考える力・アクティブラーニング

高校生がビジネス?SBPとは?

7090b24a86db19363b84e2bd15f730b8_s

詰め込み型教育から脱却、高校でビジネスに生きる教育の実践が始まっています。もはや高校生によるビジネスそのものと言っても良いかもしれません。

 

SBPとは

SBPとはSocial Business Project(ソーシャルビジネスプロジェクト)の略で、地域の課題をビジネスの手法を用いて解決していこうという取り組みです。

具体的には高校生が地域資源(ひと、モノ、自然、歴史、名所旧跡、産業等)と交流し、見直し、活用して“まちづくり“や”ビジネス”を提案していく、そしてその取組を地域で応援し支えていこうというものです。

2018年8月には「第3回全国高校生SBP交流フェア」が開催されました。ここではそれぞれが”取り組んだことを発表”し、”開発した商品を紹介・販売”しながら交流し、互いに評価しながら向上していくことを目的に行う交流事業です。交流フェアは「未来の大人応援プロジェクト実行委員会」が主催し、文部科学省をはじめとして「産・官・学・金・言(産業界・行政・学校・金融・マスコミ)」が共催・後援として協力しています。

(参考:全国高校生SBPプロジェクト

 

SBP導入の目的とは

SBPの推進は学校だけが進めているわけではありません。前述したように交流フェアでも「産・官・学・金・言(産業界・行政・学校・金融・マスコミ)」が共催・後援して協力していることからも、各業界が期待を寄せていることがわかります。SBP導入の目的を大きくまとめると以下の3つになるでしょうか。

  1. 人材育成
    • 高校生にビジネスに必要な能力(営業力・交渉力)が身につく
    • 社会に出て即戦力となる人材へ
  2. 地元産業の振興
    • 地元の魅力の再発見
    • 若者の発想力を生かす
  3. 人の定着
    • 地元への繋がりを強める
    • 地元での就職

 

広まるSBP

SBPを取り入れる高校が増えてきていると日本経済新聞の記事に取り上げられていました。


地域の抱える課題をビジネスを通じて解決しようとするソーシャル・ビジネス・プログラム(SBP)を教育に取り入れる高校が増えている。若者の視点を生かして特産品を使った商品を開発したり、イベントに飲食店を出してにぎわいつくりに一役買ったり。専門家は「地域の強みや悩みを学んで事業のアイデアを練る経験によって、主体性や責任感が育まれる」と指摘する。高校卒業後の若者の流出に悩む自治体は、故郷への愛着が深まることに期待し、積極的に支援している。


img_5564

(出典:日本経済新聞)

高校生によるSBPは、人口減少から廃校の危機にあった三重県立南伊勢高等学校南勢校舎で2013年4月に始まりました。現在では全国の50校以上に広がっているとのことです。

具体的にどのようなことしているか例をあげますと。

  • 特産品を詰め合わせた「セレクトギフト」の販売(三重県の高校)
  • カフェの運営(和歌山県の高校)
  • 大手コンビニエンスストアと地元の牛乳を使用したパンの共同開発(岩手県の高校)
  • 地元製薬会社と化粧水の共同開発(富山県の高校)
  • 松葉の抗酸化・血管弛緩・アレルギー緩和作用を生かした商品開発(静岡県の高校)

ここに挙げた例は一部で他にも興味深い取り組みはたくさんあります。ご興味のある方は下記URLからどうぞ。

https://mirai-otona.jp/efforts/1/

 

SBPの今後について

これからさらにSBPを導入する高校が増えていくものと考えられます。また、参加している団体を見ると「〇〇クラブ」「〇〇同好会」といった名前が多数見られます。学校や企業といった大人からの働きかけだけではなく、高校生自身が主体的にSBPに取り組みたいといった例も少なからずあると思います。それこそ真の主体性と言えるのではないでしょうか。

SBPの取り組みがさらに広がれば、高校生にとってはとても良い環境になります。近いうち、大きな成功を収める高校生も出てくるかもしれません。我々大人も負けてはいられませんね。

 

子どもに「経済ってなに?」と聞かれたら

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-02-13-12-55

子どもに「経済ってなに?」と聞かれたらわかりやすく答えられますか?

