子どもの勉強へのモチベーションを上げるにはどうすべき?

89d7117cb9ecf4cf047d7b2ef8ed70f3_s

みなさんは子どもに「なぜ勉強するの?」と聞かれたらどのように答えていますか?朝日小学生新聞の記事には、「将来の選択肢を広げることと、その選択肢を選びやすくするため」と書かれていました。私も同じ意見です。決まった答えはないと思いますが、もし子どもに「なぜ勉強するの?」と聞かれたら私は次のように答えようと考えています。

「将来の選択肢を広げるため」

将来何をしたいか今の時点で決まっていないならば、決まった時にすぐにその方向に進めるように、道を作っておくことが必要だと考えているからです。例えば、将来何をやりたいか決まってないからと勉強してこなかった人が、あるとき「医師になりたい」と目標ができたとします。医師になるには次のようなプロセスが必要です。

高校 → 大学の医学部(6年間) → 医師国家試験に合格 → 臨床研修医(2年以上) → 医師

ご存知の通り大学医学部への入学は難関です。何を始めるにも手遅れといったことはありませんが、勉強してきた人としてこなかった人ではスタートの時点でかなりの差がついてしまうことでしょう。医師の他にも教師、弁護士、パイロット、建築家、プログラマーといった職業でも同じことが言えるかと思います。

しかし、「子どもに『将来の選択肢を広げるため』と説明して伝わるのか?」といった問題があります。なんとなくは伝わってはいるものの、モチベーションが急に上がるかというとそうでもないというのが現実でしょうか。これを解決する方法も朝日小学生新聞の記事に載っていました。

勉強へのモチベーションを上げるには

目標やゴールを多く持つと良いそうです。目標がころころと変化してもOKとのこと。目標の例としては次のようなものが挙げられていました。

  • △△中学に行きたい
  • 〇〇大学に行きたい
  • モテたい
  • ライバルに勝ちたい
  • あの先生に褒められたい

「モテたい」といった目標もOKとのこと。確かにこれらの目標を持つことでモチベーションは高まるかもしれません。ただ、注意すべきことは徐々に視野を広げていかなければならないということでしょうか。例えば、「〇〇大学に行きたい」という短期的目標を達成したからといって人生が終わるわけではありません。〇〇大学に入学しても遊んでいたら将来に繋がりません。短期的目標だけでなく中長期的な目標を持つことも必要です。子どもの成長に合わせて、目標の持ち方を少しずつ意識させてあげると良いかもしれませんね。

img_6127

 

計算するクセを身につけよう!

計算するクセを
普段から付けて欲しい!

という目的もあり、
少し変わったプリントを
レッスンで使用しました。

弊社のオリジナル教材です。

これは、子どもたちが
パン屋になったつもりで、
売上を計算するというものです。

単純な足すと掛けるの算数ですが、
このプリントをやるときに注意
したのは、答えを用意しないことと、
途中途中で答えを子ども同士で確認
させることです。

これにより一体感や、自分が
間違えてはいけないという責任感、
主体性や助け合う精神を養うことが
できます。

単位も小学3年生にしては、
少し大きいので計算が大変です。
しかも、これを最初の半分は、
暗算でやりました。

そしてもう一つ、大事なことは、
大人などの先生側も一緒にやることです。

同じ目線でコミュニケーションが取れ、
また、子どもたちに安心感を与えてあげる
ことができます。

単純な計算問題なので、
普段、学校や公文、学習塾などで
やっているものと変わらないのですが、

子どもたちは、
【すごい楽しかった!またやりたい!!】
と言って帰っていきました。

コンビニに行ったらレジの前に
自分で計算してみる!!
とも言ってくれました。

普段から計算するクセが付いて
くれればいいなと思います。

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

画像に含まれている可能性があるもの:電話

1日であなたもこどもプログラミング講師に!!

〜生徒数70人超のスクールが惜しみなくノウハウを公開〜

自宅や公民館、学習塾などで子どもたちにプログラミングを教えたい方へ!!
プログラミング未経験でもスクールを開校・運営できます。

「プログラミング未経験でもできる?」
「どんな教材使えばいいの?」
「どこでやればいいの?」
「どうやって集客したらいいの?」

といった質問を1つ1つ解決していくとともに、プログラミングスクール開校のためのノウハウをご提供します。もちろんプログラミングも実践していただきます。さらに、ご希望であれば本講座受講後に本スクールのフランチャイズ加盟もご検討頂けます。

【対象】次のような方におすすめ
・自宅や公民館で近所の子供たちにプログラミングを教えたい!
・学習塾や英会話スクールを運営していてプログラミングも教えたい!
・プログラミングスクールを一から立ち上げたい!
・小学校で必修になるけど教え方が分からない!

