モノの用途を別の視点で探してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

我々のスクールでは、
こんな教材も使います。
写真は小学3年生の生徒が
書いたものです。

身の回りのものを見て、
普通の用途の他に何か
使えないかということを
考えます。

たとえば、ものさし。
これは線を引いたり
長さを測ったりしますが、
他にどんな用途があるでしょう?

紙を切るのにも使えますよね!

このように、利用する立場で
物事の用途を考えるということを
やります。

これは、まさしくマーケティングの
視点ですよね?

どんな人がどんな用途で
どのようにその商品を使うか?
を考えることで、マーケティングや
商品開発の疑似体験をするのです。

しかも、これをグループで行うと
いろいろ、斬新なアイデアも出てきて
盛り上がりますし、ブレストと同じで
発想が豊かになります。

他の人のアイデアに乗るだけで、
子供たち自身が、自分で思いも
しなかったアイデアが生まれてきて、
自分自身に対してすごいなと思ったり
しているはずです。

身近にあることを題材にすると
非常に楽しんで学んでくれる
ということをあらためて実感
します。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

写真の説明はありません。

オンリーワンスクール説明会受付中

・作文、読書感想文が一人でかけない
・自由研究が一人でできない

中学入試・高校入試はこれからどう変わるの?
・入試で求められる「自分の意見」が
書けるようになるにはどうしたらいいの?
2020年の教育改革の内容って?
・社会の変化が早すぎて、子どもの将来が不安

2020年から学校教育と入試が変わります!

教育改革の「??」が解消する説明会です。

説明会・体験会のお申し込みはこちら