを学ぶ必要があるということです。このように考えると、今後も区別すべきなのかは疑問です。

経団連が大学側に教育内容見直しを迫る

経団連が大学側へ文系・理系でそれぞれ偏りすぎた教育内容の見直しを迫っています。文系学生へは「最低限の数学」、理系学生へは「リベラルアーツ(教養)」の充実を求めるといったものです。

img_5763

(出典:日本経済新聞)

センター試験に代わり実施される大学入学共通テストでも、文部科学省は「情報」を文系・理系とわず出題教科として検討しています。「情報」とはプログラミングや情報セキュリティーの基礎などを学ぶものです。

現状では大学がすぐに文系・理系の区別を無くすといったことにはならないと考えられますが、社会変化と同時に求められる人材の変化を受け、将来的には文理の区別がなくなるかもしれません。

注目のSTEM教育、男女問わず「理系脳」はもはや必須?

f5560b701f4f8a8baeebf4023d42f2f7_s

AI(人工知能)、IT(情報技術)時代に必要とされる人材。そのような人材を育てるためにSTEM教育が注目されています。

STEM教育とは

「STEM教育」は科学技術開発の競争力向上という観点から、教育政策や学校カリキュラムを論じるときに言及されることが多い考え方であり、STEMは以下の英語の頭文字を組み合わせた言葉です。

  • Science:科学
  • Technology:技術
  • Engineering:工学
  • Mathematics:数学

STEM教育を簡潔に述べると「子どものうちからSTEMについて学んでいきましょう」ということです。なぜならば、ITやAIの技術進化が目覚ましい現代では、子どものうちからSTEMについて学び、将来活躍できる人材を育てる必要があるためです。このような人材が育たず、科学技術開発の競争力が向上しないままだと、世界で取り残されてしまうことは明らかです。また、「様々な角度から学び、考えることを子どものうちから身につけることが大切である」という観点もあるようです。

最近ではSTEMにArt(芸術)を加えた「STEAM教育」という言葉もあります。芸術について学ぶことも現代では重要であるという考え方です。美意識やデザインの重要性については以下のブログで紹介していますので是非ご覧ください。

世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?

子供にデザイン力を!!

具体的に何をするのか

「子どものうちからといっても何歳からSTEM教育を始められるのか?」と疑問に思う方も多いかと思いますが、STEM教育は未就学児からできます。LEGOやプログラミング(ViscuitやScratchJrなど)もSTEM教育に含まれるからです。未就学児〜小学生までのおすすめ教材は以下のブログで紹介しています。

家でもできる「STEAM教育」教材 おすすめ4選

「LEGOやプログラミングは単なる遊びで何も身につかないのではないか」と感じる方もいるかと思いますがそんなことはありません。空間を把握する力、想像力(創造力)、問題発見・解決力、論理的思考力などが身につきます。これらの力はSTEM教育がより高度になったとき、つまりSTEMを使って現実社会の問題について取り組んでいく時に必ず役に立つはずです。

東京都のある高校では、細胞の培養実験を通し、食糧問題について考える取り組みが行われたそうです。人工肉の生産などの理系の手法を使い、温暖化の産地の変化や人口の急増している国での食料の奪い合いなどの問題を解決できないかということです。

img_5718

(出典:日本経済新聞)

男女問わず必要となる「理系脳」

今年6月に創立110周年を迎えた私立高木学園女子高校(横浜市)は、来年4月から名称を「英理女子学院高校」に変え、グローバルに活躍できる理数系の女子高生を育てる「iグローバル部」を設けるとのことです。まさか高校の名前を変えてしまうとは。学校側の強い決意表明と受け取れます。同校の理事長はICT化が進む社会を認識し、「女性は理数系が苦手だという人もいますが、そうはいっていられません」と述べています。

 

「理系脳」も「文系脳」も必要

日本では文部科学省による教育改革が進められており、合科目という考え方が主流になっていきそうです。合科目とは科目をまたがって総合的に考えるということです。例えば社会の問題を理科の視点から考えるといった感じです。これからの時代はSTEM教育と同様に、「多角的に物事を考える必要性がある」ということがわかります。つまりは「理系脳」も「文系脳」も必要だということです。そのように分けていること自体ナンセンスなのかもしれませんね。

 

プログラミングで受験合格??

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-06-14-29-23

プログラミングは21世紀に不可欠な技能といわれているそうです。国内のIT人材不足、2020年度小学校プログラミング必修化などを受け、子ども向けプログラミング教育を行う教室が増えています。

GMOメディアは、船井総合研究所は共同で「2018年 子ども向けプログラミング教育市場調査」を実施しました。その調査結果を簡単にまとめてみます。

子ども向けプログラミング教育市場の概況

『一部の企業が期間限定で開催する「プログラミング教室」のイベントが中心の小規模な市場から、フランチャイズや大手学習塾が相次いでプログラミング教育市場に参入しはじめ市場が拡大している。今後のプログラミング教育は、”子どもの習い事”という認識で一般化していくと推察される。

子ども向けプログラミング教育市場規模(推計)

『2013年に6億6,200万円だった市場規模は、その5年後の2018年には、約13倍となる推計90億7,100万円に拡大すると考えられる。さらに5年後の2023年には、2013年の約34倍となる226億4,000万円に上ると予測している。』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-06-14-29-23

 

子ども向けプログラミング教室の傾向

『プログラミング教室の数は、2013年には750教室だったところ、2018年には約6倍の4,457教室に、2023年には2013年の約15倍の1万1,127教室に達すると予測している。今後はロボットとプログラミングの両方を学ぶ教室ではなく、プログラミング技術の習得に特化した「プログラミング教室」が主流になっていくと予想される。』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-06-14-34-52