「子どもに聞かれたら答えられるようにしたいこと」として、毎回あるテーマについて簡単な説明をするシリーズです。子どもの質問対策に少しでも役立てれば嬉しく思います。

今回は「経済」です。(参考:NHK高校講座ビジネス基礎

 

経済とは

私たちは商品を購入し、それを消費して毎日生活しています。それができるのは、

商品を私たち消費者に届ける流通の活動があるからです。

さらにその商品をつくり出す生産の活動があるからです。

この生産・流通・消費の一連のつながりを経済といいます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-02-13-12-55

子どもには具体例を出して説明してあげるとこれだけでも十分伝わるかと思いますが、生産・流通・消費について少し深掘りしていきます。

生産

生産とは商品を作ることです。

その商品には形のある「もの」形のない「サービス」も含まれます。

ものの生産

ものの生産は第一次産業と第二次産業に分かれます。

  1. 第一次産業
    • 自然からもたらされるものを収穫する農業、漁業、林業
  2. 第二次産業
    • 原材料を加工してものをつくり出す製造業や建設業など

サービスの生産

サービスには以下のようなものがあります。

  • ホテルなどの宿泊業
  • 映画館などの娯楽業
  • クリーニングなどの洗濯業
  • 家事サービス業
  • 人材派遣業   など

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-02-13-13-06

流通

生産された商品を消費者に届ける活動です。

ただし商品がサービスの場合は生産と同時に消費されるため、流通の活動はありません。

流通は売買、輸送、保管で成り立っています。これらを支えるのは小売業者、卸売業者、物流業者です。

小売業者

小売業者の役割は、消費者が必要とする商品を、いつでも、どこでも、必要な量だけ、適正 な価格で消費者に販売することです

小売業者は店舗販売と無店舗販売に大きく分けられます。

  1. 店舗販売の例
    • スーパー
    • デパート
    • コンビニエンスストア など
  2. 無店舗販売の例
    • 通信販売
    • 訪問販売
    • 自動販売機 など

卸売業者

卸売業者の主な役割には、次のようなものがあります。

  1. 生産者と小売業者の中間に卸売業者が入ることで、取引の総数を減らして流通全体のコストを下げる役割。
  2.  品ぞろえの過程で、商品が売れるまでの間、中間在庫として一定期間商品を保管し、売れ残りによる小売業者の危険の一部を負担する役割。
  3.  商品の輸送という物流の役割。

 

物流業者

物流業者の役割は商品を輸送および保管することです。

この輸送および保管の活動をあわせて物的流通(物流)といいます。

物流業者には輸送を担当する輸送業者と保管を担当する倉庫業者に大きく分けられます。

さらに輸送業者は輸送手段により以下のように分けられます。

  • 自動車輸送業者
  • 船舶輸送業者
  • 鉄道輸送業者
  • 航空輸送業者

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-02-13-13-18

消費

私たちが商品を購入し、食べたり、使ったり、サービスを受けたりすることです。

食品、家電、美容院、水道、電気などなど、生産と流通があるからこそ、それを私たちが購入し、消費して毎日生活できます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-02-13-13-39

まとめ

「経済とは何か」を簡潔にまとめると次の通りです。

  • 経済とは生産・流通・消費の一連のつながり
  • 生産とは商品を作り出すこと
  • 商品とは私たちが購入するものやサービスのこと
  • 流通とは商品をお店や個人へ運ぶこと
  • 消費とは商品を購入して食べる・使う・サービスを受けること

図や絵を使ったり、食べ物・文房具など身近なもので説明してあげると子どもたちはわかりやすいのではないでしょうか。

数学は必要ないと思っていませんか??

c09b14878e2932a39fd7d7d723c067bf_s

早稲田大学が看板学部である政治経済学部の一般入試で、「数学」の必須化を発表して話題になっていましたが、みなさんは「数学」を学ぶことについてどのようにお考えですか?

 

  • 「数学を学んだが実社会でどのように役に立っているかわからない」
  • 「微分・積分なんか大人になって全く使わないから意味がない」
  • 「算数はまだしも数学は好きな人だけ学べばいい」

 

このように考えている人は多いのではないでしょうか。私も今まではその一人でした。しかし、次の朝日小学生新聞の記事を読んで変わりました。

 


ーー算数や数学は将来、どう役立ちますか?

