大人も求められる読み・書き・話す!!

2020年の大学入試改革などの影響もあり、


「これからは子どもたちには読み、書き、話すといった言語力が特に重要です!!」


と何度もブログに書いてきましたが、今の大学生や大人はいかがでしょうか。
「読み」「書き」「話す」といった言語力は足りていますか?必要ありませんか?


読売新聞では新聞を活用して企業や大学でこれらの言語力を高める研修を展開しているそうです。



読売新聞社は、企業や大学で、「書く」「読む」「会話する」の三つの力を高める研修プロジェクト「新聞の力」を展開している。新聞を活用しながら、記者のスキルを伝えようというもので、正確に伝わる文章の書き方、効率の良い情報収集の方法など、ビジネスや勉強に役立つプログラムを、経験豊富なベテラン記者が講師となって提供する。新聞購読料のみで講師料や添削代がかからないのも特徴。最近は、理系・技術系の社員向け文章講座や、アスリート向けのキャリア教育といった要望が寄せられている。
(出典:読売新聞)

img_5434


記事ではこの研修を受けている会社が紹介されています。
この会社は社員の大半が技術職とのこと。同社社長は次のようにコメントしています。


「自分たちの専門の事柄を、お客様にもわかりやすい言葉で伝えなくてはならない。誤字脱字、おかしな文章がないのは必要最低限のこと」


文系社員も理系社員も関係なく言語力が必要だということです。


最近になって言語力が注目され、日本の教育界が力を入れつつありますが、今の大学生や我々大人は
従来の教育を受けてきたわけです。「読む」「書く」「話す」といった言語力はあまり鍛えてこなかったのではないでしょうか。


しかしながら、社会に出れば言語力は必須なわけですから、伸ばしていかなければなりません。最近は特に社会全体がコミュニケーションを重視してきているため、一層努力する必要があるかもしれません。


また、子どもを教育する上でも保護者の言語力が言うまでもなく重要です。

「教育といっても自分の言語力に自信が・・・」
「結構プレッシャーが・・」


という方は「教育」(教えて育てる)ではなく「共育」(共に育つ)と考えて行動してみてはいかがでしょう。



子どもに「市場(しじょう)って何?」と聞かれたら

もし子どもに次のようなことを聞かれたら説明できますか?


 「市場って何?」
 「AIって何?」
 「国会って何?」
 「選挙って何?」 etc...


なんとなく理解していても、実際に言葉で説明するとなると少し考えてしまいます。
子どもにわかりやすく説明するとなるとなおさらです。


そこで「子どもに聞かれたら答えられるようにしたいこと」として、毎回あるテーマについて簡単な解説を皆様にお伝えしていきたいと思います。子どもの質問対策に少しでも役立てれば嬉しく思います。


第一回目は「市場(しじょう)」です。

「市場」とは
「しじょう」または「いちば」と読みます。
毎日または定期的にものを売りたい人と買いたい人が集まって、取引(売買)が行われる場所のことです。


「しじょう」と「いちば」の違い
「しじょう」と読む場合、「いちば」よりも規模が大きいことを指します。
例)東京都の築地市場、世界規模の金融市場など


卸売市場とは
魚や肉、野菜、果物、花といった生鮮食品を扱う市場(しじょう)を「卸売市場」といいます。
日本では、法律にもとづいて、国の認可を受けた東京都のような自治体が運営しています。


中央卸売市場とは
都道府県や人口20万人以上の市などが、農林水産大臣の認可を受けて開設する卸売市場のことを言います。
2018年4月時点で、北海道から沖縄まで全国40都市に計64箇所が設置されています。
例)築地市場、豊洲市場、大田市場など


市場のしくみは
簡単に図で表すと以下になります。
子どもに説明するときは「出荷団体」や「集荷業者」は省いても良いかもしれません。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-02-9-50-29

卸売業者の重要性
卸売業者には生産物が集約されます。買う側は莫大な数の生産者からではなく、数社の卸売業者から品物を選んで買うことができます。


仲卸業者の重要性
せりでは仲卸業者が食材を評価して、価格を決めています。評価するには、食材の品質や鮮度を判断するのはもちろんのこと、常に変化する生産と消費量のトレンドも予め把握しておく必要があります。そうしないと、適正な価格で買い受けることができないからです。目利きのスキルとノウハウをもつ仲卸業者だからこそできる役割と言えます。

