「負けたら終わり」どう捉えますか?

100回目を迎える全国高校野球選手権記念大会が8月5日、阪神甲子園球場で開幕しました。


始球式を務めたのは「ゴジラ」の愛称で親しまれた松井秀喜さん。
松井秀喜さんは春夏合わせて計4回甲子園に出場し、1992年に巨人に入団、2003年にはメジャーリーグヤンキースに移籍し、その活躍から2013年には国民栄誉賞を受賞しています。


そんな松井秀喜さんが、朝日小学生新聞でインタビューに答えていました。

img_5096

(出典:朝日小学生新聞)

 

松井さんは「一番の思い出は?」という質問に対し以下のように答えています。(一部抜粋)

プロと違い、高校野球には「負けたら終わり」という中でしか出ない熱さがあります。仲間とともに濃い時間を過ごし、全員が熱量を持って野球をできたことは、今でもかけがえのない思い出です。
(出典:朝日小学生新聞)


「負けたら終わり」という言葉を、私は近頃素直に受け止めていなかったので、改めて考えさせられました。というのも、「プラス思考で物事を考えた方が、仕事もプライベートもうまくいく」という考え方に安易に染まっていたからです。
「人生は続く。負けても(失敗しても)次がある。経験を次に生かせばいいんだ。」と考るようになりました。


もちろん、プラス思考は大切な考え方だと思います。負けや失敗から何を学び、どのように次に生かすかが重要であるということは、皆様もご認識の通りです。
次のような有名な言葉もあります。

人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。
A man is not finished when he is defeated.  He is finished when he quits.
リチャード M ニクソン(Richard M Nixon)アメリカ第37代大統領(1969-1974)


しかし、「2018年 夏の甲子園」は2度とありません。
「負けたら終わり」であることは事実です。


高校野球に限らず、その他スポーツの大会、コンテスト、発表会、テスト、受験、プロジェクト、厳密にいえばあらゆる物事に2度目はない。時間を代表として何かしら条件が変わっています。


ここで考えさせられることは、「負けたら終わり」そのくらいの気持ちを持って日々、物事に取り組んでいるのかということです。安易にプラス思考を取り入れると、手を抜いて行動してしまいがちではないでしょうか。


もちろん、甲子園に対する特別な思いもあると思いますが、松井さんの言うような熱量をもって物事に取り組める理由は、「高校生」という枠があるせいでしょうか。
みなさんも十代の頃を思い出し、「なぜあんなに熱くなれたのか」と振り返り、「今の自分」と比較しみるのも良いかも知れません。

以下、「もし高校野球の監督になったらどんなチームを作るか」という質問に対する松井さんの回答です。(一部抜粋)

勝つことはもちろん大切ですが、高校野球という枠の中では社会に出て役立つ土台を築かせてあげたいです。高校野球で頑張ったからこそ今がんばれる。そういう気持ちを持てる人を育てて行きたいです。
(出典:朝日小学生新聞)


大きな熱量を持って取り組んだのであれば、どのような結果になろうとも、松井さんの言うような社会に出て役立つ土台を築くための何かを、得ることができるのではないでしょうか。
そして、物事に真剣に取り組む姿勢を身につけた上で、プラス思考を取り入れることが重要だと考えます。

リベラルアーツが大事!!

こんにちは。渡邊です。

 

先日、ボーク重子さんの講演で感じたことを書きましたが、今回は第二弾です。

先日の内容はこちらから↓

http://iot-makers.co.jp/blog/?p=1144

 

前回はパッションが大事という内容でしたが、

今回は、目標設定とコミュニケーションです。

 

ボーク重子さん曰く、

「ゴール設定して確実に目標にたどり着くことは、一種の能力だ!!」と。つまり、PDCA(※)を回して、夢や目標にたどり着くという能力は、教育することが可能ということです。

 

(※)PDCAとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返すことによって、目標に対する行動を改善していく手法です。

 

ちなみに、現在、アメリカのメジャーリーグで活躍中の大谷選手(野球選手)も高校生の頃から、プロ野球で活躍するために、目標設定・実行の仕組み、すなわちPDCAサイクルを回すためのマンダラチャートというツールを使っていました。そして、あの大活躍です!!

