考える力・アクティブラーニング

ボーク重子さんの講演から〜子供のパッションが大事!!〜

こんにちは。渡邊です。

先日、ボーク重子さんの講演に行ってきました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-07-19-08-21-00

ボーク重子さんとは、2017年7月、全米の女子高校生が知性や才能、リーダーシップを競う大学奨学金コンクール「全米最優秀女子高校生」で優勝したスカイ・ボークさんの母親です。

 

ボークさんの記事はこちら↓

https://resemom.jp/article/2018/03/12/43451.html

 

このコンクールは全米の高校生に贈られる賞の中ではもっとも名誉があるものだそうで、これまでに参加した高校生80万人近くの中で、過去60年、アジア系が優勝したことはめずらしく、全米の多くのメディアで大きな話題となりました。

 

スカイさんは、アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれ、現在はアメリカの名門大、コロンビア大学に通っています。ボーク重子さんは、そんなスカイさんをどのような環境で育てたのかについて「『全米最優秀女子高生』を育てた教育法―世界最高の子育て」(ダイヤモンド社)を上梓され、現在ベストセラーになっている有名な方です。最近は、日本テレビの「深イイ話」に出演したりしています。

img_9848

その中で、一番印象に残ったのは、

『パッションが大事!!』

という言葉でした。パッションとは情熱のことです。

 

スカイさんが通っていた米国ワシントンの小学校では、非認知能力(※)の育成に力を入れ、主に二つのことを大事にされていたそうです。

※非認知能力とは、例えば、誠実さや忍耐心、リーダーシップ、コミュニケーション能力などのIQや学力テストなどの認知能力ではないもの全般のこと。その有無によって、仕事の成果や人生の行方に影響を与えるパーソナリティや対人能力とも言える。

 

一つは、心の安全という環境を作ること。

もう一つは、子供のパッションを最も大事にしていること。

 

パッションを大事にしているのは、下記の理由からです。

・すべての入り口は好きから始まる

・好きなことだから苦しいことも乗り越えられる

・好きだから努力を継続できる、継続するからこそ上手くいく

・継続したいからこそ、失敗した時になぜできなかったか、どうしたら上手くいくか考える

 

その通りですよね!

大人でも好きなことに対しては時間を忘れて没頭したり、努力を継続します。これは仕事でも言えると思います。仕事も好きで楽しんだ方が成果が出るというのは、私自身も、常に実感しています。

 

ボーク重子さんは、スカイさんのパッションを見つけるために、習い事は手当り次第やらせたそうです。その時に、大事にしていたのは、やめるルールを作っていたこと。それは、始めたら1クール(約3ヶ月)は必ずやるということです。これがやり抜く力、達成感につながるとのことです。

 

「そして、パッションとは、好きという思いだけではなく、実はその利己的な思いの上にある、社会に対する使命感や責任感という社会貢献意識を育くむことが大事で、それが人間力を養うためにとても重要なことだと思います。」

とも仰っています。

 

子供達は、いずれ社会に出て仕事をします。仕事をする時に、この意識は非常に重要だと、私も思っています。

 

どうやって社会に貢献するのか?

 

世界はさまざまな環境でできており、いろいろな問題があります。貧困や争い、温暖化、移民受け入れ、などなど。

日本はという国は、税金で収入を得て、社会福祉やインフラの整備など、人々が暮らしやすいようにお金を配分しています。

 

人間は、個人一人で生きているわけではありません。さまざまな国や団体、人々の助けを得て、生活しているのです。お互いが助け合う社会にしていくことが重要ですよね。そのためには、個人個人が、「社会にどうやって貢献するのか?」ということを考えることが非常に重要だと思います。

 

また、企業でいうと、この社会貢献意識は経営理念です。「なぜ当社は存在しているのか?何のためにあるのか?」。経営理念は、昔から、経営には、最も重要な要素と言われています。事実、成功している大企業の経営理念は素晴らしいものがたくさんあります。

 

個人も会社も、このような社会貢献意識があるからこそ、自然と周りが助けてくれるのだと思います。それが、さらに成功につながるという好循環になるのではないでしょうか!?

img_4619

一言でいうと、「志(こころざし)」ですよね。

我々のスクールでも、こういう意識を子供の頃から、育んでいきたいと思っています!!