値段の決め方
「せり」で値段を決めます。
仲卸業者が欲しい品物に対して一斉に値段を付け合い、一番高い金額を示した人が品物を買い取ることができる仕組みです。


市場はなぜ必要か
東京都中央卸売市場のWebサイトでは市場の役割を以下のように説明しています。
  • 消費者に対する迅速で安定的な生鮮食料品等の提供
    都民生活の必需品である生鮮食料品等を安定的に提供する流通拠点です。
  • 生産者に対する確実で速やかな販路の提供
    日々生産される農水産物等を受け入れ、需要と供給に応じた適正な価格形成を行ったうえで様々な分野に分荷・販売し、その代金を生産者へ短期間で確実に還元します。
  • 小売業者等に対する取引の場の提供
    小売業者や飲食業者といった実需者が、多種多様な農水産物等をいつでも効率的に購入できる場です。

(出典:http://www.shijou.metro.tokyo.jp/about/useful/)

 

 

今回は「市場(しじょう)」について簡単に解説させていただきました。
ぜひ家庭教育で役立ててください。


また、「生産者から消費者に直接提供する場合のメリット・デメリット」について考えても面白いのではないでしょうか。

「ランドセルが重い」は甘えですか?

「ランドセルが重い」
「夏は教室が暑すぎる」


「甘ったれるな。我慢しろ。」
言ったこと、言われたこと、ありますか?



脱ゆとりで教科書ページ増 通学時の荷物 小学生にずっしり
 子供の通学時の荷物が重すぎて、健康面や安全面を不安視する声が広がっている。「脱ゆとり教育」で教科書のページ数が増えていることなどが背景にある。教材を学校に置いて帰る「置き勉」が一番の解決策だが、家庭学習との兼ね合いもあり、足並みがそろっていないのが実情だ。(出典:日本経済新聞)

img_5419

 

 

アメリカのカイロプラクティック協会のガイドラインでは、小・中学生の荷物は体重の10%以下を推奨しているそうです。
つまり、あまり重すぎると姿勢が崩れて健康に良くないということです。
<カイロプラクティックとは>
世界保健機関の定義では、「筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職である。治療法として手技による関節アジャストメントもしくは脊椎マニピュレーションを特徴とし、特にサブラクセーションに注目している」とされている。アメリカでは医学に準ずる療法であるとして、日々研究が続けられている。カイロプラクティックを学ぶ専門の大学があり4年間で4200時間(1000時間の臨床実習を含む)の学びの後、卒業時にDoctor of Chiropractic(D.C.)の学位が与えられる。また、アメリカでは、スポーツ選手の日々のケアにカイロプラクティックは欠かせないものとなっており、トップアスリートであれば専属のD.C.によるケアを受けている。

 

背骨の理想は、横から見ると背骨全体が「S」の字を描いている状態です。歩いているときなどに起こるからだの上下運動の衝撃を吸収し、脳へのダメージを防く役割を持っています。ところが、ランドセルが重いと腰椎のカーブが失われ真っすぐになったり、上体については鎖骨周りが縮こまったように固まり猫背姿勢になるそうです。


ランドセルが重い→姿勢の悪化(猫背、ストレートネックなど)→腰痛・肩こり・頭痛・脳への血流悪化


ランドセルが重いと健康面に悪影響があります。


最近の「暑さ」についてはどうでしょうか。



冷房 小中学校の設置率に地域差
 記録的な猛暑が続く今年の夏。7月には愛知県豊田市で小学1年生の男の子が熱中症で亡くなる事故があり、暑さ対策は命に関わる問題です。菅義偉官房長官は、小中学校へのエアコン設置に国が財政支援する考えを明らかにしています。しかし、学校での冷房の設置率は地域によって大きなばらつきがあります。(出典:朝日小学生新聞)

img_5421


悲しい事故ではありますが、事実を知っていただくため事故の概要を以下にまとめてみました。

 毎年恒例の虫捕りの校外学習で約1キロ離れた公園へ(学校によると、学校敷地内の気温は32度)
 途中で男児は「疲れた」と訴えたが、約20分の道のりを歩き続ける。
 公園は日陰が少なく、市内の気温は午前11時には33・4度まで上昇。
 最高35度以上が予想される「高温注意情報」が出されていることは学校も把握していた。
 「これまで校外学習で大きな問題は起きておらず、中止する判断はできなかった」(籔下隆校長)。
 公園で30分ほど虫捕りや遊具遊びをした後、学校に戻る途中、男児は再び「疲れた」と訴えた。
 午前11時半ごろ学校に戻る。
 教室にエアコンはなく、天井の扇風機4台を回した。学校が後に測ると室温は37度に上っていた。
 教室では担任が男児を見守っていたが、唇がみるみる紫色になり、午前11時50分ごろ意識を失った。
 まもなく病院に運ばれたが、午後0時56分に死亡が確認された。
 (参考:朝日新聞デジタル)



