テスト

読書で学力向上!!特に算数!!

72adf43fce69607312117f074668ac99_s

ベネッセ総合教育研究所の調査によると、読書量が多いほど学力が上がる傾向が見られたそうです。全体的に「学力の低い層ほど成績の伸びが大きかった」と分析しています。

読書で学力が向上する

 1年4ヶ月という調査期間において、ベネッセの模擬テストの成績で、読書の冊数が「10冊以上」の子は、テストの平均偏差値が1.9ポイント上昇。「0冊」の子は0.7ポイント下がったそうです。国語・算数・理科・社会の中でも、特に算数の平均偏差値の上昇が目立っていたとのこと。問題の読解力や理解力が上昇していることが考えられます。

img_6391

(出典:読売新聞)

どうやって読書を習慣化させるか

 ではどうやって子どもが本を読む習慣を身につけさせるか。すぐに実践できるのは次の3つでしょうか。

  1. 本・新聞・雑誌などを目につく場所に置く
  2. 大人が本を読む姿を見せる
  3. 読み聞かせをする

 読み聞かせは子どもが小さいうちはできるかもしれませんが、ある程度育ってくると難しいかもしれません。この3つの中では特に2つ目が重要かと思われます。本を読んでいない人に「本を読め」と言われても説得力なしです。大人が何気なく読んでる姿を見せる。読書に没頭している姿を見せる。そうやって興味関心を持たせるのはどうでしょう。

 「そんなこと言っても我々大人も忙しく、なかなか時間が・・・」

 いきなり難しくて分厚い本は子どもも大人も抵抗があります。ということでまずは内容は簡単で量も少なめの本から始めるのはいかがでしょう。子どもでも読める本だと共通の話題ができ、意見や感想も言い合えます。

 読書が楽しくなって習慣化したら作戦成功です。子どもが楽しみながら学力を上げられる。親にとってこれ以上のことはありませんね。

テストや中学入試に役立つ『要約する力』とその原則とは?

中学入試では、筆者の言いたいことをまとめる形の問題がよく出るそうです。
そこで必要になってくるのは約する力」です。


この「要約する力」は学校のテストや入試に限らず、
社会生活や仕事など、大人になっても常に求められるものではないでしょうか。


子どものうちから身につけ、磨き上げていきたい能力の一つです。
しかし、「要約しなさい」と言われても「大事なところをまとめればいいのか」と、漠然とした捉え方をしてしまいがちです。


そんなとき、次のような「要約の原則」というものを頭に入れておくと良いのではないでしょうか。


要約の原則
 一、「です」「ます」は「だ」「である」に
 二、主語・述語を残す(場所、時は必要に応じて残す)
 三、比喩などの「たとえ」は外す
 四、「理由」「具体例」は省ける
 五、意味が通じるかどうか、で残す言葉を判断

img_5317
(出典:朝日小学生新聞)


加えて、要約する力を高める練習も朝日小学生新聞で紹介されていました。
練習には2段階あるそうです。
 第一段階・・・一つの文を要約する
 第二段階・・・文や段落の数を増やし、要約する範囲を文章全体に広げていく


要約する力を高めるということは、文章を正確に理解することができるということです。つまり国語力が高まるわけです。


国語力は最も重要な学力の1つです。
算数でも、問題を解く前に問題文が理解できないといったケースも多く、「国語力を高めたら算数の成績も上がった」という声も聞かれるほどです。


国語力が高まると、要約問題に限らず、また、国語に限らず、算数・理科・社会などといった全般的な成績の向上が期待できます。


そして、自分の意見を整理して話す・書くといったことにも役に立つでしょう。自分の意見をうまくアウトプットできれば、主体性や積極性の向上にもつながるかもしれません。


論理的思考力、コミュニケーション力といった言葉が注目されていますが、「要約する力」というアプローチで国語力を伸ばすのも面白いのではないでしょうか。