チラシで分析してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

小学高学年のレッスンは、
チラシを分析しました。

ポイントとして、立場を変えて分析
するということを意識してもらいました。

売る側のお店と、買う側のお客さんの
立場でそれぞれ考えました。

お店の立場としては、これも経営学の
フレームワークである3C分析を使いました。

顧客、競合、自社の視点で、お店が
チラシをどのように作り込んでいるか
を分析しました。

そして、それぞれが発表し、
優れた分析については、お互いを
褒め合うということをしました。

そして、足りないところは、各自が
質問して補い合いました。

30分ぐらいディスカッションをしましたが、
生徒たちは、とても楽しかったようです。

普段から、チラシを見て、こういう視点で、
考えるクセを付けてもらいたいなあと
思います。

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

写真の説明はありません。

 

オンリーワンスクール説明会受付中

・作文、読書感想文が一人でかけない
・自由研究が一人でできない

中学入試・高校入試はこれからどう変わるの?
・入試で求められる「自分の意見」が
書けるようになるにはどうしたらいいの?
2020年の教育改革の内容って?
・社会の変化が早すぎて、子どもの将来が不安

2020年から学校教育と入試が変わります!

教育改革の「??」が解消する説明会です。

説明会・体験会のお申し込みはこちら