考える力・アクティブラーニング

家庭で子どものプレゼン力を上げるには!?

さて問題です。
新国立競技場、JR渋谷駅改修、ティファニー 銀座、無印良品「窓の家」、GINZA KABUKIZA、JPタワー 商業施設「KITTE」などなど
これらの設計に携わっている人物は誰でしょう?


答えは・・・建築家の隈研吾さんです。日本国内にとどまらず、海外でもプロジェクトが複数進行しているそうでです。
隈研吾(くま・けんご)・・・1952年生まれ。は、日本の建築家(一級建築士)。株式会社 隈研吾建築都市設計事務所 主宰。東京大学教授。木材を使うなど「和」をイメージしたデザインが特徴的で、「和の大家」とも称される。


日本を代表する建築家となった隈さん、その秘密がわかる子どもの頃のお話が、日本経済新聞に載っていました。



父が鍛えてくれたプレゼン力
「父はものを買ってほしいと言うと、僕にリポートを書くよう言いました。例えば、テープレコーダーを買ってもらいたいときは候補の機種の特徴などを一覧にして、そのなかで一番欲しいのはどれか、なぜその機種を選ぶのかを明確に書かなければ買ってくれませんでした。妹は『欲しい』というだけで買ってもらえ、不公平だと思いましたが。父は、僕は口下手で人付き合いがうまくできそうにないと思っていたようです。僕は絵が好きで、芸術家を目指すと言う選択肢もあると思っていたのですが、父は感性だけで勝負する世界に行くことは望んでいませんでした。それでこうした訓練を課したのかもしれません。後々、建築のプレゼンに役立ちました」

img_5472
(出典:日本経済新聞)


隈さんのお父さんは、欲しいというものについて子どもにプレゼンさせたそうです。
皆さんは子どもの頃、欲しいものがあったらプレゼンしてました?
ご自身の子どもに対してはいかがですか?


これは保護者にとっては子どものプレゼンテーション力を伸ばすまたとないチャンスではないでしょうか。
私が子どもの立場だったら必死になると思います。理由はシンプルです。どうしても欲しいから。


いきなり「紙に書いてプレゼンしなさい」といわれても子どもは難しいかと思うので、まずは日常から「なぜ?」「どうして?」といった理由や、「他とどう違うの?」「他のよりどこがいいの?」といった比較、「どうなるの?」「どう変わるの?」といった予想や結果を何気なく聞いてみてはいかがでしょう。


子どもの頃からこのような訓練をしていたら、隈さんのように大人になってからビジネスの場で役立つことは間違いないのではないでしょうか。


ところで、建築家といえば私のような素人からすると設計力が重要なんだろうとまず思い浮かぶわけですが、プレゼンテーション力という力も、とても重要であるということに今回気付かされました。(建築家に限った話ではないことはもちろん承知していますが。)


「建築」と「プレゼン」をインターネットで調べていると「建築コンペ」という言葉が出てきました。訳すと「建築競技」・・・。設計力とプレゼン力のもはや「競技」なのですね。
建築コンペ・・・設計競技ともいう。建築物の設計を依頼する際に,複数の建築家や設計企業から設計案を募集し,そのなかから優秀な作品を選ぶこと。


いずれの職種にせよ。プレゼンテーション力は必要です。
子どもの能力向上のチャンスを逃さないようにしましょう!!

子どもに「お金ってなんであるの?」と聞かれたら

子どもに「お金ってなんであるの?」と聞かれたらわかりやすく答えられますか?


「子どもに聞かれたら答えられるようにしたいこと」として、毎回あるテーマについて簡単な解説を皆様にお伝えしていきたいと思います。子どもの質問対策に少しでも役立てれば嬉しく思います。


第二回目は「お金」です。


「お金」とは
お金とは次に紹介する3つの機能を持つものです。
機能を説明することで「お金ってなんであるの?」という質問の答えになります。

①モノを交換する機能(モノを買うため)
昔は物々交換をしてほしいモノを手に入れていました。
しかし、「自分の欲しいモノを持っていて、さらに自分の持っているモノと交換してくれる相手」を探すには、多大な時間と手間がかかります。
そこでお金の登場です。
お金は相手に価値が認められているため、お金と欲しいモノとを簡単に交換できます。