 算数と数学はひとくくりにできません。算数は「3割引ならいくら安い?」「4人分のレシピで3人分の料理をつくる」といったときも必要で、生活に直結しています。解き方がわかる問題をすばやく正確に解くことが重視されます。

 中学受験の算数や数学は大人でも意義を実感していない人が多いですね。「社会人になって使ったことがない。数学は選択科目でいいのでは」という声を聞くこともあります。でも、先進国では数学は必修。期待されるのは未知の問題を解く力です。それには論理的思考力、さらに、ほかの人にわかるように伝える表現力が求められます。


img_5555

(出典:朝日小学生新聞)

 

これは朝日中高生新聞で数学のコラムを連載し、数学塾の塾長もつとめる永野裕之さんのインタビューです。この記事を読んで数学について今一度考える機会を得ることができました。

 

数学で身につく力とは

数学を学ぶことが必要かどうかを考えるためには、そもそも数学でどのような力が身につくのかを考える必要があります。

永野さんは数学で次のような思考力が身につくと述べています。

数学で身につく思考力

  1. 情報の整理
    • 表やグラフに図解する
  2. 多面的に捉える
    1. 具体化
      • 例をイメージする
    2. 抽象化
      • 本質をよりすぐる
    3. 分解
      • 要素を分ける
    4. 変換
      • 置き換える
  3. 総合・説明
    • これまでの過程を総合的にとらえ、他の人に説明する

 

「数学で身につく思考力」と表現されていますが、これはつまり「数学の問題を解くプロセス」といっても良いのではないでしょうか。あまり考える機会はありませんが、言葉で明確に表すとこのようになるのですね。数学を学ぶことにより将来役立つ力が身につくことがよく良くわかります。

 

また、数学の問題を解くということは、機械的にただ数字や記号で作られた問題を解いて答えを出しているわけではなく、論理的思考力を養っているということです。そして、「答えを出す」ことではなく、論理的思考力を養う「過程(プロセス)」が重要だということもわかります。

 

今回ご紹介した記事でも、公式や解き方を丸暗記するのではなく、なぜその公式で答えが出るのかといった結果よりプロセス(過程)を大事にするよう述べられています。

 

みえにくいが確実に養われ役立つ力

今まで全く意識したことはありませんでしたが、「数学で身につく思考力」(1.情報の整理 2.多面的に捉える 3.総合・説明)を考えると、数学を学んだことは今、確実に役立っているのではないかと感じています。

文章を書く、話すといったことをはじめ、仕事をする上で「1.情報の整理」「 2.多面的に捉える」「 3.総合・説明」は必要不可欠です。

ただし、私たちがそうだったように、数学を学ぶことがどのように役に立つのかはっきりしないまま学んでいる子どもたちは多いのではないでしょうか。思考力が伸びているかどうかも実感しにくいところがあります。

だからこそ、数学を学ぶことでどのような力が身につき、どのように役立つのかを認識させることは、とても大切だと考えられます。

文科省の『高大接続制度化』の取り組みとは??

0db048322406acb3c631aeeed97e7002_s

これまで特定の大学と高校が個別に行ってきた高大接続が、文部科学省により制度化されるそうです。


文部科学省は2019年度から、高校と大学で一貫した理数教育を行う新たな仕組みづくりに着手する。私立も含めた中核的な大学に「高大接続枠」を設け、高校生が入学前から教授の指導を受けたり、インターンとして研究室を訪問したりすることを可能にする。政府が目指す「科学技術立国」リードするトップレベルの人材育成が狙いだ。

img_5529
(出典:日本経済新聞)

 

高大接続とは何か

高大接続を簡潔に述べると、「高校と大学で優れた人材を一貫して育成する」ということです。

「大学に合格するため」の高校教育ではなく、専門教育を高校・大学と一貫して学び、社会に出て第一線で活躍できる人材を育てることを目的としています。

高大接続は高大接続改革の一つの取り組みです。高大接続改革について文部科学省は以下のように説明しています。


グローバル化の進展、技術革新、国内における生産年齢人口の急減などに伴い、予見の困難な時代の中で新たな価値を創造していく力を育てることが必要とされています。高大接続改革においては、高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜を通じて学力の3要素を確実に育成・評価する、三者の一体的な改革を進めることが極めて重要であるとし、これらの改革に向けての取組みを着実に進めています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-26-10-56-44

