プログラミング

夏休み限定『作文講座&自由研究講座』

いよいよ夏休み!!
楽しいことも多いですが、保護者の皆さまはこんなことに
お悩みではありませんか?


・夏休みの自由研究が毎年ギリギリで困っている。
・自由研究のテーマ設定に毎年悩む。
・時間がある夏休みの間に作文を書けるようになってもらいたい。


そんな皆さまのお声にお応えできるよう、夏休み限定!!
 作文講座&自由研究講座をご用意致しました!!


実際の資料をご覧頂き、詳細をご説明致しますので、
お気軽にお問い合わせください。


まずはより詳しい内容・場所・日程をこちらから!!
 http://iot-makers.co.jp/blog/?page_id=1005



 <講座概要>
 ①短期集中作文講座
  『オンリーワンメソッド』を使い、論理思考・国語力、作文力を鍛えます。
 ②自由研究講座
  『オンリーワンメソッド』を使い探求型自由研究を行います。テーマをご自身で設定するか、下記のテーマからお選びください。下記内容はすべて小学生でも取り組める内容になっています。ご安心ください。
  1)あのメジャーリーガーの大谷選手も使っていた!マンダラチャートを使って自分研究
  2)楽しみながらオリジナルゲームを作ろう!少人数だからしっかりわかる!プログラミングによる自由研究
  3)戦前の算術(算数)教科書は総合学習だった!?自分の教科書と比べて学ぼう!教科書~いま昔比較研究
  4)トンカチで釘打ちから始めインスピレーションの糸をかける!素数の織りなす美しい宇宙(児童表彰実績有)! 素数糸掛け曼荼羅
  5)家族や自分のホームページを作ろう!家族&自分研究

<教室>
 ①東日本橋教室
 ②豊洲教室



%e5%9b%b31


%e5%9b%b32


%e5%9b%b33


より詳しい内容・場所・日程をこちらから!!
 http://iot-makers.co.jp/blog/?page_id=1005

文系理系問わず 大学入試にプログラミング導入

img_4772
2020年にセンター試験に変わって実施される大学入学共通テストに、
文系理系に関係なくプログラミングなどの情報科目が導入されるようです。


以下、日本経済新聞の記事の抜粋です。

大学入試にプログラミング IT人材育成急ぐ
 政府は17日に開いた未来投資会議で、大学入試センター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」に、プログラミングなどの情報科目を導入する方針を確認した。第4次産業革命を推進する上で人工知能(AI)などを使いこなせるIT(情報技術)人材は不可欠。将来的な不足が見込まれており、人材の育成を急ぐ。
 安倍晋三首相は「AIやビッグデータなどのIT、情報処理の素養はこれからの時代の『読み書きそろばん』」とした上で、「大学入試において国語・数学・英語のような基礎的な科目として情報科目を追加し、文系・理系を問わず学習を促していく」と述べた。

img_4772
(出典:日本経済新聞)



今の時代、
IT(情報技術)が関わらない物事は無い
と言ってよいのではないでしょうか。


今まではITと聞くと、
理系のイメージだったと思いますが、
これからは文系理系問わず、
情報技術を使いこなせる人材が必要になるということです。

そもそも、
文系と理系を分ける必要はあるのでしょうか。

「実社会や実生活での課題を解決するためには、個々の教科・科目の知識・技能の範囲にとどまらず、複数の教科・科目の知識・技能等を教科横断的・総合的に組み合わせることが必要である」(文部科学省Webサイトの資料を一部抜粋)


一説によれば、文系と理系を分けた理由は以下ということです。
「発展途上であった明治時代には、文系に比べ理系は実験設備などでお金がかかるため学生をふるいわける必要があった。」


十分発展した今の日本にこの考え方は必要か。
必要かどうかというより、この考えであるべきかどうか。

自分自身が何をやりたいか、
何に向いているのか、何に興味があるか、
定まっていない段階で文系か理系かの選択を迫られる。

せっかく持っている色々な場所へ行けるチケットを、
半分以上捨てるようなものではないでしょうか。

学校は人間を成長させる場であるはずです。
10代でその人間の可能性を小さくするのは実にもったいない。

数学が不得意だから文系に進む。
暗記が嫌いだから理系に進む。
あとで文転すればいいと思って理系に進む。
このような理由で進路選択すべきでしょうか。

もっとじっくりと自分の進路を考えられるように、
高校や大学では興味のあることや必要だと思うことなど、
自ら選択して多面的により多くのことを学び、
将来の選択肢を増やすこと、
課題に対して多面的なアプローチができるようにすることが重要ではないでしょうか。

大学に進学した段階で
就職先が絞られるような社会であるべきではないと思いませんか?

