ロボット・プログラミング学習キット『KOOV』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-12-11-11-52

ソニーグローバルエデュケーションが提供しているロボット・プログラミング学習キット『KOOV』先日、品川にあるSony本社に講習会に行ってきました。

img_6481img_6482

さすがソニー!!見た目もアプリケーションもすごい!!ということでキッズジャンププログラミングでは購入して近々体験会を開きます。ご期待ください。

そして、、キッズジャンププログラミングとオンリーワンスクールはただ今【入会金無料】キャンペーン中です!!4月14日まで。この機会をぜひお見逃しなく!!

1日であなたも子ども向けプログラミング講師に!!

〜生徒数70人超のスクールが惜しみなくノウハウを公開〜

自宅や公民館、学習塾などで子どもたちにプログラミングを教えたい方へ!!
プログラミング未経験でもスクールを開校・運営できます。

「プログラミング未経験でもできる?」
「どんな教材使えばいいの?」
「どこでやればいいの?」
「どうやって集客したらいいの?」

といった質問を1つ1つ解決していくとともに、プログラミングスクール開校のためのノウハウをご提供します。もちろんプログラミングも実践していただきます。さらに、ご希望であれば本講座受講後に本スクールのフランチャイズ加盟もご検討頂けます。

【対象】次のような方におすすめ
・自宅や公民館で近所の子供たちにプログラミングを教えたい!
・学習塾や英会話スクールを運営していてプログラミングも教えたい!
・プログラミングスクールを一から立ち上げたい!
・小学校で必修になるけど教え方が分からない!
・空いている時間を有効に使いたい!
※プログラミングスクール開校を決めている方のみを対象としていません。ご検討中の方でもお気軽にご受講いただけます。

【特典】
・キッズジャンププログラミングの教材を10種提供
・フランチャイズ加盟をお考えの方は加盟金30,000円OFF

【お申し込み方法】
下記、Peatixからお申し込みください。

4月5日(金)10:00-13:00 受講料 30,000円
http://ptix.at/CDkVCN

4月10日(水)10:00-13:00 受講料 30,000円
ZOOMによるオンライン講座
http://ptix.at/klitxY

4月14日(日)10:00-13:00 受講料 30,000円
http://ptix.at/8DfsSj

4月19日(金)10:00-13:00 受講料 30,000円
ZOOMによるオンライン講座
http://ptix.at/3Hvn7p

4月24日(水)10:00-13:00 受講料 30,000円
http://ptix.at/RmUPna

4月28日(日)10:00-13:00 受講料 30,000円
ZOOMによるオンライン講座
http://ptix.at/gY12eE

【その他講座のご案内】
<未経験者・初心者向け>自宅で子どもにプログラミングを教えたい人・簡単なプログラミングを学びたい人へ

初心者・未経験者でもご安心を。「プログラミングって何?」から実践を中心に、丁寧にご説明します。簡単だけど奥が深い。そんなプログラミングをぜひ体験してください。受講料3,000円

下記からお申し込みください。
・Peatix
https://kidsjumpprogramming.peatix.com
「開催予定イベント」の一番下にある「すべて見る」をクリックすると開催予定のイベントが表示されます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

 

小学校で導入されている「イエナプラン」とは?

92091f96ed7f22d93cf4ce4853c224e1_s

オランダで広まっている「イエナプラン」という教育が日本でも注目されています。公立小学校にも「イエナプラン」を取り入れる動きが広がっているようです。「イエナプラン」とはどういったものなのでしょうか。

 

イエナプランとは

イエナプラン(教育)とは、ドイツのイエナ大学の教育学教授が 1924年に同大学の実験校で創始した学校教育です。 子どもたちを『根幹(ファミリー)グループ』と呼ばれる異年齢のグループにしてクラスを編制したことに大きな特徴があります。現在、イエナプラン教育が最も盛んな国はオランダといわれています。