 

そんなことをあらためて考えさせられた講演でした。

 

ボーク重子さんの講演から感じたことは、まだまだありますので、続きはまた次回に書きます。

 

お楽しみに。

 

 

 

<夏休み特別講座受付中>

詳細は下記  ↓ をご覧ください!!

夏休み作文&自由研究講座

アニ金で家族の会話を

夏は、アニ金。


読売新聞に気になるページがありました。
この夏、金曜ロードSHOW!では
大人も子供も楽しめる映画6作品を放送するそうです。


img_5021

出典:読売新聞


前に観たことあるのにどうしても観てしまう。
そんな作品ばかりです。


「タイムリープ(時間跳躍)できたらどうする?」
「急におばあちゃんになったらどうする?」
「魔法を使えたらどうする?」
などなど

家族みんなで観て、会話のネタにしてみてはいかがでしょう。

アニメでなくても良いのですが、
子どもたちにとっては興味を持ちやすいテーマです。


会話をする目的は、
思考力と表現力、
コミュニケーション力などを磨くことです。

 

大谷翔平に反抗期はなかった?

二刀流としてアメリカのメジャーリーグで活躍している23歳の大谷翔平選手。


ビジネスパーソンが利用するマンダラチャート(目標設定シート)を、高校生で作成していたことでも話題になっています。若い時から圧倒的な向上心を持ち、スターとなっても謙虚な姿勢で努力を続ける大谷選手は、家庭でどのような育てられ方をしたのでしょうか。


以下は雑誌DIMEで特集されていた大谷選手の記事です。家庭環境やご両親が子どもに対しどのように接していたかがわかります。
img_5045

思春期を迎える中学生の頃によくある、いわゆる反抗期がなかったと言うのは母・加代子さんだ。
「訳もなく反抗したり、態度が悪かったということは特になかったと思います。それは翔平だけではないんですが、子供たちがそれぞれの部屋にこもることもありませんでした。特別に家族みんながものすごく仲がいいというわけではないんですが、家にはテレビが1台しかなかったので、なんとなくみんなが同じ場所に集まって一緒にテレビを見ることが多かったですね」
〜中略〜
「お父さんが仕事から帰ってくるのを待って、みんなで夕飯をとる。お休みの日には、ホットプレートみたいなもので、家族みんなで楽しくワイワイと食べる。食事に関して特別なことをしたわけではなかったですが、自然とそういう空気を作ろうとは思ってました。」

出典:DIME



大谷選手に反抗期はなかったそうです。


なぜでしょうか?


記事からは、家族みんなでコミュニケーションをとる機会が多く、家庭内で良好な人間関係を築いていたことが理由の1つに考えられます。


また、「訳もなく」という言葉が印象に残りました。
ご両親は日頃から子どもたちの意見をきちんと聞き尊重していたのではないでしょうか。


以下は大谷選手が語ったご両親への感謝の思いです。

「今でもそうですが、親には本当に自分がやりたいように自由にやらせてもらってきました。父親は、やりたければやればいい、やりたくなければ自己責任で、という感じで接してもらいましたし、母親にも『勉強をやりなさい』と言われたことがなかったですし、たくさん支えてもらいながら、自由にやらせてもらってきたと感じています。」

出典:DIME




この感謝の言葉からは、やはり日頃からご両親は大谷選手個人の意見を尊重し、自らの決断に責任を持たせていたことがわかります。


そして驚くべきことに、母親に勉強をやりなさい」と言われたことがないにもかかわらず、高校の成績は常に学年で10位以内だったということです。


また、過去に大谷選手が受験生から勉強のやる気が出ないのですがどうしたらいいですか?」という質問に対して、「自分の将来像をしっかりと決めれば勉強は頑張れる」と答えたそうです。
大谷選手にとって、自分の夢を叶えるために勉強は必要だったのですね。