とは言っても、
現状は文系理系に分かれています。

「文系理系の選択は人生の分岐点」
なんて言われ方もされるようです。


今回のような変化(情報科目の大学入試導入)に対応しつつ、
日本の教育システムの現状を把握して行動する必要があります。

海外も視野に入れても良いかもしれません。

日本の教育がより良いものになることを信じつつ、
我々大人は子ども達をサポートしていきたいものです。

いかがでしょうか。
文系と理系に分かれている点について、
みなさんはどのように考えますか?

中学入試が自作プログラミングのプレゼンテーション!?

こんにちは内田です!

最近の入試は多様化しているようです。

「埼玉県の女子校・大妻嵐山中では、今年1月の受験で、初めて、自分の作ったプログラムをプレゼンテーション(発表)する入試が行われました。」(4月19日読売KODOMO新聞)

プログラミングはもはや入試にも取り入れられてきてるのですね。
ある女子はピアノ演奏プログラムを作成し、入試に挑んだそうです。

なぜこのプログラムを作成したのかというと、
右手のメロディーを演奏させて、自分は左手の練習をする、
といった風に役立てたかったからだそうです。

プログラムを作り上げたことも素晴らしいですが、
自分の身近な課題や問題を発見し、
問題解決のために実際に行動を起こしたことが素晴らしいと私は思いました。

社会に出て活躍する人間はどのような人間か。

課題や問題を発見できない人
発見しても解決方法を考えない人
解決方法を考えても実際に行動に移さない人

ではなく、

課題や問題を発見し
解決方法を考え
実際に行動に移す人

であるはずです。

現在はプログラミングが身近になったことにより解決できる問題が増えたのではないでしょうか。
先ほどのピアノ練習のためにプログラムが良い例です。

簡単なプログラムから作り、自分の身近ことを少しずつ便利にしていく。
こういったことを子どものうちから経験しておけば、大人になって社会に出ても活躍できる人間になれるのではないでしょうか。
内容が変わるだけで「問題発見→解決方法の検討と提案→実行」のプロセスは変わらないと考えるからです。

プログラミングは解決手段の1つです。
他の方法があればそれで解決しても良いと思います。

大事なのは問題解決までのプロセスを経験し身につけておくことです。
ただ、社会の流れてとしてプログラミングを使い、問題解決することを子どものうちから経験させるのも良いかもしれませんね。

ちなみにピアノ演奏プログラムでプレゼンテーションをした女の子は見事に同校に合格したそうです!

馬喰町教室プログラミング体験会

0059_xlarge

キッズジャンププログラミングでは、プログラミングにご興味があるお子様を対象にビスケットを使ったプログラミングの体験会を開催いたします。

最近プログラミング教室が流行っていますが、
「子ども向けのプログラミングってどんなことするの?」
「本当に子どもにプログラミングなんてできるの?」
と疑問をお持ちの保護者の方が多いようです。

最近は、4歳からできるプログラミングの教材もあるんですよ。

今回は、プログラミングは簡単!楽しいを低学年のお子さんにも体験していただける体験会です。ぜひこの機会にプログラミングに触れてみてくださいね。

※中学生で上級教材の体験をご希望の方は、別途無料体験レッスンをお申し込みください。


日程:お申し込みフォームの日程の中からご選択ください
対象:年長(ひらがなが読める方)〜小学生
viscuit(子ども向けプログラミング言語)未経験者
定員:各回5名程度 ※保護者の同伴をお願いしております
持ち物:なし
会場:キッズジャンププログラミング日本橋馬喰町教室

■住所
〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-5-15  azuro bakuro3F

■参加費:無料

■アクセス
都営地下鉄 馬喰横山駅・東日本橋駅A1出口より徒歩2分
JR 馬喰町駅 1番出口から徒歩1分
東京メトロ 小伝馬町駅1番出口から徒歩4分

■地図
map_01map_02

馬喰町教室の体験会は以下からお申し込みください。


2月 8日(木) 15:00-16:002月 9日(金) 16:00-17:00(小学4年生以上)2月15日(木) 15:00-16:002月16日(金) 16:00-17:002月20日(火) 15:00-16:00その他(上記日時以外をご希望の場合は、連絡事項欄にご記入ください)