イエナプランの特徴

日本イエナプラン教育協会のWebサイトによると10の特徴が挙げられていました。以下に10の特徴とその一部を概要として抜粋してみました。

  1. リビングルームとしての教室
    • 教室をリビングルームとして捉える。
    • 教室を担当するグループリーダー(教員)がいる。
    • ひとつの教室には3学年の生徒が一緒になり「根幹(ファミリー)グループ」を作る。
  2. マルチエイジの根幹グループ
    • 3つの年齢のグループ(4-6歳、6-9歳、9-12歳)から構成される。
    • 3年間を同じ教室の同じグループリーダーの下で年少・年中・年長の三つの立場を経験しながらすごし、それを繰り返しながら小学校を卒業する。
  3. サークル対話
    • 教室での学習活動では、サークル対話(車座になって話し合う)という形式が繰り返し使われる。
    • サークルには、グループリーダーも加わり、子どもたちの対話のファシリテーターの役割を果たす。
  4. ワールドオリエンテーション
    • 理科・社会科の区別はなく、ワールドオリエンテーションという総合学習の形態を用いる。
    • 年間およそ8-9のテーマを決め、学校全体で同じテーマに取り組む。
  5. 循環する活動・科目によらない時間割
    • 科目ごとの時間割は作らない。
    • 基本的に、(サークル)対話-遊び-仕事(学習)-催し(行事や祝い)という4つのパターンの活動を循環させる時間割を作る。
  6. 静かな学びの場
    • 子どもが『静かに』黙考する機会を十分に持つことを強調している。
    • 答えのない問いと付き合う訓練となる。
  7. ペダゴジカル・シチュエーション(教育学的環境)
    • 教員や学校経営者の役割は、知識伝達ではなく、子どもが、自発的に学びたいという意欲を持つようになるための、専門的に考え抜かれた、環境づくり、ということが強調される。
  8. 真正性(オーセンティシティ)
    • 教員は、何でも知っている、常に教え、導く存在ではなく、子どもたちの中に共に加わった一人の個性を持った人=グループリーダーとして捉えられる。
    • できるだけ、本物に子どもが触れられるように学習環境を作る
  9. 学校職員のチームワーク
    • 学校の職員は、年間計画、月間計画、週間計画などを、全員で話し合い、学校の企画として作り上げていく。
    • 校長は、各教職員が、共同で話し合いをする際のファシリテーターの役割を果たすものである、という考え方をする。
  10. 保護者との協力的な態度
    • 子どもの教育は、学校と保護者との協力関係に基づいて行うもの、という考え方がある。
    • 保護者に対しては、常に、学校での状況をオープンに伝え、保護者の質問に対して率直に答える態度を重視する。また、教育活動の中に、保護者が参加することを勧める。

※より詳細を確認したい方は日本イエナプラン教育協会のWebサイト

まとめ

2019年4月には日本初のイエナプラン教育導入校である長野県の私立大日向小学校が開校が予定され、広島県福山市は2022年春に「イエナプラン教育校」開設を発表しました。文部科学省では異年齢の集団による学習をすすめています。既存の小学校がイエナプラン教育を導入することは難しいかもしれませんが、「異年齢との学習」を授業の一部に取り入れるための参考にはなるかと思われます。子どもたちの社会性向上の1つの方法として、イエナプラン教育のような「異年齢との学習」がさらに広まると良いですね。

 

img_6628

参考:読売新聞

文科省により小学校に「教科担任制」導入!!

9fd00eebffedbdb3f90c8dce276ac6fc_s

現在、小学校では全ての教科を学級担任が受け持つ「学級担任」、中学校からは教科・科目ごとに教師が異なる「教科担任」が一般的ですが、これからは小学校にも「教科担任制」が導入されそうです。

文部科学省による小学校「教科担任制」導入の推進

小学校への「教科担任制」の導入は文部科学省によるものです。現在、一部の小学校では既に導入しているようですが、これを契機に小学校の「教科担任制」は広まっていくことが考えられます。

推進の背景には2020年度から小学校で英語教科化、さらにプログラミング教育必修化などの専門的知識を持つ教員が必要になってくることが挙げられます。

img_6580

(参考:読売新聞)

対象は5・6年生

教科担任制は、授業内容が専門的になる5・6年生が主な対象となるそうで、2年程度かけて検討されるようです。合わせて中学校教員が小学校でも学級担任ができるような仕組みも検討されるとのこと。

期待される効果・懸念事項

期待される効果

  • 授業の質の向上
  • 教師の授業負担の軽減(長時間労働の改善)