暑さは年々増しています。昔とは違うのです。


「ランドセル」「教室」について、本来の目的は何か考えてみましょう。


学ぶことです。


最適な環境を整えて効率的により多くのことを学ぶべきと考えるならば、
子どもの健康状態が良好であることは言うまでもありません。


「いやいやでも精神的に鍛えられるから。」


精神を鍛えたければ健康面に悪影響のない他の方法を探してみましょう。
瞑想、禅、マインドフルネスなど。


科学技術は進歩しています。
学校でのタブレット導入、エアコンの設置、最近では立ち机(スタンディングデスク)を導入する小学校もあるそうです。


img_5420
(出典:朝日小学生新聞)



スポーツで例えると「とにかく走れ」「練習中は水を飲むな」の時代は終わりました。
今は「データ活用」「考えて動く」「パフォーマンス維持のために計画的に水分・栄養補給」などです。


社会の変化を受け入れ、本来の目的を達成するための最適な手段を常に探していきましょう。

子供向けおすすめプログラミング教材3選!!

プログラミング教材っていっぱいあって何がいいのか分からないとお悩みの方に、おすすめのプログラミング教材を3つご紹介します!!



①Viscuit(ビスケット)
国産の子供向けプログラミング言語・環境です。
プログラミングに文字を必要とせず、自分で描いた図や絵を動かして年中さんから楽しく直感的に学べます。



「めがね」の左右に絵を入れてプログラミングします


文字を一切使わないでプログラミングを行うため、「幼児向け」とか「ただのお絵かき」と思われるかもしれませんが、複雑なプログラムを作成する場合は逆に文字を使えないことが難易度を上げることになります。複雑なプログラムになればなるほど、文字を使えないので、頭の中のイメージしながらプログラムを組み立てていかなければなりません。このことを踏まえると、viscuitは子どもから大人まで幅広く学べる教材です。


ゲーム、タイマー、アート、計算機、シミュレーションなど、アイデア次第でいろいろなことができ、新しい方法を「発見」する楽しみもあります。

  対応端末:PC, iPhone,iPad, Android, Kindle Fire
  対象年齢:4歳〜大人
  作れるもの:ゲーム、タイマー、アート作品、シミュレーター、計算機、メッセージカードなど



②Scratch Jr(スクラッチジュニア)
アメリカのMITメディアラボが開発したプログラミング言語Scratchをより小さい子でも学べるようにしたものです。
Scratch同様、プログラムのブロックを順番にならべて絵を動かします。
オフィシャルサイトでは、対象年齢は5歳-7歳となっていますが、用意されているブロックはかなり高度なものも多いため、小学3-4年生ぐらいでも結構頭を悩ませたりすることも。自由に使いこなせるレベルだと小学5-6年生ぐらいだという印象です。





低学年は自分の声を録音して楽しむのがおすすめです。物語作りが好きな子の想像力が広がります。

 対応端末:PC,iPad, Android(7インチ以上のタブレットのみ), Kindle Fire
 対象年齢:5歳〜小学6年生
 作れるもの:物語、メッセージカード、ゲームなど


③アルゴロジック
一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)が開発したアルゴリズムを考えるゲームです。
「移動」「方向転換」「繰り返し」といったブロックを組み合わせてロボットを動かすプログラムを作り、ロボットに旗を回収させたり、図を描いたりさせる問題が出題されます。

アルゴロジックのサイト
https://home.jeita.or.jp/is/highschool/algo/


まずは子どもでもできる簡単な問題から出題されますが、だんだんとレベルが上がっていくと大人でも解くのが難しくなってきます。
というのは、使えるブロックの数が決まっており、ダラダラ長いコードを書いても問題を解けないのです。


指定されたブロック数でコードを完成させるために非常に頭を使います。まさにプログラミング思考を鍛えるのにうってつけの教材。中学生〜高校生にちょうどいい教材です。

 対応端末:Flash PlayerがインストールされているPC
 対象年齢:中学生〜大人
 作れるもの:なし



まとめ
プログラミング教材といえばScratchが定番と思われるかもしれませんが、たくさんブロックが用意されているScratchよりも、できることの制約がある教材の方が身につく力もありそうです。
これらの教材で、ご家庭でお子さんと一緒にプログラミングを楽しんでみてください!!

