考える力・アクティブラーニング

日本の将来を変える学習塾、いよいよ開校!!

こんにちは!

キッズジャンププログラミング代表の渡邊です。

 

随分前に、本ブログでご紹介した、「オンリーワンスクール」という新たな学習塾を、いよいよ、11月からスタート出来ることになりました!!!!

 

このオンリーワンスクールですが、内容を一言で言うと、‘社会で必要な能力や考え方’を育てる学習塾です。

 

社会に出ると学校で学んだこと以外にも様々な能力が必要になってきますよね!?

論理的思考力、リーダーシップ、分析力、コミュニケーション能力、仮説力、実行力・・・・・・・・・etc

 

例えば、ある目標に向かって、チームリーダーとして自分のチームの実行力を最大限発揮していくには、リーダーシップやコミュニケーション能力が必要になってきます。売上を倍増すると言う目標であれば、具体的に誰が、いつ、どのようにやるのか、落とし込まないと組織は動きません(分析・具体化する力)。また、リーダーとして、人員のモチベーションを高めていくためには、コミュニケーション能力が重要になってきます。

 

他にも関係すると思いますが、このように、さまざまな能力をバランス良く高めていくことが社会にとっては必要です。

 

私も、社会に出て20年、経営コンサルタントとして仕事をして10年、さまざまな仕事を経験したり、多くの経営者や経営幹部、管理職、会社員、士業の方々などと話をしたり、一緒に仕事をしてきました。

 

その中でいつも感じるのは、ビジネスパーソンとして能力の高い方というのは、上記のようなさまざまな能力がそれぞれ高く、かつバランスが良いということです。

 

これらの能力や考え方は、どのようにして学べば良いのでしょうか?

 

その質問に答えられるのが、この学習塾「オンリーワンスクール」です!!

 

現在、開校に向けて、鋭意準備中ですので、詳しいことは、またご報告しますね!!

 

ホームページやチラシ、パンフレットなども、現在作成中です。出来上がり次第、アップしていきます。また、オンリーワンスクールがどのような学習塾なのか、未だピンと来ない方も多いかと思いますので、本ブログで内容をお伝えしていく予定です。

 

11月から説明会を行う予定なので、日程についてもまたご報告します!!(^^)

 

乞うご期待ください!!!!

 

 

「自由」に子どもを育てるには。

img_4929

前回のブログについて
「『自由』に育てるために、どんなことをしているのか知りたい」と
コメントいただきました♪

ありがとうございます。
育児に正解はありませんが、私の方針ということで紹介いたしますね。

私が「自由」に育てるために気をつけていること

ざっくりまとめると、以下の3点です。

事前にルールを設定する
・決断させ、責任も取らせる
・「親」と「子ども」の問題を分離する

 

イメージとしては放牧
houboku
柵はあるけど、柵のなかではのびのび。という感じ。

柵=「ルール」です。放牧だから、ルールは「広く」。

たとえば、プラレールショップで遊ぶ時はこんな「ルール」で遊ばせていました。

・今日は2時間遊べるよ(最長4時間まで許可したこともある)
・お店の中では他の人の迷惑だから泣かないよ(泣くなら、外。)
・今日は200円までのものは買えるよ(買わないよ、と言う日もある。)

これを最初に子どもに言います。

子どもは提示されたルールの中で自由に遊んだり、欲しいものが買うことができます。

たとえば、時間内に隣のトミカショップに行って遊ぶのもOK。
どのお店でどれだけ遊ぶのか?
今日はどのおもちゃにするのか?シールにするのか?
自分で考え、決断させます。

そのかわり・・・・

・電車の取り合いには、私は原則(怪我にならない範囲で)関与しない。自分でなんとかして。
・他の子の電車をうちの息子が仮に奪ったとしても、無視
・逆に、大きい子から息子が電車取られても、無視
子どもが変なものを買おうとしても、それに対してぐちぐち言わない
・「トミカショップに行くの忘れてた」と言われても、時間になったら絶対帰る。

 

「自由」って子どもにとっても結構厳しいものだったりするし、
見守る親の側もスリル満点!ハラハラする!!

