キッズジャンププログラミング

【2019年アクセス数の多い記事 BEST3】を発表!!1位はまさかの・・・

c584f161dbdab8e216be85df524b5cea_s

 2019年も今日で終わり。ということで2019年にアクセスが多かった記事ベスト3を調べてみました!!※近頃なかなか記事を書けなかったことは反省!!m(_ _)m

 

 まずは第3位から!!

第3位:文科省により小学校に「教科担任制」導入!!

 現在、小学校では全ての教科を学級担任が受け持つ「学級担任」、中学校からは教科・科目ごとに教師が異なる「教科担任」が一般的ですが、これからは小学校にも「教科担任制」が導入されるということを紹介した記事です。

 小学校のプログラミング必修化に向けて、本当に先生が教えられるのかといったことはやはり皆さん気になりますよね。「教科担任制」の導入はその不安を解消してくれるのではないでしょうか。とはいってもメリットデメリットがあります。詳しくは以下の記事を見てみてください!

 記事はこちら

文科省により小学校に「教科担任制」導入!!

 

 

 そして第2位!!

 

第2位:2020年4月小中高校に導入、『キャリア・パスポート』とは?

 文部科学省が2020年4月から全国の小学校・中学校・高校に「キャリア・パスポート」を導入する方針を決めたことを紹介した記事です。簡潔に説明すると、キャリア・パスポートとは小中高校生が学習や学校生活の目標を設定し、達成度を自己評価するものです。

 小さいうちから目標設定や振り返りをする習慣をつけることができれば、とても有意義に人生を送れそうですね。社会人になっていきなり目標設定しろと言われても動揺しますが、キャリア・パスポートで慣れておけば問題なし!!キャリア・パスポート、注目したい制度です。

 記事はこちら

2020年4月小中高校に導入、『キャリア・パスポート』とは?

 

 

 

さあそして注目の第1は・・・

 

 

 

 

第1位:優秀な子がうんこをもらして6年間の引きこもりに

 うんこかいっっっ!!!!

 ・・・失礼しました。これは真面目なお話。中学校でうんこを漏らした子が立ち直るお話です。失敗に対する考え方を子どもと大人で考えてみてほしいということです。決して「うんこ」というキーワードに引っかかっただけではありません。・・・そう信じています。

 記事はこちら

優秀な子がうんこをもらして6年間の引きこもりに

 

 

まとめ

 3位と2位をみると日本のこれからの教育制度について、皆さん注目していることがよくわかります。1位からはやはり「うんこ」の強さを感じざるおえません。うんこドリルなどが売れてることをみると子どもだけでなく、買い与えている大人にも人気があるのでしょう。機会があれば真剣に考えてみるのも面白いかもしれません。「なぜうんこが子ども大人問わず人気なのか?」

 話が逸れてしまいましたが、2020年も少しでも皆さんのお役に立てるように記事を書いていきたいと思います。よろしくお願い致します!!

 

プログラミング教室に通っていればRPAはすぐ使いこなせる??

da92a4ff84b54f771de965f2f7d2cbe7_s

 弊社(株式会社IoTメイカーズ)は「キッズジャンププログラミング」という子ども向けのプログラミング教室を運営しておりますが、最近RPA(Robotic Process Automation)の販売・サポートを行う販売代理店となりました。RPAとはパソコンの業務を自動化してくれるソフトウェアのことです。

 そこで気づいたことがあります。

「RPAってScratchに似てる・・・」

※注意:RPAも様々な種類があり、RPAによって全く似ていないものもあります。

 Scratchとはプログラミングを学ぶときに使われている教材です。ブロックを並べてプログラム(命令)を作っていきます。このブロックを並べるという作業がRPAも同じでした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-12-20-13-32-11 

 

 例えばあるアプリケーションのログインを自動化すると下のような処理を並べていきます。

  1. アプリケーションを起動する
  2. ユーザー名を入力する
  3. パスワードを入力する
  4. ログインボタンをクリックする

 