家でもできる「STEAM教育」教材 おすすめ4選

「STEAM教育」??
「STEM教育(ステムきょういく)」じゃなくて??


と思われる方もいらっしゃるかと思います。
STEMとは以下の英語の頭文字をとっています。


・Science:科学
・Technology:技術
・Engineering:工学
・Mathematics:数学


「STEM教育」とは科学技術開発の競争力向上という観点から、教育政策や学校カリキュラムを論じるときに言及されることが多い考え方です。


ITやAIの技術進化が目覚ましい現代ではとても重要な教育となります。
IT人材不足と騒がれている日本では特に必要ではないでしょうか。


これにArt(芸術)を加えたものが「STEAM教育(スティーム教育」です。
美意識やデザインの重要性については以下のブログで紹介していますので是非ご覧ください。
世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?
子供にデザイン力を!!


つまり要点をいうと、Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、Mathematics(数学)、 Art(芸術)を小さいうちからしっかり学びましょうという考え方です。


少し難しい印象を受けるかもしれませんが、
ご家庭でも取り組むことができます。


今回は家庭でもできるお手軽STEM教材をご紹介します。


(1)電脳サーキット
幅広い年齢の子どもたちが食いつくのがこちらの「電脳サーキット」。スナップボタンでパチパチと回路を繋いでいろいろな実験が楽しめます。日本語の実験ガイドが付いているので、ガイドの通りに組み立てるだけで簡単。5歳ぐらいなら実験ガイドを一人で見ながら組み立て可能です。


やんちゃボーイたちが大好きなのが、プロペラ飛ばし。モーターを回転させると、プロペラがふわっと浮き上がります。キャッチしたり、どこまで高く飛ばせるか競い合ったり・・・とこれだけで時間が過ぎることも。


まずは基本の100セットがおすすめです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00DW3MQUY


慣れてきたら、カラフルなLEDライトが輝くイルミナを
https://www.amazon.co.jp/dp/B01N9B7VF2/


397bc933-2dd7-4746-98e2-4d8b6e8c069d


ただし、小さいお子さんには大人の付き添いが必要です。電池・電気は本来危険なもの。配線を間違えればショートします。危険なことをしっかり説明することもお忘れなく。

・対象年齢(メーカー推奨):8歳以上
・身につく力:観察力、論理力、想像力、問題発見力


(2)鉄板のレゴ
レゴがSTEM教育なの?思う方もいらっしゃるかもしれませんが、立派なSTEM教材です。


 75a9a326-bafa-4826-b17f-35892664c6b2


数学を研究している東大生がおっしゃっていました。「レゴで遊んでいたやつらは、図形問題や立体問題が得意だった。自分はレゴを買ってもらえなかったから図形が苦手だった」と。 レゴをやっていると空間認識能力が高まったり、ボツボツを数えることで量感(数量を直感的に把握する力)が育つようです。

・対象年齢(メーカー推奨):シリーズによって異なります
・身につく力:空間認識脳力、想像力、量的感覚


(3)ストローと輪ゴムで正20面体作り
ご家庭にある材料をつかってもSTEAM教材は作れます。
ストローと輪ゴムで正20面体作りです。
ストローには輪ゴムを通せるよう切れ込みを入れておき、まずは大人がお手本を作っておきます。
次に子ども達にお手本を見せて、どういう規則で立体ができているか法則を見つけてもらいましょう。(正三角形が5個隣り合っている法則があります)
この法則さえ見つけられれば、あとは法則通りに組み合わせていくだけですが、正確に作業する力と集中力が必要です。

72cad7aa-c1cb-436b-a5e8-083cc0d67453


・対象年齢(目安):小学校3年生以上ー図形苦手な大人
・身につく力:空間認識脳力、分析力、やり抜く力


ストローと輪ゴムを準備するのが面倒な人はwammyで挑戦してみましょう!
https://www.amazon.co.jp/dp/B003Q3JPS6/


(4)素数糸掛け
シュタイナー教育の教材でもある「素数糸掛け」。その美しさから「糸掛け曼荼羅」という名前でワークショップがあちこち開催されているようです。
※シュタイナー教育とは・・・知性だけでない子どもの心や体、精神性をも含めた全人教育を目指している教育

dad1fd89-9656-4144-a89d-59c8e7c2e7cf


作業は単純ですが根気がいります。

(1)板に円を描き、64本均等に釘を打つ。
(2)スタート地点を決める。スタート地点は「0」。「0」に1本目の糸を結ぶ。
(3)0をスタート地点にして釘を数える。31のところに糸を引っ掛ける。
   引っ掛けたところを起点「0」とし、また31をかける を64回(釘の数だけ)繰り返す。
  →糸が全部の釘にかかり、最初の「0」の釘に戻ってきたら1本目の糸は終了です。