例えば物々交換だと、すごく肉が食べたいのにりんごしか持っていないAさんがいたとします。Aさんはまず肉を持っている人を探します。さらにその中からりんごと交換してくれる人を探すわけです。

物々交換であれば・・・
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-05-11-34-52


お金があれば・・・
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-05-11-35-00



②モノの価値をはかる機能(モノの値段を決めておくため)
物々交換の場合は、交換の比率を、交換するたびに決めてお互いが納得する必要があり、大変です。お金は、それぞれのモノの価値を測るものさしの役割を果たすので、取引が簡単になります。

例えば物々交換だと、肉1切れに対しリンゴ1個なのか、肉1切れに対しリンゴ3個なのか物々交換のたびに相手と相談して決めるのは大変です。そこで肉一切れ300円、りんご1個100円とするとお金で価値をはかって決めておけば「肉1切れ=300円=りんご3個」とモノの価値が一定して取引がとても簡単になります。


物々交換では・・・
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-05-11-35-07

お金があれば・・・

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-05-11-38-27


③モノの価値をためておく機能(モノの価値をなくさないようにするため)
くさったり、こわれやすかったりなど、品質が変化しやすいモノは、モノのまま価値を保存することができません。しかし、お金に交換しておくと、そのモノが持つ価値を保つことができます。

例えば物々交換だと、肉はいつまでも保存しておくこはできずに腐ってしまうため、欲しいものと交換できなくなってしまいます。しかし、お金に交換しておくといつまでもためておくことができます。そのお金は好きな時に欲しいものと交換できます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-05-11-38-33


今回は「お金」について簡単に解説させていただきました。
ぜひ家庭教育で役立ててください。


また、「今の時代は物々交換はしやすいか」について考えても面白いのではないでしょうか。 インターネットの発達により、次の条件を満たす相手を探すことは昔よりは簡単になってきていますよね。

 「自分が欲しいものを持っている」
 「自分の持っているものと交換してくれる」

それではまた次回。

優秀な子がうんこをもらして6年間の引きこもりに

「ルネッサ〜ンス!」


髭男爵という漫才コンビをご存知でしょうか。ヨーロッパの貴族と召使いのような衣装をまとい、2008年ごろに人気が出た漫才コンビです。そのうちの貴族の方、山田ルイ53世さんの子どもの頃の失敗談が朝日小学生新聞に載っていました。


中学の登校中にうんこを漏らしたことがきっかけで不登校になったそうです。


「うんこ=下品」として切り捨てるのではなく、子どもの心の問題として続きを読んでいただきたいと思います。



名門と言われる私立中学に通っていました。先生から東京大学に行けると言われ、サッカー部ではレギュラー。優秀な中学2年生が、2学期から突然、不登校になりました。登校中にうんこを漏らしたことがきっかけです。(中略)
 優秀なキャラがじゃまをして自分が漏らしたと言えませんでした。
 家で学校に行かないと伝えると、父親にめちゃくちゃおこられました。これまでの頑張りは無視されたのです。
(出典:朝日小学生新聞)

img_5436

受験に合格して入学した名門の六甲中学は中途退学し、6年間引きこもり生活をしたそうです。


引きこもり生活から抜け出せたのは20歳の時、同世代の成人式のニュースを見てそのまま大人になることに恐怖を感じたからとのこと。山田さんは猛勉強して高卒認定試験に合格、国立大法文学部に入学しました。


大人になって(とって)みれば大したことはないと思えることも、子どもにとっては6年間の引きこもり生活へつながるほどの大事件になりうるのですね。


私が小学生の頃は、トイレ(大)へ行くとからかわれる雰囲気があったように記憶しています。男子トイレは便器が異なる上、個室に入って行くのでバレてしまいます。その点女子トイレは区別がないので羨ましいと、小学生の頃に感じていたような。


女子の事情は良くわかりませんが、男子はなぜかからかわれました。大人には理解し難い子どもの世界があるのです。この世界の存在を認識しておくことは重要です。山田さんのお父さんも、山田さんが不登校になることを防げたかもしれません。