 もっと現実的な例を挙げると次のような業務を自動化できます。

  • 請求書の作成
  • エクセルのデータをシステムへ入力
  • 運用レポートの作成

 これらはほんの一例です。そして実際にRPAを使ってみて感じたことがあります。

「Scratchを学んでいる子どもならすぐできる。」

 RPAはこれまで大手企業では導入をしているところが多かったようですが、「人手不足」や「働き方改革」といった背景もあり、中小企業でも導入するところが増えてきています。そして、低価格化と取り扱いが簡単になっていることも普及してきた要因と考えられます。

 もしかしたらこれからの時代はRPAを使うことが当たり前になってくるかもしれません。そんななかプログラミングスクールに通っている子どもであれば、将来RPAを使うことになったとしても、すぐに使いこなすことができるのではないでしょうか。

 

お知らせ

 もしRPAにご興味がある方はお気軽にお問い合わせください!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-12-11-14-18-14

TEL: 03-5809-2359

メールアドレス:info@iot-makers.co.jp

担当:内田

現在12歳の子供たちの世代の平均寿命ってご存知ですか?

今回は、マンガで学ぶ人生戦略です。

漫画と言ってもビジネス書の漫画版で、本書「ライフシフト」は、35万部以上を売上げ、「人生の教科書」とか「『10年に1冊』の必読書」と大好評を得ています。

 

早速ですが、あなたは、ご自身の年代の平均寿命が何年か知っていますか?また、今の子供たちの平均寿命が何年か聞いたことがありますか?

実は、2007年生まれの子供の半数が107歳まで生きるそうです。そして、平均寿命世界一位の国は、寿命が10年ごとに平均2〜3年のペースで上昇しているのだそうです。本書では、50歳未満の日本人は、100年以上生きるつもりで過ごすべきだとも述べています。

 

 寿命がますます伸び、技術革新など世の中の変化が非常に早い中で、生き方や考え方を変えていかないといけません。長寿命時代に生き抜く力を手に入れることが今後は必要です。

 

 今までのように学校を出て、仕事をし、60代で引退するというような生き方が難しくなってきます。ちなみに、本書では、これを3ステージの人生と呼んでいます。寿命が伸びれば、公的年金はあてにできなくなり、引退後の人生を賄うほどの貯蓄をするのも難しいからです。

 

 ではどのようにしたら良いのでしょうか?

 

 今までの3ステージの人生からマルチステージの人生に移行するべきということです。いくつかのキャリアを持ちながら、能力や経験、人とのつながりや視野を広げ、人間的に成長し、人生の選択肢を広げていく生き方です。

 

マルチステージの例は次のようなものです。

 

副業をする、仕事以外に地域活動やNPO法人などでボランティアをする、

仕事以外の人脈を築く、旅行に出かけて視野を広げる、などです。

最近は政府も人生100年時代構想を謳い、副業を推進したりしていますよね。

 

自分自身がどのような人間か常に意識して、受け身ではなく自分らしく主体的に選択をしていく生き方が今後は必要です。このような考え方は、もっと早くに転換するべきだったかも知れません。日本はバブル崩壊後、絶対潰れないと言われた大手銀行や証券会社が倒産したり、経済は長期間にわたり、低成長に喘いできました。終身雇用も崩れつつあり、マルチステージで活躍する必要性は、もっと以前からあったのかも知れません。

 

さて、このマルチステージを生きるために著者が重視しているのが無形資産です。資産には有形と無形の二つがあります。有形資産とは、貯蓄や不動産、有価証券など目に見えるものです。無形資産とは、家族や友人、スキルやノウハウなどの目に見えないものです。

当然のことながら、有形資産も重要ですが、無形資産は、今後はますます重要性が増すでしょう。

 