 %e5%a4%a7%e8%b0%b7%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a9

 

 

ボーク重子さんは、その中でも、夢や目標設定をすることが非常に重要だと仰っていました。娘さんのスカイさんも、日本とアメリカの高校生は、大きな違いはないと言っていました。ただし、アメリカの大学は、大学をリベラルアーツの内容で選ぶと。これは100年前から変わらないプログラムで、本当に好きなことを見つけるためには、いろいろな世界を幅広い視野で知らなければいけないということらしいです。

 

リバラルアーツについては、下記の記事が参考になります。

https://toyokeizai.net/articles/-/13697

 

 

つまり、リベラルアーツの言葉の意味どおり、自分で好きなことを探せる自由があるということです。

 

大谷選手が使っていたように、PDCAサイクルを回すためのツールは、非常にたくさんあります。ただ、夢や目標を設定するツールは、あまりないのではないでしょうか?

 

それは、その設定自身が、非常に奥深いものだからだと思います。

 

自分が生きている意味は何か?社会貢献とは何か?我々の世代が、後世に残すことは何か?などなど。

 

そういう哲学的なこと、歴史的な背景なども考えていかなければ、本当の意味での目標は見つからないのかも知れません。

 

海外ではそのような教育をしているということです。

 

日本ではどうでしょうか?

 

グローバル化で海外の人と一緒に仕事をすることが、今後はますます増えます。日本人同士でも、会社組織やチームで仕事をするときには、協調性や協働性を求められます。日本人は文化が同じなので、あ・うんの呼吸で通じる部分もありますが、海外の人は通じません。そのときこそ、意見を言い合う文化も必要ですし、仲良くなるための共通言語として、歴史や文化、哲学やアートといった、リベラルアーツが本当に必要なのではないかと思います。

 

さらに、ボーク重子さんのご家庭では、社会的なトピックについても興味を持ち、自らの意見を言う習慣をつけるためにも、夕飯で必ず、社会的なトピックについてコミュニケーションをすることを重要視していたそうです。

 

例えば、同じ記事、同じ本、ニュースについて、家族で意見交換をするなど。

そして、ボーク重子さんは、わざと天の邪鬼な意見を出して考えさせるようにしていたとも(笑)

 

それに対し、娘さんのスカイさんも、幼少の頃から、さまざまな人のいろいろな意見を聞けて、視点や考え方が増えたと言っていました。

 

さまざまな体験や社会トピックなどに触れるということは、その中から、興味を持つ分野ができ、さらにはそれが自分の目標設定になり、努力を継続することによって社会に貢献できる、という良い循環が生まれると思います。そして、それが自己肯定感につながる、そんな教育を弊社も目指していきたいなと思いました。

 

 

難関大の学生でも世界で通用しない?

慶應義塾大学理工学部長、慶應義塾大学大学院理工学研究科委員長、第17代慶應義塾長などを歴任してき元中央教育審議会会長の安西祐一郎さん
安西さんの日本の教育に対する考えが、読売新聞に載っていました。


改革の波 高校教育にも
 中央教育審議会は1999年、「多様な入試を行うべきだ」との答申を行なった。だが私が2014年に会長に就任するまで、ほとんど何も変わらなかった。そこで、会長としてこの年、大学入試だけでなく、高校や大学の教育も抜本的に変える提言を行なった。
 背景として、従来の入試をくぐって難関大に入学した学生の多くが、世界の舞台では通用しないことを痛感していた点が大きい。これから国際社会で生きて行くには、知識はもちろん、考えたことを相手の立場を配慮した上で、言葉を選んで表現する力が問われると考えたからだ。
 こうした力を高校までに身につけるには、受け身の学習ではなく、国語で論旨が明確な文章を書いたり、英語で「書く」「話す」能動的な訓練を重ねたりすることが重要だ。入試を変えることで高校教育は変わる。
 「一発勝負、1点刻み」の入試は早晩、消えて行くだろう。2021年から始まる「大学入学共通テスト」の導入は、明治時代以来の日本の教育の在り方を変えることを目指している。


(出典:読売新聞)

img_5084



「従来の入試をくぐって難関大に入学してきた学生の多くが、世界の舞台では通用しないことを痛感していた」


この言葉はとても印象に残りました。


「難関大の学生で世界に通用しないなら、一体どのような進路に進めば良いのだろう。」
「難関大の学生で世界に通用しないなら、大学では一体何を学んでいるんだろう。」
こんなことを考えてしまいます。