山田さんは大人になって次のように振り返っています。



 大人になって思い返すことがよくあります。「もらしちゃった」ピエロのようになって笑いにしていたら、無駄な6年間はなかったかも。それでいじめられたら、その時にどうするか考えてもよかった、と。
 一方で、不登校の原因は「良い子」を目指して頑張りすぎた負担があったと考えています。ほめられる対象になる「夢」がない悩みもありました。
(出典:朝日小学生新聞)



「中学生の山田さんにあれば良かったものはなんだろう」と考えてみました。
それは失敗に対する考え方ではないでしょうか。


失敗を失敗と捉えるのか。
失敗を経験と捉えるのか。


失敗しても良いのです。
挑戦・行動した証です。

話のネタになるならネタにしましょう。
経験として改善につなげましょう。


「テストで良い点を取りなさい」「レギュラーになりなさい」だけではなく、
失敗に対する考え方を子どもと共有してみてはいかがでしょうか。

大人も求められる読み・書き・話す!!

2020年の大学入試改革などの影響もあり、


「これからは子どもたちには読み、書き、話すといった言語力が特に重要です!!」


と何度もブログに書いてきましたが、今の大学生や大人はいかがでしょうか。
「読み」「書き」「話す」といった言語力は足りていますか?必要ありませんか?


読売新聞では新聞を活用して企業や大学でこれらの言語力を高める研修を展開しているそうです。



読売新聞社は、企業や大学で、「書く」「読む」「会話する」の三つの力を高める研修プロジェクト「新聞の力」を展開している。新聞を活用しながら、記者のスキルを伝えようというもので、正確に伝わる文章の書き方、効率の良い情報収集の方法など、ビジネスや勉強に役立つプログラムを、経験豊富なベテラン記者が講師となって提供する。新聞購読料のみで講師料や添削代がかからないのも特徴。最近は、理系・技術系の社員向け文章講座や、アスリート向けのキャリア教育といった要望が寄せられている。
(出典:読売新聞)

img_5434


記事ではこの研修を受けている会社が紹介されています。
この会社は社員の大半が技術職とのこと。同社社長は次のようにコメントしています。


「自分たちの専門の事柄を、お客様にもわかりやすい言葉で伝えなくてはならない。誤字脱字、おかしな文章がないのは必要最低限のこと」


文系社員も理系社員も関係なく言語力が必要だということです。


最近になって言語力が注目され、日本の教育界が力を入れつつありますが、今の大学生や我々大人は
従来の教育を受けてきたわけです。「読む」「書く」「話す」といった言語力はあまり鍛えてこなかったのではないでしょうか。


しかしながら、社会に出れば言語力は必須なわけですから、伸ばしていかなければなりません。最近は特に社会全体がコミュニケーションを重視してきているため、一層努力する必要があるかもしれません。


また、子どもを教育する上でも保護者の言語力が言うまでもなく重要です。

「教育といっても自分の言語力に自信が・・・」
「結構プレッシャーが・・」


という方は「教育」(教えて育てる)ではなく「共育」(共に育つ)と考えて行動してみてはいかがでしょう。



子どもに「市場(しじょう)って何?」と聞かれたら

もし子どもに次のようなことを聞かれたら説明できますか?


 「市場って何?」
 「AIって何?」
 「国会って何?」
 「選挙って何?」 etc...


なんとなく理解していても、実際に言葉で説明するとなると少し考えてしまいます。
子どもにわかりやすく説明するとなるとなおさらです。


そこで「子どもに聞かれたら答えられるようにしたいこと」として、毎回あるテーマについて簡単な解説を皆様にお伝えしていきたいと思います。子どもの質問対策に少しでも役立てれば嬉しく思います。


第一回目は「市場(しじょう)」です。

「市場」とは
「しじょう」または「いちば」と読みます。
毎日または定期的にものを売りたい人と買いたい人が集まって、取引(売買)が行われる場所のことです。


「しじょう」と「いちば」の違い
「しじょう」と読む場合、「いちば」よりも規模が大きいことを指します。
例)東京都の築地市場、世界規模の金融市場など


卸売市場とは
魚や肉、野菜、果物、花といった生鮮食品を扱う市場(しじょう)を「卸売市場」といいます。
日本では、法律にもとづいて、国の認可を受けた東京都のような自治体が運営しています。