 この無形資産は大きく分けて3つあります。

 一つ目は生産性資産です。スキルや知識、仕事仲間や人脈、評判など収入を得るためのものです。今までは、キャリアの初期に知識やノウハウを得れば、一生安定した仕事人生が送れましたが、今後は違います。IoTやAIに代表されるように技術革新のスピードがますます早くなる今後は、環境の変化に合わせて、常に知識やノウハウをアップデートしていかなければなりません。一生涯、キャリアの途中で、大学院に通ったり、常に人脈を広げていく必要があるのです。また、評判に関連して、最近は、信用が資産になると言われています。インターネットやSNSが急速に普及し、情報が簡単に手に入るからこそ、個人個人の信頼性が問われるのだと思います。

 

 二つ目は、活力資産です。これは、バランスのとれた生活や肉体的・精神的健康のことです。寿命が長くなればなるほど、健康の価値は高まります。また、マルチステージを生き抜くにはエネルギーがいります。精神的健康がなければ、そのステージを生き抜き、成長していくための努力を行うことは到底むずかしいでしょう。

 

 最後は変身資産と呼ばれるものです。文字通り、社会の変化に対応し、新しいステージへの移行を成功させる意志と能力です。この能力を高めるためには、自分についてよく理解し将来の可能性を知ること、幅広いネットワークを持つこと、積極的に新しい経験をしていくことです。結局は自分自身を変えたいという気持ちと行動力が大事なのです。人間は、変化や新しい環境を恐れます。そのため、頭で分かっていても行動に移せなかったり、言い訳をしてやり過ごしたりします。ダーウィンの、最後に生き残るのは、最も強く賢いものではなく、最も上手く変化に適応したものである。という言葉を意識して行動することが大事です。 

 

 これらの資産を活用し、自分自身が成長しながら、新しいステージを生き抜いていくようにならなければなりません。新しいステージは3つあります。

一つ目はエクスプローラーで、日常生活から離れて旅をしたり、新しい人と出会ったりして既存の価値観から抜け出し、自分についての理解を深めていきます。

二つ目は、インディペンデント・プロデューサーと呼ばれるもので、組織に雇われず、自分で仕事を生み出すことです。

最後は、ポートフォリオ・ワーカーで、異なる種類の活動を同時に行うことです。会社員として仕事をしたり、副業をしたり地域活動を行うなどです。このような複数のステージを移行することで、遊び・学び・仕事の境目がなくなり、若々しく柔軟な人生を歩めるようになるのです。

 私自身もこのような生き方を知らず知らずのうちに行ってきたような気がします。私は、大学を卒業後、大手企業に就職しましたが、5年目で倒産してしまいました。大手企業に勤めていれば安泰とは、その時点から考えられなくなりました。組織に人生が左右される生き方をやめて、自分自身が主体的に考えて選択する、そんな生き方をしないといけないと考え始め、中小企業診断士という経営学に関する資格を取得しました。それ以後も、今に至るまで、生産性資産を高めるために、本を読んだり、さまざまな会合に出てビジネス交流を広げたり、食事や運動に気を使ったり、自分自身の棚卸を常に行ったりしています。

 私は、この中でも最も大事なのは変身資産増大のポイントとなる、自分について理解し、積極的に新しい経験をしていくことだと思います。

 

 

 本書は、今後の生き方について、指南を得られるとともに、非常に勇気を与えてくれる本だと思います。是非一度、皆さんも手にとってみてはいかがでしょうか?

子どもの人生が豊かに花開く3つの条件とは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-10-04-13-50-41

 イギリスの能力開発・教育アドバイザーのケン・ロビンソンという方がいます。数学や科学を含め、子供たちの学習成績を大幅に改善した功績が認められ、イギリスから栄誉称号の1つであるサー(ナイト)の称号を授かった方です。このサー・ケン・ロビンソンがTEDで教育についてスピーチしている動画が、とてもおもしろかったので、内容を簡単にまとめてご紹介したいと思います。(紹介しているのは一部なのでぜひ本ブログ下部のURLから動画もご覧ください!)