こんな感じ。

 

うちの子は比較的大人しくて、人を叩くようなことは絶対しない性格の場合の「ルール」なので
子どもの性格に応じて適度に調整した方がいいと思います。

 

「甘やかし」は
「泣くことでルールを変更しちゃう」と甘やかしになるかなー、と思います。

・泣いたから、2000円のプラレール買ってもらえるとか
・泣いたから、あと1時間遊べるとか
・泣いたから、親が代わりに片付けしちゃうとか

 

「泣いたら得する」だと、「泣き」を使うようになるよね。
そうすると、思考停止まっしぐら。

 

あとは、いつも「ルール」が厳しすぎるとそれは「自由」ではないよね。
・毎回10分しか遊べない、とか。

もちろん、うちも10分しか遊べない日もあるんだけど、
1回たっぷり遊ばせとくと「今日は仕方がないんだな」と分かってくれる子でした。

 

・おもちゃを買ってもらえるけど、
「そんなのやめなさい」って親が選んじゃうとか、だと

決断を親にゆだねるようになるよね。

 

変なおもちゃ買って、失敗するのもいい勉強だが・・・・
ホンネを言えば、高いおもちゃは失敗してほしくない!・・・・って思っちゃうので
ここはいつも葛藤するポイント(笑)

最近は、一応「そのおもちゃ、ママはこう思うよ」って意見は言うようにしてるかな。
だって、お金出してるんだし。言いたいことあるし(笑)

 

ちなみに、子どもが成長すると
責任取れる範囲も広くなるので、
「お兄さんになったから、ここまでOKにするよ。」と
徐々にルールはゆるくしていくことを意識してます。

 

子どもの性格・発達段階・家庭の方針に応じて
「ルール」の設定はいろいろあると思います。正解はありません。
何かご参考になることがなれば幸いです。

「甘やかす」と子どもが苦しむ

ブログを書く暇がないほど忙しい3月を過ごしておりました。
これも当教室をご支援していただいておりますみなさまのおかげです。
ありがとうございます。

3月、おかげさまでたくさんのお子さんにお会いすることができました。
その中で、「自由」と「甘やかし」って何が違うんだろう?
と感じたことがありましたので、その違いについて書いてみたいと思います。

 

「自由」と「甘やかし」の違い

「自由」とは、「どうしたらいいか?」子どもが考えられるにすること
「甘やかし」とは、子どもが思考停止してしまうようにすること

と私は定義することにしました

 

最近の育児の流れとして
「子どもがやりたいことをやらせよう!」というのが
主流になってきていると思います。

もちろん、私も大賛成です。

ただし、やりたいことをやっていたとしても
途中でつまづいたり、嫌な気分になることはあります。

 

たとえば、
・作りたいものがうまく作れない
・友達と遊んでいて、ゲームに負けた
・遊び終わったけど、片付けしたくない
・終わりの時間になったけど、帰りたくない

こういう時に、子どもが泣いたり不機嫌になったりすることがあります。

泣くのもOK。
不機嫌になるものOK。
※「泣かないの」と泣くことを否定するのではなく、まず「今は嫌な気分なんだね」ということを認めます。

 

泣いたり不機嫌になったりしたあとの
大人の対応が重要です。

ここが「考えられる子」になるか「思考停止する子」になるかの
分かれ目。

 

例えば、帰りたくない、片付けたくない、負けて悔しくて
泣いてしまう子どもに対して
大人がなんでもいう通りにしてしまったらどうでしょうか?