中央卸売市場とは
都道府県や人口20万人以上の市などが、農林水産大臣の認可を受けて開設する卸売市場のことを言います。
2018年4月時点で、北海道から沖縄まで全国40都市に計64箇所が設置されています。
例)築地市場、豊洲市場、大田市場など


市場のしくみは
簡単に図で表すと以下になります。
子どもに説明するときは「出荷団体」や「集荷業者」は省いても良いかもしれません。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-10-02-9-50-29

卸売業者の重要性
卸売業者には生産物が集約されます。買う側は莫大な数の生産者からではなく、数社の卸売業者から品物を選んで買うことができます。


仲卸業者の重要性
せりでは仲卸業者が食材を評価して、価格を決めています。評価するには、食材の品質や鮮度を判断するのはもちろんのこと、常に変化する生産と消費量のトレンドも予め把握しておく必要があります。そうしないと、適正な価格で買い受けることができないからです。目利きのスキルとノウハウをもつ仲卸業者だからこそできる役割と言えます。

値段の決め方
「せり」で値段を決めます。
仲卸業者が欲しい品物に対して一斉に値段を付け合い、一番高い金額を示した人が品物を買い取ることができる仕組みです。


市場はなぜ必要か
東京都中央卸売市場のWebサイトでは市場の役割を以下のように説明しています。
  • 消費者に対する迅速で安定的な生鮮食料品等の提供
    都民生活の必需品である生鮮食料品等を安定的に提供する流通拠点です。
  • 生産者に対する確実で速やかな販路の提供
    日々生産される農水産物等を受け入れ、需要と供給に応じた適正な価格形成を行ったうえで様々な分野に分荷・販売し、その代金を生産者へ短期間で確実に還元します。
  • 小売業者等に対する取引の場の提供
    小売業者や飲食業者といった実需者が、多種多様な農水産物等をいつでも効率的に購入できる場です。

(出典:http://www.shijou.metro.tokyo.jp/about/useful/)

 

 

今回は「市場(しじょう)」について簡単に解説させていただきました。
ぜひ家庭教育で役立ててください。


また、「生産者から消費者に直接提供する場合のメリット・デメリット」について考えても面白いのではないでしょうか。

「ランドセルが重い」は甘えですか?

「ランドセルが重い」
「夏は教室が暑すぎる」


「甘ったれるな。我慢しろ。」
言ったこと、言われたこと、ありますか?



脱ゆとりで教科書ページ増 通学時の荷物 小学生にずっしり
 子供の通学時の荷物が重すぎて、健康面や安全面を不安視する声が広がっている。「脱ゆとり教育」で教科書のページ数が増えていることなどが背景にある。教材を学校に置いて帰る「置き勉」が一番の解決策だが、家庭学習との兼ね合いもあり、足並みがそろっていないのが実情だ。(出典:日本経済新聞)

img_5419

 

 

アメリカのカイロプラクティック協会のガイドラインでは、小・中学生の荷物は体重の10%以下を推奨しているそうです。
つまり、あまり重すぎると姿勢が崩れて健康に良くないということです。
<カイロプラクティックとは>
世界保健機関の定義では、「筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職である。治療法として手技による関節アジャストメントもしくは脊椎マニピュレーションを特徴とし、特にサブラクセーションに注目している」とされている。アメリカでは医学に準ずる療法であるとして、日々研究が続けられている。カイロプラクティックを学ぶ専門の大学があり4年間で4200時間(1000時間の臨床実習を含む)の学びの後、卒業時にDoctor of Chiropractic(D.C.)の学位が与えられる。また、アメリカでは、スポーツ選手の日々のケアにカイロプラクティックは欠かせないものとなっており、トップアスリートであれば専属のD.C.によるケアを受けている。

 

背骨の理想は、横から見ると背骨全体が「S」の字を描いている状態です。歩いているときなどに起こるからだの上下運動の衝撃を吸収し、脳へのダメージを防く役割を持っています。ところが、ランドセルが重いと腰椎のカーブが失われ真っすぐになったり、上体については鎖骨周りが縮こまったように固まり猫背姿勢になるそうです。