また、「入試を変えることで高校教育は変わる。」ということは、「高校は大学入試対策をする場所なのだろうか。」とも考えてしまいます。
つまり、「これからは表現力を伸ばす教育が必要だ」と社会で求められても、大学入試に必要ないのであれば、従来の教育を変えることはないということになります。

ここでは「勉強の目的は何か」を考えさせられます。
いつの間にか「入試に合格して大学に入学すること」が目的になっているのではないでしょうか。
本来であればその先、「世界を舞台に活躍すること」が目的としてあるはずです。


しかしながら、高校側にしてみれば難関大学に合格する生徒を増やして知名度を上げたいでしょうし、保護者からしてみれば「偏差値の高い大学に入ればいい人生を送れる」といった考えも未だにあるのではないでしょうか。これが今の日本の現実なのかもしれません。


このような背景を踏まえた上で、安西さんは「入試を変えることで高校教育は変わる。」と考えているのではないでしょうか。
また、「大学入学共通テスト」の導入は、高校教育のみならず、日本の教育全体を変える第一歩と捉えて良いかもしれません。
大学入試が変われば高校教育が変わリ、高校教育が変われば高校入試が変わり、高校入試が変われば中学校教育が変わり・・・というように変わっていくことが期待できるからです。


急速に進むグローバル化の中で、
日本の未来を左右する教育改革が始まっています。

AO・推薦 急拡大のわけとは?

大学でAO(アドミション・オフィス)入試・推薦入試が急拡大する理由は、「優秀な学生を獲得したい」という理由だけではないようです。

 

 


 1990年、神奈川県藤沢市に開設された慶応大湘南藤沢キャンパス(SFC)は、日本で初めてAO(アドミッション・オフィス)入試を導入した。1点刻みの学力試験が主流の中、受験生が自由に応募でき、書類と面接で先行する手法は注目を集めた。
(中略)
 AO入試でSFCに入学したIT企業の男性(35)は中学時代、生徒会で募金活動を行い、ボランティアについて勉強したいと考えた。面接では、問題意識や入学後の勉強などについて具体的に聞かれたという。「自分が何を学び、どんな大人になりたいかを真剣に考えた」と振り返る。
(中略)
 知識量ではなく、人格や高校時代の活動などを評価するAO入試や推薦入試は次第に拡大した。中央教育審議会も97年の答申で「総合的かつ多面的な評価など丁寧な選抜」の必要性を指摘するなど後押しした。2000年度には早稲田大や筑波大などもAO入試を導入。00年度、全大学の入学者のうちAO入試合格者は1.4%だったが、17年度は9.1%に増えた。
 東京大も16年度に推薦入試を導入し、77人が合格した。

出典:読売新聞

img_5068


本来であれば、
大学側にとってAO入試の導入は「優秀な学生を獲得するため」という目的であるはずです。
また、学生側もAO入試を受けるにあたり「自分が何を学び、どんな大人になりたいか」真剣に考える良い機会となります。



しかしながら、別の目的でAO入試を導入する大学もあるようです。

 優秀な学生を狙って導入する大学と経営維持を目的とした学生集めのために行う大学に二極化した。
 首都圏のある私立大教授は「定員を埋めるため、極度に学力の低い受験生でもAO入試で合格させる」と漏らす。
(中略)
 学生募集に苦しむ大学ほど、入学者のうちAO入試などの合格者が占める割合は高い傾向がある。文部科学省の12年度の調査では、定員充足率が50%を割る27大学の入学者中、AO・推薦入試の合格者は80%を超えていた。

出典:読売新聞

本来のあるべき目的とは異なり、「定員確保のため」という目的でAO入試を導入している大学もあるということです。
その結果、大学生の学力低下が問題視されています。

AO・推薦入試の合格者が80%を超える大学があるということはあまり知られていない事実ではないでしょうか。


このような状況から、文科省は21年度からAO・推薦入試に学力試験を義務付ける方針だということです。





ボーク重子さんの講演から〜子供のパッションが大事!!〜

こんにちは。渡邊です。

先日、ボーク重子さんの講演に行ってきました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-07-19-08-21-00

