植物の生存戦略についてA4、4枚のレポートを提出せよ(コピペ不可)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
logo_shiromoji_web

昨日の日曜日は、子どもの考える力を育む著書を何冊も出していらっしゃる
狩野みき先生の講演を聞きに行ってきました。

グローバル時代に必要な思考力・英語力
〜センター試験廃止で教育は、受験はどうなる?

さて、そこで紹介されたのが以下の課題。

植物の生存戦略についてA4、4枚のレポートを提出せよ(コピペ不可)

この課題、何年生の課題だと思います?

日本の教育に慣れている私たちの感覚だと、
大学生ぐらいかな?と思うのが普通だと思います。

実は、国際バカロレア認定校の中学校1年生の1学期の5月に出された課題。
狩野先生のお嬢様が
「こんなのできない・・・」と泣きながら持って帰ってきたものだそうです。

 

国際バカロレアの学校では
上記の課題のように、思考力が必要とする課題が多く出されるそう。

文科省では2020年までに国際バカロレア認定校を
日本に200校まで増やしたいという力の入れようです。

 

これらのことから言えることは
世界でも日本でも
考える力を必要としているということ。

 

従来型の、大人が一方的に方法を教えるようなやり方では
中学校の課題さえ乗り越えられない時代になってきています。

 

では、国際バカロレアの学校に入らなければ、
思考力はつかないのでしょうか?

中学校や高校は国際バカロレアの学校を目指すとして、
幼稚園、小学校の頃から
思考力を高めるような
取り組みはできないものなのでしょうか・・・?

<続きはまた明日>

無料体験教室受付中

ぜひ一度、体験教室にお越しください!
お子さまお一人に1台パソコン/タブレットをご準備して、プログラミングを体験していただけます。

 

プログラミングはまったく初めて。いきなり参加しても大丈夫?
ご安心ください。ほとんどのお子さまがパソコン初心者からのスタートです。初めてのお子さまには、まず「プログラミングは簡単!」「楽しい!」と思っていただけるカリキュラムをご用意しています。

うちの子はタイピングができないし、ローマ字もわかりません。
当教室では、まだ文字を学んでいない年中さんでも対応できるビジュアルプログラミング教材を準備しております。お絵かきができれば、誰でもプログラミングをすることができますのでご安心ください。

お申し込みはこちら