ランドセルが重い→姿勢の悪化(猫背、ストレートネックなど)→腰痛・肩こり・頭痛・脳への血流悪化


ランドセルが重いと健康面に悪影響があります。


最近の「暑さ」についてはどうでしょうか。



冷房 小中学校の設置率に地域差
 記録的な猛暑が続く今年の夏。7月には愛知県豊田市で小学1年生の男の子が熱中症で亡くなる事故があり、暑さ対策は命に関わる問題です。菅義偉官房長官は、小中学校へのエアコン設置に国が財政支援する考えを明らかにしています。しかし、学校での冷房の設置率は地域によって大きなばらつきがあります。(出典:朝日小学生新聞)

img_5421


悲しい事故ではありますが、事実を知っていただくため事故の概要を以下にまとめてみました。

 毎年恒例の虫捕りの校外学習で約1キロ離れた公園へ(学校によると、学校敷地内の気温は32度)
 途中で男児は「疲れた」と訴えたが、約20分の道のりを歩き続ける。
 公園は日陰が少なく、市内の気温は午前11時には33・4度まで上昇。
 最高35度以上が予想される「高温注意情報」が出されていることは学校も把握していた。
 「これまで校外学習で大きな問題は起きておらず、中止する判断はできなかった」(籔下隆校長)。
 公園で30分ほど虫捕りや遊具遊びをした後、学校に戻る途中、男児は再び「疲れた」と訴えた。
 午前11時半ごろ学校に戻る。
 教室にエアコンはなく、天井の扇風機4台を回した。学校が後に測ると室温は37度に上っていた。
 教室では担任が男児を見守っていたが、唇がみるみる紫色になり、午前11時50分ごろ意識を失った。
 まもなく病院に運ばれたが、午後0時56分に死亡が確認された。
 (参考:朝日新聞デジタル)



暑さは年々増しています。昔とは違うのです。


「ランドセル」「教室」について、本来の目的は何か考えてみましょう。


学ぶことです。


最適な環境を整えて効率的により多くのことを学ぶべきと考えるならば、
子どもの健康状態が良好であることは言うまでもありません。


「いやいやでも精神的に鍛えられるから。」


精神を鍛えたければ健康面に悪影響のない他の方法を探してみましょう。
瞑想、禅、マインドフルネスなど。


科学技術は進歩しています。
学校でのタブレット導入、エアコンの設置、最近では立ち机(スタンディングデスク)を導入する小学校もあるそうです。


img_5420
(出典:朝日小学生新聞)



スポーツで例えると「とにかく走れ」「練習中は水を飲むな」の時代は終わりました。
今は「データ活用」「考えて動く」「パフォーマンス維持のために計画的に水分・栄養補給」などです。


社会の変化を受け入れ、本来の目的を達成するための最適な手段を常に探していきましょう。

テストや中学入試に役立つ『要約する力』とその原則とは?

中学入試では、筆者の言いたいことをまとめる形の問題がよく出るそうです。
そこで必要になってくるのは約する力」です。


この「要約する力」は学校のテストや入試に限らず、
社会生活や仕事など、大人になっても常に求められるものではないでしょうか。


子どものうちから身につけ、磨き上げていきたい能力の一つです。
しかし、「要約しなさい」と言われても「大事なところをまとめればいいのか」と、漠然とした捉え方をしてしまいがちです。


そんなとき、次のような「要約の原則」というものを頭に入れておくと良いのではないでしょうか。


要約の原則
 一、「です」「ます」は「だ」「である」に
 二、主語・述語を残す(場所、時は必要に応じて残す)
 三、比喩などの「たとえ」は外す
 四、「理由」「具体例」は省ける
 五、意味が通じるかどうか、で残す言葉を判断

img_5317
(出典:朝日小学生新聞)


加えて、要約する力を高める練習も朝日小学生新聞で紹介されていました。
練習には2段階あるそうです。
 第一段階・・・一つの文を要約する
 第二段階・・・文や段落の数を増やし、要約する範囲を文章全体に広げていく


要約する力を高めるということは、文章を正確に理解することができるということです。つまり国語力が高まるわけです。


国語力は最も重要な学力の1つです。
算数でも、問題を解く前に問題文が理解できないといったケースも多く、「国語力を高めたら算数の成績も上がった」という声も聞かれるほどです。


国語力が高まると、要約問題に限らず、また、国語に限らず、算数・理科・社会などといった全般的な成績の向上が期待できます。


そして、自分の意見を整理して話す・書くといったことにも役に立つでしょう。自分の意見をうまくアウトプットできれば、主体性や積極性の向上にもつながるかもしれません。


論理的思考力、コミュニケーション力といった言葉が注目されていますが、「要約する力」というアプローチで国語力を伸ばすのも面白いのではないでしょうか。

技術の進化は人間の退化へつながる?