人生が豊かに花開く3つの条件

 サー・ケン・ロビンソンは人生が豊かに花開く3つの条件は次の3つだと述べています。

①人間は多種多様であることを認識する

 学校教育では画一的(個々の性質や事情は重視せず、全体を一様にとらえる)で、狭い分野で学びがちである。しかし、人間はそもそも多種多様である。子どもには広範囲なカリキュラムで様々な才能が認められる場所が必要。

②好奇心を大切にする

 決められた通りを良しとし、想像力や好奇心がないがしろにされがちだが、好奇心は達成のための原動力であり、好奇心があればさほど助けなくても自ら学習する。教育の目的は生徒に学ばせることである。そのために教師は情報の受け渡しだけではなく、導き、刺激し、引き出し、関わることが大切である。

③人間は本質的にクリエイティブであることを認識する

 人間は標準化されがちだが、2つと同じ履歴書はない。自分の人生を進みながら自分で作っている。創造性は人間に共通するものである。

 

成績の良い国・地域の特徴

 サー・ケン・ロビンソンによると成績の良い国(例えばフィンランド)・地域の特徴は次の3つであると述べています。

①教え学ぶことを個別化する

 個人個人に合わせ、カリキュラムは広範で多様である。学ぶのは生徒、システムは生徒を巻き込みその好奇心・個性・想像力に応えるべきものと認識されている。

②教育者の地位がとても高い

 優れた人を教師にし、絶えず彼らを支え成長できるようにしなければ、教育を改善することなどできないと理解している。能力開発はコストではない投資である。

③教育の仕事を学校に一任している

 教育は委員会や議会の中で起きているのでない。学校や教室であり、それをするのは教師と生徒である。現場に権限を返すことが重要である。

まとめ

 サー・ケン・ロビンソンは教育は機械的システムではなく、人間的システムであると述べています。教育というものは、データをもとにきちんと設定したからといってうまくいくわけではなく、人に関わるものであり、事情はいつでも固有であるということです。

 画一的な教育から個性に合わせた教育へ変えることは、一朝一夕でできるものではありませんが、将来的に日本も変わっていくことを期待したいですね!

今回紹介した以外にも興味深い情報がたくさんあります!ぜひTEDの動画をご覧ください!

動画再生画面の吹き出しマークをクリックすることで日本語の字幕を表示できます。

うまく動画が表示されない方はこちらからどうぞ

 

 

ジュニアプログラミング検定合格者誕生!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-27-46

 キッズジャンププログラミングでは8月23日に初めてジュニアプログラミング検定を実施しました!受験者はEntry(4級)の2名。今回はいずれもキッズジャンププログラミングの生徒さんでした。

※ジュニアプログラミング検定については以前のブログをご覧ください。

2019年8月ジュニアプログラミング検定実施のお知らせ

 そして結果は・・・

2人とも合格!!おめでとうございます!!

 もちろん資格がすべてではありません。・・・が、やっぱり受かると嬉しいものですね!!生徒も保護者様も喜んでました!!それに検定に合格したことは、尺度の1つとしてある程度の能力の証明にはなりますよね。その人がどんな能力を持っているか判断する材料の1つになります。

 それと・・・私もこの検定を受けたのでわかるのですが、やはり試験特有の難しさがありました。プログラム作成以前に読解力が必要です!きちんと問題文を読み、理解することがいかに大切か!普段のレッスンでは生徒たちに割と自由にプログラムを作成してもらっているのですが、検定ではそうはいきません。事前に試験対策もしました!

 実際に現場で働いているプログラマーにとっても、設計書を読んでプログラムを作成するので、読解力は必須といわれています。

 

結論

 「検定に合格することがすべてではないけれど、やっぱり受かる(受かってくれる)とめっちゃ嬉しい。」

 

2回目の検定実施日はまだ未定ですが、決定次第告知したいと思います!