考えられる懸念点

  • 教員が不足しているなか教員を多く確保しなければならない
  • 教員を多く確保するため財政的な課題がある

既に実践している小学校の成果と課題

兵庫県では2009年から「兵庫型教科担任制」と言う指導システムを導入しているようです。その成果と課題が兵庫県教育委員会のWebサイトに載っていたので抜粋します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-22-11-22-46

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-22-11-22-57

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-22-11-23-09

参考:兵庫県教育委員会Webサイト

まとめ

課題はあれど、兵庫県の例をみると生徒の学力向上、教員の学習指導の行いやすさ向上に効果があるようです。これから小学校の「教科担任制」の導入がどのように進んでいくのか、注目していきましょう。

 

ご案内

プログラミング無料体験のご案内

子ども向けプログラミング体験セミナーのご案内子どもにプログラミングを教えたい人・簡単なプログラミングを学びたい大人の方へ)

子ども向けプログラミングスクール開校セミナーのご案内(子ども向けプログラミングスクール開校をお考えの方・開校を悩んでいる方へ)

小学生対象:ゲームで楽しく学ぶビジネス思考(小学生対象に、ゲーム形式で楽しくビジネス思考を学ぶイベントです。マーケティングや売上・利益、イノベーションなど、仕事やお金について身近なケースを使って楽しみます。)

政府が進めるプログラミング教育推進月間とは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-20-11-25-16

文部科学省・総務省・経済産業省は2019年9月を「未来の学び プログラミング教育推進月間(通称:みらプロ)」と設定しました。みらプロの目的とは?、具体的な取り組みは?、2020年度小学校プログラミング必修化との関係とは?

みらプロとは?

みらプロの目的は2020年度からの小学校プログラミング教育の実施に向けて、各小学校でのプログラミング教育への取組を支援することです。

具体的には、多くの企業の協力によるプログラミング体験を含めた総合学習の時間の指導案(約35時間分)が用意されました。企業と連携し総合学習の時間において、企業の最先端の取り組みを知り、プログラミング体験で理解を深め、児童が各自の課題に探究的に取り組める活動を支援するためです。

企業訪問、講師派遣、教材提供の3パターンにより、協力企業が総合学習の時間の一部をサポートしてくれます。

  • 企業訪問

自動車工場や研究所、郵便局や物流センター、住宅展示場など様々な場所を訪問する事で、企業の最先端の取組を聞いたり、現場で働く人々に直接質問したりすることで、総合的な学習の時間における課題設定や情報収集をサポートします。

  • 講師派遣

全国の学校に派遣される講師が、総合的な学習の時間における課題設定や情報収集をサポートします。

  • 教材提供

総合的な学習の時間における課題設定や情報収集の一部として、各企業が制作した教材(動画、スライド等)を活用することで、最先端の取組を深く理解したり、最先端のものづくりに携わる人々の思いに触れることができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-20-11-25-16

参考:プログラミング教育推進月間Webサイト

名だたる協力企業

みらプロに協力する企業を一部あげますと

  • apple
  • ドコモ
  • グーグル
  • グーグル(YouTube)

などなど魅力的な会社がずらりと並んでいます。その他にも有名企業が数多く協力していますので是非下記リンクよりご覧ください。

文部科学省Webサイト

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-20-11-24-39

具体的に各企業がどんな取り組みをするのかも載っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-20-11-27-14

もしかしたらみなさんの小学校で実施されるかもしれませんね!!

子どもが取れるプログラミングの資格は役立つ?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-27-46

先日、「ジュニア・プログラミング検定 Scratch部門」のセミナーに参加してきました。ジュニアプログラミング検定とは子どもが取れるプログラミングの資格です。子どもでも受験できるプログラミング関連の資格の例を挙げてみますと

  1. ジュニアプログラミング検定 Scratch部門
  2. ロボット検定for WeDo 2.0 & for EV3
  3. 日商プログラミング検定(Entry)
  4. 情報システム検定
  5. Javaプログラミング能力認定試験
  6. 情報処理技術者試験
  7. C言語プログラミング能力認定試験
  8. VBAエキスパート

などなど他にもたくさんありそうですが、「子どもでも取得しやすい資格」であればおすすめは1〜3になるでしょうか。

 