テレビで取り上げられたこともある日本酒、
山口県・旭酒造の純米大吟醸酒「獺祭」
居酒屋で見る機会も多いかと思います。
この「獺祭」の醸造工程に試験的にAIを導入するそうです。


日本酒造りもAIで
人工知能(AI)を酒造りの世界でも活用しようという動きが広がっている。杜氏(とうじ)らの経験がものを言う「職人技」のイメージが強い酒造りだが、長年の手技をデータとしてAIに学ばせ、品質の高い酒を目指すという。

img_5313
(出典:読売新聞)


日本酒造りの流れは次の通り。
 1.精米
 2.洗米
 3.蒸す
 4.こうじをつくって投入(もろみの状態)
 5.発酵(35日ほど)
 6.しぼる
 7.瓶詰め


今回AIを使った実証実験を行ったのは「5.発酵」です。緻密な温度管理や加水調整が必要で、過去の膨大な管理記録や職人の感覚が頼りになるそうです。実証実験ではAIにあらかじめ過去のデータを学習させ、条件を入力すると今後の状態を予測し、温度調節や水を加える量、タイミングなどをアドバイスしてくれるとのこと。


残念ながら実証実験は「6.しぼる」の工程を予定していた当日、西日本豪雨で被災し、味の評価ができなかったそうです。しかし、旭酒造では「5.発酵」以外の工程でもAIの導入を検討しているようです。

また、飲料大手・キリンは昨年夏から、ビールの新商品開発にかかる期間を短縮しようと、AIの開発を始めているとのこと。


生産の現場ではAIの普及は加速してくことが予想されます。消費者にとっては品質の安定した美味しい商品や、新商品が色々と楽しめるのはとてもありがたいことです。

一方で、こんな不安を持ったことはありませんか?

「技術に頼りすぎて人間が退化する。」


ここでいう技術とはAIやIT、ロボット、機械などです。
先ほどの日本酒造りを例にすると、「AIによる酒造りが成功すれば、職人の長年の経験と感覚が従来より必要なくなってくるのでは?職人自体も少なってくるのでは?」と考えてしまいます。つまり、人間の能力が衰えていくのではないでしょうか。


日本酒造りに限ったことではありません。
身近にある技術の進化を単純に便利だと思って利用している我々ですが、時間短縮のために作業を任せたり、人間にできない、または足りない能力を肩代わりしてもらっているわけです。このような事実を把握し、「技術進化」とうまく付き合っていくべきではないでしょうか。

身近な技術の例
・ナビゲーション
・自動ブレーキ
・自動運転
・自動翻訳
・教育AI(学校でデータを収集し生徒の苦手分野を指導)
・AI搭載ロボットによる面接
・AI融資
 etc


ナビゲーションがなくても目的地に着けますか?
停電が起きた時、適切に行動できますか?


物事を多面的にみることはとても重要です。
技術の進化について、様々な視点から考えてみてください。
人間にしかできないこと、能力の開発にも目を向けていきたいものです。

手始めに、たまにはスマホを置いて遠出してみてはいかがでしょう。

 

芸能人も挑戦するビブリオバトルって?