【特典】
・キッズジャンププログラミングの教材を10種提供
・フランチャイズ加盟をお考えの方は加盟金3万円オフ

【お申し込み方法】
下記、Peatixからお申し込みください。

2月8日(金)10:30-13:30
https://peatix.com/event/597234

2月22日(金)10:00-13:00

https://peatix.com/event/597387

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

パソコンもタブレットも使わないプログラミング??

385c25972cee36b43a7e6e5dc0110a73_s

プログラミングといえばパソコンやタブレット、ロボットなどを使うイメージがありますが、最近はパソコンを使わずにプログラミング教育に取り組む小学校が増えているそうです。「パソコンもタブレットも使わないプログラミングなんて、なんか理由があって苦し紛れでやってるんでしょ。」と思ってしまった私ですが。。

パソコンを使わないプログラミングとは?

いきなりパソコンを使わないのは子ども達が苦手意識を持たないようにするためです。具体的には複数枚のカードを正しい順序に並べ替えるといった方法があります。東京都文京区立湯島小学校1年の「生活」の授業では、次の4枚のカードを正しい順序に並べるといった取り組みが行われました。

  • こうていへいどう
  • しゃがむ
  • おちてくるものがないところへいどう
  • せいれつ

気づいた方もおられるかと思いますが、これは「災害時の避難手順」です。子ども達はまず個人で考え、そのあと意見交換し、カードの順番を何度も考え直したそうです。

正確に言うとこの授業はプログラミングではなく、プログラミング思考(論理的思考)を伸ばす授業です。しかし、論理的思考力を伸ばしておくことは、実際にプログラミングするときに間違いなく生きてくることでしょう。

img_6080

(出典:読売新聞)

この取り組みで特に素晴らしいと感じた点が2つあります。

1つ目は実生活と繋がっている点です。せっかく論理的思考力を伸ばしても机上で終わってしまっては意味がありません。パソコンやタブレットの中だけで収まってはもったいない。そう考えると「災害時の避難手順」といった自分の身の回りのことから、より大きな「社会」に目を向けるきっかけになりそうです。

2つ目は自分で深く考え、クラスメイトと意見交換している点です。これまでのような一方通行の授業ではありません。今の時代は会社に入ってから丁寧に新人研修を行うといった姿勢にも変化が出ているようです。社会に出てから思考力や議論する力を伸ばすのではなく、小さいうちから養っておくべきでしょう。

まとめ

「パソコンもタブレットも使わないプログラミングなんて大したことないだろう。」と思ってしまった私ですが、撤回します。とても勉強になりました。。実際にプログラムを作成することも大事ですが、プログラミング思考(論理的思考)を育て、それを実生活・実社会に生かす考え方を育てることも重要であると、本質を確認することができました。皆さんも少し大きな視点を持って「パソコンもタブレットも使わないプログラミング」を実践してみてはいかがでしょうか。

 

プレゼン能力を身につける

仕事では、プレゼン能力は
非常に重要ですよね?

昨日の小学5年生のレッスンでは、
TPPについて、プレゼンをして
もらいました。

そう、あの貿易のTPPです。

しかも、パワーポイントを使うように
図を使ってもらいました。

その写真がこれです。

プレゼンの重要性だけでなく、
分かりやすく伝えるために図を
使うとか、情熱を持って話すとか
抑揚をつけて話すとかを伝えています。

予想を上回るプレゼンをしてくれて
私もびっくりしました。

1人の生徒は、4コマ漫画で表現して
くれました。

素晴らしいですね!!

こういうのを見るたびに
この仕事は楽しいなあと思います。(^ ^)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

簡易版、経営戦略を考えよう!!