ボーク重子さんとは、2017年7月、全米の女子高校生が知性や才能、リーダーシップを競う大学奨学金コンクール「全米最優秀女子高校生」で優勝したスカイ・ボークさんの母親です。

 

ボークさんの記事はこちら↓

https://resemom.jp/article/2018/03/12/43451.html

 

このコンクールは全米の高校生に贈られる賞の中ではもっとも名誉があるものだそうで、これまでに参加した高校生80万人近くの中で、過去60年、アジア系が優勝したことはめずらしく、全米の多くのメディアで大きな話題となりました。

 

スカイさんは、アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれ、現在はアメリカの名門大、コロンビア大学に通っています。ボーク重子さんは、そんなスカイさんをどのような環境で育てたのかについて「『全米最優秀女子高生』を育てた教育法―世界最高の子育て」(ダイヤモンド社)を上梓され、現在ベストセラーになっている有名な方です。最近は、日本テレビの「深イイ話」に出演したりしています。

img_9848

その中で、一番印象に残ったのは、

『パッションが大事!!』

という言葉でした。パッションとは情熱のことです。

 

スカイさんが通っていた米国ワシントンの小学校では、非認知能力(※)の育成に力を入れ、主に二つのことを大事にされていたそうです。

※非認知能力とは、例えば、誠実さや忍耐心、リーダーシップ、コミュニケーション能力などのIQや学力テストなどの認知能力ではないもの全般のこと。その有無によって、仕事の成果や人生の行方に影響を与えるパーソナリティや対人能力とも言える。

 

一つは、心の安全という環境を作ること。

もう一つは、子供のパッションを最も大事にしていること。

 

パッションを大事にしているのは、下記の理由からです。

・すべての入り口は好きから始まる

・好きなことだから苦しいことも乗り越えられる

・好きだから努力を継続できる、継続するからこそ上手くいく

・継続したいからこそ、失敗した時になぜできなかったか、どうしたら上手くいくか考える

 

その通りですよね!

大人でも好きなことに対しては時間を忘れて没頭したり、努力を継続します。これは仕事でも言えると思います。仕事も好きで楽しんだ方が成果が出るというのは、私自身も、常に実感しています。

 

ボーク重子さんは、スカイさんのパッションを見つけるために、習い事は手当り次第やらせたそうです。その時に、大事にしていたのは、やめるルールを作っていたこと。それは、始めたら1クール(約3ヶ月)は必ずやるということです。これがやり抜く力、達成感につながるとのことです。

 

「そして、パッションとは、好きという思いだけではなく、実はその利己的な思いの上にある、社会に対する使命感や責任感という社会貢献意識を育くむことが大事で、それが人間力を養うためにとても重要なことだと思います。」

とも仰っています。

 

子供達は、いずれ社会に出て仕事をします。仕事をする時に、この意識は非常に重要だと、私も思っています。

 

どうやって社会に貢献するのか?

 

世界はさまざまな環境でできており、いろいろな問題があります。貧困や争い、温暖化、移民受け入れ、などなど。

日本はという国は、税金で収入を得て、社会福祉やインフラの整備など、人々が暮らしやすいようにお金を配分しています。

 

人間は、個人一人で生きているわけではありません。さまざまな国や団体、人々の助けを得て、生活しているのです。お互いが助け合う社会にしていくことが重要ですよね。そのためには、個人個人が、「社会にどうやって貢献するのか?」ということを考えることが非常に重要だと思います。

 

また、企業でいうと、この社会貢献意識は経営理念です。「なぜ当社は存在しているのか?何のためにあるのか?」。経営理念は、昔から、経営には、最も重要な要素と言われています。事実、成功している大企業の経営理念は素晴らしいものがたくさんあります。

 

個人も会社も、このような社会貢献意識があるからこそ、自然と周りが助けてくれるのだと思います。それが、さらに成功につながるという好循環になるのではないでしょうか!?

img_4619

一言でいうと、「志(こころざし)」ですよね。

我々のスクールでも、こういう意識を子供の頃から、育んでいきたいと思っています!!

 

そんなことをあらためて考えさせられた講演でした。

 

ボーク重子さんの講演から感じたことは、まだまだありますので、続きはまた次回に書きます。

 

お楽しみに。

 

 

 

<夏休み特別講座受付中>

詳細は下記  ↓ をご覧ください!!