「泣けば、解決する」という子どもになってしまいます。
思考停止しています。
これは甘やかし。

 

子ども自身に考えさせ、決断させ、気持ちを切り替えられるような
対応を心がけたいですね。
これが自由にするということです。

 

自由には責任が伴います。(気持ちの整理もその子の責任)
自由には、自分で決断することが必要です。

 

甘やかして思考停止にして大人になると、子どもが苦しむ

「思考停止」のまま大人になると、イタいですよ。
つらい時、苦しい時、自分で解決できないのです。
解決できないから、続かない。
続かないから、自己否定 ←これ私。

という地獄のデスロードを歩くハメに・・・(苦笑)

「甘やかし」は子どもの泣きをその場で解決するにはいいですけど、
長期的な目でみると、子どもが長く苦しむことになると思います。

 

自分がやりたいことをやるために、
自分で気持ちの整理をつけて
トラブルも乗り越えていけるような考える力をつけさせること、
これが本当の意味で「自由にさせる」ということだと思っています。

 

悪いヤツらは「思考停止」の人が
つらい状況、苦しい状況になるのを狙っていますよ(笑)

優しい顔で近づいてくるわけです。
「私がなんとかしてあげるから大丈夫」ってね。

「子どものやる気をなくす」実験をしてみた

img_4929

今日は3歳になるうちの息子を使って実験をしてみた話です。

 

2月末のR-1グランプリ決勝の様子をテレビで見ていた息子、
意味不明なギャグは面白いものだと思ったらしく
毎晩、自作のギャグを「動画に撮ってくれ」と言って来ます。

R-1芸人になりきっているワケです。

かれこれ2週間、息子の面白くないギャグに付き合わされているワケですが
私もだんだん息子の相手が面倒になってきました。

 

「このあふれんばかりのやる気を挫いてみようか」と
ちょっと意地悪な実験をすることにしました。


<実験の手順>

(1)まずは、いつも通りに息子のくだらないギャグ動画を撮影。

(2)次に、「全然面白くないよ!」とダメ出し。
「何を言ってるか分からないし、
がっちゃん(YouTuber)みたいな動画の方がいいよ」
と、現状を否定します

(3)重ねて、こちらでセリフや動きなどを事細かに指示。
・「まず、『みんなー』って言って、手を振って」
・「そしたら、『今日は、カプセルプラレールで遊びます』って言ってから
このプラレールで遊んで。」
細かい指示をチクチク出します。

(4)指示を出したら撮影。

(5)「言った通りにできていないじゃん!」って重ねてダメ出し。
→(3)に戻る


とこんな感じでやってみました。

ひどい親ですね。
しかし実験なので仕方がありません。

2回ほど指示を出したあたりで、
無言で視線をそらして、別の遊びを始める息子。

はい。見事に「やる気をなくさせる」ことに成功しました!
※良い子はマネしないでね。

やる気を継続させるにはこの逆をやればいいワケです。
 ①現状を認める・受け入れる。
 ②子どものやりたい方法でやらせる

です。

口癖で「考える力」を鍛える

私がオンリーワンスクール(※)でお世話になっている
長宗先生のFacebookの投稿が示唆に富んでいまして、
先生の許可をいただきましたので、ここでご紹介します。

自分の会話言葉の「癖(習慣)のコントロール」について

各駅電車内での暇つぶしにふと考えてみました。
「そもそも」や「例えば」はだいぶ定着して来ていて無意識に使っていることに意識が気づくという段階に入ったなーと。
逆に「つまり」と「ということは」という言葉が僕のリストから外れてたので次はこれかなーと。

-オンリーワンスクール ディレクター長宗先生のFacebookより

 

なるほど!!
口癖を意識するというのは、
「考える力」を育てるために
大変わかりやすいアイデアです。

 

「そもそも」という言葉をつぶやけば、
問題の原点に帰って根本的・本質的な思考が頭の中で自動的にはじまりますし
エッセンシャル思考

「つまり」という言葉を使えば、
今までの内容を要約しようとする思考が自動的に始まります。
要約力、情報編集力

 

口癖というのは子どもにうつります(苦笑)

 

子を持つ親として、
「そもそも」「たとえば」というような
【思考に繋がるつなぎ言葉】が口癖になるぐらい
使いこなせるようになりたいものです。

 

なお、オンリーワンスクールでも
上記に挙げたようなつなぎ言葉を使うトレーニングがあります。

 

私がオンリーワンスクールの学習開始して約2週間ですが、
私も「そもそも」を徐々に意識できるようになってきました!

