大学入試

社会で必要な能力とオンリーワンスクールの共通点とは?①分析力

こんにちは!渡邊です。

 

社会で必要な能力や考え方を育てる「オンリーワンスクール」ですが、

具体的にどうなのかということを今後発信していきたいと思います。

 

■━━━本日のテーマ━━━■

①分析力

■━━━━━━━━━━━━■

 

社会にでると、物事を具体的に考えていかないと行動に繋がりません。仕事でもそうです。

また、対処療法的な対応策をしていては、真の問題解決には繋がりません。本当の原因を追究することが重要です。

 

例えば、売上を上げる!という目標だけでは、具体的に何をしたら良いのか、分かりません。

 

具体的に考える場合に、方法として、“掘り下げて考える”と“分けて考える”があります。

 

分析という言葉を使ったりします。

 

掘り下げて考えるとは以下のようなプロセスです。

 

例えば、パン屋の売上を上げるためには?→来店客を増やす、そのためには?→チラシを配って来てもらう、そのためには?→来てもらいやすいチラシのデザインを考える、そのためには?スーパーのチラシやインターネットで参考になるチラシを探す.......など。

 

このように掘り下げて考えると、具体的な行動につながりますよね!

 

また、分けて考えるとは、以下のようなプロセスです。

 

パン屋の売上を上げるためには?

→1.来店客を増やす、そのためには?

→(1)チラシを配って来てもらう、そのためには?

→①来てもらいやすいデザインを考える

→②効率良く配るため、方法を比較する

→(2)SNSで宣伝して知ってもらう、そのためには?

→①SNSでこまめに投稿する

→②SNSの広告を利用する

→2.客単価を上げる

→(1)セット商品を売れるようにする、そのためには?

→①どのセットが売れやすいか傾向を見る

→②セット割引を行う

→(2)味を改良し、価格を上げる

→①どのような商品が好まれるのかリサーチする

→②より高品質な具材の商品を提供する

 

このように考えると、具体的な行動につながるとともに、さまざまな選択肢が出てきますよね!

 

後者は、ビジネスの世界では、ロジックツリー(ロジカルツリー)と呼ばれ、様々な分析に使われます。

 

■オンリーワンスクールでロジックツリーを使った実際のプリント例

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-11-29-16-36-27

 

また、ロジックツリーは、全体像を把握しながら、掘り下げて考えて行くので、対応策にモレやダブリがなくなります。そのため、見落としていた!というようなことが減ります。失敗が少なくなるのです。

 

オンリーワンスクールも、このようなフレームワークを使って、実際に分析していくということをやっていきます。

 

小学生のうちから、様々なテーマに対し、ロジックツリーなどのフレームワークを使うことによって深く考える方法を学ぶのです。また、小学校高学年ぐらいからは、政治・経済、社会のテーマについても、このような分析を行なっていきます。

 

 

12月以降も随時説明会を実施しています。

========================

オンリーワンスクール説明会へのご参加は下記より!

オンリーワンスクール

========================

 

 

社会で役立つ本物の考える力を育てるオンリーワンスクール説明会を行いました!

こんにちは!渡邊です。

 

社会に出て本当に役立つ能力と考え方を育てる「オンリーワンスクール」の説明会を11月18日に行いました!!!!

 

保護者の皆さま、ならびにお子さんたちも含め、総勢20人近くの方々にご参加頂き、大盛況でした。

 

今回は、オンリーワンスクール創業者であるFC本部の代表を招いて、説明会を実施しました。

 

オンリーワンスクールを作った経緯や必要性、100年に一度の大学入試改革について約1時間、説明をして頂きました。

 

参加者の方からは、

・内容や考え方にとても共感した

・子供たちには社会で活躍する人間になってもらいたいので是非検討したい

・学校で教えられていないことを教えてくれる感じがした

・親の立場で内容を勉強したいので、保護者会向けコースへの入会を検討したい

 

など非常に好評価を頂きました。

img_0534

 

 

img_8308

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日の説明会の動画の一部を、下記にアップしていますので、是非、ご覧下さい。

 

①2020年教育改革の概要

https://goo.gl/CwfUkK

②今後の社会の変化

https://goo.gl/32ioXD

③2020年以降の大学入試

https://goo.gl/MBUjoN

 

 

12月、1月も説明会を行います。

 

ご興味ある方は、是非ご参加くださいね。

 

 

日程のご確認、お申込みは下記より御願いします。

http://iot-makers.co.jp/blog/?page_id=588

 

日本の将来を変える学習塾、いよいよ開校!!

こんにちは!

キッズジャンププログラミング代表の渡邊です。

 

随分前に、本ブログでご紹介した、「オンリーワンスクール」という新たな学習塾を、いよいよ、11月からスタート出来ることになりました!!!!