2本目の糸は「29」、3本目は「23」と素数を減らしながら糸をかけていきます。
すると徐々に板に美しい幾何学模様が出来上がってきます。
素数を64回も数えますので、素数を覚えられることはもちろん。数学の美しさに目覚めます。


・対象年齢(目安):小学校3年生以上(釘64本の場合) ※釘の本数を減らす方法もあります
・身につく力:集中力、分析力、色彩感覚、やり抜く力

Scratch(プログラミングソフト)などで糸掛けシミュレーターを作るのに挑戦してみると、プログラミングにもつながりますね。


また、以下のテーマで発展研究ができますよ。

 ・素数以外の数で糸をかけたら?
 ・釘の数を変えてみたら?


■まとめ
ロボット、コンピュータ、IoT機器や実験器具を使うだけがSTEAM教育ではありません。板や釘、ストローに輪ゴムなど身近なもので数学に触れることができます。お子様の年齢と興味関心に合わせていろいろな教材を試してみてください。

 

テストや中学入試に役立つ『要約する力』とその原則とは?

中学入試では、筆者の言いたいことをまとめる形の問題がよく出るそうです。
そこで必要になってくるのは約する力」です。


この「要約する力」は学校のテストや入試に限らず、
社会生活や仕事など、大人になっても常に求められるものではないでしょうか。


子どものうちから身につけ、磨き上げていきたい能力の一つです。
しかし、「要約しなさい」と言われても「大事なところをまとめればいいのか」と、漠然とした捉え方をしてしまいがちです。


そんなとき、次のような「要約の原則」というものを頭に入れておくと良いのではないでしょうか。


要約の原則
 一、「です」「ます」は「だ」「である」に
 二、主語・述語を残す(場所、時は必要に応じて残す)
 三、比喩などの「たとえ」は外す
 四、「理由」「具体例」は省ける
 五、意味が通じるかどうか、で残す言葉を判断

img_5317
(出典:朝日小学生新聞)


加えて、要約する力を高める練習も朝日小学生新聞で紹介されていました。
練習には2段階あるそうです。
 第一段階・・・一つの文を要約する
 第二段階・・・文や段落の数を増やし、要約する範囲を文章全体に広げていく


要約する力を高めるということは、文章を正確に理解することができるということです。つまり国語力が高まるわけです。


国語力は最も重要な学力の1つです。
算数でも、問題を解く前に問題文が理解できないといったケースも多く、「国語力を高めたら算数の成績も上がった」という声も聞かれるほどです。


国語力が高まると、要約問題に限らず、また、国語に限らず、算数・理科・社会などといった全般的な成績の向上が期待できます。


そして、自分の意見を整理して話す・書くといったことにも役に立つでしょう。自分の意見をうまくアウトプットできれば、主体性や積極性の向上にもつながるかもしれません。


論理的思考力、コミュニケーション力といった言葉が注目されていますが、「要約する力」というアプローチで国語力を伸ばすのも面白いのではないでしょうか。

技術の進化は人間の退化へつながる?

テレビで取り上げられたこともある日本酒、
山口県・旭酒造の純米大吟醸酒「獺祭」
居酒屋で見る機会も多いかと思います。
この「獺祭」の醸造工程に試験的にAIを導入するそうです。


日本酒造りもAIで
人工知能(AI)を酒造りの世界でも活用しようという動きが広がっている。杜氏(とうじ)らの経験がものを言う「職人技」のイメージが強い酒造りだが、長年の手技をデータとしてAIに学ばせ、品質の高い酒を目指すという。

img_5313
(出典:読売新聞)


日本酒造りの流れは次の通り。
 1.精米
 2.洗米
 3.蒸す
 4.こうじをつくって投入(もろみの状態)
 5.発酵(35日ほど)
 6.しぼる
 7.瓶詰め


今回AIを使った実証実験を行ったのは「5.発酵」です。緻密な温度管理や加水調整が必要で、過去の膨大な管理記録や職人の感覚が頼りになるそうです。実証実験ではAIにあらかじめ過去のデータを学習させ、条件を入力すると今後の状態を予測し、温度調節や水を加える量、タイミングなどをアドバイスしてくれるとのこと。