最近、小学5年生の子たちに
ポジショニングを教えています。

経営学でいうところの
ポジショニングマップです。

2つの軸で、
同じ業界のお店を評価します。

例えば、飲食店なら、
味と価格、味と接客、
価格と品揃えなどです。

自分たちの知っているお店を
この2軸のマトリックスに、
プロットすることで、
どのお店がどこで差別化しているか、
を考えます。

この2軸は、顧客の求めているもの、
ということも伝えます。
他のお店は競合です。

最後に、1つのお店を選んでもらい
プロットしたマトリックスの中で、
今後何をに力を入れていくか、
考えてもらいます。

簡易版、経営戦略の立案です。

子供たちは、楽しいみたいです(^^)

大上段に構えなくても、
子供たちに簡単に商売のセオリー
を教えていきたいと思って
やっています(^^)

画像に含まれている可能性があるもの:スケッチ

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

学習効果を高めたければ運動を!!脳を刺激して記憶力・判断力アップ??

f4b6ccb872d5180caa38a112f1bcb8d5_s

ファッション・家具・雑貨・暮らし方と最近何かと日本で話題になる北欧。
教育もその一つです。
高い教育水準で知られるフィンランドでは、「スクール・オン・ザ・ムーブ(動く学校)」というプロジェクトが政府により推進されています。「スクール・オン・ザ・ムーブ(動く学校)」とはどのようなものでしょうか。

スクール・オン・ザ・ムーブ(動く学校)とは?

体を動かしながら学ぶことです。具体的には子どもたちは次のように学びます。

  • バランスボールに乗って机に向かう
  • 教室や廊下、天井近くの壁に貼ってある問題文やヒントを見に行く
  • 机の上に椅子を置いて立って学ぶ(スタンディングデスクを使う)
  • 時間の概念を学ぶためにスクワットをする
  • 箱型のソファでリラックスして学ぶ

単なる「遊び」にならないように、「学ぶために体を動かす」といった工夫がされていることがわかります。

img_6064

(出典:読売新聞)

なぜ体を動かすのか?

体を動かして学ぶ理由は主に2つ考えられます。

1つ目は体を動かすことで脳を活性化させ、学習効果を向上させるためです。運動することで脳の「海馬」や「前頭前野」が刺激され、記憶力や判断力が向上するそうです。集中力も向上が期待され、認知症予防にも効果があるとのこと。

2つ目は健康のためです。例えば長時間座り続けると肥満や糖尿病、高血圧、ある種のがん、死亡のリスクが高まるといわれているほか、メンタルヘルスや認知機能の低下も指摘されています。原因は血液を心臓に戻す太ももやふくらはぎの筋肉を動かさないことによる血流の悪化です。大人も子どもも運動不足は健康には良くないということです。

どのような運動が良いのか?

筑波大の研究によると激しい運動よりもその人にあった快適な運動が良いということです。強い運動でストレスを受けて分泌されるホルモンにはかえって神経の新生を妨げるとのこと。フィンランドのスクール・オン・ザ・ムーブは無理なく楽しみながら体を動かせそうですね。

まとめ

現代ではIT(情報技術)の発達などにより、座って仕事や生活をする時間が多くなりました。また、子どもたちもゲームをしたり、youtubeを見るなど、長時間動かないことも多いかと思います。特に子どもの運動不足は怪我や骨折をしやすくなったり、将来的な骨粗鬆症へも繋がってしまうそうです。仕事も勉強も良いパフォーマンスを継続して出すためには、「脳」や「健康」を最適な状態に保たなければなりません。「仕事(勉強)が忙しくて運動をする暇はない」ではなく、「仕事(勉強)を効率よく行い、かつ良いパフォーマンスを継続して出すために運動をする」といった考え方もあるのではないでしょうか。

自分・相手のいいところを見つけてやり抜く力につなげよう!

今日は、小学6年生に、
こんなことを考えてもらいました。

ズバリ、自分の良いところ!
そして、友達の良いところ!も。

そして、その後は、さらに、
この2つ、自分と相手の良い
ところを考えることは、
自分の人生でどんなことに
役立つか?を考えてもらいました。
そうです。
良いところを考えることの目的です。

大人になり、仕事を始めれば、
いろんな失敗や挫折があります。

そんな時に、自分を信じる心の強さを
持ってもらいたいと思っています。

苦しいときや思うようにいかない
ときこそ、自分はできると思うことが
重要です。

ある調査によると、
最近重要と言われるやり抜く力
ですが、やり抜く力は、自分はできる、
こんな良いところがあると、心の中で、
言い続けることによって生まれるそうです。

そして、多様性を受け入れ、
協力して仕事をしていくためには、
相手の良いところを常に探すこと
が重要です。

今後は日本にいても外国人と
仕事をすることがますます増えて
きます。

宗教や文化も違う外国人を理解しようと
する姿勢が、重要になってもきます。

やってみて
言って聞かせてさせてみて
褒めてやらねば人は動かじ。

山本五十六の言葉です。
人を動かすリーダーになれば、
良いところを見つけて、適材適所に
配置することはもちろんのこと、
褒めてあげなければ、モチベーションは
高まりません。

こんなことを常日頃から
考えるクセをつけてほしいなと
思っています(^^)

#オンリーワンスクール#子どもプログラミング#アクティブラーニング#東日本橋駅前#考える#キッズジャンププログラミング#豊洲駅3分 @ オンリーワンスクール とキッズ ジャンプ プログラミング

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

なりたい自分になるためには?!