大谷選手に質問をした受験生は、自分の将来像(目標)が決まっていないために、勉強が必要だと心から思っていなかったということでしょうか。


「勉強しなさい」と言われても、子どもは「何のために?」となります。


もし「勉強しなさい」と言うのであれば、論理的になぜ勉強をする必要があるのかを説明しなければなりません。しかし、最終的には子ども自身が心から「勉強が必要なんだ」と思えなければ、継続することは難しいと考えられます。

そこで、
自分の将来像という長期的視点の目標を設定することで、自分に必要なことを自発的に学ぶことができると、大谷選手は教えてくれているのではないでしょうか。目標設定の重要さがわかります。


話を「大谷選手がどのように育てられたのか」に戻しますと、今回の記事からは、大谷家では以下のような子育てが行われていたことがわかります。

・コミュニケーションをとる機会を多くしていた
・子どもの意見に耳を傾け尊重していた
・自分で選択・決断させ、責任を持たせていた


子育ての1つの例として、スーパースター大谷翔平選手を参考にしてみてはいかがでしょうか。

失敗したらどうなるのかを見てみたい

私たちは失敗や間違いを否定的に捉えすぎているのかもしれません。
「失敗や間違いをすることはダメなことだ」
そう考えて行動すると、挑戦することが無くなり、何も生まれなくなります。

以下に紹介する山中教授の言葉には考えさせられます。

楽しむことは大事ですね。
研究者は実験が仕事ですが、
ある意味、自分の人生についても実験をしているんです。
だから僕は、新しいことをなるべく試すようにしています。
時には失敗が見えていることもあります。
でも、失敗したらどうなるのかを見てみたい気持ちがある。(中略)
成功するとか失敗するとかに関係なく、まず動く。
そうしないと次につながる何かは生まれないんです。

img_4967%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
(出典:PRESIDENT)


「失敗したらどうなるかみてみたい気持ちがある」
この感覚を持つことが大事なのかもしれません。

そして重要なことは、「失敗」「間違い」から何を学び、
次にどのように生かすか。

「失敗」「間違い」にどのような意味を持たせるかは、
その人次第ではないでしょうか。

夏休みに新聞博物館へ

新聞を読む人が減っている現代ですが、
横浜にはニュースパークというの新聞博物館があるそうです。


ニュースパーク(新聞博物館)
日本新聞協会が2000年に日本新聞博物館として開館、16年に刷新した。
編集ソフトで写真入り「マイ新聞」を作る体験プログラムもある(予約不要)。
港みらい線「日本大通り駅」3番出口直結。
https://newspark.jp/newspark/



img_4998
出典:読売新聞


ニュースパークを訪れた記者が書いた記事を一部抜粋します。

先に進むと、あふれる情報の中から確かなものを見抜く心得が紹介されていた。例の1つが、1973年に愛知県で「信用金庫が倒産する」とのうわさが広がり、約20億円の取り付け騒ぎに発展した事件。当時の記事では店に押しかける人々の写真を掲載、混乱の大きさが伝わってくる。
 先月の大阪を震源とする最大震度6弱の地震でも「シマウマが脱走」などデマがネット上で飛び交ったばかり。「情報源を確かめる」「どんな情報も鵜呑みにしない習慣を身につける」。展示されたメッセージをかみしめる。
(中略)
彼ら(訪れていた子どもら)に、新聞についてどう思うか聞いてみた。「紙だから、とっておいて時間があるときに読めるのがいい」「ネットよりちゃんとしてるよね」「新聞によっていろんな視点がある」。見学の成果か想像以上に鋭い視点で新聞の意義を見いだしてくれた。


夏休みにニュースパークに行ってみてはいかがでしょうか?

家庭の年収と子供の学力は関係ある?