※お申し込みの順番によっては、ご希望の日程で受付できない場合がございます。
 (その場合には、別日程をご提案させていただきます。)
※日程を複数お選びいただく場合には、連絡事項欄に優先順位をご記入ください。


子ども:

この体験会をどこで知りましたか?
キッズジャンププログラミングのfacebookページぱどチラシその他

※送信後、自動返信メールが届きます。

届いていない場合は、迷惑メールフォルダなどをご確認ください。
迷惑メールフォルダにも入っていない場合には、
お手数ですが[ info@iot-makers.co.jp ]宛てにお問い合わせください。

勝どきにてプログラミング無料体験会を開催!

viscuit_land

勝どき初のプログラミング教室が開校します!

キッズジャンププログラミングでは
10月よりグロースリンク勝どき教室を開校いたします。
開校に先立ちまして、ビスケットを使ったプログラミングの体験会を開催いたします。

最近プログラミング教室が流行っていますが、
「子ども向けのプログラミングってどんなことするの?」
「本当に子どもにプログラミングなんてできるの?」
と疑問をお持ちの保護者の方が多いようです。

最近は、4歳からできるプログラミングの教材もあるんですよ。
今回は、プログラミングは簡単!楽しいを低学年のお子さんにも体験していただける体験会です。

ぜひこの機会にプログラミングに触れてみてくださいね。
0059_xlarge

※中学生で上級教材の体験をご希望の方は、別途10月以降の無料体験レッスンをお申し込みください。


日程:
9月23日(土)10:15-11:15(満席)
9月23日(土)11:30-12:30(満席)

9月27日(水)16:15-17:15(満席)
9月30日(土)10:15-11:15(満席)
9月30日(土)11:30-12:30(満席)
10月7日(土)11:30-12:30(増席)
10月11日(水)16:10-17:10(増枠)

10月14日(土)11:30-12:30(増枠)

<2月新日程>
★水曜日
2月 7日(水) 17:40-18:40
2月14日(水) 17:40-18:40
★土曜日
2月10日(土) 11:40-12:40
2月24日(土) 11:40-12:40

<3月新日程>
★水曜日
3月 7日(水) 17:40-18:40
3月14日(水) 17:40-18:40
★土曜日
3月10日(土) 11:40-12:40
3月17日(土) 11:40-12:40

対象:年長(ひらがなが読める方)〜小学生
   viscuit(子ども向けプログラミング言語)未経験者
定員:各回5名程度 ※保護者の同伴をお願いしております
持ち物:なし
会場:グロースリンク勝どき

■住所
〒104-0054 東京都中央区勝どき1-3-1 アパートメンツタワー勝どき 1F

■参加費:無料

■アクセス
都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅(エスカレーター利用時)A1出口より徒歩2分
(エレベーター利用時)勝どきビュータワー内 A4b出口より徒歩4分
都バス「勝どき橋南詰」停留所徒歩1分
※東京駅丸の内南口から都バスで約20分
※新橋駅から都バスで約10分

■地図
kachidoki_map

グロースリンク勝どき教室の体験会は以下からお申し込みください。


(土) 11:40-12:40その他(上記日時以外をご希望の場合は、連絡事項欄にご記入ください)


※お申し込みの順番によっては、ご希望の日程で受付できない場合がございます。
 (その場合には、別日程をご提案させていただきます。)
※日程を複数お選びいただく場合には、連絡事項欄に優先順位をご記入ください。


子ども:

この体験会をどこで知りましたか?
グロースリンク勝どきのfacebookページグロースリンク勝どきからのメールキッズジャンププログラミングのfacebookページPIAZZAぱどチラシその他

※送信後、自動返信メールが届きます。

届いていない場合は、迷惑メールフォルダなどをご確認ください。
迷惑メールフォルダにも入っていない場合には、
お手数ですが[ info@iot-makers.co.jp ]宛てにお問い合わせください。

親の子供への期待が、子供に影響する?

こんにちは!

キッズジャンププログラミング代表の渡邊です。

 

千葉県某市の幼稚園協会で、6月末に講演をさせて頂きます。今日はその宣伝!ではなく、(^^)

 

そのレジュメを作っていてふと感じたことがありました。

 

よくある調査で、「親が将来子供についてもらいたい職業ランキング」や小・中学生自身が回答する「将来なりたい職業ランキング」というのがありますよね!

