こんにちは!渡邊です。

 

社会で必要な能力や考え方を育てる「オンリーワンスクール」ですが、

具体的にどうなのかということを今後発信していきたいと思います。

 

■━━━本日のテーマ━━━■

①分析力

■━━━━━━━━━━━━■

 

社会にでると、物事を具体的に考えていかないと行動に繋がりません。仕事でもそうです。

また、対処療法的な対応策をしていては、真の問題解決には繋がりません。本当の原因を追究することが重要です。

 

例えば、売上を上げる!という目標だけでは、具体的に何をしたら良いのか、分かりません。

 

具体的に考える場合に、方法として、“掘り下げて考える”と“分けて考える”があります。

 

分析という言葉を使ったりします。

 

掘り下げて考えるとは以下のようなプロセスです。

 

例えば、パン屋の売上を上げるためには?→来店客を増やす、そのためには?→チラシを配って来てもらう、そのためには?→来てもらいやすいチラシのデザインを考える、そのためには?スーパーのチラシやインターネットで参考になるチラシを探す.......など。

 

このように掘り下げて考えると、具体的な行動につながりますよね!

 

また、分けて考えるとは、以下のようなプロセスです。

 

パン屋の売上を上げるためには?

→1.来店客を増やす、そのためには?

→(1)チラシを配って来てもらう、そのためには?

→①来てもらいやすいデザインを考える

→②効率良く配るため、方法を比較する

→(2)SNSで宣伝して知ってもらう、そのためには?

→①SNSでこまめに投稿する

→②SNSの広告を利用する

→2.客単価を上げる

→(1)セット商品を売れるようにする、そのためには?

→①どのセットが売れやすいか傾向を見る

→②セット割引を行う

→(2)味を改良し、価格を上げる

→①どのような商品が好まれるのかリサーチする

→②より高品質な具材の商品を提供する

 

このように考えると、具体的な行動につながるとともに、さまざまな選択肢が出てきますよね!

 

後者は、ビジネスの世界では、ロジックツリー(ロジカルツリー)と呼ばれ、様々な分析に使われます。

 

■オンリーワンスクールでロジックツリーを使った実際のプリント例

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-11-29-16-36-27

 

また、ロジックツリーは、全体像を把握しながら、掘り下げて考えて行くので、対応策にモレやダブリがなくなります。そのため、見落としていた!というようなことが減ります。失敗が少なくなるのです。

 

オンリーワンスクールも、このようなフレームワークを使って、実際に分析していくということをやっていきます。

 

小学生のうちから、様々なテーマに対し、ロジックツリーなどのフレームワークを使うことによって深く考える方法を学ぶのです。また、小学校高学年ぐらいからは、政治・経済、社会のテーマについても、このような分析を行なっていきます。

 

 

12月以降も随時説明会を実施しています。

========================

オンリーワンスクール説明会へのご参加は下記より!

オンリーワンスクール

========================