ジュニア・プログラミング検定 Scratch部門

  • 対象年齢は特に指定なし
  • Scratchの実技試験
  • Gold(1級)2,900円、Silver(2級)2,700円、Bronze(3級)2,500円、Entry(4級)2,300円(すべて税込)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-27-46

ロボット検定 for WeDo 2.0 & for EV3

  • 小学1年生以上
  • LEGO社のWeDo2.0またはEV3を持参して筆記と実技の試験
  • for WeDo2.0は3級2,800円(税抜)、2級3,800円(税抜)
  • for EV3は3級3,150円、準2級3,650円、2級4,650円、準1級5,650円、1級6,650円(すべて税抜)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-27-27

日商プログラミング検定(Entry)

  • 年齢制限なし
  • 日本商工会議所が2019年より実施
  • Scratchに関連するプログラミングおよびプログラミング的思考を問う
  • インターネットを介した知識試験(実技ではない)
  • Entry3,000円(税抜き)
  • 他にもBASIC、STANDARD、EXPERTとあり、小学生にはやや難易度が高くなるが受験は可能

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-14-12-28-08

 

まとめ

プログラミングの2020年小学校必修化、中学校授業拡充、高校必修科、大学入学共通試験導入検討などなど、これから子ども向けのプログラミング関連の資格は認知度が上がり、受講者も増えていくことが予想されます。受験に有利になることや、就職に役立つこともあると思います。また、目標を決めたり、達成感を実感することで、子どものモチベーションアップにもつながります。プログラミングを習っているお子さんがいらっしゃる場合は、せっかくなので受験を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにキッズジャンププログラミングではジュニア・プログラミング検定の受験会場に登録予定です。受験希望の方はお気軽にお問い合わせください。

ロボット・プログラミング学習キット『KOOV』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-03-12-11-11-52

先日、品川にあるSony本社にて行われたロボット・プログラミング学習キット『KOOV』の講習会に参加してきました!!

img_6481

キッズジャンププログラミング入会金無料キャンペーン実施中!!体験会・説明会のお申し込みはこちら

KOOVとは

KOOVはソニーグローバルエデュケーションが提供する自由に遊んで直感的に学べるロボット・プログラミング学習キットです。公式サイトでは次のように紹介されています。

プログラミングができるロボットと言えばLEGOのWeDo2.0やMINDSTOMSが有名ですが、KOOVも同じようにブロックを組み立ててからプログラムを作って動かすことができます。

img_6482

写真は講習会で作った首振りミミズク

KOOVの特徴

講習会では4つの特徴を教えてもらいましたので紹介します。

  1. ジェンダーニュートラルなデザイン
    • 男の子にも女の子にも好かれるデザインでした。
  2. 直感的に理解できるプログラミング言語
    • 先に述べたLEGOの場合は横にプログラミングしていきますが、KOOVはScratchのように上から下にブロックを並べていくプログラミング方法でした。
  3. シンプルなパーツ
    • 7色7種類のブロックということシンプルでわかりやすいです。
  4. 生徒の学習に合わせて使えるアプリ
    • 今の所24コンテンツですが近々48コンテンツに増え、今後さらに増やしていくとのことです。
    • ブロックの組み立てを動画でしかも図を回転させてあらゆる角度から見ることができました。

実際に体験して感じたこと

KOOVは易しいことから難易度の高いことまで幅広く実現できそうだという印象を受けました。LEGOのMINDSTORMも素晴らしい教材なのですが、少し難易度が高いと感じていたので、KOOVを使って徐々に難易度の高いプログラミングに挑戦できたら、子どもたちも楽しくレベルアップできるのではないでしょうか。ソニーグローバルエデュケーションの方によるとゆくゆくはコードエディタにも対応していくとのおっしゃられていたので、さらに活用できそうです。

 

KOOV体験会

ということで私たちキッズジャンププログラミングではKOOVを購入することにしました!体験会も随時開催していきますのでご期待ください!!