(出典:文部科学省

 

高大接続の制度化とは

制度化とは高大接続の「定義」などを整理していくことと言えるでしょうか。

これまでは制度化されておらず、大学と高校が「我々は高大接続をしている」といえば否定できなかったわけです。しかし、制度化されることにより、「高校と大学で優れた人材を一貫して育成する」という高大接続の目的を達成する一定の水準が保たれると考えられます。

 

文部科学省の高大接続制度化の取り組みをまとめると以下の通りです。

高大接続制度化の取り組み

  • 2019年度から仕組みづくりに着手
  • 対象教育は理数教育
  • 初年度は公私立問わず全国から参加校を募る
  • 対象者は意欲ある一部の高校生
  • 目的は「科学技術立国」をリードするトップレベルの人材育成

具体的に想定されている制度をまとめると以下の通りです。

高校在学時

  • 大学の授業を受けられる
  • 研究に必要な知識やスキルを身につけてもらう
  • 教授や大学院生の助言を受け、共同での学会発表もできる

入試〜大学前

  • 連携大学への進学を希望する場合、高校時代の研究活動をAO(アドミッション・オフィス)入試や推薦入試に活用できる
  • 入学前から研究室でインターンとして学べる

大学入学後

  • 1年生時から研究室に所属できる
  • 学年ではなく能力に応じて学べる
  • 高校の研究活動をもとに単位認定

 

 

今後について

2019年度は1大学あたり高校5校程度の連携を想定しているそうですが、将来は全国で展開していくそうです。

起きるか!?教育のパラダイムシフト!!

7d0f40d79705050d8d5d40d4e0b392bd_s

パラダイムシフトとは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいいます。(パラダイムチェンジともいう)このパラダイムシフト、革新的・劇的変化が教育界でも起きようとしています。

 


 日本の政治の中心、永田町からほど近い東京都千代田区立麹町中学校。都心のど真ん中にある学校で9月「未来の教室」を目指す取り組みが始まった。
 生徒たちは手元のタブレット端末をのぞき込んでいた。画面に問題が現れると、タッチペンで解答、解説をみて理解を深める。教師は生徒のサポートに徹し、黒板も教科書も使わない。


img_5524-2
(出典:日本経済新聞)

麹町中学校の導入した教材は株式会社COMPASSが開発した人工知能型教材Qubena(キュビナ)です。公式Webサイトより特徴を簡潔にまとめてみました。

Qubena(キュビナ)とは

レベル・スピードを合わせてくれる自分だけの先生

個人に最適化する人工知能が「解くべき問題」を自動的に出題し、圧倒的スピードで効率的な学習をサポート。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-25-11-25-10

公式Webサイトより

科目と対象学年

  • 算数

  小学1年生〜小学6年生

  • 数学

  中学1年生〜中学3年生

 

特長

特徴01: 人工知能が一人ひとりの学習フローを最適化

生徒によって間違え方も解き方も人それぞれ。人工知能が分析し、Qubenaでは一人ひとりに合ったその生徒が解くべき問題へ誘導。

特長02 :学ぶことに夢中になれる最先端の機能とデザイン

Qubenaは、学習を快適にするいくつもの機能とデザインを装備。ペンを使った手書き学習、自動文字認識、正誤判定、メモ機能によってタブレット1つですべての学習が完結。ヒントや解説アニメーションも充実。

特長03: 算数・数学の学習に必要なすべての操作に対応

タブレットでは実現が困難だった「定規・コンパス・分度器を使った作図」や「関数のグラフ作成」にも対応。

特長04 :講師と生徒の間にまったく新しい関係性を

生徒が解いている問題、解答時間、正答率などの学習データは、専用の管理システムによってリアルタイムに収集・分析。 それぞれの生徒の理解度を瞬時に把握し、質問があった場合もわかりやすい学習指導を可能に。

 