残念ながら実証実験は「6.しぼる」の工程を予定していた当日、西日本豪雨で被災し、味の評価ができなかったそうです。しかし、旭酒造では「5.発酵」以外の工程でもAIの導入を検討しているようです。

また、飲料大手・キリンは昨年夏から、ビールの新商品開発にかかる期間を短縮しようと、AIの開発を始めているとのこと。


生産の現場ではAIの普及は加速してくことが予想されます。消費者にとっては品質の安定した美味しい商品や、新商品が色々と楽しめるのはとてもありがたいことです。

一方で、こんな不安を持ったことはありませんか?

「技術に頼りすぎて人間が退化する。」


ここでいう技術とはAIやIT、ロボット、機械などです。
先ほどの日本酒造りを例にすると、「AIによる酒造りが成功すれば、職人の長年の経験と感覚が従来より必要なくなってくるのでは?職人自体も少なってくるのでは?」と考えてしまいます。つまり、人間の能力が衰えていくのではないでしょうか。


日本酒造りに限ったことではありません。
身近にある技術の進化を単純に便利だと思って利用している我々ですが、時間短縮のために作業を任せたり、人間にできない、または足りない能力を肩代わりしてもらっているわけです。このような事実を把握し、「技術進化」とうまく付き合っていくべきではないでしょうか。

身近な技術の例
・ナビゲーション
・自動ブレーキ
・自動運転
・自動翻訳
・教育AI(学校でデータを収集し生徒の苦手分野を指導)
・AI搭載ロボットによる面接
・AI融資
 etc


ナビゲーションがなくても目的地に着けますか?
停電が起きた時、適切に行動できますか?


物事を多面的にみることはとても重要です。
技術の進化について、様々な視点から考えてみてください。
人間にしかできないこと、能力の開発にも目を向けていきたいものです。

手始めに、たまにはスマホを置いて遠出してみてはいかがでしょう。

 

芸能人も挑戦するビブリオバトルって?

皆さんは『ビブリオバトル』をご存知でしょうか。


ビブリオバトルとは、誰でも(小学生から大人まで)開催できる本の紹介コミュニケーションゲームです。小中高校,大学,一般企業の研修・勉強会,図書館,書店,サークル,カフェ,家族の団欒などで広く活用され、「人を通して本を知る.本を通して人を知る」をキャッチコピーに日本全国に広がっています。また、活字文字推進会議により毎年、大学生、高校生、中学生の全国大会も開催されています。


公式Webサイトによるとビブリオバトルの公式ルールは以下となります。


ビブリオバトル公式ルール
 1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
 2.順番に一人5分間で本を紹介する.
 3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
 4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.
知的書評合戦 ビブリオバトル 公式Webサイト より)

準備するのは本とカウントダウンタイマーのみで、レジュメ準備はなし、パワーポイントも使用しないで生の語りで紹介していくそうです。


「レジュメもパワポもなしで発表するなんてなんだかレベルが高そう・・・」と思ってしまいますが、どこかの大会にいきなり出るわけではありません。レジュメもパワーポイントも用意しなくてもいいのであれば、むしろ気楽に楽しめるのではないでしょうか。


まずは家庭や友達同士の会話から始めても良いかと思います。
「最近なんか本読んだ?」
「その本おもしろかった?」
「どんな内容?」


こんな風に聞いて勝手に相手をビブリオバトルに参加させてしまいましょう。もちろん自分も本を紹介してビブリオバトル成立。いきなり「発表してディスカッションして投票しよう」というよりはだいぶ敷居が低くなると思います。


お子さんがいる方は、「子どもがそもそも本を読まない。」という状況もあるかと思いますが、強制ではなく自発的に本を読む習慣がつく環境になっているでしょうか。「家に本がたくさんあるか」「本を読み聞かせているか」「本を読む人(親御さん自身を含め)が周りにいるか」などを気にしてみてはいかがでしょうか。もし、読書にもつイメージが「読書感想文を書かなくちゃいけない」というマイナスイメージを持っているのであれば、「情報が入ってくることが楽しい」といったプラスイメージに転換できると良いですね。


ゲーム感覚で楽しめるビブリオバトルが広まれば、日本人の読書時間も増えるかもしれません。
読書時間が増えると読解力や論理的思考力といった能力の向上が考えられます。さらにビブリオバトルを行えば、コミュニケーション能力人前で発表する力が伸びるので、受験に限らず仕事や実社会で生きる力が身につきそうですね。