あえて工作キットは使わない!!『プログラミング×工作』〜自動ドア〜

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-09-10-13-49-51

 キッズジャンププログラミングの夏休み特別講座で、小学生が自動ドアを作成しました!!使ったものはmicro:bitとモーター、距離センサーです。その他の材料は全て100円ショップで調達。
 インターネットで公開されている自動ドアの動画を参考に作ったのですが、作り方の解説があるわけではなく、どんな動きをするかといった機能的な解説しかありませんでした。また、工作キットのように決められた材料・部品が全て準備されているわけではありません。動画をよく観察しながら作成していきますが、当然様々な問題が発生します。

  • 滑車がうまく回転してくれない
  • ドアが滑らかに動かない
  • ドアが外れてしまう ・・・などなど

 このような問題を解決するために、自分でどんな材料を使うべきか、どんな構造にすべきか考える必要があります。昔に比べ、必要な物が簡単に手に入り、なんでも揃っている今の時代において、これはとても大切なことだと思います。

 もちろん工作キットを使った方が見栄えも良く、早くできるかもしれません。しかし、説明書があって材料も全て揃っている状態で作品を作った場合と、今回のように観察して構造・材料・部品などを考えて試行錯誤しながら作った場合とでは、後者の方が得るものがはるかに大きいのではないでしょうか。

試行錯誤を経て完成した作品がこちら!!

※micro:bitって?

 micro:bit(マイクロビット)はプログラミングして操れる小さなコンピューターです。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信機能がついています。自動ドアでは、距離センサーにどのくらいの距離で物が近づいたら、モーターをどれだけ回転させるかをプログラミングしました。

これからのAO入試は小論文・面接だけでなく試験も課される??

1970c3373cedf5ae74cb5e33566cd118_s

 8月から大学のAO入試の出願受付が始まります。AO入試の実施校は日本の大学全体の75%を超えました。文部科学省の調査のよれば、国公私立大学のうちAO入試実施校は2015年度の534校から、2018年度は569校に増えたとのこと。また、国公立大学では2019年度は国立57校、公立31校となりともに過去最大です。AO入試実施校の増加は思考力や主体性を重視する入試改革の流れを受けているようです。

 AO入試のAOとは、アメリカの大学で入試を担当する「アドミッション・オフィス(入学事務室)」の略です。日本では慶応大学が1990年に導入したのが最初とされています。

「人物」+「学力」を求める大学

 AO入試では書類審査や面接、小論文などで能力や適性、意欲を総合的に評価して合否を判定します。しかし現在、意欲や適性といった「人物」を重視する選抜方法から、センター試験(大学入学共通テスト)や大学独自の試験を実施して「学力」も重視する大学が増えています。センター試験を課す大学は2015年度の3割から2018年度は4割になりました。意欲があり、学力もある、より優秀な学生を確保したい大学としては必然な流れでしょうか。

受験者も増えているAO入試

 AO入試実施校が増えているので受験者も増えるのは当然かもしれませんが、理由はそれだけではありません。受験生は一発勝負の一般入試ではなく、高校時代の成績や活動実績を多面的に評価するAO入試や推薦入試を受ける傾向が強まっているようです。また、各大学では入学生が一定割合を超えた場合、国の補助金(私学助成金)が全額カットされるため、定員を抑えるため有力私大などの一般入試の合格が難しくなっているという理由もあります。

まとめ

 一発勝負の筆記試験だけでなく、学力も人物も総合的に評価することは、大学側にとっても受験生側にとってもメリットのあることではないでしょうか。大学側にとっては一般入試に比べて手間がかかってきますが、長い目で見れば、より優秀な人材を獲得することは、大学の将来のブランド価値を高めることに繋がっていくことが考えられます。社会で活躍している人間が、どこの大学の出身かは気になってしまうものです。

 また、欧米の大学入試はAO型の選抜が主流だということです。イギリスのオックスフォード大学では論文や適性試験を貸して志願者を絞りこんだあと、教員による面接が最低2回はあるという力の入れようです。日本も一般入試に代わり、AO入試が主流になる日もそう遠くないかもしれません。

img_8773

(出典:読売新聞)

ボードゲームを使ったイベントを開催!大盛況でした!

