経営コンサルをしていた私がなぜ教育事業に乗り出したのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みなさま、こんにちは!

キッズジャンププログラミング代表の渡邊です。

 

弊社はもともと、約10年にわたり、経営コンサルティング会社を経営してきました。

 

なぜ、私がプログラミング教室を含む、子供教育の事業に乗り出したのか?

 

これは私自身の経験によるところもあります。

 

1976年生まれの私たちの世代は、言うまでもなく偏差値重視、学歴重視でした。岡山県倉敷市の田舎で育った私は、身近に社会のことを教えてくれる人もいなかったため、こんな疑問を抱いていました。

 

「なぜ、良い大学に入ることが重要なんだろう?勉強は何のためにするんだろう?」

 

学校の先生にも聞いてみましたが、答えは「良い大学に入るため」という事でした。

 

勉強の有益性や意味を感じられなかった私は、適度にしか勉強をしなくなりました。

 

その適度というのは、地元の国立大学に入れる程度です。私の家は、裕福な家庭ではなかったため、実家から通えて、授業料の安い国立大学以外は選択肢がなかったのです。

 

大学に入っても、勉強はあまりしませんでした。

 

しかし、大学を卒業し、社会に出てからは、いろいろと勉強し、国家資格である中小企業診断士を取得し、今に至っています。

 

社会にでてやっと勉強の意味が分かるようになり、目的や目標も明確になり、継続して勉強することの楽しさを見いだすことができたのです。

私は、何かを継続するには、楽しいとか、意味が明確だとか、目的意識や目標がしっかり存在することが重要だと思います。

 

最近読んだ「GRIT(やり抜く力)」という本の中で、下記のように書かれています。51vtdfjmzdl-_sx344_bo1204203200_

 

——成功者の共通点は「才能」でも「IQ」でもなく、第3の能力「グリット(やり抜く力)」だった。—

 

 

経営コンサルタントという仕事をする中で、さまざまな経営者やビジネスパーソンにお会いしていきました。弁護士や公認会計士、税理士等の士業と言われる友人もたくさんいます。

 

その中で、よく感じることは、次のことです。「仕事の出来る方は継続的な勉強を怠らないし、やり抜く力を持っている!!」

 

才能や学力だけではなく、考える力や「やり抜く力」などの社会に出てから必要な能力をつけてもらいたい!そう願っています。

 

やり抜く力をつけてもらうために、勉強の意味や、社会にでて今学習していることがどのように役立つのか、など、社会との連動性などについても教えていきたいと思っています。

 

プログラミング教育は手段であって、目的ではありません。子供たちに「社会で必要な能力をつけてもらう」ことを目的に教育事業を行っています!!