教育がどう変わるか

Qubenaのような新しい学習システムの導入により、「鉛筆や紙からタブレットへ」という変化もありますが、より大きな変化があります。

麹町中では定期試験や宿題を廃止し、AIを駆使した効率化で余った時間を自主性や創造力を育む活動に使っているそうです。

具体的にどのような取り組みをしているかというと。

  • 3年生の修学旅行では生徒たちがツアー旅行を企画
    • 現地へ出向いて観光資源を調査、JTB社員らの前でプレゼンして優劣を競う
  • 2年生は企業から出される課題に取り組む
    • NTTドコモやクレディセゾンなどが出す課題について解決法を考え、評価してもらう

 

このような例は他にもあり、日本大学三島中学校は通信教育大手のZ会が開発したIT教材を導入し、「地方の観光をテーマに改善点をまとめ、批評を受ける」といった取り組みをしているとのこと。

 

我々はどうすべきか?

いかがでしょうか。教育のパラダイムシフト。

学校教育は実社会に直結する力を育てる教育へと変化する兆しがあります。

とはいっても変化が始まったのは一部の学校です。つまり、我々保護者も受け身から脱却し、主体性を持って動かなければなりません。学校が子どもに新しい教育をしてくれると思っていては受け身だということです。受け身の親から子どもが主体性を持った人間に育つでしょうか?

家庭でできることを始めましょう。習い事について「どうすれば上達するか」や、身の回りの問題について話し合ったり、子ども用の新聞を購読してテーマを決めて話をすることから取り組んではいかがでしょうか。

変化に乗り遅れないように、我々保護者の意識もパラダイムシフトを起こしましょう。

 

 

教育改革の波が塾・予備校にも??

e9df00f201cd723dccdd15d6a971a201_s

 

2020年度の教育改革に備え、学校だけではなく塾・予備校も対策を始めています。

少子化が進んでいるなかでも生徒確保・獲得のため、学校よりも塾・予備校の方が柔軟かつ素早く対応していきそうです。

 


塾・予備校 再編の激流

 塾・予備校の合従連衡が一段と進もうとしている。学研ホールディングス(HD)は全国の約100社からなる「塾連合」を11月に立ち上げる。Z会グループやベネッセHDも外部の塾・予備校との連携を広げている。学習指導要領の改定や大学入試改革が2020年度に迫り、従来のノウハウが通用しなくなるとの危機感が背中を押す。


img_5492

(出典:日本経済新聞)

 

 

塾・予備校が対策を進める主な要因をまとめると以下です。

①2020年教育改革

 ・小学校で英語が正式科目となり、プログラミングが必修化される。

 ・センター試験が大学入学共通テストが導入され、英語では4技能(聞く・読む・書く・聞く)を測る。

②IT(情報技術)を駆使するエドテックへの対応

 ・世界の教育現場の潮流は「集団指導」からデータ活用した「個別化」へと移っている。

 ・人手(講師)不足が深刻化している中でAI(人工知能)や映像授業といったITの活用が役立つ。

③少子化による将来的な国内市場縮小

 ・アジアなど海外への展開へ向け国内の収益基盤を固める必要がある。

 

具体的な大手企業の取り組みはというと。

 学研HD・・・地方の学習塾の買収・提携

 Z会グループ・・・地方の学習塾の買収・提携

 ベネッセHD・・・全国の塾・予備校への自社サービス(教材やシステム)販売強化

 

学研HDでは2009年には買収を始めていたそうです。学研HDの「大連合」の最大の狙いは2020年度から始まる教育改革への備え。単独で教材や指導方法、システムを新たに開発するのは難しいため、各社の知見を集めて対応していくとのこと。

 

2020年教育改革

いまいち実感がわかない方も多いかもしれませんが、確実に社会に影響が出てきています。

塾・予備校はとても身近な存在です。

その塾・予備校は学校よりも柔軟に、そして素早く対応しています。

これから社会に求められるのはどのような人物か考え、家庭でもこの波に乗り遅れないようにきちんと認識・準備して行きましょう。

新たな大学制度『専門職大学』とは?