 

考える力はまず言葉から。
新しい口癖を意識してみると、
思考力が目覚めるかもしれませんね。

 

※オンリーワンスクールについてはこちらでご紹介しています。
http://iot-makers.co.jp/blog/?p=225

※オンリーワンスクール新宿教室説明会
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e8bae454492419

「考える力」を身につける日常会話実践編

「考える力」が大事です。ということを毎回お伝えしていますが、
じゃあ、「考える力」を身につけるには具体的にはどのようにしたらいいのか?ということについて
実践的な例を挙げていきたいと思います。

一番最初は「好き」「嫌い」と「その理由」からはじめると簡単です。

たとえば、こんな感じです。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
子ども「今日、保育園でダンスをしたよ。」
親  「そう、今日はダンスをしたのね。ダンスは好き?」
子ども「ダンスは好きじゃない。」
親  「どうしてダンスは好きじゃないの?」
子ども「先生が怒るから。」
親  「なるほど。」
※うちの3歳児との実際の会話の例です。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

小学生ぐらいなら、ニュースの好き嫌いを聞いてみてもいいですね。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
「このニュースは好き?」「どうして?」

子どもが理由を言ったら、
「そういう理由があるんだね。」「なるほどね。」などと深く感心してあげてください。

そして、さらに
「お母さんは、このニュース好きだよ。理由は・・・だから。」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

子どもに質問をするだけでなく、親の意見も言うことが大事です。
言わされてばっかりだと、
会話じゃなくて「テスト」みたいになってしまいますからね。

 

大事なのは「会話」「対話」です。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
「テスト」しないこと
      = 子どもの意見に「良い」「悪い」という評価をしないこと

・子どもの考えたことを、尊重すること(=否定しないこと)
親も意見を言ってみること
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

以上のポイントを意識して親子で会話してみましょう!

 

意見は人それぞれ異なること、

人それぞれ意見が違うから素晴らしいということ、

を理解するのが
考える力を身につける第一歩です。

 

そして、ここが「日本」と「欧米」の違いでもあります。
日本では、自分の意見を言うのは良くないこととされ、
「空気を読む」ことが大事とされてきました。

 

しかし、これからはグローバル化の時代。

どちらかといえば欧米的な態度が歓迎される時代です。
「人とは違う意見を言うことは、議論に貢献すること」なのだとか。

 

私もまだまだそういう感覚には全然慣れていないのですが・・・頑張ります。

プログラミングと「帰納的思考力」「新・学力」の関係

panda

久しぶりにプログラミング関連の話を。

考える力についてこれまでいろいろ書いてきました。
考える力記事(1)
考える力記事(2)
考える力記事(3)
考える力記事(4)
考える力記事(5)

また、「考える力」を含めた「新・学力」についてはこちら
新学力について

じゃあ、プログラミングでは、この「(帰納的に)考える力」とか「新・学力」は身につくのか?どうなのか?ということについて今日は書きます。

 

◾️プログラミング教室で、この「考える力」とか「新・学力」は身につくのか?どうなのか?

結論:教え方次第。

 

もちろんプログラミングだけでも学べる事はいっぱいあります。
「プログラミング的思考」とかって、大事です。「プログラミング的思考」って基礎の基礎として知っておくべきです。

ただ、プログラミングを基礎の基礎だけのレベルで終わらせたらちょっと勿体無い。

 

言われたことだけやるんじゃなくて、
「自分で発想する」「工夫する」「問題を発見する」「人に伝える」

というところまでやらないと、私たちがプログラミングを教える意味がないと思っています。

 

実際の教室ではこんな感じで指導しています。


教室のある生徒さん(小1)が、自由課題のアイデアが出なくて手が止まってしまいました。
そんなときは「何が好き?」から入ります。

「パンダが好き」とその生徒さん。
「じゃあ、パンダと今日やったことをくっつけてみたら?」

▼そんな対話を重ねて作ったのがこの作品

 

 

「アイデアを出す」これは慣れていないとちょっと大変ですが、これも実は訓練するとだんだんできるようになります。

低学年のうちは「好き」を形にするところから。
それが、「新・学力」を身につける第1歩です。

2020年からの「新しい学力」の定義。これが「新・学力」の全体像!