 

このオンリーワンスクールですが、内容を一言で言うと、‘社会で必要な能力や考え方’を育てる学習塾です。

 

社会に出ると学校で学んだこと以外にも様々な能力が必要になってきますよね!?

論理的思考力、リーダーシップ、分析力、コミュニケーション能力、仮説力、実行力・・・・・・・・・etc

 

例えば、ある目標に向かって、チームリーダーとして自分のチームの実行力を最大限発揮していくには、リーダーシップやコミュニケーション能力が必要になってきます。売上を倍増すると言う目標であれば、具体的に誰が、いつ、どのようにやるのか、落とし込まないと組織は動きません(分析・具体化する力)。また、リーダーとして、人員のモチベーションを高めていくためには、コミュニケーション能力が重要になってきます。

 

他にも関係すると思いますが、このように、さまざまな能力をバランス良く高めていくことが社会にとっては必要です。

 

私も、社会に出て20年、経営コンサルタントとして仕事をして10年、さまざまな仕事を経験したり、多くの経営者や経営幹部、管理職、会社員、士業の方々などと話をしたり、一緒に仕事をしてきました。

 

その中でいつも感じるのは、ビジネスパーソンとして能力の高い方というのは、上記のようなさまざまな能力がそれぞれ高く、かつバランスが良いということです。

 

これらの能力や考え方は、どのようにして学べば良いのでしょうか?

 

その質問に答えられるのが、この学習塾「オンリーワンスクール」です!!

 

現在、開校に向けて、鋭意準備中ですので、詳しいことは、またご報告しますね!!

 

ホームページやチラシ、パンフレットなども、現在作成中です。出来上がり次第、アップしていきます。また、オンリーワンスクールがどのような学習塾なのか、未だピンと来ない方も多いかと思いますので、本ブログで内容をお伝えしていく予定です。

 

11月から説明会を行う予定なので、日程についてもまたご報告します!!(^^)

 

乞うご期待ください!!!!

 

 

大学入試問題に契約書!?

こんにちは!

キッズジャンププログラミング代表の渡邊です。

 

先月、政府の2020年大学入試改革に関連して、大学入試センターから「大学入学共通テスト(仮称)」の問題例が発表されました。

 

「大学入学共通テスト(仮称)」は、今の制度でいう大学入試センター試験です。2020年度からセンター試験に、一部記述式が追加されます。

 

この2020年からの国語の試験に、な・な・なんと、、%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-06-12-14-46-41

 

 

“契約書”を使った問題が出題されるかもしれないのです!!

(問題例ですからあくまでもこのような出題の可能性を示唆しているだけですが・・・)

 

私も非常に驚きました。

 

契約書というと、通常のビジネスパーソンでも、あまり目にしないという人も少なくはないのですが、それを高校生に主題するとは!!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-06-12-15-06-55

もちろん、法律的な知識や法的文書の作成する力をとうものではなく、趣旨は、内容(情報・文脈)を的確に理解・要約し、自分の考えを表現する(書く)、またその根拠についても意見を述べることですが、それにしても実用的すぎる!!!と思い、びっくりしました。

 

高校でどのように対策をしていくのかなど、課題は多いとは思いますが、実社会で必要とされている実用的な文書を出題することは、私個人的には賛成です。現実の社会がどのように動いていて、そこで生きていくためにはどんな能力が必要かを学生のうちから意識させることは非常に重要だと思います。

 

ドイツのベルリン大学初代総長ヨハン・ゴットリープ・フィヒテの言葉にこのようなものがあります。

「我々が学問を学ぶのは、試験に備えて学んだことを、そのまま言えるようにしておくことではない。学んだことを人生の来るべき場面に応用するためであり、究極の目標は単なる知識ではなくて、むしろ知識を駆使する技法が大事なのだ」

 

 

知識・技能を応用する場面を想像させることは教育には非常に重要なように思います。

 

これがきっかけで法律家の道に進みたいという学生も出てくるかも知れません。

 

何のために勉強しているのかというイメージが沸けば、モチベーションアップに繋がると思います。

 

今、政府は、大学入試改革だけではなく、大学自体のあり方も変えようとしています。卒業生が社会に出てそのまますぐに即戦力となるような、「専門職大学」という制度も検討しています。

 

我々も小学校から中学・高校・大学を経て、社会に出るまでのイメージが湧くようなような教育をしていきたいですし、政府の教育改革も是非そのような方向性を継続して行ってもらいたいなと思います。

 

問題例が気になる方は下記URLをご参考ください!

http://www.dnc.ac.jp/albums/abm.php?f=abm00009385.pdf&n=記述式問題のモデル問題例.pdf