2019年4月に新たな高等教育機関が創設されます。
専門職大学専門職短期大学・専門職学科(以下、「専門職大学等」という)です。


今回は「専門職大学等とは一体なんなのか?」「これまでの大学との違いは?」「どんな人に向いてるのか?」などの疑問に対する回答を文部科学省のWebサイトを参考に以下にまとめてみました。

 

専門職大学等とは何か?
専門とする職業分野の高度な実践力と、それを他分野の知識等と結びつけて新たなモノやサービス を生み出す豊かな創造力を育てる新しいタイプの大学・短期大学です。
 「専門職大学等」は、大学制度の中に、実践的な職業教育に重点を置いた仕組みとして制度化するものであり、産業界との密接な連携により、専門職業人材の養成強化を図り、また、大学への進学を希望する方にとっても新たな選択肢が広がるものです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-12-11-09-20

誰が専門職大学等の制度を作ったのか?
文部科学省が制度化。産業構造の急激な転換などの経済社会の状況や、高等教育をめぐる状況の変化などを踏まえ、政府 の教育再生実行会議が「質の高い実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化」を提言したことを受けて創設された制度で、産業界からも注目されています。平成31年4月からの開設(入学)を予定しています。


なぜ専門職大学等が創設されるのか?
産業構造の急激な転換により、社会における将来の予測の困難化が進んでいます。一方、高等教育においては、高等教育進学率が上昇する中で、産業界等からはより実践的な教育へのニーズや、学び直しへのニーズへの対応が求められ、変化の激しい社会に対応した人材が必要となっています。すなわち、より高度な「実践力」と新たなモノやサービスを創り出せる「創造力」を有する人材の育成強化が急務となっているためです。


どのような分野が開設されるのか?
産業界や地域のニーズに対応した、以下のような分野での開設が検討・期待されています。
(例)農業、情報、観光、医療・保健、 クールジャパン分野(マンガ、アニメ、ゲーム、ファッション、食など日本が強みとする諸分野)など

これまでの大学・短大との違いは何か?
・実務家教員が数多く配置され、最新の活きた知識・技術を教授
・産業界等と緊密に連携した「実践的」な教育課程を編成
 実習等の充実、長期の企業内実習(インターンシップ)を必修化
・産業界や地域の関係者の意見を反映し、地域の産業ニーズに対応した教育課程を編成
・同時に授業を行う学生数は原則として40人以下

専門職大学等はどんな人に向いているか?
・やりたい仕事、なりたい職がすでに決まっている「スペシャリスト志向」の人
・高度な実践力を身に付けて、わが国の成長分野や地域産業の変革の担い手となりたい人
・専門高校で学んだ経験を活かして進学したい人
 ★授与される学位は「学士(専門職)」「短期大学士(専門職)」




いかがでしょうか。
疑問の解消に役立てたでしょうか。
様々な分野の専門職大学等ができること期待したいところです。
しかし、次のような現実もあります。



専門職大学「準備足りず」
 来年4月に開設される専門職大学・短大について、文部科学省の大学設置・学校法人審議会は5日、初の設置認可を答申した。申請があった17校のうち、設置を認める答申は1校にとどまった。2校は、さらに審査が必要だとして「保留」、14校は審査段階で「取り下げ」となる厳しい結果だった。

img_5482
(出典:読売新聞)

現時点で設置が認められたのはわずか1校。。。
今後に注目していきましょう!!

家庭でできる入試対策(時事問題)とは!?

中学校入試で「時事問題」がよく出されているそうです。
時事問題とは、近年に起きた政治、経済、国際、社会一般などにおける事象の総称です。


時事問題に詳しい文教大学生涯学習センター講師の早川明夫さんによると、例年8〜9割の学校で出題されているとのこと。
早川さんは中学入試について次のように分析しています。


 毎年、首都圏の私立・国立中学を中心に100〜120校の出題を分析しています。社会は8〜9割、理科は3割弱の学校で時事問題が出されています。
 出題のタイプは大きく分けると2通り。名称などを直接問うタイプと、あるニュースや出来事を間接的に取り上げて、関連する学習内容を問うタイプです。
 たとえば、「2017年に世界文化遺産に登録された沖ノ島は何県?」というのが直接問うタイプ(正解は福岡県)、「選挙権をあたえられるのが満18歳以上になった」という「選挙権年齢の引き下げ」を切り口にして、選挙権の拡大の歴史などを出題するのが間接的に問うタイプです。

img_5479
(出典:朝日小学生新聞)