夏休み作文&自由研究講座

アニ金で家族の会話を

夏は、アニ金。


読売新聞に気になるページがありました。
この夏、金曜ロードSHOW!では
大人も子供も楽しめる映画6作品を放送するそうです。


img_5021

出典:読売新聞


前に観たことあるのにどうしても観てしまう。
そんな作品ばかりです。


「タイムリープ(時間跳躍)できたらどうする?」
「急におばあちゃんになったらどうする?」
「魔法を使えたらどうする?」
などなど

家族みんなで観て、会話のネタにしてみてはいかがでしょう。

アニメでなくても良いのですが、
子どもたちにとっては興味を持ちやすいテーマです。


会話をする目的は、
思考力と表現力、
コミュニケーション力などを磨くことです。

 

大谷翔平に反抗期はなかった?

二刀流としてアメリカのメジャーリーグで活躍している23歳の大谷翔平選手。


ビジネスパーソンが利用するマンダラチャート(目標設定シート)を、高校生で作成していたことでも話題になっています。若い時から圧倒的な向上心を持ち、スターとなっても謙虚な姿勢で努力を続ける大谷選手は、家庭でどのような育てられ方をしたのでしょうか。


以下は雑誌DIMEで特集されていた大谷選手の記事です。家庭環境やご両親が子どもに対しどのように接していたかがわかります。
img_5045

思春期を迎える中学生の頃によくある、いわゆる反抗期がなかったと言うのは母・加代子さんだ。
「訳もなく反抗したり、態度が悪かったということは特になかったと思います。それは翔平だけではないんですが、子供たちがそれぞれの部屋にこもることもありませんでした。特別に家族みんながものすごく仲がいいというわけではないんですが、家にはテレビが1台しかなかったので、なんとなくみんなが同じ場所に集まって一緒にテレビを見ることが多かったですね」
〜中略〜
「お父さんが仕事から帰ってくるのを待って、みんなで夕飯をとる。お休みの日には、ホットプレートみたいなもので、家族みんなで楽しくワイワイと食べる。食事に関して特別なことをしたわけではなかったですが、自然とそういう空気を作ろうとは思ってました。」

出典:DIME



大谷選手に反抗期はなかったそうです。


なぜでしょうか?


記事からは、家族みんなでコミュニケーションをとる機会が多く、家庭内で良好な人間関係を築いていたことが理由の1つに考えられます。


また、「訳もなく」という言葉が印象に残りました。
ご両親は日頃から子どもたちの意見をきちんと聞き尊重していたのではないでしょうか。


以下は大谷選手が語ったご両親への感謝の思いです。

「今でもそうですが、親には本当に自分がやりたいように自由にやらせてもらってきました。父親は、やりたければやればいい、やりたくなければ自己責任で、という感じで接してもらいましたし、母親にも『勉強をやりなさい』と言われたことがなかったですし、たくさん支えてもらいながら、自由にやらせてもらってきたと感じています。」

出典:DIME




この感謝の言葉からは、やはり日頃からご両親は大谷選手個人の意見を尊重し、自らの決断に責任を持たせていたことがわかります。


そして驚くべきことに、母親に勉強をやりなさい」と言われたことがないにもかかわらず、高校の成績は常に学年で10位以内だったということです。


また、過去に大谷選手が受験生から勉強のやる気が出ないのですがどうしたらいいですか?」という質問に対して、「自分の将来像をしっかりと決めれば勉強は頑張れる」と答えたそうです。
大谷選手にとって、自分の夢を叶えるために勉強は必要だったのですね。


大谷選手に質問をした受験生は、自分の将来像(目標)が決まっていないために、勉強が必要だと心から思っていなかったということでしょうか。


「勉強しなさい」と言われても、子どもは「何のために?」となります。


もし「勉強しなさい」と言うのであれば、論理的になぜ勉強をする必要があるのかを説明しなければなりません。しかし、最終的には子ども自身が心から「勉強が必要なんだ」と思えなければ、継続することは難しいと考えられます。

そこで、
自分の将来像という長期的視点の目標を設定することで、自分に必要なことを自発的に学ぶことができると、大谷選手は教えてくれているのではないでしょうか。目標設定の重要さがわかります。