親の年収や学歴が高い家庭の子供ほど学力が高い傾向が続いているというデータがあるようです。


親の年収や学歴が高い家庭の子供ほど学力が高い傾向が続いていることが27日、文部科学省の調査でわかった。2013年に初めて実施した前回調査と同様の結果で、家庭の経済状況が学力の格差に影響している状況が鮮明になった。一方、子供に自制心や忍耐力などをつけるよう親が働きかけることで、年収などにかかわらず、学力を高められる可能性があることも指摘された。

(出典:読売新聞)
img_4967

遺伝的なこともあると考えられますが、
塾や習い事にお金を使うことができるということも1つの要因でしょうか。

しかしながら、
親の年収などが低くても一定の割合で好成績の子供がいるそうです。
このような子供の親は

「毎日朝食を食べさせる」
「子供が決まった時刻に起きるようにしている」

など規則的な生活習慣を整えたり

「本や新聞を読むように勧めている」など
文字に親しむように促したりしている割合が高いとのこと。

お金をかけなくても子供のために家庭でできることはまだまだありそうですね。

学校で生徒のスマホを使って小テスト?

一部の高校では生徒の私有スマートフォンを活用した学習が始まっているようです。


 生徒の私有スマートフォンを活用する高校が増えている。小テストに使ったり、英語のスピーキングの授業で生徒に動画を撮影させ、教員がチェックしたりといった取り組みも広がる。自治体の財政難により学校でパソコンなどの確保がすすまないためだが、校内で私有スマホの利用を禁じている高校もあり、ルール作りが課題になっている。

img_4958
出典:読売新聞


朝の小テストなどをスマホに自動で送信。
結果の集計も容易で弱点の克服に役立つとのこと。

システムの導入には手間がかかることが考えられますが、
とても効率的効果的に生徒が学習できそうです。

また、教師の方々の時間も節約できそうです。
現場ではどのような声が聞かれるか気になります。

相変わらず現場の先生方は忙しいようです。
IT技術が生かされ、宿題チェックやテストの採点など作業が自動化されれば、より質の高い教育を行うために時間を使えるでしょうか?
出典:読売新聞

夏休み限定『作文講座&自由研究講座』

いよいよ夏休み!!
楽しいことも多いですが、保護者の皆さまはこんなことに
お悩みではありませんか?


・夏休みの自由研究が毎年ギリギリで困っている。
・自由研究のテーマ設定に毎年悩む。
・時間がある夏休みの間に作文を書けるようになってもらいたい。


そんな皆さまのお声にお応えできるよう、夏休み限定!!
 作文講座&自由研究講座をご用意致しました!!


実際の資料をご覧頂き、詳細をご説明致しますので、
お気軽にお問い合わせください。


まずはより詳しい内容・場所・日程をこちらから!!
 http://iot-makers.co.jp/blog/?page_id=1005



 <講座概要>
 ①短期集中作文講座
  『オンリーワンメソッド』を使い、論理思考・国語力、作文力を鍛えます。
 ②自由研究講座
  『オンリーワンメソッド』を使い探求型自由研究を行います。テーマをご自身で設定するか、下記のテーマからお選びください。下記内容はすべて小学生でも取り組める内容になっています。ご安心ください。
  1)あのメジャーリーガーの大谷選手も使っていた!マンダラチャートを使って自分研究
  2)楽しみながらオリジナルゲームを作ろう!少人数だからしっかりわかる!プログラミングによる自由研究
  3)戦前の算術(算数)教科書は総合学習だった!?自分の教科書と比べて学ぼう!教科書~いま昔比較研究
  4)トンカチで釘打ちから始めインスピレーションの糸をかける!素数の織りなす美しい宇宙(児童表彰実績有)! 素数糸掛け曼荼羅
  5)家族や自分のホームページを作ろう!家族&自分研究

<教室>
 ①東日本橋教室
 ②豊洲教室



%e5%9b%b31


%e5%9b%b32


%e5%9b%b33


より詳しい内容・場所・日程をこちらから!!
 http://iot-makers.co.jp/blog/?page_id=1005

文部科学省の定める学習指導要領って何??

皆様は文部科学省の定める「学習指導要領」というものをご存知でしょうか?