そして・・・キッズジャンププログラミングは現在入会金無料キャンペーン実施中です!!キャンペーンは4月14日まで!!お見逃しなく!!体験会・説明会のお申し込みはこちら

フィンランドの学校は『休み時間』もすごい??

a16fa8369a0a4cea90e08e607f40201f_s

OECD(経済協力開発機構)が進めているPISAと呼ばれる国際的な学習到達度に関する調査があります。15歳児を対象に読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの三分野について、3年ごとに調査するものです。

この調査で常に上位にいるのが北欧の国・フィンランドです。どのような授業をしているのかと「授業」が気になりがちですが、フィンランドでは「休み時間」も工夫している学校があるようです。

休み時間を主導するムーバー

フィンランド・ヘルシンキ近郊のベイッコラ小中一貫校学校では、休み時間を主導する「ムーバー(運動させる係)」がいるそうです。

ムーバーとは

  • 生徒が務める
  • 志願制で7人程度
  • 孤立しがちな子や運動が苦手な子も楽しめるような遊びや運動を企画する
  • ボールや縄跳びの管理も任されている
  • 欲しい遊具について意見をまとめ、学校に伝えることもある

 

img_6434

(出典:読売新聞)

私は子どもの頃、休み時間はわき目も振らず自分勝手に遊んでいました。。時代は変わるのですね。

休み時間も子どもが主体性を持って活動できるように環境を整えているフィンランド。さすがです。日本でもこのような取り組みをする学校がそのうち出てくるのでしょうか。

 

フィンランドの教育については下記も是非参照ください。

スクール・オン・ザ・ムーブ(動く学校)

読書で学力向上!!特に算数!!

72adf43fce69607312117f074668ac99_s

ベネッセ総合教育研究所の調査によると、読書量が多いほど学力が上がる傾向が見られたそうです。全体的に「学力の低い層ほど成績の伸びが大きかった」と分析しています。

読書で学力が向上する

 1年4ヶ月という調査期間において、ベネッセの模擬テストの成績で、読書の冊数が「10冊以上」の子は、テストの平均偏差値が1.9ポイント上昇。「0冊」の子は0.7ポイント下がったそうです。国語・算数・理科・社会の中でも、特に算数の平均偏差値の上昇が目立っていたとのこと。問題の読解力や理解力が上昇していることが考えられます。

img_6391

(出典:読売新聞)

どうやって読書を習慣化させるか

 ではどうやって子どもが本を読む習慣を身につけさせるか。すぐに実践できるのは次の3つでしょうか。

  1. 本・新聞・雑誌などを目につく場所に置く
  2. 大人が本を読む姿を見せる
  3. 読み聞かせをする

 読み聞かせは子どもが小さいうちはできるかもしれませんが、ある程度育ってくると難しいかもしれません。この3つの中では特に2つ目が重要かと思われます。本を読んでいない人に「本を読め」と言われても説得力なしです。大人が何気なく読んでる姿を見せる。読書に没頭している姿を見せる。そうやって興味関心を持たせるのはどうでしょう。

 「そんなこと言っても我々大人も忙しく、なかなか時間が・・・」

 いきなり難しくて分厚い本は子どもも大人も抵抗があります。ということでまずは内容は簡単で量も少なめの本から始めるのはいかがでしょう。子どもでも読める本だと共通の話題ができ、意見や感想も言い合えます。

 読書が楽しくなって習慣化したら作戦成功です。子どもが楽しみながら学力を上げられる。親にとってこれ以上のことはありませんね。

マーケティング戦略を考える!!

小学5年生の生徒の
レッスンで、お店のチラシを
作ってもらいました。

みんなそれぞれ、自分の
好きなお店のチラシを
作りました。

私は大人向けに、
経営学を教える研修も
行っていますが、

顧客の立場で
マーケティング戦略を
考えるという講義内容を
子供用に行ってみたのです。

やってみて、分かったこと
は、意外と子供たちの方が、
スラスラとチラシを作ること
が出来ていました。

子供たちの方が
頭が柔らかいのか、
もし、自分がお客さん
だったら、という視点で、
どんどん書き込んでいました。

一方、大人向けの場合、
あれこれ考え過ぎて、
なかなか筆が進まない
ケースも多々あります。

小学生ぐらいの方が、
柔軟に物事を考えられる
素養を持っているのだなあ
とあらためて感じました。

いやあ、子供たちって
すごい!!(^^)

完成させた後、みんな、
家に飾る!と言って、
持って帰りました(^^)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。