皆さんは『ビブリオバトル』をご存知でしょうか。


ビブリオバトルとは、誰でも(小学生から大人まで)開催できる本の紹介コミュニケーションゲームです。小中高校,大学,一般企業の研修・勉強会,図書館,書店,サークル,カフェ,家族の団欒などで広く活用され、「人を通して本を知る.本を通して人を知る」をキャッチコピーに日本全国に広がっています。また、活字文字推進会議により毎年、大学生、高校生、中学生の全国大会も開催されています。


公式Webサイトによるとビブリオバトルの公式ルールは以下となります。


ビブリオバトル公式ルール
 1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
 2.順番に一人5分間で本を紹介する.
 3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
 4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.
知的書評合戦 ビブリオバトル 公式Webサイト より)

準備するのは本とカウントダウンタイマーのみで、レジュメ準備はなし、パワーポイントも使用しないで生の語りで紹介していくそうです。


「レジュメもパワポもなしで発表するなんてなんだかレベルが高そう・・・」と思ってしまいますが、どこかの大会にいきなり出るわけではありません。レジュメもパワーポイントも用意しなくてもいいのであれば、むしろ気楽に楽しめるのではないでしょうか。


まずは家庭や友達同士の会話から始めても良いかと思います。
「最近なんか本読んだ?」
「その本おもしろかった?」
「どんな内容?」


こんな風に聞いて勝手に相手をビブリオバトルに参加させてしまいましょう。もちろん自分も本を紹介してビブリオバトル成立。いきなり「発表してディスカッションして投票しよう」というよりはだいぶ敷居が低くなると思います。


お子さんがいる方は、「子どもがそもそも本を読まない。」という状況もあるかと思いますが、強制ではなく自発的に本を読む習慣がつく環境になっているでしょうか。「家に本がたくさんあるか」「本を読み聞かせているか」「本を読む人(親御さん自身を含め)が周りにいるか」などを気にしてみてはいかがでしょうか。もし、読書にもつイメージが「読書感想文を書かなくちゃいけない」というマイナスイメージを持っているのであれば、「情報が入ってくることが楽しい」といったプラスイメージに転換できると良いですね。


ゲーム感覚で楽しめるビブリオバトルが広まれば、日本人の読書時間も増えるかもしれません。
読書時間が増えると読解力や論理的思考力といった能力の向上が考えられます。さらにビブリオバトルを行えば、コミュニケーション能力人前で発表する力が伸びるので、受験に限らず仕事や実社会で生きる力が身につきそうですね。


芸能人もビブリオバトルに挑戦するそうです。ビブリオバトルがさらに広まるきっかけになるかもしれません。


知的書評ゲーム ビブリオバトル☆スター決戦
 各界の読書好きがオススメの本を紹介する「ビブリオバトル☆スター決戦」(主催・読書新聞社、共催・紀伊国屋書店)が11月19日、東京・新宿で開催される。若者を中心に人気のある書評ゲームに、スターが挑戦する異色のイベントだ。

img_7573
(出典:読売新聞)

教育と収入・日本経済の関係とは?

教育(学力)と収入の関係については以前ブログで紹介しました。「高収入なら学力続く」という記事をとりあげたブログです。
親の年収や学歴が高い家庭の子供ほど学力が高い傾向が続いているというデータがあり、遺伝的要因も考えられますが、塾や習い事などにお金を使うことができることも1つの理由と考えられます。(詳細は「家庭の年収と子供の学力は関係ある?」を参照)


裏を返せば「学力が高いほど高収入につながる」ということです。
つまり、大きな視点を持ってみると、「日本の教育が良くなれば、日本経済も良くなる」と考えられるわけです。しかし、日本(国)が教育にかけるお金は、国内総生産(GDP)の順位の割には、他国と比べると低いようです。


公的教育支出、日本は最低
 経済協力開発機構(OECD)は11日、小学校から大学までに相当する教育機関に対する公的支出状況などを調査した結果を公表した。2015年の加盟各国の国内総生産(GDP)に占める支出割合を見ると、日本は2.9%となり、比較可能な33カ国中で前年に続き最も低かった。OECD平均は4.2%。
 一方で、日本の子供にかかる学校関連の費用の総額は、小学校から大学までで1人あたり1万2120ドルとなり、各国平均の1万391ドルを上回った。教育費が比較的高いのに公的支出の割合は少ないことで、家庭負担に頼っている現状が浮かんだ。

経済協力開発機構(OECD)・・・、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関。
国内総生産(GDP)・・・経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の一指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する。

img_6625
(出典:日本経済新聞)