話を「大谷選手がどのように育てられたのか」に戻しますと、今回の記事からは、大谷家では以下のような子育てが行われていたことがわかります。

・コミュニケーションをとる機会を多くしていた
・子どもの意見に耳を傾け尊重していた
・自分で選択・決断させ、責任を持たせていた


子育ての1つの例として、スーパースター大谷翔平選手を参考にしてみてはいかがでしょうか。

失敗したらどうなるのかを見てみたい

私たちは失敗や間違いを否定的に捉えすぎているのかもしれません。
「失敗や間違いをすることはダメなことだ」
そう考えて行動すると、挑戦することが無くなり、何も生まれなくなります。

以下に紹介する山中教授の言葉には考えさせられます。

楽しむことは大事ですね。
研究者は実験が仕事ですが、
ある意味、自分の人生についても実験をしているんです。
だから僕は、新しいことをなるべく試すようにしています。
時には失敗が見えていることもあります。
でも、失敗したらどうなるのかを見てみたい気持ちがある。(中略)
成功するとか失敗するとかに関係なく、まず動く。
そうしないと次につながる何かは生まれないんです。

img_4967%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
(出典:PRESIDENT)


「失敗したらどうなるかみてみたい気持ちがある」
この感覚を持つことが大事なのかもしれません。

そして重要なことは、「失敗」「間違い」から何を学び、
次にどのように生かすか。

「失敗」「間違い」にどのような意味を持たせるかは、
その人次第ではないでしょうか。

夏休みに新聞博物館へ

新聞を読む人が減っている現代ですが、
横浜にはニュースパークというの新聞博物館があるそうです。


ニュースパーク(新聞博物館)
日本新聞協会が2000年に日本新聞博物館として開館、16年に刷新した。
編集ソフトで写真入り「マイ新聞」を作る体験プログラムもある(予約不要)。
港みらい線「日本大通り駅」3番出口直結。
https://newspark.jp/newspark/



img_4998
出典:読売新聞


ニュースパークを訪れた記者が書いた記事を一部抜粋します。

先に進むと、あふれる情報の中から確かなものを見抜く心得が紹介されていた。例の1つが、1973年に愛知県で「信用金庫が倒産する」とのうわさが広がり、約20億円の取り付け騒ぎに発展した事件。当時の記事では店に押しかける人々の写真を掲載、混乱の大きさが伝わってくる。
 先月の大阪を震源とする最大震度6弱の地震でも「シマウマが脱走」などデマがネット上で飛び交ったばかり。「情報源を確かめる」「どんな情報も鵜呑みにしない習慣を身につける」。展示されたメッセージをかみしめる。
(中略)
彼ら(訪れていた子どもら)に、新聞についてどう思うか聞いてみた。「紙だから、とっておいて時間があるときに読めるのがいい」「ネットよりちゃんとしてるよね」「新聞によっていろんな視点がある」。見学の成果か想像以上に鋭い視点で新聞の意義を見いだしてくれた。


夏休みにニュースパークに行ってみてはいかがでしょうか?

家庭の年収と子供の学力は関係ある?

親の年収や学歴が高い家庭の子供ほど学力が高い傾向が続いているというデータがあるようです。


親の年収や学歴が高い家庭の子供ほど学力が高い傾向が続いていることが27日、文部科学省の調査でわかった。2013年に初めて実施した前回調査と同様の結果で、家庭の経済状況が学力の格差に影響している状況が鮮明になった。一方、子供に自制心や忍耐力などをつけるよう親が働きかけることで、年収などにかかわらず、学力を高められる可能性があることも指摘された。

(出典:読売新聞)
img_4967

遺伝的なこともあると考えられますが、
塾や習い事にお金を使うことができるということも1つの要因でしょうか。

しかしながら、
親の年収などが低くても一定の割合で好成績の子供がいるそうです。
このような子供の親は

「毎日朝食を食べさせる」
「子供が決まった時刻に起きるようにしている」

など規則的な生活習慣を整えたり

「本や新聞を読むように勧めている」など
文字に親しむように促したりしている割合が高いとのこと。

お金をかけなくても子供のために家庭でできることはまだまだありそうですね。