早川さんが紹介しているものも踏まえ、「来春入試で出そうなテーマ」とキーワードをいくつか挙げてみました。



科学・文化
(1)「潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に
・長崎・熊本の集落などが対象
(2)本庶佑さんノーベル生理学・医学賞受賞
・京都大学特別教授本庶佑(ほんじょたすく)さん
・「免疫力」を使ってガンを治す新しい方法を開発
(3)築地市場移転
・豊洲へ移転
・中央卸売市場
・市場、卸売業者、仲卸業者


自然災害
(1)関西空港水没
・台風による吸い上げ効果と吹寄効果が原因
(2)西日本豪雨
・オホーツク海高気圧(冷たい空気)と太平洋高気圧(暖かく湿った空気)
・前線(暖かい空気のかたまりと冷たい空気の塊がぶつかる境目)の停滞が原因
・バックウォーター現象
(3)猛暑
・太平洋高気圧
・偏西風の蛇行
(4)北海道震度7
・全域停電、ブラックアウト
・液化現象

政治
(1)アメリカと北朝鮮の首脳会談が初めて実現
・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長
・シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで
(2)核兵器
・核兵器禁止条約
・非核三原則
(3)北方領土
・安倍晋三首相とプーチン大統領との会談
・択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島
・平和条約
(4)貿易
・関税
・米中の攻防
・TPP


などなど、見ておわかりの通り時事問題はなかなかの量があります。。。
子どもたちも入試のために急に詰め込むのは無理があるかもしれません。


そこで子ども用の新聞を購読して目を通す習慣をつけることをお勧めします。
例えば次のようなものがあります。

・読売KODOMO新聞 毎週木曜日発行 月500円
・朝日小学生新聞 毎日発行 月1769円
 など


他にも毎日新聞社の「月刊Newsがわかる」(通常価格450円)などがあります。


「大人むけの新聞を購読していたけど、文字の量も多いし読む気にならないな」と購読を辞めてしまった皆さんにもお勧めです。
子ども向けなので大人にとってもわかりやすくとてもためになります。


早川さんは時事問題の出題タイプについて「直接問うタイプ」と「間接的に問うタイプ」の知識を問う二つのタイプをあげていました。
しかし、「考える力」が重要視されている今の時代、「どのように考えるか自分の意見を述べよ」といった「意見を問うタイプ」も出題されるようになるのではないでしょうか?

先に紹介した子ども用新聞などをぜひ活用して見てください!!

家庭で子どものプレゼン力を上げるには!?

さて問題です。
新国立競技場、JR渋谷駅改修、ティファニー 銀座、無印良品「窓の家」、GINZA KABUKIZA、JPタワー 商業施設「KITTE」などなど
これらの設計に携わっている人物は誰でしょう?


答えは・・・建築家の隈研吾さんです。日本国内にとどまらず、海外でもプロジェクトが複数進行しているそうでです。
隈研吾(くま・けんご)・・・1952年生まれ。は、日本の建築家(一級建築士)。株式会社 隈研吾建築都市設計事務所 主宰。東京大学教授。木材を使うなど「和」をイメージしたデザインが特徴的で、「和の大家」とも称される。


日本を代表する建築家となった隈さん、その秘密がわかる子どもの頃のお話が、日本経済新聞に載っていました。



父が鍛えてくれたプレゼン力
「父はものを買ってほしいと言うと、僕にリポートを書くよう言いました。例えば、テープレコーダーを買ってもらいたいときは候補の機種の特徴などを一覧にして、そのなかで一番欲しいのはどれか、なぜその機種を選ぶのかを明確に書かなければ買ってくれませんでした。妹は『欲しい』というだけで買ってもらえ、不公平だと思いましたが。父は、僕は口下手で人付き合いがうまくできそうにないと思っていたようです。僕は絵が好きで、芸術家を目指すと言う選択肢もあると思っていたのですが、父は感性だけで勝負する世界に行くことは望んでいませんでした。それでこうした訓練を課したのかもしれません。後々、建築のプレゼンに役立ちました」

img_5472
(出典:日本経済新聞)


隈さんのお父さんは、欲しいというものについて子どもにプレゼンさせたそうです。
皆さんは子どもの頃、欲しいものがあったらプレゼンしてました?
ご自身の子どもに対してはいかがですか?