 

なんと、順位こそ違えど、10位以内に上がってくる親の希望する職業名と子供の希望する職業名は、ほぼ同じなんですね!!また、会社員や公務員といった抽象的な職業名が上位にきているのも気になりました。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-06-21-11-28-19

(アンケートや最終的な集計の仕方でそのようになっている可能性もありますが、論点が違うので、それは置いときます)

 

推測ですが、親が家庭内で、いろんな職業の選択肢を与えてあげると、もっと幅広い回答が出てくるのではないか?と思います。

 

私は、個人的には、将来の夢(職業)への思いが強いほど、また、具体化されているほど、学ぶことへのモチベーションが湧くはずだと思っています。

 

先日、仕事で仲良くさせて頂いている弁護士の方が、弊社のプログラミング教室に遊びに来て下さいました。その方は、小学生の時から弁護士になることを夢見て、自分でレールを敷いて来たそうです。素晴らしい!!ですね!!

 

そんなことがあってから、自分自身の小学生の頃を思い出そうと、卒業文集を引っ張り出して来ました。

 

私が小学生の頃の時代も、同級生が書いている将来の夢は、当然偏っていました。

 

image1男子・・・・・野球選手、サッカー選手、警察官、先生、で約7割

女子・・・・・保育士、看護師、先生、で約8割

(ちなみに、小学生の頃から身の程を知らず、生意気だった私の将来の夢は、「内閣総理大臣」でした。(笑))

もっと色々な職業が出て来てもいいのに!と思いますよね?

 

最近は、高校や中学校でも、一部、世の中の職業や社会の仕組みを理解するということを授業に取り入れている学校が出て来ています。東京都中央区にある、都立晴海総合高校は、1年生の「産業社会と人間」という授業で、「自分が将来何になりたいかを突き詰めて考える」ようです。

 

また、それを土台に、3年間で何を学べば良いか、それぞれが授業を組み立てて行くそうです。

 

大学入試のためだけではなく、まさに「社会で生きる力」を付けるために学んでいると言えます。

 

弊社も、現在運営しているプログラミング教室に加えて、今年の10月頃から、「オンリーワンスクール」という新しいタイプの学習塾を始めます。

 

その中にも、「世の中の職業や社会の仕組み」を教えるように、教材として組み込まれています。

 

私自身も、10年間、経営コンサルタントとして、様々な職業の方とお会いし、一緒に仕事をして来た経験がありますので、それを活かして、子供たちの学ぶモチベーションを高めていきたいと思っています。

 

明光義塾さまのスゴいところ

viscuit_land

3月12日は明光義塾さまでビスケット体験会を開催いたしました!

明光義塾さま本部からも見学の方がいらっしゃり
大人が多い体験会となりました。

 

▼「面白い!スゴい!」と大人が盛り上がっていました!
17274046_1457205240990172_236741163_o

 

明光義塾さんってこんな素敵な先生がいる塾なんですね
まるで子どもみたいに、プログラミングを驚き、楽しんでくれる皆さんの姿に、感動。

新しいことを体験することは、楽しいんだ!面白いんだ!感動するんだ!という姿勢。
教育者として本当に大切な姿勢だと思います。

この姿勢がないと、子どもに勉強の楽しさを教えることはできません。
なるほど。明光義塾さまが、学習塾業界でもっとも業績を伸ばしているのも納得です。

 

▼親子でプログラミング
17349402_1457205214323508_1837019681_o

お母さんが楽しんでプログラミングをしている傍らで
小さなお子さんが一生懸命取り組む姿もみられました。
とっても微笑ましい光景です。

 

▼夢中で取り組む姿に大人も感動♪
17273598_1457205237656839_1330128577_o

 

いつもですと、子どものひらめきや自由な発想に驚くことが多い
ビスケットの体験会ですが、

今回は、大人が率先して「プログラミングは自由だ!」を表現してくれた
特別な会になりました。

そんな素晴らしい大人たちが運営する塾、最高ですね。

プログラミングと「帰納的思考力」「新・学力」の関係

panda

久しぶりにプログラミング関連の話を。

考える力についてこれまでいろいろ書いてきました。
考える力記事(1)
考える力記事(2)
考える力記事(3)
考える力記事(4)
考える力記事(5)

また、「考える力」を含めた「新・学力」についてはこちら
新学力について

じゃあ、プログラミングでは、この「(帰納的に)考える力」とか「新・学力」は身につくのか?どうなのか?ということについて今日は書きます。

 

◾️プログラミング教室で、この「考える力」とか「新・学力」は身につくのか?どうなのか?