子ども向けプログラミング教育市場拡大の主な要因

プログラミング教育市場拡大の主な要因は以下のようなものが考えられます。

  • 2013年に、政府の成長戦略にプログラミング教育等のIT教育を義務教育段階から推進することが盛り込まれたこと。(国内のIT人材不足による)
  • 2017年に2020年度からの小学校でのプログラミング教育必修化が決まったこと。
  • 大学入試センター試験に代わる「大学入学共通テスト」でもプログラミングなどの情報科目が導入予定であること。

 

 

次に「需要と供給」の「需要」の方、保護者の視点で行われた調査をご紹介します。全国の小学生以下の子どもを習い事に通わせている保護者を対象に実施した「子どもの習い事」についてのアンケート結果です。

2017年子どもの習い事ランキング 〜今後、習わせたい習い事〜

『「パソコン関連(ソフトの使い方やプログ ラミングなど)」は小学校高学年では4位にランクイン。昨年から習い事が順位を上げる結果となる。 現時点では「パソコン関連」を実際に習っている子どもはまだ多くはないが、今後全国的に受け皿となる教室 が増加してくれば、特に高学年では「今、習っている習い事」での順位も上昇してくることが予想される。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-01-15-17-14

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-01-15-17-36

(出典:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)

 

アンケート結果からは小学校高学年の需要が高まっていくという予想ですが、低学年もこれからプログラミング教室に通う子が多くなると考えられます。なぜなら私どもの運営しているキッズジャンププログラミング では実際に低学年の生徒が多いからです。低学年向けのカリキュラムを用意しているという理由もあると思いますが、小さいうちからプログラミングに触れさせておきたいという考えをお持ちの保護者の方が多いからではないでしょうか。

 

日本経済新聞にプログラミング技能を武器にしてAO入試で慶應義塾大学に合格した話が載っていました。大学入試だけでなく、中学入試、高校入試、就職活動にプログラミングは生かせると考えられます。

 

img_5635

(出典:日本経済新聞)

 

 

小学生が実現するクロステック??

049e82c41e97abe40e681976d92f311a_m

近頃「〇〇テック」という言葉をよく耳にします。

ある分野に先進的なテクノロジー(主にICT)を生かして発展させていく取り組みやその領域のことです。

※ICT(情報通信技術)とは、PCだけでなくスマートフォンなど、さまざまな形状のコンピュータを使った情報処理や通信技術の総称です。 ICTはIT(情報技術)にコミュニケーションの要素を含めたものです。

一番身近なものでいえばスマートフォンでできる「モバイル決済」といった金融に関わる技術「FinTech(フィンテック)」ではないでしょうか。

このように私たちの生活に大きな変化をもたらす「〇〇テック」、調べてみると他にもたくさんあるようです。

img_5582

(出典:日本経済新聞、読売新聞)

様々な分野でICTの活用が進んでいます。

 

〇〇テックにはどのようなものがある?

今の所最も知られているのは以下の三つでしょうか。

  • FinTech(フィンテック):Finance(金融)× Technology(技術)
  • AgriTech(アグリテック):Agriculture(農業)× Technology(技術)
  • EdTech(エドテック):Education(教育)× Technology(技術)

その他Wikipediaで調べてみると

HealthTech、RETech、AdTech、MediTech、LegalTech、GovTech、MarTech、HRTech、SportTech、CleanTech、RetailTech、FashTech、InsurTech、FoodTech、AutoTech、CarTech、HomeTech、ChickenTechなど

と記載されていました。

ここまで「〇〇テック」という言い方をしてきましたが、これらは総称してX-Tech(クロステック)といいます。

  • HealthTechはスマートウォッチで心拍数を管理するなどの健康分野の技術
  • InsurTechは保険の加入条件・保険料をビッグデータやAIを活用して決めるなどの保険分野の技術

といったように、なんとなく英語からどんな技術か想像することができるのですが、中にはすぐにわからないものもあります。

「え??ChikenTechってなに!?」と思われた方。「養鶏」のことらしいです。

言い方が悪いかもしれませんが「X-Tech」の「X」はなんでもあり。

つまり「ICT(情報通信技術)の可能性は計り知れない」ということです。

そしてそのICTを支えているのは「プログラム」です。

 

小学生が取り組むX-Tech(クロステック)

私たちキッズジャンププログラミングがプログラミング教育を通して子どもたちに伝えたいことの1つは、「ICTで様々な問題を解決できる可能性がある」ということです。

やはり実感してもらうことが大事なので、子ども向けプログラミング言語のViscuitやScratchで、身近な問題を解決するためのX-Techに挑戦してもらいます。

「子どもにX-Techは難しいでしょう」と思われる方もいらしゃるかと思いますが、一つの例としてScratchで作成した次の「高齢者安否確認ポット」をご覧ください。

 

①一人暮らしのおばあちゃんがポットを使うとメールが送信される!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-08-9-53-58

②離れて暮らす娘にメールが届く!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-08-9-55-30

③安否確認完了!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-08-9-55-53

いかがでしょうか。

これを現実に作り上げるプログラミング技術は小学生にはないかもしれませんが、Scratchの世界では作ることができます。

「1人暮らしをしているおばあちゃんの安全確認をする」という目的に対し、まずは達成するための方法を発想力や創造力をもって生み出すことが重要です。

他に次のようなものはいかがでしょうか。

  • 中にあるもので作れる料理をスクリーンに表示してくれる冷蔵庫
  • 自動で畑を耕して種を蒔き収穫までしてくれる農機具

これらもScratchやViscuitで作ることができます。キッズジャンププログラミングでは、このような具体的に社会に生きるものをイメージさせる教材を用意・日々作成しています。

皆さんも子どもたちにX-Techの開発に取り組んでもらいませんか?