これは保護者にとっては子どものプレゼンテーション力を伸ばすまたとないチャンスではないでしょうか。
私が子どもの立場だったら必死になると思います。理由はシンプルです。どうしても欲しいから。


いきなり「紙に書いてプレゼンしなさい」といわれても子どもは難しいかと思うので、まずは日常から「なぜ?」「どうして?」といった理由や、「他とどう違うの?」「他のよりどこがいいの?」といった比較、「どうなるの?」「どう変わるの?」といった予想や結果を何気なく聞いてみてはいかがでしょう。


子どもの頃からこのような訓練をしていたら、隈さんのように大人になってからビジネスの場で役立つことは間違いないのではないでしょうか。


ところで、建築家といえば私のような素人からすると設計力が重要なんだろうとまず思い浮かぶわけですが、プレゼンテーション力という力も、とても重要であるということに今回気付かされました。(建築家に限った話ではないことはもちろん承知していますが。)


「建築」と「プレゼン」をインターネットで調べていると「建築コンペ」という言葉が出てきました。訳すと「建築競技」・・・。設計力とプレゼン力のもはや「競技」なのですね。
建築コンペ・・・設計競技ともいう。建築物の設計を依頼する際に,複数の建築家や設計企業から設計案を募集し,そのなかから優秀な作品を選ぶこと。


いずれの職種にせよ。プレゼンテーション力は必要です。
子どもの能力向上のチャンスを逃さないようにしましょう!!

子どもに「お金ってなんであるの?」と聞かれたら

子どもに「お金ってなんであるの?」と聞かれたらわかりやすく答えられますか?


「子どもに聞かれたら答えられるようにしたいこと」として、毎回あるテーマについて簡単な解説を皆様にお伝えしていきたいと思います。子どもの質問対策に少しでも役立てれば嬉しく思います。


第二回目は「お金」です。


「お金」とは
お金とは次に紹介する3つの機能を持つものです。
機能を説明することで「お金ってなんであるの?」という質問の答えになります。

①モノを交換する機能(モノを買うため)
昔は物々交換をしてほしいモノを手に入れていました。
しかし、「自分の欲しいモノを持っていて、さらに自分の持っているモノと交換してくれる相手」を探すには、多大な時間と手間がかかります。
そこでお金の登場です。
お金は相手に価値が認められているため、お金と欲しいモノとを簡単に交換できます。


例えば物々交換だと、すごく肉が食べたいのにりんごしか持っていないAさんがいたとします。Aさんはまず肉を持っている人を探します。さらにその中からりんごと交換してくれる人を探すわけです。

物々交換であれば・・・
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-05-11-34-52


お金があれば・・・
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-05-11-35-00



②モノの価値をはかる機能(モノの値段を決めておくため)
物々交換の場合は、交換の比率を、交換するたびに決めてお互いが納得する必要があり、大変です。お金は、それぞれのモノの価値を測るものさしの役割を果たすので、取引が簡単になります。

例えば物々交換だと、肉1切れに対しリンゴ1個なのか、肉1切れに対しリンゴ3個なのか物々交換のたびに相手と相談して決めるのは大変です。そこで肉一切れ300円、りんご1個100円とするとお金で価値をはかって決めておけば「肉1切れ=300円=りんご3個」とモノの価値が一定して取引がとても簡単になります。


物々交換では・・・
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-05-11-35-07

お金があれば・・・

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-05-11-38-27


③モノの価値をためておく機能(モノの価値をなくさないようにするため)
くさったり、こわれやすかったりなど、品質が変化しやすいモノは、モノのまま価値を保存することができません。しかし、お金に交換しておくと、そのモノが持つ価値を保つことができます。

例えば物々交換だと、肉はいつまでも保存しておくこはできずに腐ってしまうため、欲しいものと交換できなくなってしまいます。しかし、お金に交換しておくといつまでもためておくことができます。そのお金は好きな時に欲しいものと交換できます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-05-11-38-33


今回は「お金」について簡単に解説させていただきました。
ぜひ家庭教育で役立ててください。


また、「今の時代は物々交換はしやすいか」について考えても面白いのではないでしょうか。 インターネットの発達により、次の条件を満たす相手を探すことは昔よりは簡単になってきていますよね。

 「自分が欲しいものを持っている」
 「自分の持っているものと交換してくれる」

それではまた次回。