こんなプリント作りました!

小学生、中学生向けの教材です。

私は、自分のなりたい姿になる
ためには、人の真似をするのが
1番早いと思っています。

それは行動だけでなく、考え方や
気持ちの持ち方もです。

ということで、著名人やら多大な
功績を残した方々の名言について、
1つずつ意味を深く考え、
ディスカッションするための教材を
作ってみました。

年明け早々、使ってみようと思います。

使用感は、またご報告します!
お楽しみに!(^ ^)

写真の説明はありません。

子どもに「銀行ってなに?」と聞かれたら

子どもに「銀行ってなに?」と聞かれたらわかりやすく答えられますか?

「子どもに聞かれたら答えられるようにしたいこと」として、毎回あるテーマについて簡単な説明をするシリーズです。子どもの質問対策に少しでも役立てれば嬉しく思います。

今回のテーマは銀行です。

銀行とは

銀行とは、企業や個人に対して主に次の3つの仕事を行うところです。

  1. お金を預かる(預金)
  2. お金を貸す(貸出)
  3. お金を移動する(為替)

 

お金を預かる(預金)

銀行が企業や個人のお金を預かることを預金といいます。

預金する側は火災や盗難、紛失などの心配がなくなり、金庫やセキュリティシステムを導入する必要もなくなります。銀行は預かったお金を安全に保管・管理をします。

銀行は預金者にお金を預けてもらったお礼として預金額に対して一定のお金を払っています。このお礼のお金のことを利息といいます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-01-25-14-39-53

利息を払うということは銀行のお金が減るということです。利息だけ払っていると銀行のお金は無くなってしまい、従業員の給料などが払えなくなって銀行は潰れてしまいます。そこで次に説明する「お金を貸す」という仕事があります。

 

お金を貸す(貸出)

銀行がお金を必要としている企業や個人にお金を貸すことを貸出といいます。

 貸出は「お金がたくさん必要になったけれども、今あるお金だけでは足りない」といったときにとても助かります。例えば次のようなときにはたくさんのお金が必要です。

  • 家庭では家や車を買うとき
  • 企業では工場を建てたり機械を買ったりするとき

銀行に借りたお金を返すときには利息(お金)も渡します。これは銀行のお金を使った「使用料」やお金を貸してくれた「お礼」みたいなものです。貸出の利息は預金の利息よりも高くなっています。こうやって銀行はお金を増やしていきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-01-25-14-40-29

お金を移動する(為替)

銀行が企業や個人の代わりにお金を受け取ったり、支払ったりして移動させること為替と言います。

為替により銀行にお金を預けた預金者は支払いや受け取りにかかる時間や労力をなくすことができ、お金の運搬に伴う盗難や紛失の心配もなくなります。例えば次のようなお金の支払いや受け取りがあります。

  • 給料の支払いや受け取り
  • 会社同士のお金のやりとり
  • クレジットカードの支払い
  • 学校の授業料の支払いや受け取り
  • 電気・ガス・水道の支払いや受け取り

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-01-25-14-43-10

まとめ

子どものもらったお年玉を預けておくために、預金口座を開設している保護者の方も多いと思います。それを踏まえると意外と銀行は子どもにとっても身近な存在です。子どもから「せっかくもらったのになんで銀行に預けるの?」と聞かれることは多そうです。そのチャンスを逃さずに銀行について考えてみてはいかがでしょう。

  • 銀行はお金を預かるところ
  • 銀行はお金を貸し出すところ
  • 銀行はお金を移動するところ
  • 預金すると利息が付いてお金が増える(預けたお金+利息)
  • 銀行から借りたお金を返すときに(借りたお金+利息)を支払う

 

豆知識:銀行という名の由来

一説には高名な学者達が協議を重ね、お金(金銀)を扱う店との発想から中国語で「店」を意味する「行」を用い、「金行」あるいは「銀行」という案が有力になりましたが、結局語呂のよい「銀行」の採用が決まったといわれています。

出典:日本銀行(https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/history/j09.htm/