芸能人もビブリオバトルに挑戦するそうです。ビブリオバトルがさらに広まるきっかけになるかもしれません。


知的書評ゲーム ビブリオバトル☆スター決戦
 各界の読書好きがオススメの本を紹介する「ビブリオバトル☆スター決戦」(主催・読書新聞社、共催・紀伊国屋書店)が11月19日、東京・新宿で開催される。若者を中心に人気のある書評ゲームに、スターが挑戦する異色のイベントだ。

img_7573
(出典:読売新聞)

教育と収入・日本経済の関係とは?

教育(学力)と収入の関係については以前ブログで紹介しました。「高収入なら学力続く」という記事をとりあげたブログです。
親の年収や学歴が高い家庭の子供ほど学力が高い傾向が続いているというデータがあり、遺伝的要因も考えられますが、塾や習い事などにお金を使うことができることも1つの理由と考えられます。(詳細は「家庭の年収と子供の学力は関係ある?」を参照)


裏を返せば「学力が高いほど高収入につながる」ということです。
つまり、大きな視点を持ってみると、「日本の教育が良くなれば、日本経済も良くなる」と考えられるわけです。しかし、日本(国)が教育にかけるお金は、国内総生産(GDP)の順位の割には、他国と比べると低いようです。


公的教育支出、日本は最低
 経済協力開発機構(OECD)は11日、小学校から大学までに相当する教育機関に対する公的支出状況などを調査した結果を公表した。2015年の加盟各国の国内総生産(GDP)に占める支出割合を見ると、日本は2.9%となり、比較可能な33カ国中で前年に続き最も低かった。OECD平均は4.2%。
 一方で、日本の子供にかかる学校関連の費用の総額は、小学校から大学までで1人あたり1万2120ドルとなり、各国平均の1万391ドルを上回った。教育費が比較的高いのに公的支出の割合は少ないことで、家庭負担に頼っている現状が浮かんだ。

経済協力開発機構(OECD)・・・、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関。
国内総生産(GDP)・・・経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の一指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する。

img_6625
(出典:日本経済新聞)

そもそもOECDは経済に関して協議をすることを目的としているのに、今回のように国の公的教育支出の調査や、学習到達度調査(PISA)などの教育に関する調査も行なっているのはなぜでしょう。それは、経済成長のためには教育がとても重要だと考えられているからではないでしょうか。


記事にある通り、日本の公的教育支出は比較可能国のうち最下位の2.9%です。
しかしGDPのランキングはどうでしょう。

2015年 名目GDPランキング
順位 名称 単位: 10億USドル
1位   アメリカ 18,120.70
2位   中国 11,226.19
3位   日本 4,394.98
4位   ドイツ 3,377.31
5位   イギリス 2,886.21
6位   フランス 2,434.79
7位   インド 2,102.39
8位   イタリア 1,833.79
9位   ブラジル 1,799.71
10位   カナダ 1,559.62
11位   韓国 1,382.76
13位   オーストラリア 1,232.92
23位   スウェーデン 497.92
26位   ベルギー 455.43
28位   ノルウェー 386.66
45位   フィンランド 232.58
112位   アイスランド 16.94
 
2017年 名目GDPランキング
順位 名称 単位: 10億USドル
1位   アメリカ 19,390.60
2位   中国 12,014.61
3位   日本 4,872.14
4位   ドイツ 3,684.82
5位   イギリス 2,624.53
6位   インド 2,611.01
7位   フランス 2,583.56
8位   ブラジル 2,054.97
9位   イタリア 1,937.89
10位   カナダ 1,652.41
11位   韓国 1,538.03
13位   オーストラリア 1,379.55
23位   スウェーデン 538.58
25位   ベルギー 494.73
29位   ノルウェー 396.46
44位   フィンランド 253.24
105位   アイスランド 23.91
(出典:IMF(国際通貨基金))

2015年も2017年も3位を維持しています。
これだけ見ると
「教育と経済はそんなに関係なさそう」
「国がかける教育費はこのままで良いのでは?」
と考えてしまいます。

しかし、1人あたりの国内総生産(GDP)はどうでしょう。
(一人当たりのGDP = GDP ÷ 人口)