いままでの学力は

学力 = (国語+算数+理科+社会+英語)の偏差値

でした。
※偏差値の代わりに「テストの点数」でもいいですけどね。

 

しかし、昨日のブログで書いたように、大学入試から点数が消えます。

・大学のアドミッションポリシーを理解できている とか
・自己分析ができている とか
・小論文で自分の意見をまとめられる とか
・討論で相手を説得できる とか
・レポートが書ける(問題を発見して解決し、まとめあげる) とか

 

上記に挙げたような内容ができることが「学力が高い」とされる時代になります。

じゃあ、小論文がかけるとか討論ができるようになるための力は何なのか?
何から始めたらいいのか?ということはお子さんをお持ちの保護者の方なら気になるところだと思います。

これからの学力、こう変わります。

これが新・学力!

 (0)社会の情報を取捨選択する力
    ・哲学
    ・自己肯定力
    ・自己分析力
    ・感情と向き合う力
 (1)社会の情報を理解する力
    ・語彙力
    ・文章力
    ・計算力
    ・STEM(Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学))
 (2)社会の情報を分析する力
    ・洞察力/観察力
    ・問題発見力
    ・フレームワークを活用する力
 (3)社会に情報を発信する力
    ・自分の意見を言う力/書く力
    ・説得する力/交渉する力
    ・プレゼンする力

です。で、国語/算数/理科/社会/英語の5教科はどれに相当するかというと(1)の一部ですね。
漢字の勉強とか、算数の勉強とかも大事ですけど、それは学力のほんの一部に過ぎなくなるということです。
またSTEM教育も「基礎」ができて当たり前の時代になります。

 

それから、わざとらしく『情報』の枕詞に「社会の」をつけてみました。
「社会とつながること」がこれからの学力の大きなポイントです。

 

 

試験で評価される力はどちらかというと(2)とか(3)の方の比重が大きくなります。
こう聞くと、(2)とか(3)のトレーニングを!!って思うかもしれないんですけど、一番大事なのは(0)です。

「何が好きか?」
「何を大切にしているか?」これ大事。

いわゆる「自分の哲学」ってヤツです。
哲学がなければ、意見もへったくれもないですからー!

 

お子さんの何が好き?を見つけるには「ドリームマップ」おすすめです。
小学校などにドリマ先生を呼ぶことができますので、ご興味があればどうぞ。

 


先日のブログで紹介したIBの問題について
狩野先生がお嬢様をサポートした方法も最初のとっかかりを「好き」を使っていました。

「植物、生存、戦略のどれが好き?とお嬢様に質問したそうです。
で、「戦略が好き」と答えた狩野先生のお嬢様(「戦略かよ!」って会場は笑いの渦)

戦略というキーワードをとっかかりに、「戦略とは何か?」を親子で話し合ったそうです。


 

いままでの常識で塾を選ぼうとしてるとしたら要注意!
新・学力を本当につけてくれる習い事を選びましょう。

 

 

私個人的にはこちらの習い事をオススメしております。
オンリーワンスクール → 紹介記事
THINK-AID → 紹介記事
※内容や募集時期等については、各運営会社さまにお問い合わせください。

当然、うちの教室はただのSTEM教育で終わりません。
「新・学力」を身につける指導&オリジナル教材を作成しております。

「偏差値」崩壊。2020年の大学入試の2次試験の内容がヤバい

私のオンリーワンスクールの学習がスタートいたしました。
さて、オンリーワンスクールの教室に行ったときに2020年から変更となる大学入試の概要資料をいただきましたので、シェアします。