21日日曜日は、弊社が開発したボードゲーム
を使い、小学生にビジネスを体感し、
学んでもらうイベントを行いました!

なんと、募集してわずか1週間で満席!!

当日も非常に楽しんで頂けました!!

小学生がパン屋になり、
保護者がお客さんという設定で、
実際にお金のやり取りを行い、
会計帳簿をつけたり、保護者の
欲しいものをマーケティングリサーチ
したりしました。

1回目はマーケティングリサーチ無し
で行うのであまり売れません。

2回目は、マーケティングリサーチを
行うので、売上が増え、利益も増えます。

ここで、相手の立場に立ってものを
考えることを学んでもらいたいと
思って設計しています。

さらに、お金のやり取りをしながら
会計帳簿をつけるので、売上、経費、
利益の感覚を身につけてもらいたい
と思っています。

また、帳簿と実際の現金残高が合わない
というパン屋も出てきます。
ここで、お金を大事に扱うことを
学んでもらいたいのです。

参加したお子さんからは、こんな
アンケートを頂きました!(^^)

・売れたり利益がでたら嬉しかった
・相手の立場に立って考えることが大事だと思った
・お父さんお母さんは一生懸命仕事してお金を稼いでくれているので感謝したいです

また、保護者の方からはこんなアンケートを頂きました!

・マーケティングの考え方が学べて良かった
・お金を大事に扱う子になりそう
・相手の立場に立って考える子になって欲しい
・こんな塾が近所にあれば通わせたい

ご参加の皆さま、ありがとうございました!

また、別の場所でもイベントやりたいと思います(^^)

いやあ〜〜

やってるこちらも非常に楽しかったです!!

画像に含まれている可能性があるもの:渡邊 賢司、スマイル、立ってる

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、立ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、電話

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

画像に含まれている可能性があるもの:1人

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

写真の説明はありません。

 

『会計とマーケティングが学べる ボードゲーム』開発しました!!

以前の小学高学年のレッスンは、

な、な、な、なんと、
私、渡邊が開発した、
『会計とマーケティングが学べる
ボードゲーム』を使いました。

小学生でもゲーム感覚で、
財務会計やマーケティングの考え方
を学んで欲しいということで、3か月かけて開発しました!

そして、その日のレッスンは、
お〜〜〜大盛り上がりでした!
♪───O(≧∇≦)O────♪

休憩もなしで、2時間ぶっ続けで、
レッスンしましたが、ものすごく
楽しんで、かつ集中してました!

生徒からは、こんな声を頂きました。

・マーケティングニーズって、こういう意味なんですね!
・相手のニーズを考えながら売上をあげるのって難しいけど楽しい!
・利益が出たらすごく嬉しい!
・このゲーム買いたい!
などなどです(^^)

こうやって楽しみながら身に付ける
には、ゲームを使ったゲーミフィケーション
が一番だなと思いました!

夏以降、このゲームでイベントを
開催していきたいと思います。

また、他にもビジネスが学べる
子供用ボードゲームを考えています
ので、そちらもどんどん開発して
いきたいと思います!

乞うご期待を!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

株式会社と証券市場について学ぼう

先日の小学高学年の授業は、
株式会社と証券市場について
でした。

金融庁が発行しているテキストを
みんなで読み合わせ、私が解説を
行い、自分の意見を書きました。

内容的に難しいきなと思いましたが、
意外にも、身近に感じてくれ、質問の
嵐で、こちらも答えるのに大変でした(笑)

企業とか株式とか、意外と興味も
持ってくれるもんだなとも感じました。

子供たちは、こういう社会に直結した
内容を学ぶと意外と積極的に質問して
くれて、一生懸命意見を言ったり、
書いたりしてくれます。

大人もそうですが、目的意識を持った
方が、興味をもったり積極的に行動
したりします。

こういう社会に身近なことにどんどん
興味を持ってもらい、目的意識を
早いうちから高めて欲しいですね!

それが学ぶモチベーションにつながる
のだと思っています。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。