2015年 1人あたりの名目GDP
順位 名称 単位: USドル
1位   ルクセンブルク 102,688.40
2位   スイス 82,447.81
3位   ノルウェー 74,280.67
4位   マカオ 70,132.04
5位   カタール 67,537.19
6位   アイルランド 62,356.88
7位   アメリカ 56,411.37
8位   シンガポール 54,939.86
9位   デンマーク 53,235.65
10位   オーストラリア 51,344.15
11位   アイスランド 50,949.70
12位   スウェーデン 50,544.84
15位   イギリス 44,328.18
17位   カナダ 43,559.73
18位   フィンランド 42,505.91
20位   ドイツ 41,344.65
21位   ベルギー 40,528.52
22位   フランス 37,865.57
26位   日本 34,612.25
29位   イタリア 30,163.23
30位   韓国 27,105.08
73位   ブラジル 8,801.80
75位   中国 8,166.76
145位   インド 1,638.76

 

2017年 1人あたりの名目GDP
順位 名称 単位: USドル
1位   ルクセンブルク 105,803.13
2位   スイス 80,590.91
3位   マカオ 77,451.29
4位   ノルウェー 74,940.62
5位   アイルランド 70,638.26
6位   アイスランド 70,332.19
7位   カタール 60,804.26
8位   アメリカ 59,501.11
9位   シンガポール 57,713.34
10位   デンマーク 56,444.10
11位   オーストラリア 55,707.28
12位   スウェーデン 53,217.63
17位   フィンランド 46,016.74
18位   カナダ 45,077.39
19位   ドイツ 44,549.69
20位   ベルギー 43,582.17
23位   フランス 39,869.08
24位   イギリス 39,734.59
25位   日本 38,439.52
27位   イタリア 31,984.01
29位   韓国 29,891.26
68位   ブラジル 9,894.93
74位   中国 8,643.11
142位   インド 1,982.70

(出典:IMF(国際通貨基金))

いかがでしょうか。GDPでは世界3位であるにも関わらず、1人あたりになると公的教育支出比較国のうち下から3番目です。


このデータを見れば「教育と経済には関係がある」と考えられないでしょうか。

学校教育を変える「エドテック」とは??

「エドテック」(EdTech)という言葉をご存じでしょうか。
Education(教育)とTechnology(技術)を組み合わせた造語で、教育とIT(情報技術)の融合でその分野に革新を起こそうという取り組みです。例えばオンライン講座はエドテックのうちの1つです。


この分野で、学習塾や予備校などは進んでいますが、日本の学校教育は出遅れているようです。学習指導要領で縛られ、新技術の活用を阻んできたことが原因とされています。しかしながら今後、新技術の誕生と学校教育での活用は加速していきそうです。


次世代担う人材を「エドテック」で
 身の回りのデータ利用が広がるなか、教育が様変わりしている。オンライン講座など学びの機会が飛躍的に増え、ビッグデータを生かして効率的に教える手法の開発も進む。教育と技術が融合した「エドテック」が牽引だ。

img_7981
(出典:日本経済新聞)


エドテックの導入で学校や教師の役割が変わってきます。
知識の習得はネットで行い、討論などで思考力を培うことは教室で行うということです。
教師はファシリテーターとしてサポート役となることが多くなるでしょう。
(ファシリテーターとは・・・例えば討論を行う場合、進行やセッティングなどは担当するが、討論に自分の意見をすることはしない。)
これにより生徒たちは主体性を持って行動することが期待できます。


さらに、文部科学省も動き出しています。



教育AIで個別指導
文部科学省は来年度から、人工知能(AI)などの最先端技術を教育に生かす、「EdTech(エドテック)」の実証実験に乗り出す。子供たちがどんな問題でつまずくかといったデータをAIで解析し、一人ひとりに合った指導法につなげる狙いがある。

img_5973
(出典:読売新聞)

現状の学校教育では、その子の苦手分野の宿題を個別に出すといった指導は難しいと考えられます。しかし、この実証実験が成功し、教育の現場でAIの活用が普及すれば、学校教育できめ細かい個別指導が実現することが期待できます。


エドテックの導入により以下のような問題が解決できるのではないでしょうか。
 ・学校の授業についていけない
 ・既に理解している事を宿題に出される
 ・教師の長時間労働
 など


文部科学省は実験で「一人ひとりの学びの最適化」以外にも、「いじめなどの早期発見」「ベテラン教員の指導力分析」「教職員と保護者の負担軽減」についてもエドテックを活用できるか探るそうです。


エドテックの導入により、日本の教育はより良いものになっていきそうですね!!