私は「名前は聞いたことがある」、
という程度で実際にどのようなものか見たことがありませんでした。


私のような方も少なからずいらっしゃると思いますので、
今回は「学習指導要領」を簡単に紹介させていただきます。



学習指導要領とは何か?
 全国のどの地域で教育を受けても、一定の水準の教育を受けられるようにするため、文部科学省では、学校教育法等に基づき、各学校で教育課程(カリキュラム)を編成する際の基準を定めています。これを「学習指導要領」といいます。
 「学習指導要領」では、小学校、中学校、高等学校等ごとに、それぞれの教科等の目標や大まかな教育内容を定めています。また、これとは別に、学校教育法施行規則で、例えば小・中学校の教科等の年間の標準授業時数等が定められています。  各学校では、この「学習指導要領」や年間の標準授業時数等を踏まえ、地域や学校の実態に応じて、教育課程(カリキュラム)を編成しています。

(出典:文部科学省Webサイト)

具体的にどのようなことが書かれているか一部抜粋しますと、

「基礎的・基本的な知識及び技能を確実に習得させ,これらを活用して課題を解決するために必要な思考力,判断力,表現力その他の能力をはぐくむとともに,主体的に学習に取り組む態度を養い,個性を生かす教育の充実に努めなければならない。その際,児童の発達の段階を考慮して,児童の言語活動を充実するとともに,家庭との連携を図りながら,児童の学習習慣が確立するよう配慮しなければならない。」

これは約10年前に定められた学習指導要領ですが、
2020年の教育改革に通ずることが既に書かれています。

皆様も一度「学習指導要領」を検索して目を通して見てはいかがでしょうか?

写真は学習指導要領改訂の今後のスケジュールです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-06-25-21-25-25

ゲームの集中力はなぜ生まれる?

%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0
スマホやタブレットなどの普及で、
今の子どもたちにとってゲームはとても身近なものになっています。
(ここでいうゲームとはコンピュータゲームまたはビデオゲームのこと)


「ゲームに対する集中力を
 他のことにも発揮してくれたらいいのに」


と考えている方も多いのではないでしょうか。


%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0


そもそもなぜ子どもたちはそこまでゲームに没頭するのか?


実際に自分でゲームをやってみるとわかります。
簡単に理由を挙げると以下の3点でしょうか。


1.達成感がある
ステージをクリアするたびに達成感を味わえます。
難易度が低いところから少しずつ難しくなっていく絶妙な設定です。


2.満足感を得られる
ものを集めていくことや、ものを作り上げていくこと、
また、操作が上手くなっていくことで満足感を得られます。


3.好奇心がかきたてられる
追加されていく様々なキャラクター、アイテム、能力。
現実世界では実現できない想像力豊かな世界。
「次は何があるのか知りたい」という好奇心を継続してかきたてられます。


つまり、
ゲームに子どもがのめり込むのは当たり前ではないでしょうか。
ゲーム制作会社が激しい競争の中でそのように作っているのですから。


逆に、
ゲームに興味を示さないのであれば、
以下のことが考えられるかもしれません。


 ・上手く操作ができない
 ・ルールが理解できない


もしこのような理由であるとすれば、
コンピュータに「苦手意識」を持ってしまうことも考えられるので、
早めに気づいて対処したいものです。


様々なゲームの操作やルールを理解した経験は、
大人になって仕事でソフトウェアやアプリケーションの使い方を理解するときに役立つのではないでしょうか。


ここまでゲームに夢中になる理由を考えてきましたが、
やはり私たち大人は
「他の学びにも同じくらい集中して取り組んでもらえたら」
と考えてしまいます。


学校の勉強、スポーツ、その他の習い事。
先に挙げゲームに没頭する3つの理由をヒントにできるかと思います。


ただし、
学校、職場、社会では「集団」が基本単位なので、
そこまできめ細かく個人に合わせた環境ではありません。


そこで個別指導や少人数制、または保護者の方々で、
個人個人に合わせて丁寧にサポートしてあげれば、
達成感・満足感・好奇心を満たす環境をある程度用意することはできるかもしれません。


しかし、
ゲームに比べ、現実世界はそんなに話は簡単ではありません。


なぜなら、
経験値を積んだからといって必ず結果が出るとは限らない。
いつレベルが上がるかわからない。
からです。
それがゲームと現実の一番の違いでしょうか。 


このことを子どもも大人も理解した上で、
長い目で物事に取り組み成果が出た時、
強い集中が生まれるきっかけになるかもしれません。


みなさんは集中力について、どのように考えますか?