大学選び

まず、高校生は、各大学・各学部のアドミッションポリシーを検索し、それぞれどんな考え方や能力が求められているか?を把握して、自分に最適の大学を選択する。

◎「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」試験内容

(1)記述問題ー 国語/数学で200-300文字程度の問題
(2)合教科マークシート問題 ー 15択の中から「複数解」正答問題に

※将来的にはマークシートは廃止の方向
※将来的にはCBT(コンピューターを使う試験)方式の方向

この試験の結果をA・B・C・D・E評価とする。

情報提供:オンリーワンスクール

つまり、1次試験の結果はざっくり5段階評価ということで、偏差値というものが消滅します。

で、2次試験がヤバい

2次試験

各大学がA-E評価を指定した上での個別試験
主に実施される試験内容

(1)記述問題
(2)面接
(3)討論
(4)小論文
(5)レポート作成(一部)

情報提供:オンリーワンスクール

と、と、と、討論?!
討論といえば、あれですよ「ディベート」ってやつ。
テーマに沿って、肯定派と否定派に分かれて意見を言い合うやつですよ。

 

学校教育でも・・・アクティブラーニング(AL)導入されます。
当然、授業の中でもディベートは入ってくるとは思いますが・・・
自分の子どもが入試受けるまでに学校と先生が成熟するのかどうか?見極めましょう。

 

討論を指導できるレベルの先生が育つには最低でも5年はかかると思います。
(都立両国中学・高校など、すでにALが盛んな学校を目指すというのもありですね。)

 

これからの教育で大事なのは「家庭でどれだけ日々討論ができるか?」だと思います。

 

家庭での親子間コミュニケーションの質が、
子どもの(討論も含めた)学力に関わってきます。

 

親の「考える力」が子どもの学力に反映される時代が来ています。

 

あ、プログラミング教室もよろしくお願いします!
「考える力」について考えるのが大好きな私が教えています(≧∇≦)b

「帰納的」に考えよう!

昨日の続きです。

これまでの教育は演繹的で、演繹的に教わると考えられなくなってしまうから、「帰納的」に考えましょうという話でした。

ここでは、「帰納的」とは個別の事象からどのような結論が導き出されるか考えること、という意味で使っています。

 

▼プログラミング教室っぽくviscuitでアニメーション作ったよ

 

 

ちょっと帰納的に考える練習をしてみましょう。

<例題>以下の個別の事象から、どんなことが言えますか?

・2020年の学習指導要領ではプログラミング教育が必修化となる
・人間の仕事の50%は人工知能にとって代わられるだろう、という予測がある
・東大、京大などでは後期試験の代わりに、推薦入試を開始した。

 

はい。どうでしょうか?
たぶん、これは100人いれば100人とも違う答えになるんじゃないかと思います。

 

・これからはプログラミング教育が大事 とか
・いやいや、人工知能にない心を取り扱う仕事が大事 とか
・試験勉強ができるよりも、何か特技を身につけさせた方がいい とか
・これからは考える力が学力として重視されるだろう とか

 

いろいろな答えが出てくると思います。
これが帰納的な考え方です。

帰納法的な考え方は、結論が合ってるかどうかは分からないし、結論は一つじゃないかもしれない。というのがポイント。

「個別の事象」が増えると結論が変わることだってあります。

こういう正解のない考え方になれることが
「考える力」をつけるということ。

考え方の癖は子どもにうつります。
大人も帰納的に考える訓練をした方がいい、と思ってます。
(そのために、私は例のスクールに通うのでーす♪)

 

結論:帰納的に考えよう!

 

補足で、昨日紹介した経皮毒の件を帰納的に考えるにはどうすればいいか?というと

「経皮毒というものが存在する」という主張は
「結論」ではなく「個別の事象」として捉えます。

つまり、経皮毒に関連した他の個別の事象を探して、
自分なりの結論を導くのです。

私だったら他にこういう個別の事象を探したり、裏を取ったりします。
 ・自分が食べる食品には毒は含まれるのか?(「毒」関連で探す)
 ・食品の毒の量と経皮毒の量の差は?(「毒」を比べる)
 ・経皮毒を主張する人は、金儲けをしようとしていないか?(一般的に考えうる悪巧みを想定するw)
 ・情報のソースは?(医者だって金のためにはいくらでも嘘つくかもね。)
とかです。

※論文とかを探して裏を取るのは、検索したり読んだりする手間が相当かかるので
 関連した個別の事象を検討した方が早いと思います。