結論:教え方次第。

 

もちろんプログラミングだけでも学べる事はいっぱいあります。
「プログラミング的思考」とかって、大事です。「プログラミング的思考」って基礎の基礎として知っておくべきです。

ただ、プログラミングを基礎の基礎だけのレベルで終わらせたらちょっと勿体無い。

 

言われたことだけやるんじゃなくて、
「自分で発想する」「工夫する」「問題を発見する」「人に伝える」

というところまでやらないと、私たちがプログラミングを教える意味がないと思っています。

 

実際の教室ではこんな感じで指導しています。


教室のある生徒さん(小1)が、自由課題のアイデアが出なくて手が止まってしまいました。
そんなときは「何が好き?」から入ります。

「パンダが好き」とその生徒さん。
「じゃあ、パンダと今日やったことをくっつけてみたら?」

▼そんな対話を重ねて作ったのがこの作品

 

 

「アイデアを出す」これは慣れていないとちょっと大変ですが、これも実は訓練するとだんだんできるようになります。

低学年のうちは「好き」を形にするところから。
それが、「新・学力」を身につける第1歩です。

足立区中央本町地域学習センターでプログラミング体験会

20170205_06

2月5日(日)は足立区中央本町地域学習センターでプログラミング体験会を開催いたしました。

お申し込みの日、9時に募集を開始したら電話でお申し込みが殺到し、
3時間後には15席の定員が満席になっていたとのこと。

そこで5席増席し、20席満員御礼での開催となりました。
(マシンの予備がない状態・・当日はマシントラブルがないかヒヤヒヤでした。)

この日使用したのは、プログラミング言語「ビスケット」。

▼最初は基本的なビスケットの使い方から
20170205_01

 

▼説明を聞く時は集まります
20170205_02

 

▼説明を聞いたら、まずは自分でやってみる
20170205_05

 

▼プログラミング中、高学年チームはものすごい集中力!
20170205_04

 

▼最後はオリジナルゲーム作り
20170205_06

 

—参加してくれた子供達の感想—

「絵を描けたので楽しかった」(10歳 男子)

「たのしく、またやってみたいです」(10歳 男子)

「うちおとすということがむずかしくて おもしろかった」(9歳 男子)

「自分がこの講座をやる前に考えていたこととは違い、楽しかった」(12歳 男子)

「楽しかった。またやりたい」(11歳 女子)

自分で作ったゲームが出来て楽しかった。」(11歳 女子)

「絵をかいたりしてどんどんおしてあそぶのが楽しかったです。」(7歳 女子)

「今回でプログラミングに一層興味を持ったようです。」(8歳男子の保護者)

—————————

3月5日(日)も同じく足立区中央本町地域学習センターで
同じ内容で開催いたしますが、すでに満席。

しかも、もう1回やりたいと再度申し込んでくれた子も。

次回もたくさんの子供達に会えるのが楽しみです。

ロボットのゴムは何のためにある?

今日は、年長さんの男の子が「ロボットを動かしたい!」と。
そこでロボットのプログラミングに挑戦してもらいました。

しばらく、ロボットを動かしていたHくん。
ロボットについているゴムを見つけました。

「このゴムは、何のためについているの?」

▼ロボットの「ゴム」(黄色い紐のようなものです)
img_1409

お、なかなかいい疑問です。

「じゃあ、ゴムを取ってロボットを動かしてみて」、と彼にお願いしました。

このロボットでは、ゴムはモーターからタイヤに動力を伝える役割があります。
ゴムを取るとタイヤは動きません。

「あれっ? 動かなくなった・・・・」とHくん。

「じゃあ、今動いているところはどこかな?」と私。

 

「あっ、白いところ(モーター部分)が動いてる!
そっか。ゴムはタイヤを動かすために使っているんだ。

「へぇ!そうなんだね。すごい発見をしたね^ ^」

 

モーターとゴムとタイヤの関係を自分で発見した彼、
ニコニコ満面の笑顔で帰って行きました。

 

自分で発見するって嬉しい!
自分で調べるって楽しい!

このような体験を通して、考える力を育てています。