そもそもOECDは経済に関して協議をすることを目的としているのに、今回のように国の公的教育支出の調査や、学習到達度調査(PISA)などの教育に関する調査も行なっているのはなぜでしょう。それは、経済成長のためには教育がとても重要だと考えられているからではないでしょうか。


記事にある通り、日本の公的教育支出は比較可能国のうち最下位の2.9%です。
しかしGDPのランキングはどうでしょう。

2015年 名目GDPランキング
順位 名称 単位: 10億USドル
1位   アメリカ 18,120.70
2位   中国 11,226.19
3位   日本 4,394.98
4位   ドイツ 3,377.31
5位   イギリス 2,886.21
6位   フランス 2,434.79
7位   インド 2,102.39
8位   イタリア 1,833.79
9位   ブラジル 1,799.71
10位   カナダ 1,559.62
11位   韓国 1,382.76
13位   オーストラリア 1,232.92
23位   スウェーデン 497.92
26位   ベルギー 455.43
28位   ノルウェー 386.66
45位   フィンランド 232.58
112位   アイスランド 16.94
 
2017年 名目GDPランキング
順位 名称 単位: 10億USドル
1位   アメリカ 19,390.60
2位   中国 12,014.61
3位   日本 4,872.14
4位   ドイツ 3,684.82
5位   イギリス 2,624.53
6位   インド 2,611.01
7位   フランス 2,583.56
8位   ブラジル 2,054.97
9位   イタリア 1,937.89
10位   カナダ 1,652.41
11位   韓国 1,538.03
13位   オーストラリア 1,379.55
23位   スウェーデン 538.58
25位   ベルギー 494.73
29位   ノルウェー 396.46
44位   フィンランド 253.24
105位   アイスランド 23.91
(出典:IMF(国際通貨基金))

2015年も2017年も3位を維持しています。
これだけ見ると
「教育と経済はそんなに関係なさそう」
「国がかける教育費はこのままで良いのでは?」
と考えてしまいます。

しかし、1人あたりの国内総生産(GDP)はどうでしょう。
(一人当たりのGDP = GDP ÷ 人口)

2015年 1人あたりの名目GDP
順位 名称 単位: USドル
1位   ルクセンブルク 102,688.40
2位   スイス 82,447.81
3位   ノルウェー 74,280.67
4位   マカオ 70,132.04
5位   カタール 67,537.19
6位   アイルランド 62,356.88
7位   アメリカ 56,411.37
8位   シンガポール 54,939.86
9位   デンマーク 53,235.65
10位   オーストラリア 51,344.15
11位   アイスランド 50,949.70
12位   スウェーデン 50,544.84
15位   イギリス 44,328.18
17位   カナダ 43,559.73
18位   フィンランド 42,505.91
20位   ドイツ 41,344.65
21位   ベルギー 40,528.52
22位   フランス 37,865.57
26位   日本 34,612.25
29位   イタリア 30,163.23
30位   韓国 27,105.08
73位   ブラジル 8,801.80
75位   中国 8,166.76
145位   インド 1,638.76

 

2017年 1人あたりの名目GDP
順位 名称 単位: USドル
1位   ルクセンブルク 105,803.13
2位   スイス 80,590.91
3位   マカオ 77,451.29
4位   ノルウェー 74,940.62
5位   アイルランド 70,638.26
6位   アイスランド 70,332.19
7位   カタール 60,804.26
8位   アメリカ 59,501.11
9位   シンガポール 57,713.34
10位   デンマーク 56,444.10
11位   オーストラリア 55,707.28
12位   スウェーデン 53,217.63
17位   フィンランド 46,016.74
18位   カナダ 45,077.39
19位   ドイツ 44,549.69
20位   ベルギー 43,582.17
23位   フランス 39,869.08
24位   イギリス 39,734.59
25位   日本 38,439.52
27位   イタリア 31,984.01
29位   韓国 29,891.26
68位   ブラジル 9,894.93
74位   中国 8,643.11
142位   インド 1,982.70

(出典:IMF(国際通貨基金))

いかがでしょうか。GDPでは世界3位であるにも関わらず、1人あたりになると公的教育支出比較国のうち下から3番目です。


このデータを見れば「教育と経済には関係がある」と考えられないでしょうか。